心より発するもの

本とクラシック音楽を愛する弁護士「ねどべど」のブログです。将棋アマ四段です。

全体表示

[ リスト ]

文科省は困惑…“モンペア”に教諭が逆襲
スポニチ
 
 埼玉県の行田市立小学校の女性教諭が、担任している女子児童の両親から再三にわたる嫌がらせを受け不眠症になったとして、両親に500万円の慰謝料を求め、さいたま地裁熊谷支部に提訴していたことが18日、分かった。女児の母親は「いわれのない訴え」と反論している。「モンスターペアレンツ」が社会問題となる中、教諭の提訴は全国に波紋を広げそうだ。 

 訴状などによると、昨年6月、教諭が女児と別の児童とのトラブルを仲裁した際、女児の母親から「2人の問題なのに学級の問題にされた」と電話で抗議された。これをきっかけに、母親は女児と教諭がやりとりする連絡帳に「最低な先生」「非常識」「悪魔」などと教諭を侮辱する言葉を7月中旬まで8回にわたり書き込みを続けた。

 夏休みで書き込みは一端、止まったものの、2学期に入ってから両親の抗議はさらにエスカレート。行田市教育委員会や文部科学省に「困った先生」などと口頭や文書で教諭を批判し、担当替えを要求。また、教諭が給食指導中に女児の背中を「トントン」と2度軽く触れただけなのに、暴行容疑で行田警察署に被害届を提出したという。

 教諭と学校側は話し合いの場を持とうとしたが、両親は出席を拒否。教諭は両親の行為で同年9月に不眠症と診断されたため、「人格権に対する違法な侵害行為で、今後の教員生活の継続に重大な支障を生じさせた」と提訴を決意した。教諭は91年に教員となったベテラン。同校には08年4月に赴任し、昨年4月から女児の学級を担当している。提訴後も教諭は変わりなく女児の担任を続けており、女児も問題なく登校している。

 女児の母親は取材に「子供が教諭から差別的な扱いを受けたので、やめてもらうために抗議をしただけで問題はない」と反論。「いわれのない訴えであり、和解は絶対にしない」と話した。

 教諭側代理人の弁護士によると、同12月15日に開かれた第2回口頭弁論で両親は「自分の子供を思ったことで正当な行為」とし、請求を退けるよう訴えた。

 文部科学省は「教諭が保護者を訴えた例は聞いたことがない」と困惑気味。子供が通う学校などにクレームをつける「モンスターペアレンツ」は社会問題化しており、代理人は「泣き寝入りしている教諭は相当いるはず。保護者を提訴するケースは増える可能性はある」と話した。 

[ 2011年1月19日 06:00 ]

 記事の内容が事実とすれば、提訴もやむを得ない。

 >>文部科学省は「教諭が保護者を訴えた例は聞いたことがない」と困惑気味

 お前らが無策・無能だからだ。困惑する暇があったら知恵を絞れ。

 >>提訴後も教諭は変わりなく女児の担任を続けており、女児も問題なく登校している

 一番の被害者はこの子なんだよね・・・。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事