漫湖日和

豊見城市・那覇市にまたがる湿地「漫湖」の情報を漫湖水鳥・湿地センターよりお届けします

全体表示

[ リスト ]

夜に降った雨のせいか、ものすごくクリアな青空。
サシバの鳴き声も聞こえる、秋の空と雲のきれいな朝でした。
 
イメージ 1
昨日は夏でしたが、今日は秋です。
 
さて、木道の先端、伐採区では伐採したマングローブの切り株から芽が生えてきているので、木が大きくなってしまわないうちに伐る工事を予定しています。そのための目印の旗が立っています。
 
イメージ 2
「ここ」というところでクロツラヘラサギ2羽が休息中でした(今朝の9:30)。
白い塊が見えるでしょうか?
 
先日撮った写真ですが「ビフォー」の様子を載せておきましょう。
 
イメージ 3
とよみ大橋から撮影(11/2)
 
マングローブを伐採する業者の方とお話ししたのですが、2年前に伐採した時より地面がそうとう軟らかくなっているとのこと。このあたり前は胴長だけで大丈夫だったそうですが、今回は結局フル装備が必要そう・・・とのことでした。
 
イメージ 4
フル装備。マングローブが伐採されたことで底質も変化したということなんでしょう。
 
マングローブといえば、去年の秋に来た台風で葉がとんでしまったメヒルギ、そのまま立ち枯れているのが何本かあります。見た目にはすぐ近くに生えている元気なメヒルギとあまり変わらないのに・・・なにが原因なんでしょうか?
葉が飛んだだけですぐに復活するかと思ったのですが、ひょっとしたら根が傷んだりなど見えない部分で影響を受けていたのかもしれません。
 
イメージ 5
木道のすぐそばでも何本も立ち枯れています
 
まとまって枯れているところもあり、この後どうなるのか楽しみです。
 
漫湖のマングローブ林は樹高や幹の太さがよくそろっているのですが、こういうふうに台風で影響を受けたパッチ状の部分(ギャップ)ができてくると変化も生まれそうです。とはいえ、陽樹のメヒルギばっかりで、どこまでどう構造が変わるのか?気になります。
 
イメージ 6
枯れた木のすぐ下には次世代の稚樹が待ち構えています

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事