漫湖日和

豊見城市・那覇市にまたがる湿地「漫湖」の情報を漫湖水鳥・湿地センターよりお届けします

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

11/21 ミサゴの魚とり

今朝は満潮の時間にあたるので、木道から鳥が見られるかと期待してカメラをもっていってみました。いつもの鳥たちがいつものように餌を食べようとしている様子が見られました。
 
イメージ 1
イソシギ
 
イメージ 2
アカアシシギ。カニを食べたりしてました。
 
例によって、木道の展望塔の下あたりに、今日もムナグロがいます。
このムナグロ、今日はいつも以上にサービス精神が旺盛で、非常に近くにとまってくれました。驚かしてしまうんじゃないかとひやひやするほどの距離だったんですが、全然気にしていなかった様子。
 
イメージ 3
手前のぼやっと茶色いのが木道の手すり
 
イメージ 4
目線いただきました
 
イメージ 5
せっかくなので望遠で顔をとってみました。
くちばしにも口元の羽毛にも泥がついています。
 
このほかにはアオアシシギ、チュウシャクシギ、コサギ、ダイサギが木道の周りでは見られました。
ちょっと見足りなかったので、満潮なので鳥があまり見えないかなとは思ったんですが、とよみ大橋までいってみることに。
 
とよみ大橋の北側に島のように周囲の水面から残っているマングローブの周りに鳥が集まってました。
めだったのはアオサギ。数はそれほど多くなく10羽+でしたが、大きいので目立ちます。
 
イメージ 6
 
木の上に登っている鳥たちも。一番多かったのはチュウシャクシギであちこちの木の上で休んでいることころでした。
 
イメージ 7
 
イメージ 8
ダイシャクシギ(手前)とダイゼン(奥)。
 
潮が引き始めるとミサゴが3羽上空を飛び始めました。よく見ると、魚を持っています。
 
イメージ 9
ボラっぽい、とおもっていたら、
 
イメージ 10
かなり近くまで飛んできました。
双眼鏡で追いかけてみると嘉数の斜面の木にとまるところまでみえました。
 
他のミサゴも魚を捕まえないかなと思ってみていたら…
 
イメージ 11
急降下、そして
 
イメージ 12
かなり大きなテラピア(?)をゲット。
 
このミサゴもその後追いかけたのですが、アオサギに驚かされてせっかく捕まえた魚を落っことしていました。
アオサギがこの魚を食べるのかなと思ったのですが、そんなことはなく魚はただ落っこちただけ。
魚にとっては(まだ生きていたとしたら)、九死に一生を得るっていうやつですね。
 
クロツラヘラサギは見つかりませんでした。残念。

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事