万年寝太郎徒然日記

世のため人のためになることは一切書きません。

『男はつらいよ』の世界

すべて表示

『男はつらいよ』全48作を区分けする

映画『男はつらいよ』。
その第1作が封切られたのは、昭和44年8月27日のことです。

渥美清演じる「寅さん」こと車寅次郎を主人公に、足掛け26年、全48作が作られた『男はつらいよ』シリーズは、大きく4つに区分けすることが出来ると考えます。
先ずは、第1作から第8作『寅次郎恋歌』(昭和46年)までの「黎明期」。
第1作『男はつらいよ』は、昭和44年6月に作品が完成したものの、元々がその前年に放送されたテレビドラマを映画化したものであったため、配給元の松竹では難色を示し、「絶対にヒットしない」という声が多くを占めていました。しかし、この第1作が予想外の大ヒットを記録すると、3ヶ月後の同年11月に第2作『続・男はつらいよ』、それから2ヶ月後の翌昭和45年1月に第3作『フーテンの寅』(監督・森崎東)、更にそれから1ヶ月後の同年2月に第4作『新・男はつらいよ』(監督・小林俊一)と、僅か半年の間で一気に4作が作られます。これは第1作が興行的に当たったから次々と続編を作ったという程度に過ぎなかったのですが、久々にメガホンを取った山田洋次監督が「完結編」のつもりで作った第5部『望郷篇』(昭和45年)から本格的なシリーズとして方向付けられ、第8作『寅次郎恋歌』では、それまで100万人弱だった観客動員数が一気に150万人を突破して、人気を不動のものにします。
この「黎明期」は、そのまま「おいちゃん」こと車竜造役が初代の森川信だった時代と重なります。浅草の軽演劇出身で、テレビドラマから引き続いてこの役を演じた森川信は、同じく浅草のストリップ劇場「フランス座」出身の渥美清とは芝居の息がピッタリで、コミカルな仕草や寅さんとの掛け合いは、落語そのままの雰囲気を感じさせるものでした。

次に、第9作『柴又慕情』(昭和47年)から第26作『寅次郎かもめ歌』(昭和55年)までの「絶頂期」。
『柴又慕情』から8月のお盆前後と正月の年2回の公開が定着し、「国民的映画」の道を着実に歩んで行きます。シリーズに欠かせない「マドンナ」役を見渡しても、『柴又慕情』と第13作『寅次郎恋やつれ』(昭和49年)の高見歌子(吉永小百合)、第17作『寅次郎夕焼け小焼け』(昭和51年)のぼたん(太地喜和子)、それに第11作『寅次郎忘れな草』(昭和48年)で初登場し、第15作『寅次郎相合い傘』(昭和50年)、第25作『寅次郎ハイビスカスの花』(昭和55年)にも登場したリリー松岡(浅丘ルリ子)など、印象に残る顔触れが登場します。全48作の中でファンの人気が高い作品の大半もこの時代のものが占めており、まさにシリーズの歴史の中でも最も充実した時代だったと言えます。
尚、『寅次郎恋歌』まで森川信が演じたおいちゃん役は、『柴又慕情』から2代目の松村達雄に引き継がれ、更に第14作『寅次郎子守唄』(昭和49年)からは3代目の下條正巳が演じ、ここにシリーズお馴染みのメンバーがほぼ揃うことになります。

「絶頂期」の後、第27作『浪花の恋の寅次郎』(昭和56年)から第41作『寅次郎心の旅路』(平成元年)までが「安定期」になります。
第1作以来、様々なマドンナと出会い恋を繰り返してきた寅さんですが、「安定期」の途中からは、マドンナに恋しながら、そのライバルが現われるや、一転してそのサポート役に転じて2人の仲を取り持つというパターンが見られるようになります。また、さくら(倍賞千恵子)一家の生活が急激に変化し豊かになって行く課程が以前よりも深く描かれるようになったのもこの時代の特徴でしょう。
「安定期」の始まりを『浪花の恋の寅次郎』にしたのは、この作品からさくらの長男・満男役が吉岡秀隆になったからで、シリーズが進むにつれて満男の存在は大きくなって行きます。第33作『夜霧にむせぶ寅次郎』(昭和59年)からは、タコ社長(太宰久雄)の娘・あけみ(美保純)が登場。第40作『寅次郎サラダ記念日』(昭和63年)からは、「とらや」の名称が「くるまや」に変わります。マンネリ化が囁かれ、渥美清が60歳を迎えたこともあり、『男はつらいよ』シリーズは大きな曲がり角に立つことになります。
シリーズが始まって20年、年号が昭和から平成に変わって最初の作品となった『寅次郎心の旅路』が、夏に公開された『男はつらいよ』としては最後の作品となりました。

第42作『ぼくの伯父さん』(平成元年)から、『男はつらいよ』は「晩期」へと入ります。
この作品から「お正月映画」として年1回の公開となり、同時に寅さん中心の物語から、満男の成長にも重点を置いた物語へと変容します。ここで重要な役割を担ったのが、後藤久美子演じる満男の恋人・及川泉で、この2人の恋の行方もシリーズの大きな見所となります。
平成に入ると、渥美清の体は病魔に冒され、急激に体力の衰えを見せるようになります。第47作『拝啓車寅次郎様』(平成6年)、そして最後の作品となった第48作『寅次郎紅の花』(平成7年)は、山田洋次監督が「もう1作」と「これで最後」という2つの思いを交錯させながら作ったそうです。
歴代マドンナの中でも随一の人気を誇るリリーが、『寅次郎ハイビスカスの花』以来15年ぶり、4度目の登場となった『寅次郎紅の花』が公開されて約8ヶ月後、平成8年8月4日、渥美清は68歳で世を去り、映画『男はつらいよ』シリーズはその歴史に幕を降ろしたのでした。

人の一生がいくつかの段階に区分け出来るように、『男はつらいよ』も4つの段階に区分けすることが出来ます。
このような映画は古今東西、後にも先にもなく、またこれからも出てこないでしょう。

その他の最新記事

すべて表示

戦争と回覧板

2010/8/24(火) 午後 10:20

戦争が終わって65年。 「戦争を知らない子供たちの子供」の世代である我々は、「戦争を知っている大人たち」から戦争の記憶を聞くことで、その恐ろしさや愚かさを知り、そこから平和の大切さやありがたさを知ることで後世に伝える責任を負う世代なのかも ...すべて表示すべて表示

東横落語会の歳月

2010/8/21(土) 午後 9:29

今年の4月、『東横落語会〜ホール落語のすべて〜』というCDブックが小学館から発売されました。 昭和31年から60年にかけて開催されたホール落語「東横落語会」の歴史を、当時の高座を収録したCDと196ページにまとめられた本で振り返るもので、 ...すべて表示すべて表示

菅野美穂・1997―2010

2010/8/20(金) 午後 11:07

女優としてデビューしたのが1993年、15歳の時。 それから17年が経つというのだから、この8月22日で33歳になる菅野美穂にとって、女優として過ごした時間が人生の半分を超えることになります。 デビューしたのが高校生の頃だったこと ...すべて表示すべて表示

ブログリンク

更新

電網御守發行處

ふれあい広場

 藪さんは近年地元周辺の祭りの取材をしてきて、そのエキスパートだと天狗になっていたのですが、ギャフンと云わされちゃったのが、この超地元の「ふれあ...

小日向散策浮世旅 [オレ様☆劇場 第二景]

アリス、もうちょっとで最高

先クール終了した深夜帯ドラマ「探偵が早すぎる」。 ここで、突然3兆円の遺産を相続することとなり命を狙われる女子大生ヒロインを演じたのが広瀬アリス...

プロ野球「辛口」応援団!!

ロッテオリオンズ50年

オリオンズ 6 ー 4 ライオンズ 「かつての本拠地・”東京”に凱旋」 。 東京ドーム。 神宮球場で東京音頭を最初に歌ったのは、オリオ...

わくわく亭雑記

「姫路文学」133号

 『姫路文学』133号が発行になり、私は「北條霞亭の三原観梅」というエッセイを 書いています。 去年書いた「北條霞亭の尾道詩」(尾道文...


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事