マン@サミール

こんな、○○があったのか・・・ 小説・漫画・音楽・TV&主張。

最新記事

すべて表示

(ハイライト) まだ玄関に立って、戸外を凝視めていた小枝子は、何故か、ハッとして、「ああびっくりしたわ。だって、出し抜けに――」 「何をそんなに、感心していらっしゃるの?首を捻(ねじ)って、沈思黙考の態――」 そう言われた時、不思議に小枝子は、何となく顔に血が上り、かすかに耳が火照(ほて)るのを感じて、軽い狼狽が走った。一瞬間さっと頬 ...すべて表示すべて表示

(ハイライト) 「しっかり、摑まって。いいかい」立ち上ると、笑子は喜んで、きゃっきゃっと笑い声を揚げた。「おお高い!怖いわ。眼が廻りそう!」「大丈夫だよ」 無言で、じろっと白眼(にら)むような目礼を小枝子に残すと、蝉が大木に止まったような恰好で、青年はもう、さっさと雨の中へ歩き出していた。片手で笑子を揺り上げながら、片手で、「有吉 ...すべて表示すべて表示

(ハイライト) 帝大の制服に足駄(あしだ)をはいた、背の高い青年である。髪を、分けたともオールバックともつかず後へ伸ばして、広い額部(ひたい)、高い鼻、色の浅黒い、見るからにスポーツマンらしい人だ。 「慎介お兄ちゃま」笑子は、小枝子の手を降離して、踊るように駈け戻った。「やあ、何だ。泣いてたな、笑ちゃんは」 慎介と呼ばれた青年は、切れ ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事