最新記事

すべて表示

(ハイライト) 小枝子は、すうっと貧血して、俄に眼眩(めくら)めくのを覚えつゝ、乾いた声で、「あ、あの、繁さんは、只今どちらに――?」 「繁がどこにおりましょうと、奥様には、何の関係もございません」 出鼻を叩かれた形で、一時平静を失った暎子も、もう、常の反撃的な態度を取り戻した。余裕の出来た心に、この時考えたのは、伊東で散歩などの時、 ...すべて表示すべて表示

(ハイライト) 「あら、奥様、又――今朝はあたくし、一寸急ぎますので、お相手していられませんの。失礼させていたゞきますわ」 擦り抜けて出ようとする暎子の面前(まえ)に、小枝子は、異様な顔で立ち塞がった。普段着らしい大島の重ねに、薄いショールの肩もほっそりと、ぐるぐる巻きにした髪は、紙のような頬にほつれ掛かり、連夜寝足らぬ血走った双の眼にも、今日 ...すべて表示すべて表示

(ハイライト) 「宇佐美の奥様が来たら、何と言いますべえか」茂助老人が、困ったように訊くと、暎子は、それどころではないといい度げに、鏡の前で帽子の鍔を下げながら、 「何とでも胡魔化しとけばいゝじゃないの。会社へ出たとか何とかって――」そばから昇も、言いたげな口で、 「お兄ちゃん許へ行くの?ね、坊やも行きたいなあ。よう、伴れてってよ」と ...すべて表示すべて表示



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事