マン@サミール

こんな、○○があったのか・・・ 小説・漫画・音楽・TV&主張。

最新記事

すべて表示

(ハイライト) その昔、田端の有吉邸の応接間で、重蔵氏の前に、学生として、討論を戦わした二人は、まるで宿命のように、こうして実社会でも、向い合って立ち、互いに論駁しなければならなかった。 が、多くの場合、結果は、学生時代とは逆だった。引証該博で、才に任せて、流るゝがごとき川瀬の口舌は、昔と些(さ)も変らない所か、一層の磨きをかけられたけれど、そ ...すべて表示すべて表示

(ハイライト) 秋の末、新築の洋館が落成して、一家は桜木町を引き払い、仲やと二人の女中と、新たに入れた三好(みよし)という書生を連れて、成城学園前へ移った。 邸は、広い庭園の中に、ライト風を加味した最新式の、手頃の大きさのもので、有吉家からは、あの爺やの茂助が庭番に廻されて来て、住み込む事になった。 それは、どこから見ても、大学を出て ...すべて表示すべて表示

(ハイライト) 結婚と同時に、妊娠したので――実は、結婚前から妊娠していたのだが――川瀬夫妻は、新婚旅行どころではなかった。 今度、産後の瑛子が、すっかり恢復するのを待ち、繁を有吉の父母に託して、こうして、延ばしていた新婚旅行に、信州から上州へかけての温泉場巡りに、出て来たのだった。 それに、あの結婚の時の約束通りに、卒業と共に、和歌 ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事