仕事以外は趣味三昧な日々

『シンソウノイズ』は詐欺ゲー。毎回ネット認証、最新版のみ起動可なんてクソ仕様、パッケージに書けよ!

全体表示

[ リスト ]

続編に期待したいけど……。

 純粋に出るんでしょうか? 「彼女ら」の存在を鑑みると、さらに続編が出てもおかしくないんですけど、今回で惑星の名前も使い切っちゃったくない? その状態で続編をやろうとすると、どうすれば良いんでしょうか? まぁ、高濱作品なら、大体何でも面白いだろうから、別に続編に限らなくても良いんですけどねぇ……。何なら今度は、『Zero Infinity』の続編でも良いですしおすし。
 ということでの今回も引き続いての『シルヴァリオ トリニティ』。総評でもって、非常に名残惜しいのですが、本作の記事も終了としましょうか……。

総評

イメージ 1

 いや〜、シズルさんは凄かったっすね〜。正直、すげぇ満足してるよ。別にヒロインにしてくんなくても、シーンがなかったとしても、こんだけやってくれれば、大満足しちゃうんだよねぇ……。締め方も実に見事!でしたしねぇ……。だって、そのちょい前のヴァネッサとの会話が、すっげぇ伏線になってんじゃないすか。良い意味でダメだよ、あんなことしちゃ。あんなことされちゃ、誰も太刀打ち出来んもの!

 さて、眼鏡っ娘の取り扱いにも非常に満足した本作、その総評へと、あらためて入って行きましょうか。『シルヴァリオ ヴェンデッタ』の続編に当たり、前作の舞台だった帝都を離れ、三国がにらみ合う状態にあるプラーガを舞台とし、そこに配属された新米星辰奏者の少年を主人公としていた本作。その内容は……実に見事としか、言いようがないものでした。
 高濱作品の最大の特徴とも言える、各人の生き様をみっちりと描いた上で、死闘の模様をロジック立てて構築するスタイル。これが本作でも、完璧に順守されていました。そして、もう一つの特徴である、多面的に言葉を使う点についても、今回もパーフェクト。その辺はここまでの記事でも書いて来ましたが、書いていなかった点について補足を。……「アシュレイ・ホライゾン」の意味が、マジで凄かったね〜。個別で使い切ってたと思ってたから、マジビビったわ……。
 ただし、本作の面白さは、『〜ヴェンデッタ』をやっておかないと、絶対に体感出来ない。メーカーは、本作からでも大丈夫!とか言ってますが、嘘です。その点だけは、メーカーでなく自分を信じて下さい。だからもし、本作をこれからやろうとしている人は、必ず『〜ヴェンデッタ』を先にやっておくこと。これだけは絶対に、何があっても、親を質に入れても、順守して頂きたい。……ダイジョーブ、『〜ヴェンデッタ』も、良い意味で頭おかしい面白さですから! 保証するよ!
 後はシステムの話ですが、ここは相変わらず、システムが弱いね〜。一番いかんのは、起動後にタイトル画面が表示されるまでの間が長いことでしょ……。めんどくさいから、上のメニューからクイックロードすると、どんな場面でもタイトル画面のBGMが流れるとかいう、謎のバグに呑まれますし……。ホント、そろそろシステム方面の連中が頑張ってくんないですかね? こんだけ良い作品なんだから、そこも何とかして行きましょうよ!

ブログランキング、ご支援下さい……。

https://www.blogmura.com/img/www100_33_yellow.gif
にほんブログ村 ← 文字クリックをお願いします!

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事