仕事以外は趣味三昧な日々

2018年ナンバーワンは、『バタフライシーカー』で決定だわ、うん。

全体表示

[ リスト ]

『シュタインズ・ゲート ゼロ』

第13話『回折叙唱のマザーグース』

 今回は、かがりの記憶が戻って後の話。最後のあれはさすがに、普通にビクッ!としちゃいましたねぇ……。あぁいうのに戦慄が走るのはきっと、人間としての本能の部分だから、仕方がないと思うよ、うん。しかし、対象が外にいない時でも例の車が走ってたってことは、永続的に罠を張って、ただひたすらに掛かるのを待っていた、ってことなんですかね? さすがに効率悪過ぎない!?と思ってしまうのですけどが……。

『ちおちゃんの通学路』

第1話『そこに学校があるから』『ちおちゃんと細川さん』

 原作は『月刊コミックフラッパー』で連載のマンガ作品で、内容としては、地味に生きることをポリシーとする女子高生を主人公としたコメディでした。
 人妻のおっぱいがたゆんたゆんしているというだけのことで、見る価値がある(変態だから死ぬべき)。別に、メインが眼鏡っ娘だからというワケではなく、普通に面白かった気がすんなぁ、これ。タイトルだけ聞いた段階ではJSかと思ってたので、ちょっと心的に敬遠していたのですが、JKならロリコン扱いはされまい(されます)。まぁ、そんなこんなで、結論としては続投で。

『はたらく細胞』

第1話『肺炎球菌』

 原作は『月刊少年シリウス』にて連載のマンガ作品で、内容としては、人間の体内の細胞や組織を擬人化して描くものでした。
 血小板が可愛過ぎて辛い。あの、困ってぴょんぴょんしてる様とか、魂が浄化されましたよねぇ……。まぁ、それは置いといても、普通に面白かったよ、これも。さすがに、最低限の生物学的知識くらいは持ってるので、なるほどね!ってことも多かったですし。しかし、本体はどんな感じなのかが、どうしても気になってしまうよなぁ……。これでオッサンだったら、やっぱ気分的にアレですしおすし。

『はるかなレシーブ』

第1話『エースなんて必要ないの』

 原作は『まんがタイムきららフォワード』にて連載のマンガ作品で、内容としては、女子ビーチバレーを題材としたものでした。
 ……これこれこれこれ! こういうのなんすよ、自分が一番求めてるのは。眩しくなくするためのテクニックとか、あぁいうメカニズムをキチッと出して来るのが、一番自分のツボなんすよ。昔は、こういうメカニズムをしっかり出すエロゲって、年に5本くらいはあったもんだけど、昨今は2年に1本ペースくらいだからね、正味な話。そういう欲を十全と満たしてくれそうなので、これは即続投決定で。むしろ、今んとこ一番期待してるよ、本作には。


 なお、以下のものについては、第1話を見た結果、切りの方向で。
『BANANA FISH』
・う〜ん……。ただただピンと来なかったとしか、表現のしようがない……。

『殺戮の天使』
・13話以降は地上波でやんないと聞いただけで、即切りすべし。慈悲はない!
 空気感自体はさほど嫌いでもないんですけどね、説明完全放棄してますけども。

『ゾイドワイルド』
・リノンみたいなのがいるかと期待して見たら、いなかった。
 まぁ、そんだけの理由です……。

ブログランキング、ご支援下さい……。

https://www.blogmura.com/img/www100_33_yellow.gif
にほんブログ村 ← 文字クリックをお願いします!

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事