仕事以外は趣味三昧な日々

『虚空のバロック』は、紛うことなきクソゲー。てか、2018年ワースト1確定だろ……。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

イメージ 1

死亡フラグは崩せない!

 いやぁ、やっぱり死亡フラグってどうにもなんないんですねぇ……。予測はしてたけど、ショックではありますよねぇ……。そして、これがこっからどうなるのかと。さすがにこんだけの状況になったら、勝ち目があんのかなぁ?みたいな話ですからねぇ……。

 ということでの今回も引き続いての『電撃文庫』から『ウィザーズ・ブレイン次找軸。軍を装ったものに真昼が拉致される中、市民の賢人会議への反発は、より一層膨らんで行きます。事態を収拾するため、真昼の捜索と奪還に向けて、同盟反対派議員の元に乗りこむサクラたちですが……。

 まずはやっぱり、あの最後のシーンで一体何を伝えたのかなぁ?ってとこですよね。サクラが出した結論がすんごいストレートだったので、最後の言葉に意味があったのかどうなのか?というのが非常に気になる。錬の方が見てないってのも、やや気になる所ではありますし。
 後は、個人的には最後の最後でクレア絵が入ったのがヒャッホウ!だったりするところもなくはない。今回、貧乏くじ引かされた感じでしたからねぇ? さんざ能力をロクに使えなかった挙句、使えたと思えば……ですもん。まぁ、次のエピソードではFA307とか使って戦いますよね? でないとホント、タダの見える人ですもんね?
 とりあえず、後2エピソードで完結らしいので、そこまでキッチリ追うことが出来ればなぁ、とは思う。この分だと、その2エピソードがいつ完結するんだろうか?って話になって来ますけども……。ホントに、6年くらいは掛かるんじゃなかろうか?

 さて次回ですが、『ベン・トー』12巻で。今度こそ、本当に終結となりますねぇ……。

ブログランキング、ご支援下さい……。

https://www.blogmura.com/img/www100_33_yellow.gif
にほんブログ村 ← 文字クリックをお願いします!

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

今度は逆にね!

 クレアの出番が少なかったように感じる……。ちょっとからかわれたシーンあったけど、それだけだったような……。でも、そんなクレア以上に出番のない人はいたんだから、これくらいでも満足するべきなんだろうか。でも、話の内容的に、どう考えても下巻でもほったらかしだぜ、これ! メインヒロインなのに!(思い込みです)

 ということでの今回も引き続いての、『電撃文庫』から『ウィザーズ・ブレイン次拊羇。同盟反対派議員の工作により負傷した真昼。その後も彼らの工作が続く中、ついに調印式が始まります。調印式の場で仕掛けて来た犯人は、自らの所属を元シティ・神戸の軍人であると名乗り……。

 ついに雲を取り除く方法が明かされたワケですが……これって、ホントにどうなるんだろうか? 方法が示されたってことは、ほぼそれが唯一と思って良いワケで、他の解決策は多分ないんだよなぁ。となると、結局はどちらかを殺さないとダメという……。いや、これをどう収めるのか見物ですわ。
 そんな中、犯人のやり口というのもなかなかエグい感じで良かったのではないかと。まぁ、実際にあそこまで民衆がアクティブかと言うと……って、これが日本人的思考なんでしょうね、多分。よその国の民衆は、多分あれくらいアクティブなんだよ。
 とりあえず、「あの人」がガッツリ死亡フラグを立てていたのが非常に気になる。もうこれ絶対死にますやん!とか思ってしまいましたよ……。実際、非常に不安な終わり方しましたし。自分の場合は1エピソード終わってから読むから関係ないけど、この状態で話ストップとか、結構辛いわなぁ……。

 では次回も引き続いての『ウィザーズ・ブレイン次找軸。これでこのエピソードも完結となりますねぇ……。

ブログランキング、ご支援下さい……。

https://www.blogmura.com/img/www100_33_yellow.gif
にほんブログ村 ← 文字クリックをお願いします!

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

実に4年の歳月が過ぎていたらしい。

 1エピソード完結してからしか読まないスタンスを続けているので、いつの間にやら上巻の発売から4年も過ぎちゃってたらしい。でも、これくらいなら普通な気がして来るから、この作者って不思議ですよねぇ……。それでも許されてると言うか、続きを出せるんだから、ホントに不思議ですよねぇ……。

 ということでの今回は、『電撃文庫』『ウィザーズ・ブレイン次拆經。魔法士誕生の秘密が明かされてから半年。賢人会議は諸シティからの脱走者を吸収し、急速に戦力を増していました。その甲斐もあり、シティ・シンガポールとの同盟の話が遂に実現へと向けて進み始めます。その舞台となるシティ・シンガポールへと向けて、真昼の狙いを疑う者達が結集を始め……。

 出番こそ少なかったですが、クレアの出番がキチンとあったので、自分は大満足ですともよ! しかも、良い嫁になるとか言われちゃってたしね! そりゃあもうそれだけで、ウヒャッホウ!でしたとも。ちゃんと挿絵も入ってましたしねぇ……。まぁ、残念ながら今回は、FA307の出番はなさそな感じではありますが。
 で、真昼の狙いを疑う者が多過ぎなのが、さすがにビビった。あんだけ見抜かれてるんだから、見抜かれてることを逆利用するのかな?とも思いますが、果たしてどうなんでしょうかねぇ……? まぁ、そんなこと言ってる場合じゃない事態になりましたので、そっちの議論が先でしょうが。
 後は、アレですやね。悪魔使い用の新兵器って何なの!?ってとこですやね。個人的にはサクラ派ですので、サクラがパワーアップするってんなら、何にも文句は御座いません。早いとこ新兵器が見たいので、続きに進む次第であります!

 では次回ですが、もちろん引き続いての『ウィザーズ・ブレイン次拊羇。上巻内では思ったほど話が動かなかったですしねぇ……。

ブログランキング、ご支援下さい……。

https://www.blogmura.com/img/www100_33_yellow.gif
にほんブログ村 ← 文字クリックをお願いします!

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

正直、マジでビックリした!

 後書きにて作者自身の手で書いてありましたが、まだまだ謎が残ってるんだよ! 種明かし編ということで、ほとんどの情報が明らかになったんですが、またまた謎も増えたしねぇ……。オマケにあのオッサンは、まだ続投だしねぇ。……いや、今巻でクレアの出番がほとんどなかったことに対する恨み節じゃないっすよ?

 ということで今回は、『ウィザーズ・ブレイン』7・下巻。まずはこれまでと同様に、『ウィザーズ・ブレイン』の紹介記事へのリンクを挟んでおきますんで。気になる方は書店へゴー! ……ちゃんと在庫があるのか、怪しいっちゃ怪しいですが。


 エピソード7の最終巻であるこの巻では、ウィッテンの遺した記録と遺言の全てが明らかになります。魔法士誕生の秘密から、大気制御衛星の造られた意味までが明らかになった上、最期にウィッテンが遺した研究までが姿を現すのですが、それは世界の有り様すら変えてしまうもので……。
 ウィッテン関連の謎もさることながら、真昼の想定しているシナリオが明らかになったのも、非常に大きかったと思う。真昼と言えば、最後のあれが真昼にだけ読めるようになってたのは、例の真昼のノートの件が関係してんのかねぇ?……っと、いきなり読んだ人にしか分からん話だな。
 しかし、今回は過去回想がみっちりあったから、真の最強騎士、七瀬雪にバンバン出番があったのが嬉しかったですねぇ。何せ、本編時間軸じゃ、どうがんばっても出らんないし。……残念なことに、祐一とのイチャイチャはなかったですけども。イチャイチャと言えば、クレアの出番自体は少なかったものの、ちゃんと挿絵は入っていたのが、少し嬉しかったですねぇ。
 で、最後に明かされたあの話が、ねぇ? アリスの行動の意味がまだ分かってないから、何とも判断し辛いところですが。何にしろ、『賢人会議』の目的のためには……ってことなんだろうねぇ。とりあえず、残りエピソード3つを楽しみに待つとしますか……。

 では次回は、『ストレイト・ジャケット フラグメント』3巻で。作品の性質上、今までは外伝でもシリアス色がありましたが、今回は……シリアス、ありそうだなぁ。

ブログランキング、ご支援下さい……。

https://www.blogmura.com/img/www100_33_yellow.gif
にほんブログ村 ← 文字クリックをお願いします!

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

隙を突いての見事なイチャイチャぶり!

 もう、ヘイズとクレアは何でもないところで、自然にイチャイチャするなぁ(やや思い込み)。上巻に続いて、思わずニヤニヤしちゃったよ。ヘイズの朴念仁っぷりが、また良いし。いやぁ、純粋に話が面白いから読んでたのに、ここに来てここまでメロメロになる要素が出てくるとはね……。

 ということで今回は、『ウィザーズ・ブレイン』7・中巻。まずは前回と同様に、『ウィザーズ・ブレイン』の紹介記事へのリンクを挟んでおきますよっと! ……ホント便利っすわ、これ。


 今回は、上巻で氷の下に埋まったシステムが起動して後の話。その騒動は、シンガポール、ロンドン両軍に大混乱をもたらします。その後、体勢を立て直した両軍は、氷の下に捕らわれたファンメイ、エド、セラの3名を救うため、進軍を開始。それに対して、どちらの『シティ』の行動が上手く行ってしまっても困る者たちが集まり、一大計画をブチ上げます……。
 今回一番衝撃的だったのはもちろん、終盤でとうとう始まった種明かし……ではなく、セラのあのシーンだった。もう、もの凄い勢いで胸をガスガス突かれて、思わず石化してしまいましたよ。つくづく思うけど、セラはホントに良い仕事してくれるわ。もしセラがいなかったら、このラノベ、ここまで読めてないのかもしんない。
 で、今回ブチ上げられた計画がまた、凄かった。あらためて見ても……もの凄いメンツだよねぇ。何気に祐一が結構好きなんで、これで本格的に活躍の足場が出来たかと思うと、嬉しい限りです。……まぁ、自分があの場にいたらと考えると、すっごい居心地悪いと思いますけど。何せ、横ですっごいラブラブしてますもんねっ!(また思い込み)
 そこ関連で入った、お姉ちゃん対決がまた秀逸だった。あの2人が一堂に会した時点で、やるんじゃないかとは思ってましたが、予想以上に派手にやってくれた! あの場面が映像になったら、さぞかし面白い斬り合いになると思うんだけどなぁ……。

 次回は『ウィザーズ・ブレイン』7・下巻。ついに、エピソード7が終了となります。これが終わっちゃったら、次出るのはまた1年後になるんだよねぇ……?

ブログランキング、ご支援下さい……。

https://www.blogmura.com/img/www100_33_yellow.gif
にほんブログ村 ← 文字クリックをお願いします!

この記事に

開く コメント(0)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事