満天の星Lovelyのブログ

日ごと、秋が深まっていきますね〜!

『 遊 女 長き夜の夢 』


                                『 遊 女  長き夜の夢          

              11月8日(木)〜11日(日)
                 GEKI 地下リバティ

イメージ 2

イメージ 6


イメージ 3
      舟友さんにお誘い頂いて、11月9日(金)
     下北沢に行ってきた。 

          舟木さんの舞台で私たちにはお馴染みの
     長谷川かずきさん。

             かずきさんは、 遊女・白菊 を中心に、娘時代の
     上条華子、 結婚後の浅井華子まで、明治の終
          りに吉原に身を置いた女性を演じていかれた。
                 可憐に、華やかに、哀しく、毅然と。

                        《出演の方々》 

イメージ 7イメージ 8イメージ 9           イメージ 10








   遊女・雲井         遣り手(佐江)         遊女・春駒         華子許嫁・加藤
  穐吉 次代                  保母 かおり       しほり       キハラ アユム


イメージ 1

              京王井の頭線・小田急線下北沢駅北口(or南西口)下車 徒歩3分
      イサミヤビルB1・・・小田急・下北沢駅が改装工事中でもあり、下北
      沢はいつ来てもわかりずらかった。

イメージ 4
                                  イメージ 5














    かずきさんに届いた
   林与一さんからのお祝いのお花


    船越英一郎さんからも。


         明治の終り、吉原に身を置かざる
   を得なかった4人の女性たちの身
   の上を辿りながら、それぞれの過
   酷な運命が綴られていった。

   時代に翻弄されたとしか言いよう
   のない女性たちが求めてやまなか
   った幸せ、それは”長き夜の夢”
   しかなかったのか。 
   
   幼なじみの許嫁をあの世に送ってしまった白菊に、縁あって結ばれる人と
   の出会いが訪れた。 唯一穏やかな暮らしを手に出来た白菊には、ゆかり
   あった人を弔いながら、華子としての長い生涯が待っていることだろう。

   病の中で、、、炎に巻かれ、、、異国の地にて、、、果てていった遊女たち。
   どこで眠りについているのか知る由もないが、せめて、夢の中では幸せに、、。


イメージ 11

                     明治5年(1872)頃の吉原      (Wikipedia より)


イメージ 12

                     広重 『 名所江戸百景 』 (春の部)
                                         「 廓中東雲 」( かくちゅうしののめ)






その他の最新記事

すべて表示

2018 ふれんどコンサート N...

2018/9/7(金) 午後 8:57

2018 ふれんどコンサート No. 77    2018.9.3(月)  14:00                 17:30 東京・メルパルクホール   (4 ) ...すべて表示すべて表示

2018 ふれんどコンサート N...

2018/9/6(木) 午後 11:26

2018 ふれんどコンサート No. 77                  2018.9.3(月)  14:00                                 17:30 ...すべて表示すべて表示

2018 ふれんどコンサート N...

2018/9/5(水) 午前 0:22

              2018 ふれんどコンサート No. 77                  2018.9.3(月)  14:00                                 17:30 東京・メルパルクホール ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事