満天の星Lovelyのブログ

明けましておめでとうございます!

2017 サンクス・コンサートin新橋演舞場第二部

                      芸能生活55周年ファイナル
            舟木一夫 特別公演  通し狂言 『 忠臣蔵 』  
            2017 サンクス・コンサート in 新橋演舞場

                2017.12.25(月)  14:00〜
                                  https://blogs.yahoo.co.jp/mantennohosilovely/archive/2018/1/4
                                                              (第一部)

 イメージ 1


                        第二部
    茶系のジャケットで
                            ♪ ふ たりだけの街角
                            作詞: 高峰雄作                   (「銀色の恋」B面)
                                                                  
                                                                  
    蒼い夜霧が 二人をつつみ                                                   イメージ 2
    うるむ夜更けの 街角に
    誰がうたうか ブルースが聞こえる
    愛の香りが ただよう髪に
    ささやく言葉 さがしあぐねて
    じれているのも 知らぬげに
    ブルースが甘い

    やるせないほど 幸せなのに
    長いまつ毛が 濡れている
    かわすくちづけ ブルースがやさしい
    涙おふきよ 夜風がわらう
    いつでも君の そばにいるから
    何もいわずに 寄りそって
    ブルースに酔おう

    明日もやっぱり ブルースにのって
    夜霧にかくれ ここで逢おうよ
    きっと二人の 胸にだけ
    ブルースが沁みる

イメージ 3

                  ♪ 今日かぎりのワルツ
              作詞: 高杉 敏

       あの街 この街 
       あかい灯がともる 
       踊ればゆれる 黒い髪
       君と僕  君と僕                           
       さよならは この曲                         イメージ 4
       今日だけのワルツ

             
  
                       ♪ 夜霧のラブレター
                          作詞: 安部 幸子              (「たそがれの人」B面 )          
 
イメージ 5  
          なんの返事も もらえぬ手紙
          かいてふるえる 文字ならば
          あおい夜霧に したいもの
          わかってくれぬ あなたの窓に
          すがる 夜霧に したいもの

          たまらないほど 恋しいきもち
          口に出せない なみだなら
          あおい夜霧に したいもの
          ふりむきもしない あなたの影と
          ついて いっしょに ゆけるよに



                            ♪ たそがれの人
                           作詞: 安部 幸子                      (「恋唄」C/W)
                                                              
        たそがれは 夕風は                                              イメージ 6
        あおざめた こころの晩歌
        たそがれが 好きだったから
        たそがれの 美しい日に
        逢える気がする   あの人
   
           〜〜〜〜〜
                 〜〜〜〜
 
        いとしさは 哀しさは
        もえのこる なごりの晩夏
        雨の夜は 逢いたくなって
        風の夜は 逢いたくなって
        ひとりたたずむ この街・・・・

        ひとりたたずむ この街・・・・

     ま〜甘いラインですが、、、今繋げたようなラインで、如何に身軽なメロデイを持っていらっ
     しゃったか、よく分かると思います。 結構、デビュー当時のお客様の支持率が高い作品が
     多かったです。 歌のみということではなく、お芝居の作家のお名前も、 一々ご存知でした。

          (今回の『忠臣蔵』は)ご覧になったように大変な作品でしたけど、とにかく素晴らしい顔合
     わせで、これ以上望めない顔合わせでした。 誰一人、間延びすることなく、千秋楽まで行
     きました。 千秋楽は、真面目にやると疲れる、、。

           来年7月は御園座の杮落としです。 1ヶ月公演は年1回ということにして頂いて、 如何に
           体と声、神経を保つかですが、芝居というのは歌を歌っているときの疲れとはまた違って、
     歌は後に(メンバーが)いてくれますが、、、オレは間違えてないぞという顔をしているとか 
     、、、ま、いい作品に仕上がって有り難い結果になりました。

      ここでまた3つ、4つ、、、。
 
                                      ♪ 雨の中に消えて
                           作詞: 丘 灯至夫                   (「絶唱」B面)

イメージ 7
        悩みがあるなら 語り明かそう
        涙はこっそり 雨に流そう
        若さがあるから 夢が生まれ               イメージ 8
        若さがあるから 恋をする
        おお若さがあるかぎり
        すばらしい すばらしい
        明日が明日がある
   


                                                                   
イメージ 9
  

  だれでも一度は 通りすぎてく
  愛して恋する 若い街角
  ひとりで眠れぬ 夜もあれば
  ふたりで泣きたい 夜もある
  おお若さがあるかぎり
  すばらしい すばらしい
  明日が明日がある





                                      ♪ 初恋の駅
                          作詞: 関沢 新一              (「叱られたんだね」B面 ・
                                                   日活映画「北国の街」挿入歌)

イメージ 10

          いつも電車に 乗ってくる                                                                                            イメージ 11
          赤いマフラーの おさげ髪
          北風つめたい 駅だった

                           いつもホームで 待っていた
                           白いマフラーの 男の子
                           小さな小さな 恋だった
イメージ 13
                   恋は咲かずに 散ったけど
                   春が来たなら 咲くだろう
                   誰かと誰かの 思い出に
イメージ 12
                赤いマフラーの ような花
 イメージ 14  白いマフラーの ような花
   電車の小駅に  咲くだろう・・・・



                                       


                             山のかなたに                        
                               作詞: 丘 灯至夫      NTVドラマ「山のかなたに」主題歌 
    
          若さみなぎる  眉あげて                           イメージ 15                      仰ぐわれらの あさぼらけ                                                                                                                                                                                      
          山のかなたに きらめく虹に                           
          君もゆけゆけ 君もゆけゆけ
          ぼくもゆく

イメージ 16









イメージ 18
         
                   ふるいこよみに さよならを                                                              告げて夜明けの 鐘が鳴る
          君の笑顔か 雪割草の                     イメージ 17   
           花も谷間に 花も谷間に
           ゆれて咲く   
    




                                                     ♪ はやぶさの歌
                                                            作詞: 丘 灯至夫                   (「北国の街」B面 ・
                                                   日活映画「北国の街」挿入歌)

イメージ 19
                                                       
    萬年の 雪積む山の                                                   イメージ 20                                              
    いたゞきに はやぶさは住む
    嵐おそれず 吹雪にたえて
    春くれば 春くれば
    あかるく うたう

                   群れをなす 敵はあれども
                   ただ一羽 はやぶさはとぶ
                   翼ひろげて ねらいをさだめ         
                   わが空を わが空を
                   はゞたき 進む


イメージ 21
                   

       
       たくましく 生きるよ僕も
       今日もまた はやぶさのよう
       心かよわい 君をいたわり
       手をそえて 手をそえて
       はげましながら




    随分バリエーションがあっていろんな歌がありますので、 一般のステージでは入り込め
     ないですから、もったいないです。 じゃ今は一般のお客様ではなく、特殊なお客様?
     ま、ま、いいです。  どうなんですかね〜、あとどれくらいやれるか。
     実年齢とキャリア、使いでのする身体、ハートと、ここ(咽喉)と。 曲は少なくても、やって
     た方がいいですかね。(会場の拍手)                                 イメージ 26
     何しろ特殊な方々ですから、暗黙の了解で、、、。
                                                             

     ステージは1時間30分という約束の暗黙の了解があって、若い頃1日3回の時は1時間
     15分でやりました。 2回のシステムになると、1時間30分あればいい、なければいけな
     いということです。 来年からは1日1回。 休憩を取って、、、今、相談しているところです。
           いろいろなインフラがありますので、あんまり混み合ってもまずいでしょうし、、、いろいろ
           大変ですよ。 そういうことも加味して、 本人が調子に乗ってワーワーやればいいという
     ものではありません。 ずっと立ってやるんで、真ん中30分は座ってやろうか、 昨日みた
           いにずっと座ったままで。

           何十年ぶりで歌う歌がありますので、もう記憶がありません、、、どうもすみません。 
           その中の一曲を。

                            ♪ 雪国へ
                                                             作詞: 植田 悌子 
                                                                        (「舟木一夫の絶唱」・「舟木一夫の新吾十番勝負」収録)
                                                                                                                                                    イメージ 22
        雪国の夜を 汽笛は低く鳴る
        いま帰りゆく ふるさとに
        あゝ あゝ
        ねむるあなたは 小さな胸に
        待ちわびただろ 春がくるのを
        もう一度 笑顔見たかった

        雪国の道は はてなくつづくのか
        いまひらけゆく ふるさとよ
        あゝ あゝ
        愛していれば いつか逢えると
        信じていたろ 同じ心で
        幸せな人に したかった

イメージ 23
          
          雪国の 恋はかえらず涙わく
          いまあけそめる ふるさとに
          あゝ あゝ
          あの人の瞳か 白い星ひとつ
          さびしかっただろ ひとり逝くのは
          好きだった 花を ささげよう


                           ♪ 帰る
                            作詞: 植田 悌子((「舟木一夫の絶唱」収録)

                                                                    イメージ 24
      あなたは帰る あなたのふるさと
      ひとみ明かるく 望みに満ちて
      東京がいやになったのではないと
      ふるさとの母とみどりが恋しいと
      あなたは帰る あなたのふるさと


      あなたは帰る あなたのふるさと
      涙をそっと 遠くに投げて
      あのひともきっと訪ねてくるからと
      ふるさとの 花と祭りの季節にと
      あなたは帰る あなたのふるさと

イメージ 25



          東京の思い出いつも生きてると
          ふるさとの空に林に語りたいと
          あなたは帰る あなたのふるさと




                                            続 く

その他の最新記事

すべて表示

『華の天保六花撰』     どうせ 散るなら             2016.12.2(金)〜24(土)    新橋演舞場                              まとめ(6 ...すべて表示すべて表示

  『華の天保六花撰』     どうせ 散るなら             2016.12.2(金)〜24(土)    新橋演舞場                                              まとめ (5) ...すべて表示すべて表示

『華の天保六花撰』     どうせ 散るなら             2016.12.2(金)〜24(土)    新橋演舞場                                              まとめ (4) ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事