満天の星Lovelyのブログ

新橋演舞場シアターコンサートで55周年がスタート!

全体表示

[ リスト ]

                          新橋演舞場 「花の生涯」
 
             6月8日(土) 二日目 昼の部
                                        
 
イメージ 4
 
  新橋演舞場正面玄関
   
  お芝居とコンサート
  大きな3枚つづりの看板
 
  その横は、ちらしでお馴染
  みデザインのポスターが 
  ガラス張りになっている。
 
  玄関前の階段で足を滑らせた
   お客様のお世話をされる職員の
   方。 大事にならなければ良か
   ったが、、。
                                               
                                                 2013.6.8  10:35
 
 
             《 演舞場正面玄関左の看板より 》 
イメージ 1
                   
 
イメージ 2
 
 
 
     メインお三方の、ほんの一瞬の台詞の滞りはあったものの何ほどのことも
   なく、お芝居は順調に進んだ。
   初日で苦心の、舟木さんが黒い編笠を「金亀楼」床机に立てかけるシーン
   も、スムーズだった。
 
     あの時落ちた扇子は・・?
   主膳様の扇子もすべり落ちることなく、黒い扇が行灯の前にぱっと広がった。
   薄れる灯影の中での、美しく迫真のラブシーンとなった。
 
   初日のハプニングのこともあって、この場面を見入っていたため
   記憶がはっきりしないのだが、 すぐ近くに座っておられた桜木健一さんの、
   ” いよっ  ご両人! ” という掛け声がここであったかどうか、、?
 
   ともかく、桜木さんの大きな拍手、絶妙の間合いで入る掛け声は絶品だった。
   さすが、舞台経験豊富な方、舟木さん座組みの俳優さんだと思った。
 
 
   舟木さんと里見さんの、お二人での場面が素晴らしいと思う。
   湖のほとりで、主膳と直弼が友情で結ばれることを確認する場面。
   直弼に、心のままに生きるよう進言する主膳。
   国学者主膳が鬼ともなって、ともに直弼の夢を追い求める決意を固める場面。
 
   舟木さんと里見さんの息が合い、お互いを引き立てあっている。
    二人のお芝居そのものがどうということより、役の上だけではないお二人の
   信頼関係が、こちらに流れてきているように感じる。
   それとも、これは予備知識の入れすぎだろうか。
 
   
   完成度は高いように思うのだが、まだまだ初日の幕は開いたばかり。
   これから舞台がどんな風に変わっていくのか、変わらないのか、楽しみに
   通わせて頂きたいものである。
 
 
イメージ 3
  《 舟木さんの輝く笑顔 》
 
    嬉しいことに、50周年を迎
   え、55周年を目指す舟木
    さんは、今、この笑顔が輝
    き続けている。
 
  スタジオのカメラ撮影では
  絶対に引き出せない、コン
  サートでの溢れる充実感、
  輝き。
 
 
       初日、お話を交わ したお隣の席の50年来のファンの方は、若かりし日
            の舟木さんとの握手の忘れられない想い出を語って下さった。
      そして、こうつぶやかれた。
 
               ” 愛しいんですよね〜 ”
 
            日本中のある世代の女性たちが、それぞれの人生に重ね合わせて、
      永きに渡り、または再び、こんなにも強く、深く ” 愛しい人” を胸に
      住まわせている・・・
      舟木さんて、本当に不思議な人・・。
 
      その不思議な人に会いに駆けつける人たちのために、今日もまた
      演舞場の幕が開く。
 
            
イメージ 5
               2013.6.8    16:11
 
   夜の部観劇の舟友さんたちと別れて、所用のため新宿へ向かう。
   ちょうど三越あたりから出てこられたギターの ” 達っちゃん ” や  ” 林クン ”
       たちとすれ違う。
 
     ” 夜の部の演奏もよろしくお願いします。舟木さんを盛り上げてあげて
      下さいね。 ”
    
   夜の部が始まった頃の銀座四丁目、山野楽器付近の歩行者天国。
   舟木さんの復刻LPのCDも、もうすぐ発売される。   
   山野楽器で購入してポイントをつけて貰うつもり、、。 
   こちらも待ち遠しいことである。
 
 

この記事に

閉じる コメント(16)

顔アイコン

満天の星さんらしい本格的な「天上から舞い降りてくるような言葉」で奏でるレポートに感激しています。「直弼と主膳が友情で結ばれることを確認する場面」というのがあるのですね。これを拝見して和歌・国学を通しての師弟としてのおふたりの関係、また主従として夢に向かっていくことを誓い合ったおふたりの関係をあらわしたような歌を連想しました。直弼の「影うつる池の錦のその上に なほ咲かかる 糸萩の花」を受けて、主膳が「君かこの今日の出てまし待得てそ 萩の錦もはえまさりける」と返歌したそうです。その後、二人の運命がドラマチックに展開していくのですね。ワクワクしてきました。素晴らしいレポをありがとうございました。

2013/6/9(日) 午前 11:09 春日局 返信する

顔アイコン

満天の星さん
詳細なご報告をありがとうございます。
扇子の影での?感動の美しく迫真のラブシーンのところは見せ場でもありますね。想像して拝見しています。
里見さんという芸達者なお相手で舟木さんが安心して演技がおできになりますね。すばらしさが伝わってきます。
桜木さんが観客席にいらしたのですね。
そのうちにマコちゃんも見えるでしょうか??
ご報告をありがとうございます。

2013/6/9(日) 午前 11:20 [ ななせ ] 返信する

顔アイコン

満天の星さんこんにちは
私は昨日バスツアーに参加して夜の部を観ました。
なんとひまわりさんと一緒になり、色々楽しいハプニングがありました((笑)忘れられないバスツアーでした。
夜の部では網笠がうまく立てかけられず、葉山さんが直していましたが、あれは中々難しいと思います。
第二部のコンサートでは舟木さんが階段を下りるとき、つまずいてずっこけそうになったり、プレゼントを台に置くときにつまずいたりと少し心配でしたが、お声はよく出ていました。
満天の星さんともまたお会いできる日を、楽しみにしています。

2013/6/9(日) 午後 0:05 [ たんぽぽ57 ] 返信する

顔アイコン

満天の星さん、おじゃまいたします。
詳しいレポート、本当にありがとうございます。
会場の熱気がこちらまで伝わってくるようです。早く行きたくなりました。行く頃どうも台風が来るそうで、日ごろの自分の行いが問われそうなのですが(笑)
50年前の舟木さんに握手された方・・・「愛しいんですよねえ。」わかります。そんなすばらしい体験はないのですが。
よくは解りませんが、若い頃はもちろん、こんなにベテランになっても、どっかで支えてあげたくなるような危うさ、はかなさが舟木さんには感じられるからなのでしょうか?

2013/6/9(日) 午後 0:12 [ 復活舟木組 ] 返信する

顔アイコン

満天の星さん 今日は!
里見さんとのコンビが出色なのでしょうね!
舞台を見たことのない私も興奮してきます!!
絶妙な桜木健一さんの掛け声!
話題独占!新橋演舞場ですね!舟木さん素敵!!
まだまだ、続きますので、レポ-ト待っています。

2013/6/9(日) 午後 2:09 すずらん 返信する

顔アイコン

いいな・・・。舞台みにいきたい・・・。昼と夜歌ちがうそうですね。12月大阪おなじのみたいです

2013/6/9(日) 午後 4:13 雪花 返信する

顔アイコン

満天の星さん
色々と大変楽しい臨時のミニOFF会でした!。
あの掛け声は何と桜木健一さんでしたか!
道理で間合いが見事と思った訳です。
それにしても見事なレポートでした!。

2013/6/9(日) 午後 4:36 [ いつでも青春♪ ] 返信する

顔アイコン

春日局さん こんばんは
まだまだ簡単な感想のようなご報告ですが、感じたままに、、ということです。直弼と主膳の主従を越え、師弟を越えた心のつながり、、夢は果たせなかった二人でも、ここのところが舟木さんがやはり一番に見てもらいたいとする物語の柱なのでしょうね。そのことが丁寧に描かれているお芝居のように思います。歌を詠みながらお互いの心栄えを確かめ合う主膳と直弼、何事にも秀でたいずれ劣らぬ一流の人物
が、時代の風との出会い方で悲惨な最期を遂げたこと、、一筋縄では行かない、人の歴史、生涯を思い知らされますね。舟橋氏はそれを「花の生涯」となさったのでしょうね。

2013/6/9(日) 午後 11:48 満天の星Lovely 返信する

顔アイコン

ななせさん こんばんは
あのシーン、見せ場NO.1ですよ。もっと長くライトを当てて、舟木主膳さまとたか女との美しいシーンを見せて下さい!と思いました。里見さんをお迎えして本当に良い舞台になっているように感じます。舟木さんも心強くご安心のような気がします。でも舟木さんの演技は、里見さん、、葉山さんに決して引けをとらない役者振り、りっぱな時代劇俳優です。桜木健一さんは、数席離れた横にお座りでした。さすが絶妙な間合いの掛け声でしたね!マコちゃんに運良く出会えればいいのに、と思ってしまいますね。舟木さん、またマコちゃんを可愛くからかったりするかしら?

2013/6/10(月) 午前 0:01 満天の星Lovely 返信する

顔アイコン

たんぽぽ57さん こんばんは
バスツアーには、お知り合いの舟友さん達もおおぜい参加なさっていたようですね。またこのツアーで新しく演舞場のお客様も舟木さんファンも増えてくれるといいですね。お昼は舟木さん、なかなか工夫されて上手くいきましたが、夜は編み笠が上手く立てられませんでしたか?やはり昨日のことがあったからなのでしょう、今日の夜の部では、舞台の板とセリの溝の部分に上手く立てかけられるよう、床机の位置を移動したのか、少し工夫がしてありました。舟木さんも昼夜のステージで、お疲れが心配ですよね。地元なので今回は会場に足を運ぶ回数を少しでも多くしたいですね。たんぽぽさんとまたお会いできるでしょう、お声をかけてくださいね。

2013/6/10(月) 午前 0:18 満天の星Lovely 返信する

顔アイコン

復活舟木組さん こんばんは
ご訪問有難うございます。一宮でご一緒させて頂きましたね。舟木さん復活組としてたくさんのブログに精力的に発信していらっしゃること、存じております。舟木さんへの並々ならぬ熱い思いが伝わるコメントを拝見するにつけ、同じ気持ちのお仲間のように思っておりました。舟木さんには、年下の私達でさえ、いまだに何だか支えてあげたい気持ちにさせられますね。きっと舟木一夫の全て、上田成幸を丸ごと愛おしく感じてしまうのでしょう。早く上京の日が来るといいですね。これからもよろしくお願い致します。

2013/6/10(月) 午前 0:33 満天の星Lovely 返信する

顔アイコン

すずらんさん こんばんは
里見さんに出演していただいて、本当に良かったように思います。里見さん、葉山さんと、役者として互角に演技をされている舟木さんですが、信頼する先輩に出演して頂くことにより、随分安心して1ケ月公演をお勤め出来るような気がします。今日は待ちきれずに夜の部を当日券で見てきました。まだまだ感想のようなご報告しか出来ないのですが、これでやっと落ち着くことが出来ました。心を捉えられた昔乙女達がいっぱいの演舞場でした。すずらんさんが上京できたら、、と残念です。

2013/6/10(月) 午前 0:44 満天の星Lovely 返信する

顔アイコン

雪花さん こんばんは
今回のシアターコンサートは、昼夜別構成で、お昼は通常コンサートに近い構成、夜は昔の歌謡ショーのような構成でご覧頂きたい、ということです。夜の部は華やかな舞踊があり、その後舟木さんも和服姿で歌われました。12月の新歌舞伎座は、同じ構成なのでしょうか。でも舟木さんは決して手抜きはされない方ですから、きっと楽しませて頂けると思っています。12月の舞台は、そろそろ準備が始まっているようですね。慌ただしい師走ですが、楽しみなことです。

2013/6/10(月) 午前 0:54 満天の星Lovely 返信する

顔アイコン

いつでも夢を♪さん こんばんは
昨日はご一緒できて良かったです。舟木さんを、昼夜堪能されたことでしょう。私は昨日見られなかった夜の部をどうしても見たくなって、当日券で行ってきました。3F正面でしたが、これでもう充分なお席でした。いくつか離れて桜木健一さんが座られました。見事な間合い、タイミングの掛け声でしたね。さすが舞台役者さんです。舞台で演じている舟木さんたちにも届いたでしょう。きっと力が出たと思います。まだまだちゃんとご報告できてないようなレポートなのですが、今回は地元ということで足を運ぶ回数も多くなりそうです。少し
ずつきちんとしたレポートになっていければと思います。夜の部も拝見して、落ち着くことが出来ましたので、、。いつでも夢を♪さんのレポート、とっても素敵でした。次の機会があれば、また拝見したいです〜。

2013/6/10(月) 午前 1:10 満天の星Lovely 返信する

顔アイコン

満天の星さんこんにちは。
パソコンが使えない間に2日過ぎてます。
素晴らしい舞台の脚本であるように思います。
たか女の葉山さんは適役だったのですね。
早く、観たいです。
コンサートも楽しみです。
ありがとうございます。

2013/6/10(月) 午前 10:46 [ kaoruko ] 返信する

顔アイコン

kaorukoさん こんばんは
舟木さんと里見さんの”夢の実現のためにともに生きよう”と誓い合う、お二人の台詞がいいですね!葉山さんは、女らしくも、自分の意思を持って主膳と直弼のために生きる道を選ぶ、気丈で美しいたか女
を演じられました。楽しみにして演舞場へお越し下さいね!

2013/6/10(月) 午後 8:47 満天の星Lovely 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事