満天の星Lovelyのブログ

新橋演舞場シアターコンサートで55周年がスタート!

全体表示

[ リスト ]

                  中日劇場舟木一夫特別公演
                   「いろは長屋の用心棒」
                
                                                〜 千秋楽 〜
 
                     2014・11・15     
 
                       第二部 シアターコンサート  
 
 
         オープニング
        ♪ オレは坊っちゃん               ♪ 磯浜そだち
                                     ♪ 浜の若い衆
        ♪ 帰る
        ♪ 麦笛                       ♪ おみこし野郎
                                     ♪ 喧嘩鳶
        ♪ ひぐれ山唄
        ♪ 木挽哀歌                                            ♪ 若君風流
                                     ♪ ああ!! 桜田門
        ♪ 夕月乙女                     ♪ 薄桜記
         夢幻                                                   ♪ 魔像
                                     ♪ 新吾十番勝負
            ♪ 浮世まかせ
                                      アンコール
             ―舞―                        ♪ 銭形平次
                右衛門七討ち入り〜右衛門七節
 
              〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
 
            千秋楽のシアターコンサートは、さてどんな風に・・と期待のうちに緞帳が上がる。
      グレーの和服と茶が入った縞の帯で、抒情歌系の曲が始まるのかと思いきや、 何やら軽快な
      イントロが鳴っている。
 
                                  オープニング
                          オレは坊ちゃん
      作詞:西條 八十                                               
      作曲:船村 徹                                            イメージ 1  
      1968(昭和43)年
      明治座公演「オレは坊ちゃん」主題歌
 
      オーイおれは坊ちゃん
      江戸っ子だい
      好きなばぁやの お清に別れ
      初の船旅 四国へ来れば
      キザな赤シャツ まぬけな野幇間(のだいこ)
      暮れりゃ 東京の灯が恋し
 
 イメージ 2
      
 
        オーイおれは坊ちゃん
          江戸っ子だい
          田舎湯町の 中学教師
          起きりゃ楽書き ねむればイナゴ
          餓鬼のうるささ  ところの狭さよ
          今日も思案の  湯のけむり
 
 
昭和43年7月
明治座公演より
 
 
       おかげ様で無事千秋楽を迎えることが出来ました。 有難うございます。
       長く歌ってはいても、ここ30年歌っていない曲というものもあるんですよね。 こういう機会に
       歌っていくのも、歌い手の楽しみのひとつなので、今日はそんな曲を歌っていこうかと思います。
       夜の部でご覧ただいた共演の四人の舞もありますので、お楽しみください。
 
 
                                          帰 る
       作詞: 植田 悌子
       作曲: 山路 進一                                                 イメージ 3
       1966(昭和41)年
       「舟木一夫の絶唱」収録
 
 
      あなたは帰る あなたのふるさと
      ひとみ明るく 望みに満ちて
      東京がいやになったのではないと
      ふるさとの母とみどりが恋しいと
      あなたは帰る あなたのふるさと
 
 
イメージ 4              
 
      
                あなたは帰る あなたのふるさと   
                   涙をそっと 遠くに投げて
               あのひともきっと訪ねてくるからと
               ふるさとの 花と祭りの季節にと
               あなたは帰る あなたのふるさと                      
 
                                  
                        東京の思い出いつも生きてると
                       ふるさとの空に林に語りたいと
                    あなたは帰る あなたのふるさと
                          
                                帰る  帰る 帰る・・・・・ 
                                                                                    
                                     
                                     
                
                                                                                                                                                   
                                                              
                                                                        麦 笛
 
          作詞: ちあき 哲也
          作曲: 宇崎 竜童
          1972(昭和47)年                                         イメージ 6
 
            さようなら かなしいまち
            季節さえ わすれたまち
 
             わらわないで 花のような
             しあわせを 街にさがしたこと
                                      
         あしたの朝は ふるさとの小径を
             風にそよぐ麦笛 鳴らしながら
 
         たどるでしょう 足もかるく
             あたたかい人の 群れのなかへ
                                                                                                                     
 
イメージ 7
                                           
                             さようなら さびしいまち
             ほほえみさえ なくしたまち                               
             わらわないで 傷のついた
             おもいでを街に 残したこと   
 
                                                                         イメージ 5
                                   
                                                                             
        ふるさとは花も ほころび咲く頃よ
        風にそよぐ麦笛 鳴らしながら
 
        帰りましょう あしたこそ
        あたたかい人の 群れのなかへ・・・
 
 
 
           ♪ 帰る という曲は19歳くらいで歌った、というより歌わせられたかと思いますが、あの
     時代にずんぶんませた歌を歌ったものですねぇ。 
     最近、なんだか高いほうの声が戻ってきたかも? という感じで、 キーも下げてないんで
           すよね。 どうしてか狂い咲きのようで、、。
     歌は声で歌うもの、声の響きでお聞かせするものですから、テクニックは二の次ですね。
           次は、山の唄を2曲。 1曲目は、、これはどの曲のB面だったか、本人も忘れちゃって思い
     出せないのですが、、。
     
 
                                                      ひぐれ山唄
 
イメージ 8
 
      作詞:丘  灯至夫
      作曲:山路 進一
      1966(昭和41)年
      「今日かぎりのワルツ」B面
 
 
 
      山の男はヨ なに見て暮らすよ
      谷に ひとすじ 糸ひく煙
      あれはあの娘の
      あれはあの娘の  炭焼く煙ヨ
 
 
                                                                                                         イメージ 10         
      あの娘十六ヨ ひとみも燃えてよ
      あいに来る日は 手に花さげて
      杉の峠で
      杉の峠で 山唄うたうヨ
 イメージ 9
      ひぐれ山唄ヨ 淋しいけれどヨ
      いつか一緒に 暮らせる時は
      灯りともして
      灯りともして  星見てうたおヨ
 
 
 
 
 
 
 
                                                               木挽哀歌
 
                                                                                                      
      作詞:安部 幸子イメージ 11
      作曲:遠藤 実
      1965(昭和40)年
      「火消し若衆」B面
                                                                     
      木挽き歌だよ さびしかないよ
      木挽き歌だよ もうじき日ぐれ
 
      谷の向こうに 山里かくし
      日ぐれおろしが 胸にも吹くよ
      胸にも吹くよ  ホイ
 
 イメージ 12
 
 
                                 
                                 (Heartveector・Com)
 
  
                 椎の大木 いかだに組んで
                 水に流せば 木場にとどくよ
                 いえず別れた 言葉はどこに            
                 流しゃあの子の 胸にとどくよ
                                     胸にとどく  ホイ
 
                                                イメージ 13
 
 
      木挽き音だよ さびしかないよ
      木挽き音だよ もうじきひぐれ
      もうじきひぐれ ホイ
 
             
 
 
 
 
       
           「木挽哀歌」は、「火消し若衆」のB面ですが、こういうの以外は当時は、レコードのA面、B面
       に何の脈絡もない曲が吹き込まれていましたね。
       同じ系統の歌ばかりでは作る方もストレスがたまりますし、歌い手にも意外な曲が合う
       ということもあります。
       次は、同じ4分の3でも違う雰囲気のワルツになっている曲です。
 
 
     
 
                                                           夕月の乙女
                                                  イメージ 14
       作詞: 西沢 爽
       作曲: 遠藤 実  
       1964(昭和39)年  
       「あゝ青春の胸の血は」B面
                                                          イメージ 17
                              
        面影あわく しのばせて
        ポプラにかゝる 夕月よ
        この丘で
        いつの日か
        野バラの歌を うたってた
        君いずこ 君いずこ 夕月乙女
 イメージ 15
               
 
    
                                              イメージ 16
                                            
                                                   
                愛しむように 夕月が
        ならんだ 影を 照らしてる
        名も知らぬ 
        おたがいが
                                              さよならとだけ 云ったけど
                          いまいずこ いまいずこ 夕月乙女
 
 
                                                     
 
 
                         夢幻― MUGEN ―
       作詞・曲:上田 成幸
       1996(平成8)年 「WHITE Ⅲ」
                                                                 イメージ 20                                                       
               うるむ乳房 そっとふくんで
               ころがせば 肩もそぼ濡れ
               男と女 女と男
               そして炎 夢幻
               まさぐれば 薫る若草
               切なげに
               ゆれるまつげ 光るうなじ
 
 
 
イメージ 18 
             忍ぶ吐息 のどを走り
             うねりくる 肌もあわだち
             男と女 女と男
             そして嵐 夢幻 
             狂おしく 身体(からだ)ぶつけて
             溶けあえば
             静寂(しじま)あつく 夜霧深く
                                         イメージ 19
       
 
 
 
 
       黒髪(かみ)のみどり  紅く燃えおち
       爪のあと 遠くなみうち
       男は男  女は女
       そしてはるか 夢幻
       けだるさに ほてる指先
       からめれば
       いたみひとつ 想いふたつ
 
       ルルル・・・・
       いたみひとつ 想いふたつ
 
 
                                                           
 
 
        
   
                                                         続 く
 
 

この記事に

閉じる コメント(2)

こんにちは。ご訪問ありがとうございます♬ むかし「初恋」を歌ってましたね、私が浅草国際劇場でおばさまツアーに囲まれてみたときはリーフ〜♪が印象的でした。現在、成幸少年はしっかり堅実な家庭を築かれていますね。ご近所の奥さんに聞きましたところ、たいへんな照れ屋でちょくちょく実家の医院にきていたそうです。ここで話せることはここまでです。

2014/11/20(木) 午後 4:54 [ サッチモ ] 返信する

顔アイコン

サッチモさん こんばんは
「初恋」も♪リーフ〜の「高原のお嬢さん」も、ずっとステージの常連で、舟木さんはご自分に頂いた曲をとても大切にしておられますね。
同じ歌でも、お若い時とはまた違った味わいで歌って下さいますので、今の声でお聴きするのが楽しみです。照れ屋の成幸少年は、今でもちっとも変わっていないようですね。舟木さんの少年時代のお話は、本当に微笑ましく伺えますね。有難うございました。

2014/11/20(木) 午後 10:15 満天の星Lovely 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事