ここから本文です
何度でもバイク旅 ブログ編 SV650
アクセスありがとうございます。HPはこちらhttp://ma-nyon.jimdo.com/

書庫全体表示

今年から始めた新幹線旅の第2段は・・・

「名古屋」です。(´・ω・`)

前回の浜松旅ではスズキやヤマハの企業博物館を中心に観光したのですが、それがとても見応えがありました。他にも何かないかと調べると名古屋にはトヨタがあるではありませんか。はい、名古屋へ決定。

イメージ 1

花粉が猛威を振るう中、完全防備でいつも通り始発のバスで大宮駅へ向かい、そこから宇都宮線で東京駅へ向かいます。自動切符売り場でのぞみの窓側の指定席を購入しホームで待っていると、700系が待機していました。勝手に最新車両のN700系かと思ってたのですが、いずれなくなるであろう700系に乗れるチャンスだと前向きな気持ちで乗り込みます。

イメージ 2

約1時間40分で名古屋駅に到着しました。まずは名古屋市の観光名所を巡る周遊バスメーグルの1日乗り放題チケットを購入します。3連休ということでバス乗り場は非常に多くの観光客で賑わっていました。

メーグル→めーぐる→めぐる→巡る 巡るバスってことか?(´・ω・`)

イメージ 3

名古屋観光一発目は「トヨタ産業技術記念館」です。旧豊田紡織株式会社本社工場跡に設立されています。歴史を感じる赤レンガの建物に惹かれます。

イメージ 4

トヨタというと自動車が思い浮かびますが、元は豊田自動織機の自動車部門が独立して出来たものです。繊維機械館では当時の機械や最新の機械などが多数展示されており、オペレーターにより糸を紡いだりするところを見ることが出来ます。

イメージ 5

繊維機械館の次はお待ちかねの自動車館です。

イメージ 6

トヨダスタンダードセダンAA型乗用車は1936年に完成した初の量産乗用車で1757台が生産されました。現代でも通用するデザインが魅力です。

イメージ 7

トヨダトラックG1型はトヨタ初のトラックです。超短期間で開発が行われた為不具合が多かったそうです。

イメージ 9

エンジン等のカットモデルも展示されていて、非常に解りやすく解説されています。専門学校時代に文化祭の出し物でエンジンカットモデル作ったっけなぁ・・・。

イメージ 8

工場の一部や機械ロボットも多数展示されていて、車がどのように作られるかを学ぶことが出来ます。じっくり全て見ると2時間ぐらいのボリュームでしょうかね。さすがは世界のトヨタ、見ごたえ十分で過去訪れた企業博物館の中でも群を抜いたスポットでした。

イメージ 10

メーグルバスが来るまで時間があるので館内にあるミュージアムカフェで少し早い昼食を頂きます。

新幹線で行く名古屋一人旅②へ続く。

ホームページ:何度でもバイク旅

にほんブログ村に登録しました。
↓ランキングに参加していますのでよかったらクリックお願いします。
イメージ 13







この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事