ここから本文です

よしもと漫才劇場 マンゲキブログ

書庫「マンゲキ芸人リレーコラム」

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

イメージ 1

このブログ企画では、よしもと漫才劇場所属の芸人さんに
リレー形式でコラムを書いていただきます!
前回の芸人さんのコラムの中からテーマとなるキーワードを抜き出し、
自由に書いていただきます。
 
前回の担当者は、たくろう 赤木さんでした!

イメージ 2



     そして担当者は… 
 NSC大阪31期 
 ロングコートダディ
     堂前さん!


今回、赤木さんのコラムから選んだテーマは、、、
「滋賀県」
です!
 
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_ 

415日(月)日記
 
さや香の石井と2人で日帰り滋賀県旅行へ。
石井とこうやってしっかり遊ぶのは初めてのことで、少し緊張した。
 
9:00
レンタカー屋の前に到着。
9:30集合だったけどワクワクしすぎて早く着いてしまった。
まだ少し肌寒いので、ホットコーヒーを飲みながら石井を待つ。
 
10:53
石井が到着。3杯目のホットコーヒーの缶のフタを開けた瞬間だった。
石井は特に悪びれる様子もなかったので
「お、おほぅ、遅かったな〜」と言うと、石井は
「え!?10:53集合じゃなかったでしたっけ?!」と言った。
石井は集合時間を勘違いしていたようだ。
でも10:53集合なんて集合時間はこの世には無いと思ってほしかった。
 
11:00
車に乗って出発。運転は僕。
行き先が滋賀県というだけで、具体的な目的地は決めていなかった。
石井に「滋賀県といえば何があるかな〜?」と聞くと
「まあ、近江牛、赤こんにゃく、ブルーメの丘…あ!多賀大社もありますねぇ!」
琵琶湖が出てこなかったのが本当に怖かった。
僕が「なんで琵琶湖出さへんねん!」とツッコむと、石井は
「ビ…ワコ?ビワコ?え?ヴィですか?ビですか?ヴィワコ?」と言った。
思わず黙り込んでしまった。
 
11:08
石井嘔吐。
車酔いをしてしまったらしい。
僕は一旦車を止めて、石井の背中をさすりながら
「お前、普段あんなダンスとかしてんのに酔うんやな〜笑」
と冗談っぽい感じで言うと、石井は
「お前っていうのやめてください」と言った。
この時の車内の空気は張り詰めすぎていてよく覚えていない。
 
11:45
石井が車内でクイズを出題してくれた。
だが、問題が本当にややこしくて今も思い出せない。
何を聞かれているのかさえよくわからなかった。
答えが「3個か4個」だったのは覚えている。
車内で出されるクイズの中で過去最低クラスだった。
 
13:48
滋賀県に到着。
とりあえず昼ご飯を食べることに。
滋賀で有名な定食屋さんへ。評価も高い。
僕は「近江牛ステーキセット」を注文。
値段はそこそこするが、久々の旅行なので奮発だ。
石井は「水タバコ」を注文。
注文した時は驚いたが、楽しそうなので良かった。
 
14:32
琵琶湖に到着。
石井は琵琶湖を見たことがなかったので、見た瞬間
ツーっと一筋の涙を流した。
「すんません、これは…あきませんわ。なんでか涙でますわ、あかんすいません」
と、照れ臭そうにする石井は可愛かった。
写真も撮ってあげた。

イメージ 3

14:39
石井再嘔吐。
車に乗ってた時のことを思い出してしまったらしい。
 
16:19
多賀大社に到着。お参りすることに。
普通、お参りといえば2回礼をし2回手を叩き最後に礼をする二礼二拍手一礼が基本だが
石井は、九礼三十二拍手一ピースだった。
最後ピースをした時は思わず吹き出してしまった。
石井に、神様に何をお願いしたのか聞いてみると
「魚が食べたい」とのこと。
 
17:31
温泉に到着。
脱衣所にて、石井が脱いだ服を全て別々のロッカーに入れだした。
6つのロッカーの鍵を腕に装着する石井。
さすがによくないと注意すると、石井は
「関係ないでしょ」と言いながら真顔で押し倒してきた。
「たしかに」と言うしかなかった。

イメージ 4

18:48
大阪に帰るため車に乗る。
車内で石井に
「今日何が一番楽しかった?」と聞くと
「過去の話やめましょ、未来の話しましょっさ」と言われた。
しましょっさ…?とは思ったが
タイムマシンの話や次の元号などの話で盛り上がった。
レンタカーを返し、石井とバイバイする。
家に帰ってごろごろしていると
石井から
「また吐いてまいました」と、LINEが。
次は電車でどこかに遊びに連れてってあげよう。



イメージ 5
ロングコートダディ 堂前透
1990年生まれ。NSC大阪31期生。
相方は兎。
2017年 第6回MBSラジオ演芸ヤングスネーク杯 優勝。
イラストを描くことが得意で、単独ライブや自身の主催ライブの缶バッヂのデザインなど製作。
noteでは日記や漫画を更新中。
堂前のページはこちら

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_ 

第11回目の「マンゲキ芸人リレーコラム」ロングコートダディの堂前さんのコラムは
いかがでしたでしょうか...
 
 もっと続きが読みたくなりますよね

ロングコートダディ出演の公演にもぜひお越しください!
 
ロングコートダディ出演の公演はこちら☚
 
そして次回のコラムを書いていただく芸人さんは
堂前さんにくじ引きで決めていただきます!
 
くじ引きの結果は、、、、
 
「34期です!!

イメージ 6

ということで、NSC大阪34期の芸人さんの中からコラムをお届けいたします!
誰が担当になるのかはお楽しみに
 
次回の 「マンゲキ芸人リレーコラム」  更新は4月22日()です!
よしもと漫才劇場公式TwitterInstagramなどでもお知らせ致しますので、
ぜひチェックしてくださいね!
 
 
最後までお読み下さいましてありがとうございました。

…・…・……・…・……・…・…
よしもと漫才劇場ホームページ>>HP

マンゲキメンバーの愉快な動画を随時更新中!

Twitter@manzaigekijyo
最新情報を随時更新中!

Instagrammanzaigekijyo
最新情報やマンゲキメンバーのオフショットを随時更新中!

マンゲキメンバー出演の番組を毎週配信中!

Blogマンゲキブログ
グッズ情報やライブレポートを随時更新中!

マンゲキメンバーのネタ動画やおもしろ動画を随時更新中!

チケット購入>>チケットよしもと

開くトラックバック(0)

イメージ 1

このブログ企画では、よしもと漫才劇場所属の芸人さんに
リレー形式でコラムを書いていただきます!
前回の芸人さんのコラムの中からテーマとなるキーワードを抜き出し、
自由に書いていただきます。
 
前回の担当者は、からし蓮根 伊織さんでした!

イメージ 2




そして担当者は… 
NSC大阪37期 
  たくろうの赤木さん!



今回、伊織さんのコラムから選んだテーマは、、、
「高校時代」
です!
 
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_ 

 伊織さんからバトンが回ってきました。
伊織さんはラウンドワンのゲームセンターでたくさんメダルを貯めています。
 
ところで、僕は滋賀県の公立高校の受験に失敗して私立高校に入りました。
塾に通っていたのに恥ずかしかったです。
野球と猫が好きだったので入学後すぐに野球部に入りました。

イメージ 3

 僕の高校はスポーツに力を入れていて、野球部も中学から硬式野球をやっていたスポーツ推薦の人ばかりだったので、中学の軟式野球部でも補欠だった僕の野球の実力は、悪い意味で他の野球部員とは一線を画していました。
一線を画しすぎた僕は監督から「マネージャーになったらどうや?」と勧められました。バッティングマシンでボールが当たった瞬間に僕の握っていたバットが吹き飛んでいった直後の事でした。
僕は急な事でテンパってしまい、本当はマネージャーになる気なんてないのに、大きい声で「はい!」と返事をしてしまいました。間違えた!ヤバイ!このままではマネージャーになってしまう!と思ったので監督が次の言葉を出す前に「失礼します!」と言って、走って練習に戻りました。
なかったことにしようと思って次の日も当たり前の様に練習に参加しましたが、やっぱり監督に「あれ?マネージャーやるんちゃうかったんか?」と言われました。僕は昨日「はい!」と返事した記憶が確実にあるので、また大きい声で「はい言いました!失礼します!!」と言って走って練習に戻りました。
次の日も次の日も同じような事が毎日続きました。1回だけ間違えて言った「はい!」でこんな事になるとは思いませんでした。マネージャーになると毎日言うやつが平気な顔で毎日練習に参加してるので監督も意味わからなかったと思います。

  関係ない話ですが、中学高校と一緒だった木下くんが、中学時代は学ランを腕を通さずにワンピースの海軍中将みたいに羽織って、キックボードで中学に通っていたという話を野球部員にしたら、後日木下くんに「俺の秘密をバラすな」と胸ぐらを掴まれてツメられた事があります。中学の頃のイタかったエピソードは勝手に話しちゃダメなんだなと反省した記憶があります。本当に関係ない話で申し訳ないです。

話は戻りますが、僕はマネージャーになる事をうやむやにしながら練習を続けて、ついに3年までたどりつきました。
そして、ある日の練習試合、僕はどうせ出ないので、いつものようにバッターが投げ捨てたバットを拾ってベンチのバット入れに戻すという1番誰でもできる仕事をやっていました。すると急に「赤木。代打や。」と監督から声がかかりました。「いや、試合に出すんは違うやろ。」と思いました。大量のレギュラーメンバーが自主練習中にサッカーをやってるのがバレて干されていて、大幅な人手不足であるという事を差し引いても、試合に出る訳ないと思っていました。野球は人が投げ捨てたバットを拾ってバット入れに戻す競技だとすら思っていました。まさか僕が、と気持ちが落ち着かないままバッターボックスに立ってて、「いや、打てるかい」と思いながらバット振ったらショートの頭を越えてヒットになりました。それ以降、練習試合に出してもらえるようになり、ずっと「いや、打てるかい」と思いながらバット振った結果、11打数5安打の成績を残し3年の春の大会にはじめてベンチ入りすることができました。監督はこれは「打とうとするから打てない、試合に出ようとするから出れないんや。」って言ってました。僕は今でもこの思想を大事にしています。
しかし、春の大会敗退直後「これが最後や、マネージャーなってくれ。」と言われました。そこで気持ちが折れてしまいマネージャーになりましたが、今思えば最後までうやむやにしながら選手続けれたなと思います。
皆さんは最後までうやむやにしながらがんばってください。なんとかなります。
ちなみに、マネージャーの期間は毎日選手の飲むポカリをタンクで作っていたので、粉タイプのポカリを目分量で最適な味にする技術が身につきました。ほんとです。


イメージ 4

たくろう 赤木裕
1991年生まれ。NSC大阪37期生。
たくろうのボケ担当。
相方はツッコミきむらバンド。
第39回 今宮子供えびすマンザイ新人コンクール 新人漫才福笑大賞受賞。
2019年「NHK上方漫才コンテスト」 ファイナリスト、「ytv漫才新人賞決定戦」 準優勝。
かなりのネコ好きで、Instagramの投稿の8割は飼っているネコの写真。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_ 

第10回目の「マンゲキ芸人リレーコラム」たくろうの赤木さんのコラムは
いかがでしたでしょうか...
 
 もっと続きが読みたくなりますよね

たくろう出演の公演にもぜひお越しください!
 
 
そして次回のコラムを書いていただく芸人さんは
赤木さんにくじ引きで決めていただきます!
 
くじ引きの結果は、、、、
 
「31期です!!

イメージ 5

ということで、NSC大阪31期の芸人さんの中からコラムをお届けいたします!
誰が担当になるのかはお楽しみに
 
次回の 「マンゲキ芸人リレーコラム」  更新は4月15日()です!
よしもと漫才劇場公式TwitterInstagramなどでもお知らせ致しますので、
ぜひチェックしてくださいね!
 
 
最後までお読み下さいましてありがとうございました。

…・…・……・…・……・…・…
よしもと漫才劇場ホームページ>>HP

マンゲキメンバーの愉快な動画を随時更新中!

Twitter@manzaigekijyo
最新情報を随時更新中!

Instagrammanzaigekijyo
最新情報やマンゲキメンバーのオフショットを随時更新中!

マンゲキメンバー出演の番組を毎週配信中!

Blogマンゲキブログ
グッズ情報やライブレポートを随時更新中!

マンゲキメンバーのネタ動画やおもしろ動画を随時更新中!

チケット購入>>チケットよしもと

開くトラックバック(0)

イメージ 1

このブログ企画では、よしもと漫才劇場所属の芸人さんに
リレー形式でコラムを書いていただきます!
前回の芸人さんのコラムの中からテーマとなるキーワードを抜き出し、
自由に書いていただきます。
 
前回の担当者は、なにわスワンキーズ こじまラテさんでした!

イメージ 2



そして担当者は…
NSC大阪35
  からし蓮根の伊織さん!


今回、こじまラテさんのコラムから選んだテーマは、、、
「ラグビー」
です!
 
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_ 

なにわスワンキーズこじまラテさんからバトンをいただきました。
からし蓮根 伊織です。文章能力が無いので下手ですがすみません。
軽く自己紹介しますと、身長は190センチあります。西野カナさんが好きでケーキ作るのが趣味です。
お母さんや、親戚からは、いー君と呼ばれています。

イメージ 3

そんな僕はラテさんと同じ、高校時代ラグビー部でした。
なんでラグビー部に入ったかというと、僕は中高一貫の学校に中学の時から行っており、その時の中学3年生の担任の先生がラグビー部の監督をしていて、僕は中学3年生で身長が183くらいあったので、「この身体あったらいい大学行けるぞ!」と言われて、当時やりたいこともなく、大学に進学するつもりだったので、ラグビーというスポーツを知らず、すぐに「ラグビーやります」と言ってしまいました。それから本を買って調べたりしました。
「ラグビーは紳士のスポーツだ。」「運動神経悪くても大丈夫」「痛くない」「ラグビー最高」このようなことが書いてあり、すごく楽しみにしていました。
初めての練習の日。家に帰ってその本を破り捨てました。
ぶつかり合い、臭く、しんどく、とても痛そうで、「どこが紳士のスポーツだ、なにが痛くないだ。騙したな。」と思いました。
その日から僕はラグビー部を辞めたくなりました。
喧嘩などしたことないし、人を傷つけるのがすごく嫌なので、タックルするのが本当に辛かったです。なのに監督は「相手を殺す気で行って来い」と怒鳴るので、タックルするたびに、「ごめんなさい」と謝りながらタックルしていました。
ずっと辞めたくて本気で一回辞めようと思ったことがあります。
しかし、高校の同級生であり、今の相方である青空に「部活は絶対に辞めないでほしい」と言われ、話し合いの末、2人で大号泣しながら辞めないという結論に至りました。
しかし、本当にラグビーが僕は大嫌いでした。練習にも行きたくない。とずっと思っていました。それをずっと念じてたある日の練習終わり、とてつもなく身体がしんどくて、フラフラしてきて、家に帰るのも辛かったので、お母さんに電話して迎えに来てもらいました。
そのまま病院に行くと、39度の熱がありすぐに入院してくれと言われて緊急入院することになりました。
その時に「やった!練習に行かなくて済む!!」と思いました。
そこから2週間入院する(練習を休む)ことになりました。
色んな検査をしたりしたのですが、全く原因がわからず、退院する日。
お母さんと僕と病院の先生とお話したときに、先生が「お母さん、一旦席外していただけますか?」と言われました。
お母さんは不安そうに部屋から出て行き、僕と先生の2人になりました。
先生は一息入れ、僕に向かって
「君は、最近異性の外国の人と性行為した?」と聞かれました。
高校一年生で童貞だった僕は一瞬耳を疑いました。
童貞だし、女の子とも喋ったこともあまりないのに、性行為だなんて。しかも外国人!?
「童貞です。」そう返しました。
「なんでそんなこと聞くんですか?」と聞くと、
先生は「実は出ていた症状が外国の性病と全く一緒の症状なんよ」と言われました。
そして僕は結局原因は謎のまま退院できました。
その時に思ったのは、病気とは結局気持ちの持ちようなのかな?と思いました。
僕はずっとラグビーに行きたくない。練習したくない。辞めたい。と毎日毎日ずっと念じていました。その気持ちが熱を高め原因不明のウィルスを作り出したのかもしれません。
なのでまとめると
毎日楽しく生きてたら病気にはなりにくいけど、気持ち次第では童貞でも性病になれる。
ということです。
楽しいを作り出すのが病気を防ぐのに効果を発揮するならば、お笑いの劇場はもしかしたら病院なのかもしれません。
皆様の楽しみの一部になれるように頑張っていくので、これからも劇場に遊びに来てください。

イメージ 4
からし蓮根 伊織
1993年生まれ。NSC大阪35期生。
からし蓮根のボケ担当。
相方はツッコミ青空。
第8回ytv漫才新人賞決定戦 優勝。
自身のインスタグラムに投稿している、手作りケーキのクオリティはかなりの腕前。
幼い頃から習っていたピアノも得意で、「エリーゼのために」が弾けるレベル。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_ 

第9回目の「マンゲキ芸人リレーコラム」からし蓮根の伊織さんのコラムは
いかがでしたでしょうか...
 
 もっと続きが読みたくなりますよね

からし蓮根出演の公演にもぜひお越しください!
 
 
そして次回のコラムを書いていただく芸人さんは
伊織さんにくじ引きで決めていただきます!
 
くじ引きの結果は、、、、
 
「37期です!!

イメージ 5

ということで、NSC大阪37期の芸人さんの中からコラムをお届けいたします!
誰が担当になるのかはお楽しみに
 
次回の 「マンゲキ芸人リレーコラム」  更新は4月8日()です!
よしもと漫才劇場公式TwitterInstagramなどでもお知らせ致しますので、
ぜひチェックしてくださいね!
 
 
最後までお読み下さいましてありがとうございました。

…・…・……・…・……・…・…
よしもと漫才劇場ホームページ>>HP

マンゲキメンバーの愉快な動画を随時更新中!

Twitter@manzaigekijyo
最新情報を随時更新中!

Instagrammanzaigekijyo
最新情報やマンゲキメンバーのオフショットを随時更新中!

マンゲキメンバー出演の番組を毎週配信中!

Blogマンゲキブログ
グッズ情報やライブレポートを随時更新中!

マンゲキメンバーのネタ動画やおもしろ動画を随時更新中!

チケット購入>>チケットよしもと

開くトラックバック(0)

イメージ 1

このブログ企画では、よしもと漫才劇場所属の芸人さんに
リレー形式でコラムを書いていただきます!
前回の芸人さんのコラムの中からテーマとなるキーワードを抜き出し、
自由に書いていただきます。
 
前回の担当者はジソンシン 下村さんでした!

イメージ 2



そして担当者は…
NSC大阪34
  なにわスワンキーズ
   こじまラテさん!!


今回、下村さんのコラムから選んだテーマは、、、
「救急車」
「病院」
です!
 
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_ 

ジソンシンの下村兄さんから、
なにわスワンキーズのこじまラテへとバトンが渡された訳ですが、
まずは34期ということで他の34期の芸人さんのコラムを楽しみにしていた方にお詫びします。
僕ですみません。
依頼を断るという選択肢は無かったので書かせていただきます。
せっかくの機会を頂いたので、
僕の人生のターニングポイントとなった出来事について書かせていただきたいと思います。
下村さんに引き続き少し内容がグロいかもしれませんが申し訳ありません。

軽く僕の生い立ちを触れておくと、
両親共に公務員の家庭で何不自由なく育ち、習い事もたくさんやらせてもらい、父親が空手道場をやっていたこともあって、空手は幼稚園の頃からやっていて中学校から始めたラグビーと共に高校2年まで空手とラグビーを並行してやっていました。
ありがたいことに大阪桐蔭高校2年の時にラグビーの全国大会に出させてもらったりして関東の強豪大学に行かせてもらったのですが、大学では選手層の厚さや(同じポジションだけでも10人くらいはいた。130人部員がおり、1軍から8軍まであり僕と同じポジションの1軍のレギュラーは当時の日本代表)自分の怪我などで、レギュラーになれず、それでもまだラグビーをあきらめきれなかった僕は社会人でも運良くラグビーをやらせてもらうことになり、そのまま関東で仕事をしながらラグビー選手をやっていたのですが、ある試合が僕の人生を大きく変えることになります。

イメージ 3

現在トップリーグに所属している日野自動車との試合中、僕の前に身長2メートル、体重100キロのフィジー人選手がボールを持って走ってきたので逃げる訳にもいかず、タックルにいったのですが、僕の記憶はそこで途切れていて、ここからの話は周りの人から聞いた話です。
ドクターの話では走ってきたフィジー人のヒザがタックルにいった僕の頭に当たり、空気の裂傷のような感じになって僕の頭が10センチほど割れてしまったそうで、緑の人工芝が僕の血で真っ赤になっていたそうです。
グランドの脇に運ばれた僕はドクターに頭の傷を仮縫いしてもらい(絶対痛いはずだがアドレナリンが出ていて覚えていない)救急車を呼んでもらったそうなのですが、当時なかなか救急車がつかまらない(救急患者のたらい回しが問題になっていた頃)状態で五件目に連絡した病院がやっと受け入れてくれることになりその病院に運ばれました。
ここら辺くらいから記憶はハッキリしているのですが病院に運ばれ、
医師の先生の方から
「まず頭部のスキャンを撮って脳に障害や傷がないか調べます」
と言われました。
綺麗に頭が切れていたことが幸いして脳に異常はなく
「今から医療用のホチキスで頭の傷を塞いでいきます、麻酔の注射を打ちますか?」
と看護士さんに聞かれて、なぜか僕は女性の前でかっこつけたかったのか、
「麻酔はいりません」
と麻酔の注射を断り、ホチキスで頭の傷を塞いでいく手術を受けたのですが、一つホチキスをバチン!ととめる度に頭皮を引きちぎられるような激痛が走ったのですが、かっこつけて麻酔を断った手前、叫び声を上げることもできずホチキスを打たれるたび毛布の下で泣いていました。
手術も終わり、1.2週間は安静にして入院していた方がいいかもしれないと言われたのでそうすることにしました。
当時僕は26歳で4つ下の22歳の彼女と付き合っており、半同棲のような形で婚約もしていました。
怪我の状況や、入院しているということを彼女に連絡したのですが、なぜか1週間たっても彼女はお見舞いに来ることはありませんでした。
連絡しても返事はなく、モヤモヤしていたので彼女に会いに行きたかったのですが、あまり動かない方が良いと担当の医師から言われていたので病室から出ることもできませんでした。
1週間と2日が経過した日に彼女はお見舞いに来てくれました。
「なんですぐ来てくれへんかったん?」
「連絡したのに」
と僕が言うと彼女は泣き出し
「ごめん、、、結婚の話はなかったことにしてもらえない?」
と言いました。
「なんで?」
と僕が問い掛けると
「こんな大怪我するスポーツしてる人と付き合っていける自信がないから別れて欲しい」
と言いました。
怪我をして心が弱っていて、しかも強い痛み止めの薬を飲んでいたので頭がボーッとしていたのかもしれません。僕は
「わかった」
と言ってしまいました。
泣きながら病室から去っていく彼女の姿を僕は今でも忘れません。
怪我をしてから2週間が経過して、もう退院してもいいと言われたのですが、会社からはまだ休んでもいいよ、と言われていたので、1週間ほど休ませてもらって友達からオススメされた中川家さんの動画を見たりして家で過ごしました。大爆笑したのを覚えています。
運動しても良いという許可ももらっていたので、そろそろラグビー部の練習にも顔を出さないとと思って練習にいき、ラグビーの練習をしてみたのですが、頭に怪我をした恐怖からか、体がぶつかるプレーになると怖くてできない、敵が走ってきても怖くて当たれない、タックルにいけない状況が続いて、ラグビーでは恐怖が1番の敵になるので、もう引退するしかないなと思ってラグビーを辞める決断をしました。
その決断をした頃(婚約破棄されてから三ヶ月後くらい)結婚式の招待状が家に届きました。
それを見て驚いたのですが、僕が婚約していた彼女と仕事関係の関連会社の専務の方の結婚式の招待状だったのです。
それで僕は全てを理解したのです。
二股かけられていたんだと。
僕はもう怪我をしたから稼げないと思って切り捨てられたのだと。
確かに社内恋愛だったので付き合っていたのは内緒にしていたのですが、それが仇になってなにも知らないその専務の方から招待を受けたのです。
彼女の結婚相手の専務とは、何度か仕事で会って飲みに行ったりしていて、僕が婚約したりしていなければ何の躊躇もなく結婚式に行ったでしょう。
その結婚式には絶対行きたくなかったのですが、会社同士の兼ね合いや付き合いもあり絶対出席しなければならないとのことで、僕は自分が婚約破棄された女性の結婚式に出ました。
会社でもそういうキャラだったので余興もやりました。
二次会の司会もやりました。
地獄でした。
二次会も終わる頃、彼女の顔を見ると悔しくて涙が出てきたのですが、周りは何も知らないので感動して泣いていると思われていたそうです。
ラグビーと婚約者を同時に失った上にその婚約者の結婚式に出たことで僕の心は完全に死にました。
自暴自棄になり、なにもする気が起きず、会社も休み、家で布団にくるまっていたのですが、今でもなぜそのとき動画を見ようとしたのか覚えていないのですが、中川家さんの動画が見たくなって見ていたら心から笑えて本当に元気になれました。
それから中川家さんのネタをたくさん見たりしていくうちに、(この頃友近さんも大好きになった)お笑い芸人さんってかっこいいなと思い、僕も芸人になりたいという気持ちが芽生えて、NSCに入ることになるのですが、両親や周りの人は僕が怪我して頭おかしくなってお笑いを始めたと思っていたそうです。
怪我をしてラグビーも辞めることになり、婚約者も失ったんですが、そんな出来事が無ければお笑いも始めてないですし、今の相方にも巡り合ってないのでこれから人生プラスにしていければなと思っています。
大阪でトリオは売れないと色んな人に言われます。
でも僕は仲西と龍二となら絶対に大丈夫だと信じています。
長くなって申し訳ありません。
こんな奴もおると思ったら、自分が悩んでることなんて大したことないかなって思ってもらえたら幸いです。
最後まで読んでいただいてありがとうございました。

なにわスワンキーズ
こじまラテ

イメージ 4

なにわスワンキーズ こじまラテ
1983年生まれ。NSC大阪34期生。
なにわスワンキーズのボケ担当。
仲西隼平と前田龍二とトリオで活動している。
なにわスワンキーズのネタは、主にこじまラテが作成している。
第40回 今宮戎神社 こどもえびす 第38回 マンザイ新人コンクール 新人漫才奨励賞 受賞。
ラグビー関係の仕事を募集中。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_ 

第8回目の「マンゲキ芸人リレーコラム」なにわスワンキーズ・こじまラテさんのコラムは
いかがでしたでしょうか...
 
 もっと続きが読みたくなりますよね

なにわスワンキーズ出演の公演にもぜひお越しください!
 
 
そして次回のコラムを書いていただく芸人さんは
こじまラテさんにくじ引きで決めていただきます!
 
くじ引きの結果は、、、、
 
「35期です!!

イメージ 5

ということで、NSC大阪35期の芸人さんの中からコラムをお届けいたします!
誰が担当になるのかはお楽しみに
 
次回の 「マンゲキ芸人リレーコラム」  更新は4月1日()です!
よしもと漫才劇場公式TwitterInstagramなどでもお知らせ致しますので、
ぜひチェックしてくださいね!
 
 
最後までお読み下さいましてありがとうございました。

…・…・……・…・……・…・…
よしもと漫才劇場ホームページ>>HP

マンゲキメンバーの愉快な動画を随時更新中!

Twitter@manzaigekijyo
最新情報を随時更新中!

Instagrammanzaigekijyo
最新情報やマンゲキメンバーのオフショットを随時更新中!

マンゲキメンバー出演の番組を毎週配信中!

Blogマンゲキブログ
グッズ情報やライブレポートを随時更新中!

マンゲキメンバーのネタ動画やおもしろ動画を随時更新中!

チケット購入>>チケットよしもと

開くトラックバック(0)

イメージ 1

このブログ企画では、よしもと漫才劇場所属の芸人さんに
リレー形式でコラムを書いていただきます!
前回の芸人さんのコラムの中からテーマとなるキーワードを抜き出し、
自由に書いていただきます。
 
前回の担当者は衹園 櫻井さんでした!

今回、櫻井さんのコラムから選んだテーマは、、、
「いかに幸せを感じるか」
「カーテンで仕切られたスペース」
です!
イメージ 2





 そして担当者は…
NSC大阪29
  ジソンシンの下村さん!!
 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_ 

テーマ

「いかに幸せを感じるか」
「カーテンで仕切られたスペース」

櫻井さんのコラムから
「いかに幸せを感じるか」
「カーテンで仕切られたスペース」を抜粋。


祇園・櫻井の兄貴からバトンを引き継ぎましてジソンシン下村啓太がお送りさせてもらいます。
皆さんは人生最悪の日ってありましたか?恋人に振られたとか、受験に失敗してしまったとか、ギャンブルで10万負けちゃったとか、色々あると思うのですが僕は「最悪の日」ではなく「最悪の1週間」があるんです。

※内容に少しグロテスクな表現をしている部分がありますので苦手な方は慎重にお読みください。

それは僕が高校2年生の冬の話。
2004年12月31日大晦日。友達10人くらいで近所の神社に集まってワイワイしておりました。(※大晦日は近所のおっちゃん達が神社で焚火してくれるから暖かい)
そして2005年になった瞬間、みんなで「ウェーイ!!」みたいな事を言った後にそれぞれのバイクに乗り(※全員免許取得済み)他のグループと合流する為に出発。(※暴走族とかではなくただの調子乗り達)
僕はというと親に土下座しまくっても免許取得の許可がおりず友達(※一樹=かずき=親友)の後ろに乗せてもらい出発。
真冬にバイクなので耳取れるんちゃうか?っていうくらい寒かったけど間違いない青春のど真ん中で酔いしれてる僕たちはテンションフルマックス。
しばらく走らせていると空から雪が降ってきました。
(おいおい、メッチャ青春やん)(※アホ)
と思ったところで一旦僕の記憶は途切れています。
次に目を覚ますと「大丈夫!?大丈夫!?」と目の前に泣きじゃくるお姉さん。
(誰?)
「あっ目開いた!大丈夫!?寒くない!?」
(いや誰?てか綺麗な人やな。てか何でそんな泣いてんの?)
「もうすぐ救急車くるから!」
(救急車?、、、!!、、、そうか事故ってもうたか)
状況を理解した後によぎったのは
僕の通ってた高校は例え免許持っていてもバイクに乗るのは禁止。多分後ろに乗ってただけでもアウト。と頭にあるから大ごとにしたくないと思い
「いえ大丈夫っす、自分で帰れるんで」
(※正直綺麗なお姉さんの前やからカッコつけてる)
と言い体を起こそうとするとお姉さんが
「待って!!無理せんとって!!その足じゃ立たれへん!!」
(足?)
と思い見ると右足の関節が一個増えてるように見える。ジーパン履いてるからハッキリ分からんけど関節が多い。
痛み全く無い。(※アドレナリン?ドーパミン?よく分からんけどドバドバ分泌してたんやと思う)
5秒くらい見つめた後
(これは無理)
となり救急車を待つ事に。
すると遠くの方で
「大丈夫っす!いけますいけます!」と聞こえたので見ると一樹が足をカクカクさせながらバイクを起こし、エンジンをかけようとしてる。
お兄さんが(※後々分かるが彼の運転する車が僕たちに接触。お姉さんは彼女。ちなみに事故原因は9:1で向こうが悪い)
「いやあかんって!救急車待っとき!」と言うも一樹も学校とか親とか色々考えて一刻も早くこの場を離れたいんやろなーと思い見ていると足のカクカクがガクガクになった瞬間一樹とバイク転倒。
不謹慎やけど面白くて笑いながら
「一樹なにしてんねん!」と叫ぶと一樹が振り返り「、、、啓太?」
後で聞いたんですが、事故後に目覚めた一樹は僕が後方で倒れているのを認識できてなく、僕は先に逃げたと思い自分も急いで逃げなきゃ、と焦っていたそうです。
救急車到着。
一樹と別々の救急車に運び込まれ、中で応急処置。
隊員の方が「年明けからやってもうたなー!」とか「逆に痛ないやろ!?」とか軽い感じで話てくれたのは何か有り難かったのを覚えています。
「ジーパン破るで!?」と言いハサミでジョキジョキ切った後に
「あちゃースネの骨飛び出てるわ!」
(そんな大きい声でやめてよ)
すると「一旦戻すで!?」
(ん?一旦戻す?)
「歯食いしばりや!」
(どういう事?待って待って、、、)
「せーの、ヨイショ!」
ゴリゴリゴリっと骨の音が聞こえたけど
全然痛くない。僕の脳は目の前の現実を全て否定してくれました。脳に感謝。
病院に到着。
ここで気を失ったのか記憶が途切れる。
目を覚ますと真っ白な天井。
すると「おはよう下村くん、お腹空いてる?おせち食べる?」
看護師さんが笑顔で話しかけてくれる。
一瞬混乱したけど
(そやそや、昨日事故ったんや、という事は病院か)
「食べます」と言い、おせちを頂く。
右足は包帯グルグルで吊るされてる。
なんか熱持ってる。
食後すぐに担当医の先生が病室にきて説明開始。
「開放骨折」といいスネの骨が事故の衝撃で折れて外に飛び出たとの事。
それは隊員の方が大きい声で教えてくれたので知ってる。
先生の説明が続く
「でね下村くん、下村くんが事故を起こしてから救急車が到着するまで30分かかってんな」
(そんな時間経ってたんや)
「つまり30分間、下村くんの飛び出た骨は外気に触れてたって事になる」
(ふむふむ)
「それはそれだけ菌が入る可能性があったって事でね」
(菌?バイキンの事ね)
「もし菌が入ってたら足を切らなあかんくなるんよ」
(ん?)
「過去の統計上30分の放置は25%で菌が入っちゃうんよ」
(、、、25%?)
「今から1週間後に検査して菌が入って無かったら骨を真っ直ぐにする手術をして、菌が入ってしまってたら治療方針を話し合うって形で進めていくからね」
色々説明してくれたけど要約すると菌が入ってしまうと骨をぐちゃぐちゃにしてしまい繋がらんくなるとの事。ぐちゃぐちゃになってしまった骨に人工骨をつけて治そうとしてもまた菌が悪さをして結局イタチごっこになるから切断という結果に繋がってしまうとの事でした。
先生出ていく。

(、、、、、待って待って25%?100%中の25%で足を切断ってこと!?4分の1!?それを16歳の少年にあの先生言ったよね?そんなんって普通両親にこっそり言うんちゃうん?まだ事故後、親の顔も見てないよ?あの先生マジ!?)

大パニック。

しばらくして落ち着いて
(25%か、北斗の拳の通常時の中段チェリーやったら外れる気しかせんねんけど、たまに当たりよるしなー)
(※パチスロの話です。)
とか考えていると母親到着。
(※病院から連絡あってすぐに駆けつけてくれてたけど本人は寝てるし先生からの説明も朝すると言われて一旦帰ってた)
「あんたはホンマー!」
(ごめんよ)
「ホンマにビックリしたんやから!」
(年明け1時間後に電話きて息子が事故ったって聞いたらビックリするよな)
「ほんで大丈夫なん?どれくらい入院せなあかんの?」
(えっ?まだ先生から聞いてないんや)
「何か菌が入ってるかもで1週間様子見て菌が入ってたら足を切らなあかんねんて、その確率が25%らしい」
「、、、25%?」
僕と同じ反応。眉間に精一杯シワを寄せる。多分僕もこんな顔してたんやろなと思った。
「えっ?つまり25%で足を切るって事?」
(そやで、さっきそのまま言ったやん)
「えっ?それをお医者さんはあんたに言ったん?」
(そやんな!絶対おかしいよな!)
「ちょっと詳しく聞いてくる!」
母親退出。
親の慌てっぷりを見ると子供って不安になりますよね?
まさにそれが襲ってきてメッチャ不安になる。

「最悪の1週間」の始まり。

右足を吊るされた状況で寝たきり。
窓から同じ景色をずっと見つめる。
25%が頭から離れない。
食欲ない。
テレビつけても正月特番ばかりで皆んな浮かれてるから消す。
お見舞いに来てくれた父親、兄2人も状況知ってるから変な感じのテンション。
友達もお見舞いきたけど詳細を知らんからいつものテンションで話しかけてくるし正直ダルい。
無理して笑う。
一樹が全治1週間の打撲と聞いて安心と腹ただしさが入り混じる。
差し入れのジャンプでONE PIECE見た時だけ少し高揚。
尿瓶に仰向けでオシッコするの難しい。
ウンコは腰を上げて桶みたいなんを敷いてせなあかんけど仰向けでウンコは難しい。
そもそも食べてないから便意無い。
個室じゃないから普段はカーテンでベッドを仕切る。
そのカーテンで仕切られたスペースで何度となく泣きそうになる。てか泣く。
16歳の少年に正直に全てを語ってくれた先生に感謝、とかなくメッチャ恨む。

1週間後。

その日は朝から色々検査受けていよいよ発表の時。
緊張が極限までいったら心臓の音が聞こえるって言うけどそんなん無い。
早く結果を教えてくれ。だけ。
先生が口を開く。
「うん、菌入ってないし明日手術しよっか!」
(よっしゃー!、、、、いや軽っ!軽ーーーーっ!この1週間気が気じゃなかったんよ!?あんたのせいで16歳の少年毎晩泣いてたよ!?しよっか!ちゃうやろーー!!)と今の僕な
ら全力でつっこんでる。
(ほんであんた16歳にそんな辛い現実サクッと言うたらあかんでーーー!)今の僕なら全力でつっこんでる。
「では明日の手術の詳細なんやけど、、、」
そこからはあんまり覚えてない。
安堵感に包まれて上の空やったから。
次の日手術は右足のスネの中にボルトを通されて終了。
下半身麻酔やから看護師さんにチンコの先にチューブ通されたりとかあったけど、全然恥ずかしくない。
25%を回避したから。
術後に学校の先生がお見舞いにきて
「こんな大変な時に申し訳ないけど退院後に謹慎1週間うけてもらわなあかんくなった」
て言われたけど全然大丈夫。
25%を回避したから。
てかあの1週間に比べたら謹慎1週間なんて屁の河童。
そこから2週間の入院。
術後3日目には車椅子という最強の武器を支給されGTOの鬼塚には及ばんけど院内爆走してたら看護師さんに怒られる。楽しい。
10日ぶりに便意がきてウンコしたら真っ黒な正露丸?と思うような凝縮された固いウンコが五個ほどコロコロ。可愛い。
ご飯メッチャ美味い。感動。

余談ですが僕の母親は栄養士の仕事をしていて僕が入院した病院の病院食を作っていたので僕は入院をしても母の手料理を食べていました。母親は「見舞い楽やわ〜」と言ってました。

退院。

母親が「何か美味しいもの食べて帰ろか?」と言ってくれたのでいつも家族で行ってたラーメン屋をリクエスト。
ラーメンが着丼し食べ始める。
いつもの味。
メチャクチャ美味いわけじゃ無いし、なんやったら多すぎるモヤシにいつも(モヤシでカサ増ししてんちゃう?)と思ってた。
ただ食べていくうちに徐々にゆっくりと溢れ出てくる。

「幸せ」

いつものラーメン。事故前はなんとなく食べてた。
母親が「てかあんた足切るか切らんかの前に打ち所悪かったら死んでたんやで」とラーメンを食べながら言う。
人は状況によって、いかに幸せを感じるか。
母親が目の前にいなかったら絶対に泣いてた。

25%を回避できたおかげで今の僕がいます。
酒井くんとコンビを組み皆さんに漫才やコントをお届けできています。
当時を思い出す度に大抵の事はへっちゃらです。
皆さんも日常の「当たり前」に幸せを見つけてください。
ホンマに前向きになれるから。
ちなみに今回は「2005年1月1日に右足骨折」の話でしたが「2003年12月24日に左手骨折」の話もあります。
それはまたリレーコラムが回ってきたら書かせてもらいます。
ご覧頂きありがとうございました。
今後もジソンシンを宜しくお願いします。


イメージ 3
ジソンシン 下村 啓太
1988年生まれ。NSC大阪29期生。
ジソンシンのツッコミ担当。
相方は、ボケ酒井孝太。
「Yahoo!検索大賞2018」の特別企画「Yahoo!検索トレンドマップ2018」において、ジソンシンが「ネクストブレイク」として選出された。
趣味はペットショップ巡りで、猫好きとして有名。実家ではネコを9匹飼っている。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_ 

第7回目の「マンゲキ芸人リレーコラム」ジソンシン・下村さんのコラムは
いかがでしたでしょうか...
 
 もっと続きが読みたくなりますよね

ジソンシン出演の公演にもぜひお越しください!
 
 
そして次回のコラムを書いていただく芸人さんは
下村さんにくじ引きで決めていただきます!
 
くじ引きの結果は、、、、
 
「34期です!!

イメージ 4

ということで、NSC大阪34期の芸人さんの中からコラムをお届けいたします!
誰が担当になるのかはお楽しみに
 
次回の 「マンゲキ芸人リレーコラム」  更新は3月25日()です!
よしもと漫才劇場公式TwitterInstagramなどでもお知らせ致しますので、
ぜひチェックしてくださいね!
 
 
最後までお読み下さいましてありがとうございました。

…・…・……・…・……・…・…
よしもと漫才劇場ホームページ>>HP

マンゲキメンバーの愉快な動画を随時更新中!

Twitter@manzaigekijyo
最新情報を随時更新中!

Instagrammanzaigekijyo
最新情報やマンゲキメンバーのオフショットを随時更新中!

マンゲキメンバー出演の番組を毎週配信中!

Blogマンゲキブログ
グッズ情報やライブレポートを随時更新中!

マンゲキメンバーのネタ動画やおもしろ動画を随時更新中!

チケット購入>>チケットよしもと

開くトラックバック(0)

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事