ここから本文です

よしもと漫才劇場 マンゲキブログ

書庫「マンゲキ芸人リレーコラム」

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

イメージ 1

このブログ企画では、よしもと漫才劇場所属の芸人さんに
リレー形式でコラムを書いていただきます!
前回の芸人さんのコラムの中からテーマとなるキーワードを抜き出し、
自由に書いていただきます。
 
前回の担当者は、濱田祐太郎さんでした!


そして今回の担当者は…
NSC大阪32期 
パーティーパーティー きむきむさん!

イメージ 2

今回、濱田さんのコラムから選んだテーマは、、
「NSC」
です!
 
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_ 

お前ペペロンチーノ!
すいません、間違えました!
皆さまこんにちわ!
今回のコラムは私(読んでる人目線でいくとあなた)
パーティーパーティーきむきむです!
いやあ〜すっかり暑くなってきましが皆さんいかがお過ごしでしょうか??
、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、
すいません!コラムなのに少し返事を待ってしまいました!!僕って意外と養殖なとこあるんです!
「いやいやいや天然やろ!お前みたいな奴は膝小僧に逃げられろ!9700円のお釣り全部小銭で返ってこい!鼻の穴の数減れ!」という声も聞こえて来そうですが本当に暑くなってきましたね〜 !

今回のコラムリレーですが盲目のピン芸人、濱田祐太郎くんから回ってきました!
そういえば去年、濱田くんに「あなた〜の足に狙いを決〜めて!点字ブロック!」というベンザブロックのCMをもじったギャグを濱田くんにあげた思い出がありますね〜。(まだ濱田くんがやってるのを一度も見た事がありませんが!汗)
そんな濱田くんから受け継いだワードは「NSC」です!

僕は高校を卒業してそのままNSCに入りました。卒業する前に芸人になると親に言った時、怖かったおとんがすぐ許してくれたのに対し、いつも優しいおかんに猛反対されました!あの時のおかんは間違いなく、ミステリアスドラマーorカンナムスタイルorトゥーナッシングスリーボールorパワートゥーザピーポーorヒステリックを起こしてました!!!
そんなこんなアナコンダで何も知らずにNSCに入学、最初は本間に右も左も何も分から無くて(南南西と北東は分かってました)みんなネタがどうだとか言うてるし、Nえーすしー、、、ん?難波ええ寿司?ネタ?うわ!最悪や!!寿司の専門学校に入学してもた!と思ってしまいました!その時それを隣で聞いて「何でやねん!」と言ってくれたのが、後の第二次パイナポー案件野々村BIT COINです。[以下.フルスイングババア東西南北パン祭り]

イメージ 3

その後僕は同期の植村くんとハンドルキーパーというコンビを組みました。僕は高卒で植村くんは大卒+社会人上がりなので6つ年が離れてましたが植村君とは組む前にずーっとサイゼリアに行ってお喋りしてました!エビのパスタの上に乗ってるシーフード、それと、大人と普通に友達みたいに喋ってる事もスゴイ新鮮でした!何の確証も持ててませんが、植村くんはあ行とさ行をよく使うクセがありました!
いや〜しかし初めてコンビ組もうと言う時は物凄く恥ずかしかったなあー!恥ずかしくて恥ずかしくて、トマト農家の方がトマトと間違えて顔を収穫しようとしてたくらい顔真っ赤っ赤なってましたね〜!
そんな植村くんは変わった奴で、「基本的にはネタ見せやけど何かやりたい事あれば何でもしてええよ」って授業の時に、「ハァイ!」と名乗り出て「僕遠くまで飛べます!」と言い、みんなの前に出て部屋の端から出来るだけ遠くに飛ぶという謎の出し物をしていました!それを見せられたみんなの頭の上にはコストコで買ったようなサイズの「?」が出ていました!
NSCには自由研究の時間がありました。僕達の自由研究はラッキー池田先生のダンスの授業に出てきた「ハイハイ!ハイハイ!」とキューピー人形みたいなポーズのまま、勢いよく足を上げ真横に一歩一歩進む動きを面白がっていたので、日本で一番長い商店街[天神橋筋商店街]を何ハイハイでいけるか?にチャレンジしました!結果は全く覚えていませんが、植村くんが24時間テレビのTシャツ を着ていて、さらに僕がカメラ撮ってるのもあり、街の人にかなり応援されてましたね〜!そんな植村くんとは解散してしまいましたが今でも2人とも芸人頑張ってます!!
これからも頑張りますので応援よろしくお願いします!!
ありがとうございました!




イメージ 4パーティーパーティー きむきむ
1991年生まれ。NSC大阪32期生。
関西テレビ「新春大売り出し!さんまのまんま」今田耕司おススメ芸人コーナー若手企画 優勝。
フットサルが趣味で、毎月サッカー好き芸人とサッカーをしている。
よしもと漫才劇場メンバーで結成されている、「マンゲキ戦隊ギャグレンジャー」メンバーで、自身のInstagramでもギャグを投稿している。
Instagramはこちら
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_ 

第20回目の「マンゲキ芸人リレーコラム」パーティーパーティー きむきむさんのコラムは
いかがでしたでしょうか...
 
 もっと続きが読みたくなりますよね

 パーティーパーティー出演の公演にも是非お越しください!
 
 
そして次回のコラムを書いていただく芸人さんは
きむきむさんにくじ引きで決めていただきます!
 
くじ引きの結果は、、、、
 
「28期です!!

イメージ 5

ということで、NSC大阪28期の芸人さんの中からコラムをお届けいたします!
誰が担当になるのかはお楽しみに
 
次回の 「マンゲキ芸人リレーコラム」  更新は6月24日()です!
よしもと漫才劇場公式TwitterInstagramなどでもお知らせ致しますので、
ぜひチェックしてくださいね!
 
 
最後までお読み下さいましてありがとうございました。

…・…・……・…・……・…・…
よしもと漫才劇場ホームページ>>HP

マンゲキメンバーの愉快な動画を随時更新中!

Twitter@manzaigekijyo
最新情報を随時更新中!

Instagrammanzaigekijyo
最新情報やマンゲキメンバーのオフショットを随時更新中!

マンゲキメンバー出演の番組を毎週配信中!

Blogマンゲキブログ
グッズ情報やライブレポートを随時更新中!

マンゲキメンバーのネタ動画やおもしろ動画を随時更新中!

チケット購入>>チケットよしもと

開くトラックバック(0)

イメージ 1

このブログ企画では、よしもと漫才劇場所属の芸人さんに
リレー形式でコラムを書いていただきます!
前回の芸人さんのコラムの中からテーマとなるキーワードを抜き出し、
自由に書いていただきます。
 
前回の担当者は、ヒガシ逢ウサカ 高見さんでした!


そして今回の担当者は…
NSC大阪35期 
濱田祐太郎さん!

イメージ 2

今回、高見さんのコラムから選んだテーマは、、
「衝撃的だった」
です!
 
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_ 

みなさんこんにちわ、リンゴの皮をなめる時も目見えてる?
今回のコラムは、このあっし。
独特の金星人濱田祐太郎、おっと間違えたごめんなすって、盲目のピン芸人 濱田祐太郎が担当します。
芸歴は7年目。
年齢は、米寿まであと58年、つまりファイブエイト。
白寿まであと69年、つまりシックスわおわおの30歳です。
前回のコラムを担当された、
部屋で一人でテレビに映る紅しょうがの二人を見ながら
「この二人の体からハーブの匂いがしたら、世界中の男たちが興奮して口からべろを出し高速で左右に動かすだろうな?」と言う言葉を、
天才卓球少年が言う「チョレイ」と同じ声の大きさで呟いている、
よしもとのキングオブミント、高見さん。
嘘みたいな嘘の話でしたが、その高見さんから受け継がれしキーワードは「衝撃的だった」 です。
俺の芸人人生に関わる衝撃的だった話をいくつかします。

初めてお笑いと言う物をはっきり認識したのは、2001年の115日の日曜日。
「きよしなるみのめっちゃ!漫才」と言うテレビ番組で、ビッキーズさんとハリガネロックさんの漫才をみた時です。
世の中にこんなおもろい物があったのかと、当時小6の俺はテレビの前で泣き笑い、腹筋痙攣、股間も半立ちの衝撃でした。

その後お笑いを好きになって、面白いって言われたい、お金持ちになりたい、楽な生活がしたい、バカメガドゥルンと女の子にもてたいなど、様々な欲望につき動かされて芸人になるぞと思い、2012年の4月にNSCへ入学。
引っ込み思案の俺にこんな沢山やりたい事があったのかと自分自身に衝撃。
NSCに入る前、お笑いの事を勉強してない状態の自分にどれぐらいの力があるのかと思い、

2012にR-1ぐらんぷりに出場して、アマチュアながら準決勝までいけた事に衝撃。

1回戦では緊張で膝が震え、お客さんが笑った時には喜びで跳ね飛びそうでした。

NGKの舞台で喋れた事が本当に嬉しかった、余談ですがその時のエントリー番号は1953です。

それから数年は劇場のオーディションを受けながら鳴かず飛ばずの日々。
そして2017年に劇場メンバーになり、その年の10月に初めて賞レースの決勝にでれました。
NHKの大会で毎年生放送だったのですが、その年は選挙がかさなり収録した物を2ヶ月遅れで放送する事に、そんな事ある?

12月にはMBSラジオのヤングスネーク杯でも決勝に進出しました。

これはリスナーさんの投票で決勝出場者が決まるので、喜びもひとしお、ふたしょうゆ、みガラムマサラぐらいだったかもしれません。

お笑い芸人っぽい生活になってきたなと思っていたら、2018R-1ぐらんぷりでも決勝に残り最高に嬉しい衝撃です。
東京での準決勝の直後に、出場者たちが会場の客席に座り、舞台上で運営の人が決勝出場メンバーを発表していきます。
エントリー番号3667濱田祐太郎と言われた時は柄にもなく
「よぉっし」と大声で叫んでいました。まさかそのまま優勝までするなんて想像もしなかった、いやちょっとだけしてました。

そしてこれからは、もっと面白いって言われたい、世の中をひっくりかえすような事を面白くやりたい、ただ出来るだけ楽して生活していきたい、うまい物を食べて、可愛い女の子と仲良くして、ぐっすり眠る。
そんな芸人生活を過ごしていけたらいいなぁと思っています。
そんでそれが誰かの人生の衝撃的な出来事になっていたら幸せな事だなぁ。 


イメージ 3
濱田祐太郎
1989年生まれ。NSC大阪35期生。
R-1 ぐらんぷり2018 優勝。
第39回 ABCお笑いグランプリ 決勝進出。
ギターを趣味としており、フォークギターやアコースティックギターなど、様々なギターを弾くことができる。
あんまマッサージ指圧師・針師等の、マッサージ師としての国家資格を取得している。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_ 

第19回目の「マンゲキ芸人リレーコラム」濱田祐太郎さんのコラムは
いかがでしたでしょうか...
 
 もっと続きが読みたくなりますよね

 濱田祐太郎出演の公演にも是非お越しください!
 
 
そして次回のコラムを書いていただく芸人さんは
濱田さんにくじ引きで決めていただきます!
 
くじ引きの結果は、、、、
 
「32期です!!

イメージ 4

ということで、NSC大阪32期の芸人さんの中からコラムをお届けいたします!
誰が担当になるのかはお楽しみに
 
次回の 「マンゲキ芸人リレーコラム」  更新は6月17日()です!
よしもと漫才劇場公式TwitterInstagramなどでもお知らせ致しますので、
ぜひチェックしてくださいね!
 
 
最後までお読み下さいましてありがとうございました。

…・…・……・…・……・…・…
よしもと漫才劇場ホームページ>>HP

マンゲキメンバーの愉快な動画を随時更新中!

Twitter@manzaigekijyo
最新情報を随時更新中!

Instagrammanzaigekijyo
最新情報やマンゲキメンバーのオフショットを随時更新中!

マンゲキメンバー出演の番組を毎週配信中!

Blogマンゲキブログ
グッズ情報やライブレポートを随時更新中!

マンゲキメンバーのネタ動画やおもしろ動画を随時更新中!

チケット購入>>チケットよしもと

開くトラックバック(0)

イメージ 1

このブログ企画では、よしもと漫才劇場所属の芸人さんに
リレー形式でコラムを書いていただきます!
前回の芸人さんのコラムの中からテーマとなるキーワードを抜き出し、
自由に書いていただきます。
 
前回の担当者は、フースーヤ 谷口さんでした!


そして今回の担当者は…
NSC大阪33期 
ヒガシ逢ウサカの高見さん!

イメージ 2

今回、谷口さんのコラムから選んだテーマは、、
「あの時の感覚は今でも忘れない」
です!
 
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_ 


今回の担当はヒガシ逢ウサカの高見です。
芸歴9年目、34歳です。
ネタパレNEWYEARグランプリチャンピオンです!
ぼくたちのパネルも劇場のロビー飾ってくれてもええんちゃうん!と思いながらもうすぐ半年経ちます!
よろしくお願いします!

イメージ 3

おさむのぶっ飛んだコラムからいただいたキーワードは
「あの時の感覚は今でも忘れない」
です。
ぼくの初期衝動の感覚を2つ書かせていただきます。


『芸人になろうと思ったきっかけ』

サラリーマンをほぼクビみたいなカタチで自主退職し、大学の先輩の紹介で次の仕事も決まって、働き始めるまでの3か月間ほど何もしないで暮らしていました。

その時に東京スカパラダイスオーケストラが20周年を記念してはじめて主催する野外フェス、トーキョースカジャンボリー2009を山中湖まで観に行きました。

出演するすべてのバンドが最高で、スカってやっぱりめちゃくちゃカッコいいなあと一日中満喫しました。
スカパラはトップバッターと大トリで2ステやってました。

日も暮れた野外のステージの上で演奏するスカパラは最強にかっこよくて、見惚れていました。
その大トリのMCの時に、バリトンサックスの谷中さんが「ぼくたちはこのフェスをやるために20年間やってきたんです!」とひとこと言いはりました。

ぼくは、自分の人生において、20年先のことなんか考えたことありませんでした。
「来年受験があるから勉強しよう」とか「来年就職やから就活しよう」とか。

1つのことをやるためだけに20年かける。めっちゃかっこええやん。

もちろんスカパラのみなさんはそれ以外にもめちゃくちゃすごいことをたくさん成し遂げてはりますし、この日のフェスだけではなく毎回のライブを全身全霊で演奏してはるのも知っているのですが、「このフェスをやるために20年間」というこの言葉が衝撃的だったのです。

ぼくも、自分の好きなこと20年かけてやってみたいと心の底から思ってしまいました。
大阪に帰ってすぐ、仕事を紹介してくれた大学の先輩や働く予定だった会社の社長に初めての土下座をして謝り、家族にも「お笑いやってみたい」と伝えました。

なのでぼくは少なくともあと10年はお笑いをやってみたいと思っています。辞めたくなった時は、トーキョースカジャンボリー2009の、この時の感覚を思い出しています。

お笑い芸人になってからツイッターで見かけたのですが、氣志團の綾小路翔さんも「スカパラのライブは人生変わるよ」とツイートしてはりました。
ほんまにそうなんです。


『BiSHのアユニ・Dさんを好きになった瞬間』

学天即の奥田さんが自分の誕生日に好きなアイドルを呼んでNGKライブしてもらうというオタクすぎるイベント「G3」ではじめてBiSHさんとお会いして、ライブを拝見しました。

その時までぼくはBiSHの曲も知らなかったし、メンバーにはどなたがいはるかもなにも知りませんでした。ライブを見せてもらったことで曲が好きになって、CDなどを買っていたのですが、アユニさんが好きやー!となったのはだいぶ後でした。

ある日、どなたかが書いたBiSHのツアーのレポートをスマホで読んでいました。
そのツアーではメンバーのみなさんが公演ごとに交代でMCをしてはりました。そのレポートにアユニさんがMCをされていた内容が書かれていて、そこに「わたしはここ(BiSH)で大人になるしかない」という言葉がありました。
この言葉がすごすぎて、何回もそれを読み直しました。

「大人になる」って、一人前になるというか、なんというか、なかなか人前で言い切れることではないと思うんです。ぼくは言えません。
しかも「なるしかない」という一見後ろ向きな発言なんですが、これはぼくが高校の時に辞書引っ張って歌詞の意味をしらべたBRAHMANのdeepという曲のthe brave backward movement という歌詞と一緒で、限界まで追い詰められて何があっても、覚悟して進むべき道を行くということをひとことで表しているなと思ったんです。

この人は何があってもBiSHをやるし、そこから逃げない覚悟でやっているんだ。なんてかっこいいんだ。
この人のライブ絶対観に行かなあかんやん。

そこから気がつけば、BiSHのライブや映像を見る時はアユニさんばっかり見てました。
気がつけば、アユニさんの顔がでっかく編みこまれたニットセーター買ってました。2万7千円でした。

アユニさんはその宣言通り、どんどんかっこよくなって行くし、ライブ観に行くたびにパワーアップしてはります。歌もダンスもすごいいいねん。あとベースも弾けはるねん。あとアイスバーンの上走れるねん、北海道生まれやから。ああもうめちゃくちゃに好き。

なんの話してるかわからなくなってきました。

ぼくたちヒガシ逢ウサカもスカパラさんやBiSHさんのように「ライブ観に行くしかない!」「また観に来たい!」と思ってもらえるように頑張っていかなあかんなと思っています!
ぜひ観に来てください!!

イメージ 4


イメージ 5
ヒガシ逢ウサカ 高見雄登
1984年生まれ。NSC大阪33期生。
相方は今井将人。
ネタパレ 元旦! 2019 NEW YEAR グランプリ 優勝。
ボーイスカウトの経験から、山登りやキャンプを得意としている。自身のInstagramでは「#まかなインスタ」というタグでまかないの写真を載せている。Instagramのアカウントはこちら

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_ 

第18回目の「マンゲキ芸人リレーコラム」ヒガシ逢ウサカの高見さんのコラムは
いかがでしたでしょうか...
 
 もっと続きが読みたくなりますよね

 ヒガシ逢ウサカ出演の公演にも是非お越しください!
 
 
そして次回のコラムを書いていただく芸人さんは
高見さんにくじ引きで決めていただきます!
 
くじ引きの結果は、、、、
 
「35期です!!

イメージ 6

ということで、NSC大阪35期の芸人さんの中からコラムをお届けいたします!
誰が担当になるのかはお楽しみに
 
次回の 「マンゲキ芸人リレーコラム」  更新は6月10日()です!
よしもと漫才劇場公式TwitterInstagramなどでもお知らせ致しますので、
ぜひチェックしてくださいね!
 
 
最後までお読み下さいましてありがとうございました。

…・…・……・…・……・…・…
よしもと漫才劇場ホームページ>>HP

マンゲキメンバーの愉快な動画を随時更新中!

Twitter@manzaigekijyo
最新情報を随時更新中!

Instagrammanzaigekijyo
最新情報やマンゲキメンバーのオフショットを随時更新中!

マンゲキメンバー出演の番組を毎週配信中!

Blogマンゲキブログ
グッズ情報やライブレポートを随時更新中!

マンゲキメンバーのネタ動画やおもしろ動画を随時更新中!

チケット購入>>チケットよしもと

開くトラックバック(0)

イメージ 1

このブログ企画では、よしもと漫才劇場所属の芸人さんに
リレー形式でコラムを書いていただきます!
前回の芸人さんのコラムの中からテーマとなるキーワードを抜き出し、
自由に書いていただきます。
 
前回の担当者は、ツートライブ たかのりさんでした!


そして今回の担当者は…
NSC大阪38期 
フースーヤの谷口さん!

イメージ 2

今回、たかのりさんのコラムから選んだテーマは、、
「サンダル」
です!
 
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_ 


こんにちわ!!!!!!!
反対から読んだらわちにんこ。
早口で読んだらこんちわ。
ユニコーンをつけて読んだらこんにユニコーンちわ。
それではみなさんごきげんよう!!!
……いやいやいや、早い早い!!まだなんも言うてないがなー!
ってことで、芸歴0120828828年のフースーヤ 谷口です!
いや、芸歴やずやのフリーダイヤルやがなー!
ってことで、芸歴4年目フースーヤの谷口理です!!
Mr.えてこましこと、Mr.ツートライブMr.たかのりさんから
コラムのバトンが届いたということで
最後まで読んでくれないといけナッシングトゥーマッチでございます!

今回わたくし、、、、ぼく、、、、自分、、、、拙者、、、、ぼくちん、、、、おさ、、、、ぷにょ、、、、はっ!!
すみません一人称をなににしようか迷ってました!

今回ぼくちんは、『サンダル』について少しお話しをしたいのでお付き合いいただけたらなぁと思います。
今から語ることは全て事実です。

イメージ 3

小さい時からぼくちんはサンダルとドラえもんのドンジャラと家族が好きでした。
これ文章で伝わるかわからないんですけど
伝わらなかったら大阪のなんばにあるよしもと漫才劇場にお越し頂ければクレーム受け付け致します。すごく楽しくいい劇場なんです。
伝わるかなーーー。
サンダルを履きながら歩いたら、
歩くたびにサンダルとかかとの部分が当たって「ぺちぃん」
って音がなるんですよね。
昔からあの音が好きで、あれを聞くためにサンダル履いてたし
あれを鳴らすために歩いてましたね。えぇ。はい。間違いありません。
お母さんとお父さんが新しいサンダルを買ってくれるときは
店員さんに「これ音なります?」って聞いたりして、見た目より音でサンダルを選んでました。
よくないのは「ぺん」なんですよ!!!!
いいのは「ぺちぃん」なんですよ!!!!

ちょっとコラム書いてる途中ですが
トイレ行ってきます!!

ただいま!!
続きを書きます!!

ある夏の日、
新しいサンダルを買ってもらってナイスな「ぺちぃん」を友達に聞かしてやろうと思い公園で友達を待ってると、
聞いたこともない「ぺちぃん」が聞こえました。
もはやそれは「ぺちぃん」ではなく、「ぺえちぃん」でした。

……「ぺえちぃん」

ぼくちんは息を飲みました。

……「ぺえちぃん」

その音はだんだん近づいてきていた。

……「ぺえちぃん」

額に流れる汗を感じながらぼくちんはおそるおそる後ろを振り向く。
するとそこには、

「…………………………お父さん」

「おさむ!やっぱここにおったか
お父さんとお母さん出かけてくるけどなんか欲しいものあるか?」

お父さんは大人のサンダルを履いていた。

ぼくちんはなんて愚かだったんだ。
ぼくちんの追い求めていた「ぺちぃん」は
子供サンダルの中の話で、お父さんの履いていた大人サンダルは
「ぺえちぃん」だった。

あの時の感覚は今でも忘れない。
目の前の景色全てが真っ白に思えた。。
でもそれは目の中に米粒が入っていたからだった。いててて!
目の前の景色は変わってませんでした。

それ以来ビーチサンダルではなく、マジックテープのサンダルにしました。
あの夏の日の「ぺちぃん」をお父さんの「ぺえちぃん」を
ぼくちんはずっと忘れない。
ミーーーンミンミン


え?なにこれ!!!!!
ぼくちんってなに!!!!!!
以上フースーヤ 谷口でした!


イメージ 4

フースーヤ 谷口理
1993年生まれ。NSC大阪38期生。
相方は田中ショータイム。
芸歴4年目にして、数多くのメディアに取り上げられている。
YouTube公式チャンネルではフースーヤチャンネルを開設し、ギャグやオリジナルゲームなどを更新している。YouTubeチャンネルはこちら

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_ 

第17回目の「マンゲキ芸人リレーコラム」フースーヤの谷口さんのコラムは
いかがでしたでしょうか...
 
 もっと続きが読みたくなりますよね

 フースーヤ出演の公演にも是非お越しください!
 
 
そして次回のコラムを書いていただく芸人さんは
谷口さんにくじ引きで決めていただきます!
 
くじ引きの結果は、、、、
 
「33期です!!

イメージ 5

ということで、NSC大阪33期の芸人さんの中からコラムをお届けいたします!
誰が担当になるのかはお楽しみに
 
次回の 「マンゲキ芸人リレーコラム」  更新は6月3日()です!
よしもと漫才劇場公式TwitterInstagramなどでもお知らせ致しますので、
ぜひチェックしてくださいね!
 
 
最後までお読み下さいましてありがとうございました。

…・…・……・…・……・…・…
よしもと漫才劇場ホームページ>>HP

マンゲキメンバーの愉快な動画を随時更新中!

Twitter@manzaigekijyo
最新情報を随時更新中!

Instagrammanzaigekijyo
最新情報やマンゲキメンバーのオフショットを随時更新中!

マンゲキメンバー出演の番組を毎週配信中!

Blogマンゲキブログ
グッズ情報やライブレポートを随時更新中!

マンゲキメンバーのネタ動画やおもしろ動画を随時更新中!

チケット購入>>チケットよしもと

開くトラックバック(0)

イメージ 1

このブログ企画では、よしもと漫才劇場所属の芸人さんに
リレー形式でコラムを書いていただきます!
前回の芸人さんのコラムの中からテーマとなるキーワードを抜き出し、
自由に書いていただきます。
 
前回の担当者は、セルライトスパ 大須賀さんでした!


そして今回の担当者は…
NSC大阪30期 
ツートライブのたかのりさん!

イメージ 2

今回、大須賀さんのコラムから選んだテーマは、、
「父の日、母の日」
です!
 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_ 


どうも、芸歴12年目を迎えたツートライブ たかのりです。
普段は漫才をやらせて貰っているのですが、たまに「えてこまし」というギャグをする事があります。生で見たいという方は是非よしもと漫才劇場までお越しください、10回に1回ぐらいもしくはそれ以下はしていると思います。

さて、今回は「父の日、母の日」というテーマで書きたいと思います。
このテーマで書こうと思ったのは理由がありまして、自分の中でずっと拭えない出来事があるからです。
小さい頃は母の日になると2つ上の兄貴と一緒に肩叩き券を作ったり皿洗い券を作ったりして、それをプレゼントしていたのを覚えています。男兄弟あるあるなのでしょうか、父の性格を分かってなのか、父の日は何か小っ恥ずかしくて何もしないというのが我が家でした。
ですが小学校高学年あたりから思春期を迎えると母の日のプレゼントもしなくなったと思います。
高校一年生になりバイトを始めました。その給料で初めて高校の帰り道で買った花(ピンクのカーネーション)を渡しました。すごく喜んでくれたのを覚えています。こんなんせんでええのにぃ、そればっかり言っていました。
そして、高校二年生の時、次は何か違う物を渡そうと思いました。喜んで貰えるもの、嬉しく使って貰えるもの。。。
いつも母親は夏になると底がペラペラの薄い安物のサンダルを履いており、足のかかとが僕よりザラザラなのを見ていました。そこで、僕は色が濃い目のベージュで底に柔らかいクッションが入っていて、とめる所が皮で出来てる婦人物のサンダルを近くの大きな靴屋さんで買いました。
サイズもこっそり確認したので大丈夫、家に帰り渡すと、うそぉこんなんせんでええのにぃ、ありがとうねぇ、と見た事ない表情で喜んでくれて、そこから毎日嬉しそうに履いていました。

そこから数週間経った日でした、僕は父親と些細な事で言い合いになり大喧嘩しました、といっても今ではその理由も覚えてないぐらい些細な事だったんだと思います。そこに母親もなだめようと入って来て僕と両親で大喧嘩しました。
何故自分がそんな事をしたのか未だに分からないのですが、カッとなった僕は、玄関に走って行き、僕がプレゼントした母親が毎日嬉しそうに履いているサンダルを掴んで、ほなこんなんいらんなぁ、と言ってサンダルの皮のところをグチャグチャにちぎってゴミ箱を捨てました。なぜそんな事をしたのか、おそらく幼稚だった僕は両親に今、一番ダメージがある事を咄嗟に考えたんだと思います。
サンダルを渡した日、あれだけプレゼントされて喜んでる母親、喜んでいる母親を見て喜んでいる父親を同時に悲しませようと思ったのかもしれません、最低ですね、ひねくれてますね。怒っていた父親は困った顔で急に黙り違う部屋に行きました、母親はとても小さな声でなんでそんな事をするんよぉ、と言って涙目になっていました。その瞬間、みんな黙って喧嘩は終わりました。
あの時の母親の悲しそうで困惑した表情は忘れる事が出来ません。母親が黙ったまますぐにゴミ箱からそのサンダルを取り出しました、それを僕はすぐに取って、また買うけぇもうええと怒鳴り気味で言ってゴミ箱に捨てました。

その後すぐどんな会話をしたか、次の日はどんな感じで顔合わせたのかも全然覚えていません。そこから今まで家族で集まったり、母親と二人で話したりしてもこの日の話を出した事はありません。
次の年、物はいらんよと言う母親に花を渡したのは覚えています、それから親元を離れ今まで、毎年花を送っています、父の日にわざわざ何か送るのは未だに恥ずかしいので、花と親父が好きなお菓子を添えて一緒にして何気なく送っています。
母親は物はええ(いらん)、花がええんよぉ、たかが近くにおる感じするからと言います。
どんな花がええかと聞くと、母親は鉢のカーネーションがいいと、その理由は次の年まで育ててまた花を咲かせたいからだそうです。でも毎年電話で、書いてある通りやったけど枯れてしもうたわぁなんでじゃろ、これを十数年繰り返しています。
今でも毎年、たまには靴をプレゼントしようかなぁと思うのですが、思い出したらなぁ。。。
気付いたら花を選んでしまっています。
これがまさにえてこまされた出来事です。


イメージ 3


ツートライブ たかのり
1984年生まれ。NSC大阪30期生。
相方は周平魂。
第四回 上方漫才協会大賞 2019 文芸部門賞受賞。
「えてこまし」という持ちギャグがある。
たかのりのInstagramはこちら


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_ 

第16回目の「マンゲキ芸人リレーコラム」ツートライブのたかのりさんのコラムは
いかがでしたでしょうか...
 
 もっと続きが読みたくなりますよね

 ツートライブ出演の公演にも是非お越しください!
 
 
そして次回のコラムを書いていただく芸人さんは
たかのりさんにくじ引きで決めていただきます!
 
くじ引きの結果は、、、、
 
「38期です!!

イメージ 4


ということで、NSC大阪38期の芸人さんの中からコラムをお届けいたします!
誰が担当になるのかはお楽しみに
 
次回の 「マンゲキ芸人リレーコラム」  更新は5月27日()です!
よしもと漫才劇場公式TwitterInstagramなどでもお知らせ致しますので、
ぜひチェックしてくださいね!
 
 
最後までお読み下さいましてありがとうございました。

…・…・……・…・……・…・…
よしもと漫才劇場ホームページ>>HP

マンゲキメンバーの愉快な動画を随時更新中!

Twitter@manzaigekijyo
最新情報を随時更新中!

Instagrammanzaigekijyo
最新情報やマンゲキメンバーのオフショットを随時更新中!

マンゲキメンバー出演の番組を毎週配信中!

Blogマンゲキブログ
グッズ情報やライブレポートを随時更新中!

マンゲキメンバーのネタ動画やおもしろ動画を随時更新中!

チケット購入>>チケットよしもと

開くトラックバック(0)

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事