全体表示

[ リスト ]

ごきげんよう

イメージ 1昨年、初めて東京手描友禅のコンクール&展示会『染芸展』に行ったのでした。
友禅体験などもして、お茶とお菓子もちょうだいして、楽しく過ごしましたわ。。。(昨年の様子はこちら&こちら
この会は、たくさんの手描友禅作家さんの、チカラの入ったたくさんの作品がタダで(重要)拝見できるうえに、元々が売るための展示会ではないので「売ったらんかな」的なギラギラしたひとたちがいないこともココロ安らかでいられる要因(重要)。。。美術館で美術品を鑑賞するような気楽さがあります。
また見に行きたいね〜などと、べにお先生と話しておりましたが、何しろ開催時期はいつだって先生のお仕事繁忙期。それでも先生に頑張ってお仕事を消化してもらって、知り合いになった友禅作家さんに案内をいただいて、最終日に行って来ました。

さて、わたくしは久しぶりの着物でお出掛けです。
何を着て行こうかにゃあ〜などとウキウキするも、着るものを選ぶ際に若干思うことがありますわ。昨年の記事にも書いたかもしれないんですが(今のこの段階では未確認)、染めの作品展に行くのに染めの着物や帯を身につける勇気はございませんのよ。ヘタレですみませんなあ。
なので、着物は文句なく紬。帯も染めを避けるとなると、八寸にするか刺繍ものにするか。。。
いいお天気ならば、新しく仕立ててまだしつけ糸のかかった大島紬にしようかならばしつけ糸を取らなくては…などと考えていたのですが、前日遅くまで返却予定の迫ったレンタルDVDを視聴するのに忙しく、あっさりヒヨりました。

イメージ 2

イメージ 3黒地雪輪柄大島紬9マルキ。八掛は墨色ぼかし。
ふりふのピンクがかったグレイ色地プレオーダーリボンキャット刺繍京袋帯。
正絹青緑色ちりめん帯揚げ。
正絹小豆色×白の三分紐。
ひめ吉さんのシャム猫帯留め。
(画像にはありませんが)ひめ吉さんの生成り色ちりめん地シャム猫刺繍半襟。
ふりふの扇面ドロップ赤系長襦袢。(購入までの軌跡はこちら
羽織ものは手毬柄の京友禅小紋反物を長羽織に仕立てたもの。色柄としても、これを着るのは新春から春であろ。。。と思って、仕立てをお願いするときにいつもの身丈100センチより短く、身丈95センチにしてみました。少し軽快になります。本音は、年齢を考えると掟破り的に可愛い柄の小紋反物を使うので、なるべく表面積を少なめにした方がいいんぢゃね。。。というオトナの事情でございますわ。察してくださいね。
。。。ってな訳で、この日のコーディネートのテーマは『手毬を転がして遊ぶシャム猫』。。。って、そのまんまやねんひねりがなくてえろうすんません。
わたくしは普段、テーマなんか考えないからな〜。身の程知らずでしたわ。
とにかく、このような格好で出掛けましたのさ。

イメージ 4  イメージ 5

イメージ 6  イメージ 7

胸元アップの画像も撮ったのですが。。。白飛びしちゃった。ひめ吉さんのシャム猫柄刺繍半襟の付け具合を見ていただけなくて非常に残念なり。



さて昼過ぎにJR山手線浜松町駅前で待ち合わせ。べにお先生はとても早く着いて、駅前のビル地下サンマルクカフェでまったりとお茶。
「ヒヨって洋服にするかも…」とおっさってた先生のこの日の装いの詳細は、先生ご自身のブログでどうぞ(まだ記事にしてないかもこちら)。
「染めの着物や帯を観に行くから、大島紬にしましたよ」
そーですよねー
そもそもわたくしなど、東京友禅のお品など何ひとつ持っておりませぬ
でも、会場にいらっさる他のお客さんたちはそんなことはありませんわ(笑)無地の紬に東京友禅の名古屋帯とか、東京友禅の訪問着などをお召しの方もちらほらといらっさるのですわ。わたくしとしては他の着物姿のひとをちら見するのも楽しみのひとつ。
そんなところに着物で出向いて行くわたくしたちもわたくしたちなんですが。。。そこはソレ(笑)きらびやかな感じの会場ではなく、東京都共催の新宿区や練馬区が後援している地味目で真面目な催しに対して、地味ではあっても一応着物を着るひととして、着物で出向くのでした。

イメージ 8『染芸展』は、昨年より少し出品作品が減ったそうで、でもゆったり展示してあるのがとても見易く、べにお先生とわいわい(勝手なことを言いながら)鑑賞。そして久しぶりに会う知り合いの友禅作家さんにご挨拶して、会場をあとにしました。わたくしが甘いもの欲しくなかったので、今年はお抹茶はいただきませんでした。先生は欲しかったかも知れない、ごめんなさ〜い。
その後、駅前方向に戻る途中、ビルの間に、桜の花が咲いているのを発見。。。

わ〜い桜だ〜今年、初めて観る桜

イメージ 9





















撮影:べにお先生



イメージ 10


こうしてまたたくさんおしゃべりして(河岸を変えて2件)楽しいイベントは終わりました。
いつも読んでいただいてありがとうございます。
イメージ 12イメージ 13https://fashion.blogmura.com/kimono/


イメージ 11今回わたくしが持っているバッグは、ブルーグレーのシンプルなもの。ご近所のスーパーで1400円にて購入。この大きさだとiPadが余裕で入るので、バッグをいろいろ取り替えるのが面倒くさいわたくしには使いやすいのです。
そこに、先日ステルスタンタンがくれた、ブドウ糖も入れました。
わたくしが、いきなり低血糖で足元不如意になって転ぶので、これで予防しろと言うのです。
更に酸素のスプレーもいただきましたが、その画像はまた後日公開致しましょう。っつーか、ここは富士山頂か。
ありがたくちょうだいしましたが、わたくしの感覚でいうと、これを口にするのが間に合うくらいなら最初から転ばないような気もしますが。。。ま、純粋なブドウ糖ですから、その後の回復は早いですけどね(苦笑)

閉じる コメント(12)

顔アイコン

自分の記事をアップしてお風呂に入ってからこちらに来てみたら…打ち合わせたわけでもないのに同じような文章進行ですな(笑)。
わっはっは。
桜がキレイでしたねー♪ お酒も美味しかったし♪ お喋り楽しかったし♪
…あ、友禅を観に行ったんでしたね。でへへへへ。

2014/3/10(月) 午後 10:06 [ べにお ]

顔アイコン

たま様〜待ってました〜。わぁ素敵〜いぃですわ〜。帯留もばっちり帯揚げとお花のブルーが渋い紬に映えておりますね。羽織と着物のバランスのせいかとてもスリムに見えます。すごい可愛い帯だから早く暖かくなって見せて歩きたいですね。桜早咲きのでしょうか綺麗ですね。いい感じに撮れてますねぇ

2014/3/10(月) 午後 10:52 [ passionpiano ]

顔アイコン

青空にピンクの桜が映えてますねぇ。
また、羽織が春らしさ満開

しかーし、こちらはまだ雪がちらちらするほど寒く、羽織でのお出掛けがなかなか出来ません。
この週末なんて、カシミアのコートを着ようかと思ったくらい寒かった。さすがにいくらなんでも・・と思い止まりましたけど、途中で後悔したくらい寒かったですよ。
軽やかに羽織でお出掛け出来るなんて、お江戸がうらやましいわぁ。

2014/3/10(月) 午後 11:44 [ ku-nyan ]

顔アイコン

シャム男使ってくれてありがとう〜(*^。^*)

ねぇねぇたまさん。これって猫の日コーデでよかったんじゃない?
関東は桜はやいですよねぇ〜
鞠の羽織も春らしくって好きだなぁ〜

2014/3/11(火) 午後 1:03 [ ひめ吉ゆうか ]

顔アイコン

いいですね〜。
押し付けられることなくのんびり素敵なものを眺められるなんて。
しかもタダで♡
たまさんの装いもステキ〜
渋みのある着物とポップな猫と柔らかな春らしさの組み合わせが絶妙です〜
私はコーデを考えるのが苦手なので私の手持ちのしょぼい着物たちでのスタイリングをお願いしたいくらいっす。

2014/3/11(火) 午後 3:28 [ ほあかばりきるま。 ]

顔アイコン

べにお先生、っくっくっく、我々ふたりとも、ぴーっが入らない部分はここだけだという認識があるんですな(爆)話が通じて嬉しいですわ。メインはともかく、早春のお出掛け、楽しゅうございました。

2014/3/11(火) 午後 8:54 [ たま ]

顔アイコン

passionpianoさまありがとうございます〜着丈身丈は重要なポイントですね
この桜は「河津桜(カワヅサクラ)」のようですよ。少しピンクが濃い種類で、伊豆では2月頃から咲きます〜。

2014/3/11(火) 午後 8:58 [ たま ]

顔アイコン

ku-nyan様。この日は運良く雲ひとつないお天気の日でしたわ〜。雨だったらヒヨってますよ、晴れて良かった(^^;)
関東地方では、1日・2日置きに寒い日とそうでもない日が交互です。風は冷たいのですけれど。月末にはソメイヨシノも咲くんでしょうね。

2014/3/11(火) 午後 9:04 [ たま ]

顔アイコン

ゆうか様。東京友禅の作家さんにもシャムくん(ウチでは八雲氏、ゆうか様のとこでは次郎氏)の評判よかったですよ!帯留めが目立つように、お太鼓の前柄を反対巻きで中に入れてしまった。半襟にも気がついてもらえたので、嬉しかったです〜。
河津桜は伊豆の桜で、2月頃から咲く早咲きの種類なんですよ。満開でした。
うっふっふ、もはや猫の日に限らず猫モノを着てますからね〜猫モノを伝道する者と思ってくださいな〜。

2014/3/11(火) 午後 9:13 [ たま ]

顔アイコン

ほあかばりきるま。様、聞けば作家さんたちにとっても、賞を目指して冒険できる機会なのだそうですわ。「この色の上にこれを重ねて…」みたいなお話を聞けるのも楽しいです。べにお先生は人見知り激しいので、最初隠れてましたけど。って隠れてどうする(爆)私の帯のリボンキャットにとても驚いてもらえました。って驚かせてどうする(爆)

2014/3/11(火) 午後 9:20 [ たま ]

売るための展示会じゃないってところが見る方も純粋に(私の場合安心)作品を見れるので嬉しいですわ。知り合いの絞りの作家さんもご自身の作品を作ってる時がやっぱり一番たのしいっておしゃってましたわ。早咲きの桜の前でラブリーなたまさまのコーデ。私とほ〜さま。だったらきっとこの前で女優ポーズではしゃいだり帯を見せたい欲望にかられ意味もなく羽織をぬいで桜を愛でるふりをしながら笑っていることでせぅ〜梅も桜もピンク色〜

2014/3/13(木) 午後 0:40 かっぱ

顔アイコン

かっぱさま、先生とふたり写真を撮っていたら、着物姿のご婦人がよってらして話しかけられましたわ〜。ヘンな格好もヘンな会話もできなくなってしまった(爆)
作家とはいえ生活者ですから売れるもの注文されたものを作るのが多いそうですが、やっぱり作家ですから、自分の作品がそのまま売れたら一番嬉しいでしょうね〜。

2014/3/13(木) 午後 3:38 [ たま ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事