全体表示

[ リスト ]

ごきげんよう
スマホの天気予報アプリはいくつもあるようですが、ウチの夫が入れてる某アプリでは、昨日午後、雨の予報でした。Yahoo!天気とそら案内は、午後は曇りときどき晴れ。降水確率も低くて雨の気配はありません。どちらが当るのか、こういうのがとても気になるらしいウチの夫でした。
正解は、曇りときどき晴れ。
某アプリは、何故かいつも他のと真逆を言うらしいのです。何か賭けてるとしか思えない。そしてそれをいつも確認してしまうらしい、ウチの夫の気持ちもわからないのでした。




前回までのあらすじ
べにお先生とナビのサラ子の攻防。
おーく損で落札する危険と後悔。

。。。どこが『晩秋のお茶会』やねん。
と、何処からか苦情が入りそうな勢いですが、わたくしたちの魂のさすらいはまだまだ続く。
。。。って、大袈裟でしたね
さてお茶会当日は、早朝、友人★の着付けのお手伝いに行かねばなりません。早起き。なのでべにお先生とわたくしはご近所の銭湯で暖まったあと、早々に休むことにしました。
しかし問屋は卸さなかった。
わたくしのiPadに、大量の着信履歴があったのです。
お茶会にいっしょに招かれている、わたくしの義妹(夫の実妹)からでした。


イメージ 1
画像と本文は関係ありません。


「何ごとでしょうか」
義妹にiPad&iPhoneのアプリ『face time』をすると、義妹は本気で悩んでいる真っ最中でした。
曰く。。。
同行するはずだった娘(わたくしにとっては姪)が風邪をひいて寝込んでいるので、お茶会には自分だけが行こうと思う。娘がいっしょならば洋服で行くつもりだったけれども、そうでないなら、自分だって着物が着たい。だってみんなおされするんでしょうワタシだっておされしたいのよーーー
それから深夜の、ネットを通したコーディネート大会が始まってしまいました。
義妹は、わたくしたち秋の限定柄着物に合わせて、自分も秋っぽい色の小紋が着たい、と言う。
「どの帯にする?」
「こっちの、牡丹の刺繍の帯かな」
「色目も雰囲気も合ってるけど。。。洒落着すぎない?べにお先生は訪問着だよ。茶人コスプレだって(笑)」
「じゃあお正客はべにお先生かしらこの姿じゃそんな格の高い人とお友だちになれないかしら。困ったわ(←註;本気で言うのではない。困ってるのはホント)」
「べにお先生はお正客もお詰めもできないからワタシたちの間に座るっておっさってるよ。先生は流派が違うし、せっかくお招きして来てもらってるのに緊張させちゃ悪いし。着物着ていくなら、もちろんアナタがお正客やるんでしょうね?(←責任をなすり付け合う、美しい姉妹愛)」
「あらーーー。じゃあどうすればいいかしら」
「小紋でいいから、帯の格を上げてみてーーー。あの黒い檜扇の帯はどう?」
「これ?。。。駄目よーーー名古屋帯だもん。それに、ホラ」
「。。。あっそーね、その小紋とは合わなかったのね。。。じゃあ着物を替えてみるとどうなる?柿色っぽい付け下げだか訪問着だかがあったでしょう。あれなら黒い帯が合わせられるんじゃない?」
「ああアレか。アレはイマイチ気が進まないのよね。ちょっと待ってーーー取って来るーーー」
。。。
。。。
。。。てなことを、お互いiPad&iPhoneで写し合って話す訳ですわ。どの着物にしようか着物好きでいっしょに出掛ける同士があれこれ話し合うのはそれだけでも楽しい娯楽です。こういうのはべにお先生ともやります(先生とは着物でお出掛けはほとんどしないけれど)。
文明の利器が非常にありがたい瞬間、文明の恩恵を充分に感じる瞬間です。
そうして二転三転四転ののち、義妹も着て行く着物が決まりました。
いつだってギリギリなのですわーーー。
今日はもう寝ますーーー。


イメージ 2べにお先生のお土産、フェイスパック
それぞれの雰囲気で選んでくださいました。
ホントはわたくしのは、飛影王子の柄なのですが、同じものをウチの愛機ステルスタンタン(敬称略)にもういただいているので、義妹用のおキツネさまと取り替えっこしましたわ。
このパックで顔出しできればいいんですが。自分に期待できませんわ


いつも読んでいただいてありがとうございます。
イメージ 3
イメージ 4https://fashion.blogmura.com/kimono/






イメージ 5

ウチの飛影(ひえい)王子は、べにお先生にようやくビビらなくなって、それなりに落ち着いているのです。。。が。。。本心は、決して喜んでいないのでした。
先生、ウチの猫が歓迎できなくてどうもすみません。
それどころか、翌日朝、目が覚めると、
「まだ居る。。。」
と、どんよりうつむき、出掛けてまた帰って来ると、
「また来た。。。」
という目を向けるのでした。猫に遠慮はありません。
先生がダイニングテーブル上の楊枝入れに蓋をすると、突然の猫パンチで教育的指導までする。
「何故パンチするの!?」
べにお先生がショックを受けて尋ねますが、思うに飛影王子にとっては、先生が動いて何かするだけでも目障り、もしくは邪魔なのでしょう。王子はべにお先生の足にさかんにすりすりしますが、これだってとりあえず仕方ないから先生に自分の匂いをつけているだけなのです。そして「動くな」という暗黙の命令です。
命令に背いたべにお先生が、王子の背中をちょっとでもなでると、
「しゃげーーーーーっ
とお怒りなのでした。
「気安くボクに触るなーーーっ」
ということなのでしょう。
ビビらないけど、先生にとって決して居心地のいい空間とは思えません。
重ね重ね、申し訳ない。
先生が(遠く、道に迷ってしまう)我が家を嫌いにならないよう、くれぐれも祈るばかりです。




閉じる コメント(8)

顔アイコン

王子‥(^_^;)
お母さまの大事なお友達なんだから‥

といったって聞きゃしねえですわね
だって猫だもの‥(^_^;)

2015/12/18(金) 午後 1:33 てんてん

顔アイコン

楽しそうですね。御三人で着物なんて華やぎますわ〜。王子はやきもち妬いてるんでしょうね。僕のお母ちゃんと仲良くして、僕の楊枝入れに触って、僕の僕の〜〜〜。みたいな?もともと社交的ではないのでストレス感じてるのかな?ふくれっ面がよく撮れてる。面白いですね〜。着物は無事決まったのかしら?次回が楽しみ。

2015/12/18(金) 午後 1:35 [ passionpiano ]

顔アイコン

りおんさまないすありがとうございます〜

2015/12/18(金) 午後 11:53 [ たま ]

顔アイコン

> てんてんさん去年までは、先生がたくさんの猫のにおいがするからか(?)とても警戒して近づかなかったんですけど、今年に入ったら突然慣れたんです。べにお先生は「今年は運がいい!」とおっさってました。でも慣れても、好きって訳じゃないみたいです来年の運勢は如何に。

2015/12/18(金) 午後 11:55 [ たま ]

顔アイコン

> passionpianoさま。八雲氏は営業ができるので、べにお先生が来ると抱っこされてなでなでされて「もういい?」と訊きます(笑)王子はねえ、世間知らずだから。
あと3回くらいで終わりますわ。どうぞお付き合いくださいませね。

2015/12/18(金) 午後 11:57 [ たま ]

顔アイコン

多少は慣れてくれたのなら希望の光は射しているということですよね
べにおせんせ〜はきっと気長に待ってくれるはず
それにしてもコーディネートのあれこれをfacetimeを通して悩むとは。なんて楽しそうなんでしょう
たまさんが★さんの箪笥の中身を知り尽くしていることも頼もしいですね〜

2015/12/19(土) 午後 6:21 [ ほあかばりきるま。 ]

顔アイコン

> ほあかばりきるま。さま。べにお先生宅には6匹もいるんですけど、何処に行っても先生は猫に触りたがります。気長に待って欲しいです。
べにお先生とは、「facetimeって手塚治虫漫画の近未来じゃね?」と大ウケしたことがあります。マジで便利〜楽しい〜。

2015/12/19(土) 午後 10:51 [ たま ]

顔アイコン

すのうさまないすありがとうございます〜

2015/12/22(火) 午前 1:11 [ たま ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事