宗形諭史のロケットイングリッシュに挑戦!マオの英語学習記

音声プログラムを聞くだけで、 勝手に英語が口から飛び出しちゃうという英語学習法です
宗形諭史のロケットイングリッシュは、音声プログラムを聞くだけで、
勝手に英語が口から飛び出しちゃうという英語学習法です。

やっぱり気軽に楽しく続けられるところが大きいです。
まずは、ここから







この記事に

ロケット・イングリッシュは、最初から英語を話せる帰国子女やバイリンガルの作った教材ではありません!今のあなたと同じように、英語を話せないくやしさを何度も味わい思考錯誤の上で、英語をマスターした日本人が作った英会話学習プログラム。

たったの120フレーズを覚えるだけで英会話が出来るようになる。

ロケット・イングリッシュは音声による4つのメインプログラムから成り立っています。そして、音声には、その英語フレーズを使うべき、情景や動作、感情をイメージできるナレーションを収録しています。つまり、ただ音声を聞くだけではなく、動作や感情を思い起こしながら、実際に音声のマネをして発音することで、脳全体に、英語が浸透するようにできています。

一日30分実践していただくことによって、あなたの英会話力を、無理なく、素早く、そして楽しく伸ばすことが出来ます。1ヶ月後、あなたは、自分の英会話力の向上をハッキリと感じ取ることが出来るでしょう。

1日の学習時間は30分前後に設計しています。目安として、月?土の週6日間、30分のプログラムを学習していただき、日曜日はお休みするイメージです。日曜日は、特別課題を用意しています。

ロケット・イングリッシュは、今までのように、無機質な音声を聞き流すだけの教材ではありません。大手の芸能事務所とも仕事をされている音の専門家である松島宏和氏の監修のもと、英語フレーズを使う情景や感情を呼び起こし、身振り手振りを加えながら話す練習をすることで、どんな時でも、スラスラと英語が口から出てくるようになります。また、発音などの細かい点を気にせず、外国人と英語でコミュニケーションが出来るようになるという点に主眼をおいて開発しております。

ロケット・イングリッシュはしっかりと集中できて発声できる環境で学習されることをおススメします。どうしてもという場合は、効果は落ちてしまいますが、音声ファイルをiPodのような携帯音楽プレイヤーに、入れられるようにMP3というファイル形式で用意しておりますので、通勤や通学の途中にお聞き下さい。そして心の中で、発声するようにしてください。実際に発声する場合と、効果の差はありますが、一定以上の学習効果がございます。

核となる4つのメインプログラムに、7つの特典、そして、1ヶ月プログラムを実践していただいた方に、海外で生活できるレベルの英会話が身につく2ヶ月目のプログラムと簡単なビジネスの場で使う英会話が身につく3ヶ月目のプログラムです。


>> 宗形諭史のロケットイングリッシュのデメリットもチェック







この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事