Fill her up!

↑これで「ガソリン満タンお願いします」の意味になります★ 運転免許を取り揃え,タイヤがついてるモノはなんでも運転できます★

全体表示

[ リスト ]



さて、まず最初の学科講習☆


地図(iPhoneのGPSマップ)を片手に、案内にあった住所まで行ってみると・・・
なんと、そこはワンルームマンション!

スクールというからには、
例えば(少なくとも)10人くらいは収容できる会議室みたいなところで
学科講習を受けるのかと思っていたら・・・(笑)


小規模・・・というより、個人経営のスクールのようだ。


このときは受講者は私だけということで、マンツーマンでレッスンを受ける。

私は別に気にしなかったが、女性一人だと身の危険を感じるようなシチュエーションかもしれない(苦笑)

  (通常は、2〜3人で行うとのこと。ただし私の場合は他に1級受講者がいなかったので・・・)

  (小規模/個人経営が悪いと言ってるのでは決してない。
   ただ単に、船の教習所はそんなスタイルもあるんだということを私が知らなくて、
   意外/新鮮に感じたというだけだ)


聞いてみると、ホームページやテキストはIllustratorやInDesignなどを使った手作りで、
また講習もPowerPointにナレーションを吹き込み、Flashアニメなどを組み込んだもの。
既に十分講習に使える教材として完成しているように思えたが、
まだまだこれらは日々手を加えていっているという。

船もさることながら、こちらもすごいと思った。
休憩時間はコンピューター関係の話をしてばっかり(笑)
  (ただ、先生も、苦労がわかってくれる人に話ができるのがうれしいようで、
   喜んでそんな話をされてたと思う)



さて、学科教習の内容。

学科試験の出題範囲である「小型船舶の航行の安全に関する教則」は、
試験実施機関である財団法人 日本海洋レジャー安全・振興協会(JMRA)のサイトから
ダウンロードできるが、文字ばかりなのである。
やはり図解入りのテキストがわかりやすい。

興味深い内容はたくさんあったのだが、
あまり書き過ぎると手作りテキストの著作権を侵害するかもしれない (苦笑) ので
一部分だけの紹介に止める。



1.小型船舶操縦者の心得および遵守事項

イメージ 1・水上は基本的に右側通行で、万国共通。
・大型船舶は死角が大きく、
 すぐに停船することもできない。


・低速から速度を上げると、引き波が大きい「半滑走状態」を経て「滑走状態」となる。
 (滑走状態の方が水の抵抗が少ないので燃費もよくなる)
・引き波を立てないようにする。
イメージ 2


2.交通の方法

イメージ 3・夜間は、法律で定められた灯火を表示する。


・昼間は、法律で定められた形象物を表示する。
イメージ 4


・操縦性能が高い船が、低いものを避ける。
イメージ 5


イメージ 6・行き会い船は、両船が互いに針路を右に転じる。

・横切り船は、他の船を右舷側に見る船が避けなければならない。
 (相手の左舷(赤い左舷灯)が見える場合は、こちらが避けなければならない)
イメージ 7


3.運航

イメージ 8・船体の構造・名称
イメージ 9


イメージ 10・ハンドル周り・シフトレバー


・メーター類・エンジン周りの構造
イメージ 11


・灯台の光り方と灯略記
イメージ 12


イメージ 13・浮標識


イメージ 14・ロープの結び方


4.運航(上級I/II)

・方位測定・海図の使い方
イメージ 15


・荒天時運航
イメージ 16


*上級運航にはこの他に、機関故障時に対処できるよう、
 ・電気関係(バッテリー、オルターネーターなど)
 ・エンジン(2スト/4ストの違い、エンジン周りの構造・機能など)
 ・動力関係(冷却系統、動力伝達系統、など)
の構造と知識などを習う。

これらは、クルマ好きが幸いした。
船特有の設備だけを教われば、後は軽く読み流す程度でしっかり頭に入った☆


こんな感じで、朝9時半からみっちりお勉強。


1級の一番の難関は、
三角定規・ディバイダと海図を用いての船位の特定、方位測定、速力計算だろう。
イメージ 17

(ディバイダ:両方が針になっているコンパス)


独特の三角定規の使い方は、慣れるまではうまく使いこなせなかったが、コツを教われば習得できた。

また、速力計算のためのベクトル合成・分解の考え方などは
昔しっかり叩き込まれたことなので(専門は化学だが。。。)、すんなり頭に入った。

イメージ 18



ここまで、マンツーマンレッスンということで私の習熟度に合わせて進めてくれたわけだが、
平均は夜7時までかかるそうだ。。。(海図関係が苦手な人だと終電までかかることもあるとか・・・)


私は・・・
考え方・使い方を習わないといけないものは概ねマスターして
あとは暗記するしかないもの(法令、灯火・形象物、浮標識など)を残すのみとなった時点で、
この日は体調が悪かったこともあって、5時には失礼した。

  (朝から風邪気味だったのに加え、
   お昼ご飯に食べたものの油が悪かったのか
   夕方にはすっかり胃の調子も悪くなってしまっていたのだ・・・)


この学科講習は、学科試験まで1週間の余裕(復習期間)を設定してスケジュールを組んで受けたが、
こんな状態だからしっかり復習しないとね〜


(次の実技講習はコチラ
 

この記事に

閉じる コメント(8)

学科講習、お疲れ様でした! m(_ _)m
自分が受けた教室では、講習が終わった途端 模試がありました。
2級だったので、50問 中 40問の正解で合格。
合格しないと、居残り補習させられてましたよ。 Σ(・ε・;)
そんな教室だったからか、学科合格率は100%を誇ってました!!

2009/9/30(水) 午後 10:30 ひでぽ[7N1RMT] 返信する

顔アイコン

大和ミュージアムに操船シミュレーターがあったな…
結構リアルなヤツ

2009/10/1(木) 午前 0:09 [ - ] 返信する

顔アイコン

はじめまして。
Keitaと申します。私も趣味がドライブなので、ちょくちょくブログ拝見させて頂いています。
キレイにまとまっているブログで素晴らしいと思います。
車の方の免許は全然ですが、一級船舶は昨年初めに取得しました。

うえの記事をみると改めてよく取れたなぁと笑
実技は楽勝ですので上級運行の海図問題頑張って下さい( ..)φ

2009/10/1(木) 午後 0:43 Keita 返信する

ひでぽさん:私も模擬試験は渡されましたが、
勉強ってのは最後は自分のやる気次第、って感じの教育方針なのか、
その場では模試はやりませんでした。

その日は体調悪かったので、
長時間拘束されなくて私は助かったのですが〜(^^;)

2009/10/3(土) 午前 9:38 mappleaflet/まっぷる 返信する

スカルダさんも船操縦の道を歩むかい??(^^)

って大特はどうなった?

2009/10/3(土) 午前 9:40 mappleaflet/まっぷる 返信する

Keitaさん:はじめましてこんにちは。
あまり頻繁に更新もできず記事アップもタイムリーさに欠けるブログですが、
よろしくお願いします。。。

2009/10/3(土) 午前 9:44 mappleaflet/まっぷる 返信する

なんだか難しそうですね。

でも楽しそう〜

2009/10/3(土) 午後 6:27 [ f100 ] 返信する

f100さん:私も最初はテキスト見てだいじょうぶかな?と思いました。
でも、やっぱり楽しかったから割とすんなり頭に入りましたよ☆
暗記モノ以外は・・・

2009/10/4(日) 午前 10:26 mappleaflet/まっぷる 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事