旅行

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

A列車で行こう

イメージ 1

熊本旅行本来の目的は観光列車に乗ることでした

早めに熊本駅へ向かうと出発前の「SL人吉号」発見!

既に白い蒸気が上がっていました

イメージ 2


昨年乗りましたが現在も石炭を利用して熊本〜人吉間を走っています

今回こちらはチケットが取れず断念

イメージ 3



そして本命の特急「A列車で行こう」が入線です

こちらも古い車両をデザイナー水戸岡氏によってリニューアルされた観光列車です

ふだんは週末に熊本〜三角を二往復しています  この日は特別に熊本〜博多のロング運転です

イメージ 4


車内は全席指定で中古車量とは思えない豪華仕様

シートや扉にも様々な工夫が見られました

イメージ 5


そしてこの列車最大の特徴はカウンターバーが備わっていること  ここでオリジナルの「ハイボール」やアルコール、ジュースにツマミ、お土産類の購入が出来ます

イメージ 6

そして運行中は名曲「A列車で行こう」が流れています

なんともちぐはぐな旅行でしたが最後に目的の列車に乗れていい気分で大分に帰ってきました

みなさんも観光列車で九州旅行はいかがですか?

熊本市内観光?

イメージ 1

熊本二日目 朝から晴天に恵まれ朝食はホテルバイキング

なるべく野菜多目を心掛ける  そして牛乳は欠かせない

イメージ 2


午前中、路面電車に乗って水前寺公園へ  朝の涼しいうちにと思って行ったがなんのなんの!

熊本の日差しは大分よりも強く感じた  園内をゆっくり散歩するも汗たらたら

午後から熊本城に登る予定変更して繁華街で早めのランチ

イメージ 3


今度こそ「馬肉〜」との思いもむなしく和食の店へ  まぁ涼めれば良かったのでここでやっと冷たいビールを飲みました

寿司定食ですが天草の海のネタだそうで手頃な値段で頂きました

そして早めに熊本駅へ向かうのでした

熊本は火の国

イメージ 1

夏は旅行しないと決めていたのに妻と熊本に行って来ました

大分〜熊本は豊肥本線の「九州横断特急」に乗る予定でしたが先月の豪雨災害で軌道が崩壊

臨時運行が決まった久大本線特急「ゆふいんの森号」で、日田、久留米経由で熊本を目指しました

しかしこの久大本線も日田から久留米間は災害で運休  

イメージ 2


ここからは代行バス輸送でしたが結局途中の基山PAで熊本直行の高速バスに乗り換え

約二時間で熊本着  大分を出てから五時間掛かりました

この日の熊本も例外なく暑くホテルに着いてからはしばらく外に出ず

イメージ 3


陽が落ちて外出  熊本は路面電車があるので市内の移動はこれを使います

どこまで乗っても150円

ですが妻の体調不良によりホテル近くの食堂へ

イメージ 4


郷土料理が揃った「火の国定食」を頂きました

馬刺し カラシレンコン だご汁 高菜  予定では郷土料理専門店で「馬レバ」「馬焼肉」「太平燕」「天草大王」〆に「熊本ラーメン」でした 

こんな感じで移動と暑さに疲れた一日目でした

宮崎へ

イメージ 1

結婚してから大分県内の観光地は行き尽くしたようで、GWの最後に休みが取れたので一泊二日で宮崎に行きました

宮崎へは小学校の修学旅行以来約30年ぶり  その時と同じ、JRとバスを利用

大分市と宮崎市は特急「にちりん」で約3時間 朝出発して昼前に着きました  事前に旅番組で紹介されていたのですが宮崎は「うどん」店が多いとか

早速ランチは「天玉かうどん」 宮崎独特の呼び方らしいですが「天ぷらと玉子と天かす」を略して「天玉か」と呼ぶそうな

その後「鵜戸神宮」をバスで目指します 「お乳岩」と「運玉」が目的でしたが途中の海岸線が大渋滞
到着が2時間遅れるそうで、そうなると帰りのバスに間に合わないらしい 鵜戸神宮は諦めて堀切峠で下車

イメージ 2


鬼の洗濯板まで降りてみました  これは修学旅行時、青島海岸でも見ました

そこから再びバスに乗り青島下車  この日は真夏日で宮崎市内は32℃  とにかく青島は暑かった

海風は心地よかったけど歩いて疲れただけでした 懐かしい「ういろう」と「冷やしパイン」は今も健在


イメージ 3

さて夕飯ですが宮崎に来たなら地鶏  でも海鮮も食べたいのでホテルの紹介で郷土料理の店へ

イメージ 4


深海魚のメヒカリのてんぷら

イメージ 5


サザエのきのこバター焼き

あと大量の野菜サラダで〆  メニューは大分に似ていました

イメージ 6


翌日は行くところがなく朝から「宮崎神宮」、そして「宮崎育成牧場」へ 牧場といっても日曜日で馬の姿はなし

結局二日目は午前中で大分に帰ってきました  思いつきで行ったので行きたかった所には行けず中途半端な宮崎旅行になりました

安芸の旅

イメージ 1

JRで行く一泊二日「広島、呉」 楽しんできました

大分〜小倉 特急ソニック号80分 小倉〜広島 新幹線のぞみ45分


この時期は名産の「牡蠣」と「穴子」が旬

イメージ 2


早速「宮島」へ向かいました 広島駅からはJRで40分 渡船で10分

この日は「宮島かき祭り」が開催中で往復の渡船は満席状態 現地の鹿も人の多さにビックリ!

イメージ 3

宮島桟橋から厳島神社に向かう途中には土産屋や焼き牡蠣の露店が並びます

「ぺったらぽったら」と言う新しい名物 牡蠣と穴子の焼きオニギリ タレが香ばしくオヤツにちょうど良い感じ

イメージ 4


露店の買い食いをしながら昼食は「牡蠣丼」 少々お値段は高め 

好天に恵まれた冬の宮島 また行きたくなりました

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事