角打ち

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

生涯思春期!

イメージ 1

公開前から観たくて前売り券を買った映画「おっぱいバレー」
昨年の夏、北九州市や直方市でロケをする際にエキストラ参加も真剣に考えた作品です
タイトルだけに誘われても構いませんが中身も笑いと涙と感動ありです
イメージ 2

男性が観たら中学生時代の自分にも心当たりがあるはずです もう観ていておかしくておかしくて!
女性から観ると「男子の思春期」?みたいなのがよくわかると思います 私の思春期もまさに映画そのものでした それで気付きました 私あの頃と今も変わってません 大人になってもあの頃と変わらない自分がいます
この映画、綾瀬はるかの魅力は当然ですがロケ地の北九州の素晴らしさ、そして戸畑の「角打ち」も出てきます しばらく映画観てない人もぜひオススメします
ちなみに写真はロケ地となった北九州〜直方間を走る「筑豊電鉄」の限定記念切符です
「角文研」のYASUさんに頂きました ありがとおっぱい!

イメージ 1

4月12日(日)快晴の大分県玖珠郡九重町の八鹿酒造にて「第14回なしか!祭り」が開催され、「長浜角打ち学会」の皆さんと参加してきました お酒を飲むお祭りなので当然交通手段は電車です 「車」で行った人は必ず「来年は絶対電車で行くわ〜」と後悔します
朝8時19分発の「特急ゆふ2号」乗車のため駅に一番に到着した人は7時でした 眠れずに朝4時に起きた人もいました、私です
電車に乗り込むとそこから「祭り」の始まりです 乗客に主催者から缶入り焼酎が配られます それを知ってる皆さんは乗車前にKIOSKでツマミを買い込みます 私も早速ビールとアゴを出して五分でピクニック気分です それと会場から放送する「夕方なしか!」の投稿ネタも考えます
イメージ 2

車内では本日の主役、ホストの二人、大分のなしか!おいさんの代表こと松井アナとコピーライター吉田寛さんのMCで乗客の緊張と笑いを取りました 自ら焼酎を配るなどサービス満点です
乗車して約80分、酔った人、眠る人、写真を撮る人それぞれの時間を楽しみ電車は目的の「恵良駅」へ
イメージ 3

ホームに入る直前です 周りには数軒の民家そして畑が見えてきていよいよ到着です この風景は一年振りですが何回見てもいいものです
イメージ 4

駅には歓迎の黄色い「なしか!」のノボリがお迎えです さぁ!着いたぞ 会場はココから歩いて一分、目の前です
イメージ 5

電車から降りるとサプライズ、白いジャンパーのスタッフ、実は八鹿酒造の社長さんです 直々にお迎えして頂きました 同時に九重町に響く花火も上がりいよいよ祭りスタートです

ちなみに同行した呑太郎氏の「一反木綿の隠れ家」にも写真入りで「なしか!祭り」を紹介してます
http://blogs.yahoo.co.jp/rootec_nomo

イメージ 1

4月12日10時〜 大分県玖珠郡九重町の「八鹿酒造」にて「第14回なしか祭り」が開催されます
大分第三の麦、八鹿酒造の代表的な焼酎「なしか!」にちなんだ酒蔵開放のお祭りです
イメージ 2

会場は久大本線「江良駅」から歩いて一分 当然お酒を飲まれる方は電車でお越しください
大分発0819「特急ゆふ2号」には「長浜角打ち学会」のメンバーも乗車します
イメージ 3

会場では八鹿の焼酎はもちろんのこと、しぼりたての日本酒や屋台に音楽、そしてステージと家族でもカップルでも一日楽しめる祭りとなっています
イメージ 4

まだ12日の予定が決まっていない方はぜひ八鹿酒造の「なしか祭り」にお越しくださいませ
ちなみに福岡からも久大本線、北九州からは日田彦山線で車窓からの景色を楽しみながらお越し頂けます

花見もピーク

イメージ 1

毎晩のように顔を合わせて飲んでるのにやっぱりやるんです、「花見」
私は先週の「小倉城」に続いて今年2回目で、場所は自宅から歩いて10分の「大分城址公園」です
またまたお城と桜とお酒の組合せですがこの三つは日本の代表的な「文化」だと思います
二人でやる花見も楽しいけど大人数もまた楽しい 前日に急遽決まったにも関わらず20名近くの参加に
感謝です
イメージ 2

花見と言えばここ近年はBBQでしたが今年はその準備、段取りが出来ずに各自持ち込みになりました
「唐揚げ」「ローストチキン」「鳥天」「焼き鳥」 大分らしく「鳥」ばかりじゃん!
あと「おでん」と「猪の焼肉」もありました
あ〜これで今年も花見が終わったぁ って今夜最後の一件があるんです 

限定1本!の麦焼酎

イメージ 1

ココ大分の「御手洗酒店」で一番飲まれているのは八鹿酒造の焼酎「なしか!」ですが、そこに目立ちたがりの麦焼酎「富士」登場〜
確かにどこの酒屋を探してもありません あるはずがないんです 私が作りました
中身は「なしか!」です 空になったら変わるかもしれません 寝台特急「富士」の記念ステッカーを既存の瓶に貼ったらピッタリ いい感じになったのでこのまま暫く使ってみたいと思います
イメージ 2

さてこちら、何に見えますか?一見「エビチリ」に見えたりしますがこちらは「瓶詰めウニ」です
お客の誰かがお店の冷蔵庫に入れていたようですが、名前を書いてないので当夜の客で食べました
瓶に箸を突っ込んでチビチビ食べるのが面倒くさくなり皿に出したのが写真です
誰かわかりませんがご馳走様でした

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事