角打ち

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

極寒蔵開き

イメージ 1

1月20日は大寒 元気な頃は別府の鶴見岳で行われる「大寒がまん大会」でカキ氷を食べてました 

昨年からは九重町の八鹿酒造で始まった「極寒蔵開き」に行ってます 今年がその二回目
イメージ 2


今年も大分駅から鈍行に揺られ恵良駅を目指します 途中の由布院駅で約30分の待ち合わせ

大分市内と違い積雪とゆう寒さ ここでホーム内にある足湯に浸かりました

イメージ 3


そして2時間後、恵良駅に着いたのですが駅舎が火事で全焼 しかも前日の未明のことだそうです

毎年春には「なしか祭り」で更に多くの乗降客が訪れる駅 無人駅ですが馴染みの駅でしたが残念

辺りはまだ焦げ臭かったです

イメージ 4


会場に着いたら八鹿酒造が誇る酒の試飲と利き酒にチャレンジ 8種類も呑むともうどれがどれか

わかりません 今回は二周りしました その結果「当り」ました

イメージ 5


到着時は氷点下の会場も次第に温かく… なりません ずっと寒いまま  それでもお気に入りのアテを

買い込み新酒を楽しみます

イメージ 6


さすがに2回目になると主催側も準備がよく、去年は無かった「おでん」「おにぎり」「ツマミ」が売られていました

写真は新酒と「ツマミ」 ちなみにこの「ツマミ」は400円でした

他に「粕汁」「甘酒」「焼餅」等のサービスも  

来客も昨年より増えていたし今後更に賑やかになりそうな蔵開きでした

開く コメント(4)

別府開拓

イメージ 1

今年はよく別府に行きました 育った別府の街は大分とは違う良さがある

先日、雨の中JRに乗って目指したのは別府駅から歩いて3分「Sak...e」(サク)というバー

開店して半年になるそうですが気付かなかった 素通りしていた

新しい木製のカウンターに椅子 後ろにもテーブルがあり10人で満席になる小振りでかわいい店

イメージ 2


この日は開店と同時に行ったので客は私だけ  冷蔵庫から好みのワンカップを取り出しカウンターへ

アテは店主お勧めの玉子焼きとおでん 日本酒に合うアテを用意しています

話が弾み次のカップへ 一杯目は青森の「豊杯」 二杯目は岩手の「南部美人」  ワンカップにするこ

とで常に開封後の新しい酒が呑めるということ たしかに開封後の酒は劣化が始まりますよね

イメージ 3


もちろん日本酒の他にも焼酎やビール、ジュースも揃えていますが料金はさすがに酒屋で呑む角打ち並とはいかず

それでも電車の待ち時間や近くの温泉後に気軽に呑める店としてお勧めします

日曜は休日 営業時間19:00〜25:00  

開く コメント(0)

大分県の水産振興祭

イメージ 1

ブログでも度々登場しますが大分は水産資源が豊かです  関アジ関サバのようなブランド魚もあります

そんな水産資源に親しんでもらおうと毎年この時期に振興祭を実施しています

イメージ 2


会場からは鮮魚や加工品の対面販売、それに飲食コーナーで賑わいます

写真は緋扇貝 焼いたのは二枚で3百円(カボス付き) 生は一枚百円です 

生は安いのですが家で焼くと匂いとゴミの問題があります

イメージ 3


これは何のフライか忘れました 会場で揚げているので熱々で美味しかったです

他にも大きな岩牡蠣のフライもありました これは自分でもいつか食べてみたいと思っていました

イメージ 4


最後はこの祭りではお馴染みの「海賊鍋」  小さい渡り蟹を豪快に入れた味噌仕立ての鍋です

蟹の風味だけで美味しいのが分かります  肉もいいけど大分の海の幸もおすすめします

開く コメント(1)

大分県の酒と焼酎

イメージ 1

昨年に続き今年も「KANPAI OOITA2013」に参加して来ました 

大分県には「西の関」や「八鹿」をはじめ全国に通用する酒が多くあります また「いいちこ」や「二階堂」に負けない焼酎も多く、それらの蔵元が一同に集まったイベントです

イメージ 2イメージ 3

各蔵の今おすすめの酒を試飲出来ます とてもすべて呑むのは難しく幾つかに絞って呑みます

気に入ればその場で購入も出来ます

イメージ 4


私のお気に入りの杵築市、中野酒造の知恵美人 最近では女性にも呑みやすいようにフルーティーな酒が

増えています 私も親父が熱燗で呑む酒より冷やして呑むフルーティータイプが好きです

約2時間の宴、利き酒コンテストや郷土料理も振舞われ参加費2000円はお得

一緒に参加した仲間と「また来年」を約束して帰りました

開く コメント(2)

夏の恒例 北九州

イメージ 1

夏の北九州といえば「小倉祇園」「戸畑祇園」「わっしょい百万」…

私にとっては「小倉競馬」「戸畑祇園」「里帰り」です

先週末はそのうちの二つを楽しんできました

午後から夕方までは競馬場で遊びその後戸畑へ移動  今回参加の7人中私以外は初めての「戸畑祇園」

イメージ 2


到着したのは毎度の「はらぐち酒店」 店の前の歩道では恒例の常連客専用のテーブルで既に宴会は始まってます

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

祭り前の空気も素晴らしい 地元の人に愛されてる祭り

見事に提灯の飾り付けが出来ました

馬と酒と祭り!!!北九州大好き!!!

開く コメント(4)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事