角打ち

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

大人のガソリン

イメージ 1

最近きまぐれにウォーキングしております 目標一万歩なんですけど…

近くに大分川という一級河川がありウォーキングされてる方も多く見られます

でも私はその反対方向のネオン街に向かって歩き始めます

ちょうど汗をかき始めた頃、フラフラと吸い込まれるのがちょい呑み酒場

イメージ 2


腰を据えて呑むのではなくほんと立寄りでちょい呑み 店内も簡易テーブル

イメージ 3


疲れて座るならカウンター この手の店は手頃なセットメニューがおすすめ  ツマミ一品にアルコール一杯でワンコインとか

だから立寄るのも15分ほど  しかし呑んだ後のウォーキングは危険なのでゆっくり歩いて帰宅します

ウォーキングの成果は? 普段何もせずに呑んでいるのできっとあるはず

今はまだ成果ありませんが半年後一年後には何か変わっていることでしょう  

開く コメント(4)

イメージ 1

最近通うようになった某酒店

冷蔵庫から酒を探しているとバドワイザーの缶を見つけました

あれ?バドワイザーの缶って今まであったかな? 私は瓶しか飲んだことがありません

あの瓶の王冠は手で捻っても開けられます 栓抜き不要でした

時代の流れか手頃なバド缶 バドガールの衣装とも若干デザインが変わったようです

お店にバドがあるならば国産よりこちらを手に取る私です

開く コメント(2)

北九州 打ち旅

イメージ 1

2月23日から一泊二日で北九州へ  いつものようにJR特急「ソニック」で折尾へ

ここで北九州と博多の呑兵衛3人と合流して角打ちの名店「高橋酒店」へ  

イメージ 2


土曜日の夕方、近所のおいちゃんたちで賑わってました その中に私たちも混ぜてもらいニゴリ酒で乾杯

久々の高橋酒店でしたが一年中オープンな玄関と言い店の雰囲気といいさすがは名店でした

イメージ 3


続いてJRで戸畑へ ここで更に大分から二人合流して「はらぐち酒店」へ

ここは手料理と旨い酒が呑めます 最初から「鍋島」で乾杯です  狭い店内ですが慣れたもの

自分のポジションをうまくキープします

イメージ 4


角打ちで缶詰は珍しくないですが鹿児島の「火山灰」ははじめて見ました

イメージ 5


閉店時間まで楽しんだ後、JRで黒崎へ移動です  駅前の24時間食堂「えびす」に腰を下ろしました

カウンターだけのお店ですが客が多くていつ行っても賑やか 店員さんはすべて女性でよく働きます

イメージ 6


小倉のB級グルメ「焼きうどん」

イメージ 7


アンコウの唐揚

イメージ 8


焼き牡蠣(\420)

イメージ 9


散々飲食した後は黒崎駅から歩いて2分、大浴場付きの「西鉄イン黒崎」に泊まりました

イメージ 10


翌日は真夏のような快晴の下、朝からモノレールで小倉競馬場へ  1レースから最終レースまで観戦

予定では小倉で祝勝会もその元気無く大分へ帰りましたとさ 

開く コメント(2)

新規開拓

イメージ 1

大分市の長浜町に住んでいると普段の飲酒は主に「御手洗酒店」での角打ち

その後も近所の居酒屋で済ませるパターンがマンネリ気味  もちろん近所だと呑んだ後もすぐに帰宅でき楽なのがその理由

そこで徒歩圏内でも自分の呑みスタイルに合った店を新たに探そうと、妻と二人で市内の繁華街へ

とりあえず食事しようと歩いているとオープンしたばかりの店に花輪が…

焼鳥と魚貝の店「ごんぱち」  肉派と海鮮派の二人にはもってこいの店

イメージ 2


この日はオープン前日「プレオープン」だったそうで当然ピカピカの店内

カウンターも隣と仕切られておりプライベート空間重視の造りになっています

イメージ 3


ここで酒「鍋島」を一杯  一合が徳利ではなく写真の様なもの 呼び名がわかりません

真ん中に氷が入っているので最後まで「冷」で頂けます

料理も素早く出てきて美味しかったです 

市内にも多くの居酒屋があり新規オープンする店はかなりの工夫と個性が求められますがここはおススメです

こっそり隠れ家的に利用するのもよいですよ

イメージ 4


その後、歩いて5分 以前から気になってた立ち飲み「蔵」 

店内の写真はありませんがカウンター席と立ち飲みテーブルの並んでいます

最初に店のシステムを聞きます  店内にある好みの酒、焼酎の一升瓶、五合瓶をカウンターに持ち込みます ワインもあります

またツマミもあり酒屋の角打ちに似ています  雰囲気がよくここもリピありです

こうして店を決めずに歩いてみると新しい店の発見が出来て楽しいですよ

開く コメント(0)

立春の酒

イメージ 1

どこから聞きつけたか「あんた日本酒が好きやろ?」と同業者から電話

「はい!」と返事をしたら「立春朝絞り」を持ってきてくれました

最近知ったのですがどこの酒造もこの「立春朝絞り」を出してるそうですね

その名の通り、2月4日の朝の絞った生酒でその日のうちに売られるそうです

イメージ 2


もちろんその日に呑むのが一番旨いらしい  この「朝絞り」は大分が誇る「西の関」

二年前に実際自分で朝絞りを体験した酒ですがその時は運転手だったので呑めず

二年待って今回頂くことが出来ました  発泡した酒はフルーティでワインのような口当たり

猪口は「八鹿酒蔵」の蔵開きで頂いたもの

今年の冬はよく日本酒を呑みました

開く コメント(4)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事