プレシャンブルーの風に抱かれて

地球と共に進化し、人類が共生の道へ歩むことを願いつつ。

全体表示

[ リスト ]

「カレイドスコープ」さんより

Tue.2016.10.11  

世界大戦が迫っていることを西側メディアに訴えるプーチン


http://blog-imgs-93.fc2.com/k/a/l/kaleido11/mag201610-.jpg

米ロの直接対決が確かに迫っています。

(この記事は、メルマガ第176号パート1、パート2の2本の記事のダイジェストです。全体の4分の1ほどに圧縮されています。全文はメルマガでお読みください)

バビロンの米国とバチカンは必死になって世界を第三次世界大戦に誘う

・・・
英BBCが、独紙フランクフルター・アルゲマイネによって公表されたドイツ内務省の「民間防衛計画書」を取り上げて、ドイツ政府が国民に国家的緊急事態に備えるよう勧告していることを報じたのが今年8月。

それに先駆けて、オバマが
5月31日のホワイトハウスの公式ページで「緊急事態に備えて、携帯電話にFEMAアプリをインストールすることを推奨」するだけでなく、同じく、ホワイトハウスの8月31日の公式ページでは、国家の非常事態に対処するため、国民一人一人に備えをしておくよう「国家準備月間 2016」を宣言しました。

さらに、その前の
8月2日のホワイトハウスの公式ページでは、「米国で緊急事態が起こったとき、トランプではそれに対処する能力が十分ではない」と、来月に迫った大統領選でトランプを潰すための方便に利用することも忘れていません。

(※第160号「経済崩壊と世界規模の気候大変動と日本版FEMAの創設」、あるいは、第174号パート1「国民に計画的『大艱難』への準備を奨励するホワイトハウス(その1)」にて詳述)

・・・しかし、その憶測は、
9月29日のロシア・トゥディが、ロシア緊急事態省(EMERCOM)の「モスクワの全市民を地下シェルターに避難させる準備がととのった」との声明を報じたことによって、すぐに吹き飛んでしまいました。

そして、翌日の9月30日、今度は英語圏向けに「
モスクワは、米国が核兵器使用の準備が済んでいることに留意し、その対応に備えている」と、明確に核戦争の危機が迫っていることを警告したのです。
これは、ロシア・トゥディだけでなく、
同日のプラウダでも報じられました。

ロシア・トゥディもプラウダも、ロシア政府にコントロールされたメディアである以上、それらの英語圏向けの記事は、自国民向けの警告とともに、米国民に向けて核戦争の脅威を喧伝する目的も、その一方にあることは言うまでもないことです。

ロシア国民に向けて、(英語のように)バイアスのかかっていないロシア語で
正確に伝えているロシアのメディアによれば、以下のとおり。(長いので割愛)

去年の暮、秘密結社のローマ法王フランシスコの言ったことを思い出してください。
「今年は、人類にとって最後のクリスマスになりそうだ」。

米国は、核弾頭を搭載していない弾道ミサイルの開発を計画している

米ロの核戦争が現実味を帯びてきたのは、ロシア第二の都市、サンクトペテルブルクで
6月16〜17日の2日間にわたって開かれた国際経済フォーラムで、プーチンが数ヵ国の報道機関の代表を招いて行ったスピーチで話したことが、一部の人々に衝撃をともなって伝わっています。

その模様は、
クレムリンの公式ホームページにアップロードされている動画によって確認することができます。

http://blog-imgs-93.fc2.com/k/a/l/kaleido11/mag201610-7.jpg

幸運にも、ここには、そのフル・スピーチが翻訳字幕付きでアップされています。
元の動画はコチラ。全世界で実に278万回も視聴されています。

・・・このプーチンのスピーチのテーブルについている西側メディアの報道機関の代表と言われている人々の表情を見てください。

彼らのうち、一人二人は気が付いたような表情をしていますが、大半の代表は、理解できないようです。

私たちは、こうした人々が毎日、送り出している捏造情報を鵜呑みにしながら、一歩一歩、第三次世界大戦に誘われていくのです。

シリアが世界大戦の発火点になる

・・・去年9月、第70回国連総会が開かれたとき、オバマは、ISISがイスラエルと米国(英国、フランス、湾岸同盟国)が作ったテロ組織であり、ISIS司令官のサイモン・エリオットがユダヤ人でモサド(イスラエル)の工作員であることが世界的に暴露されたにもかかわらず、国連で、シリアのアサド政権打倒を国際社会に訴えました。

http://blog-imgs-81.fc2.com/k/a/l/kaleido11/20151011-4.jpg

・・・一方、プーチンはオバマと違って、あくまでも大国の指導者らしく品位あるスピーチを展開しました。その概要はスプートニクが報じています。

・・・もっと重要なことは、その翌日に設けられたロシア首脳陣による半ば非公式の会合でプーチンが述べたことです。

・・・そこでのプーチンの演説は世界中を感動させました。
「ロシアには覇権主義は存在していない。ロシアは、ロシアと同盟国の主権と国益を守ろうとしているに過ぎない。
だから、なんらアメリカにとってロシアは脅威ではないし、ロシアにとってもまた、アメリカは脅威ではないと考えている。
にもかかわらず、なぜ(NATO諸国は)ISISを使って、シリアを倒そうとするのか。
この会場に集まったマスコミ関係者は、本国に帰って、あなた方の政治リーダーに、そのことをよく伝えてほしい」と訴えたのです。

・・・しかし、プーチンは、今回のスピーチの冒頭で、このように言いました。
「ここに座っている私たちは全員が大人で、さらに経験豊富なプロです。
しかし、私は、あなた方が私の言葉を正確に報道することすら期待していません。

(ましてや)あなた方が、ご自分の報道局に影響を与えようとすることすら期待していません。
私は単に個人レベルで、あなた方にお伝えしたいだけなのです」。

そして、彼は大きく溜息をつきました。

この溜息は、「ロシアとロシアの同盟国は、米国が仕掛ける第三次世界大戦から自国を防衛するために専念しなければならない段階まで来てしまった」とサジを投げたプーチンの諦念と悟りから出てきたのです。

米国は、ロシアを挑発して世界大戦を引き起こそうとしている

・・・米国の有権者は、「多国籍企業による仕事のオフショアリングと米国の金融システムの無謀な規制緩和が、米国経済を崩壊寸前まで追い込んでしまった元凶だ」というドナルド・トランプや社会主義者のバーニー・サンダースの主張が、大統領選挙戦の柱になっていると錯覚させられています。

・・・大統領選挙戦が日々非現実的になっていくのは、こうしたワシントンのプロパガンダが、米国を牛耳っているネオコンの世界政府主義と、これに隷属している国々を駆り立てて、ロシアと中国との紛争に米国を巻き込もうとしている事実を隠すため、米国のマスコミが、トランプとヒラリーの痴話げんかにすり替えようと、必死になっているからです。

・・・確かに、プーチンが言うように、核戦争の危険性は、今までの歴史において、もっとも大きくなっています。

トランプは、それを知っているからこそ、プーチンの米国に対する外交政策を全面的に支持しているのです。

米国の有権者は、寡頭勢力の企業メディアによるトランプ潰しの現場を見せられている

・・・小さいことから大きなことまで、積もり積もって、クリントン夫妻は、とうとう1億2000万ドルにも及ぶ個人資産と、16億ドルもの運営資金を築き上げる至ったのです。

・・・さっそく、ワシントン・ポストは、10年前のトランプの動画を公開して、彼がいかに粗野で女性を蔑視しているかを有権者に訴え始めました。
その動画のトランプは、明らかに女性を性の道具として扱っているかが如実に映し出されているのです。

CNNのツイッターは、まさにトランプ・スキャンダル一色に塗り替えられています。

・・・26日のトランプとヒラリーのディべートでは、トランプは、その点を突いてきました。

・・・主流メディアの目論見通り、トランプの支持率は急落し、CNNなどは、「トランプはヒラリーとの公開討論でクラッシュした」という見出しを掲げて、「(果たして、こんな男に)ヒラリー・クリントンの過去について、特別検察官に調査するよう要請することなどできようはずがない」と、あからさまにヒラリーの数々の悪業を隠蔽しようとしています。

・・・ヨーロッパの一部の国々、英国、カナダ、オーストラリア、そして、日本のような“米国の家来”は、世界大戦に引き込まれようとしています。

ヒラリーが大統領になれば、シリアに飛行禁止空域を設定するだろう

・・・定評のあるサバイバル・サイト「デイジー・ルーサー(Daisy Luther)」は、最近、ソースを明記した上で「ロシアとの戦いが切迫している8つの警告に値する兆候」という見出しの「まとめ記事」をアップしました。

それによると、「ロシアは、プルトニウムを備蓄している」ということです。

米・国務省は、ロシアが備蓄しているプルトニウムの総トン数は、17,000発の核弾頭を製造するのに十分な量となっている点に注目しているとのこと。

同時に、ロシアは、シリアへの米国の侵略を想定したミサイル防衛システムを展開していることを正式に発表しました。

・・・ワシントンのプロパガンダ・メディアとして有名なFOXニュースは、ロシア外務省が、最近以下のような大変気がかりな声明を出したことを報じています。

「われわれは、ワシントンがシリアの首都、ダマスカスの政権をなんとしてでも後退させようと、悪魔と取引する準備ができていることを確信をもって言うことができる」と、ロシア外務相は述べました。
「シリアのアサド大統領を追い出す目的のために、米国は、歴史の道筋を引き戻そうとするかのように、非情なテロリストと同盟を組み、テロリストたちを再び放とうとしている」とつけ加えて・・・

米国務省は、ロシア国内でテロによる攻撃を実行に移そうとしている!?

・・・グローバル・リサーチに多数の記事を寄稿していることで知られているカート・ニモー(Kurt Nimmo)は、先週、そのグローバル・リサーチに、「米国は、まもなくテロリストがロシアの都市を攻撃するであろうとロシアに通達した。なんと、そのテロリストは米国と同盟関係を結んでいる」という記事を書き上げました。

国務省のスポークスマン、ジョン・カービーは、「シリアの急進的なサラフィスト(Salafist)のテロリストがロシアの都市を明日にでも攻撃するかもしれない」と、先週の水曜日にロシアに警告しました。

「過激派グループは、彼らの活動を拡大するためにシリアにある空白地帯を食いつくし続けている。
それは、ロシアの利害に対する攻撃をも含んでいる。おそらく、ロシアの都市でさえも。

結果、ロシアは、ロシア兵を遺体袋に入れてシリアから帰還させることになるだろう。
そして、ロシアは、重要な戦力、そう航空爆撃機さえ失い続けるだろう」とジョン・カービーは言います。

シリアの領土に入り込んでいる「過激派グループ」は、米国とその同盟国である湾岸の首長国のパートナーよって支援されているので、カービーのこのコメントは、米・国務省がロシアを恫喝していると解釈する以外にないのです。

ワシントンとオバマの背後にいるグローバリストは、今まで彼らのアジェンダを必死に隠してきましたが、主権国家であるシリアにまったく事実に反する難癖をつけ、その同盟国のロシアまでテロによって脅迫するようになったことは、事実上、米国のグローバリストは、シリアとロシアに対して宣戦布告したことになるのです。

戦争の準備のためにアラスカへ飛んでいるコロラドスプリングス拠点のF-35

最近、米空軍のF-15航空戦隊が、コロラド州のコロラドスプリングス地域からアラスカに飛び立ったという内部関係者による証言があります。ロシアからの攻撃に備えて陣形をととのえることが目的とか。

コロラド州のフォートカーソン基地の米軍兵は、イラク侵略戦争のときにも最前戦に派兵され、多数の犠牲者を出したことで知られている基地です。

そのフォートカーソン基地で、反テロ対策の名目で米ロ合同軍事演習が行われていることは日本のメディアでも報じられたことです。

・・・すでに、2012年の段階で、退役軍人と軍人家族の調査・研究を行っているシェリー・ウイルコックス(Sherrie Wilcox)は、テネシー州とケンタッキー州で米・国土安全保障省の車両に乗ったロシア人をビデオテープに収録しています。

また、Revolution Radioのポール・マーティン(Paul Martin)は、彼の知り合いがコロラド州北部でロシア兵を目撃したと報告しています。

・・・それらのオートバイ部隊が、その他の軍用車両とともにコロラド州のスティームボート・スプリングス(Steamboat Springs)に配置されたことが報告されました。

米国内に早い段階で入り込んできた最初の15,000人のロシア兵が、表向きは「自然災害に備えるための訓練」と称して、これから米国内で引き起こされる何らか非常事態の鎮圧に駆り出されることは、実は、2012年のロシア外務省とFEMA双方の協約に基づいているのです。

・・・「核先制不使用」を宣言したオバマは、戦略弾道ミサイルを迎撃するミサイル・システムの開発、配備を厳しく制限するABC条約から一方的に脱退したブッシュ以上に危険な大統領である、ということなのです。

・・・プーチンの憂鬱は、地中海深く潜航してシリアに近づいた米国の原子力潜水艦からシリアに向けて発射されたミサイルに、たとえ核弾頭が搭載されていなくても、地上に放たれたISISによって起爆させられた核爆弾をそれと誤認して、米国の同盟国に核を使った報復攻撃を行わなければならなくなる事態に彼自身が追い込まれることです。

・・・そのとき、「核先制不使用」を国際社会に対して約束したオバマの米国は確かに核を使わないのです。
「それは、あいつら、そうだ、ISISがシリアの領土内で爆発させた核爆弾だ」・・・

米国は、永遠にシラを切るでしょう。

閉じる コメント(7)

顔アイコン

顔アイコン 【パパブッシュはJFK暗殺者(この功績でCIA長官昇格】であり、
【子ブッシュは911自作自演犯(イラク戦争勃発)】であり、
【ボブ.クリントンは子ブッシュの義兄弟、パパブッシュの腹違いの子】です。


したがって、
【ヒラリー前国務長官ははパパブッシュ宅の「およめさん」】です。
つまり
【戦争屋D.ロックフェラー家の代表的メンバー】です。




【マンハッタン計画(原爆製造)】時期の
【英SOE長官ハンブロー卿の腹心、スティムソン国務長官(米実権者)】主導の、
【彼ら戦争屋に選出して貰ったルーズベルトやトルーマンのマリオネット空政治】が
アメリカの政治史。

▶【大統領は蚊帳の外】と受け止めています。

▶オバマ大統領も然り。
▶アメリカの【実権者はヒラリー前国務長官:戦争屋の第1傀儡】_と私見です。

2016/10/12(水) 午前 8:14 1082001(紫音)

顔アイコン

イギリスの戦争ポンド不足から【マンハッタン計画】がアメリカへ植栽され
原爆製造と投下によって【アメリカ戦争屋一族ロックフェラー家の派生:】。
______________________________

彼ら戦争屋ロックフェラー家(CIAとCIA資金)によって
【1955年自民党が結党】され、今日まで
【日本の首相が選出されて来ました。】


イギリスのSOE(特殊作戦執行部)及びOSS→CIA(ロックフェラー家保身機関)、
CIA→さらに凶暴なCSIS開設、と
【戦争屋ロックフェラー家台頭と覇権維持】のための【CIA開設】

2016/10/12(水) 午前 8:26 1082001(紫音)

顔アイコン

小泉進次郎君が経歴にCSIS_所属と書込む【CIA→さらに凶暴なCSIS】_とは↓
【CSIS】
ナチス生存圏思想.
イスラエルに武器供給、
【中東戦争を勃発】させ、
石油を高騰させる【石油の価格操作機関.】

米軍保有の膨大な【生物化学兵器管理センタ-】
米陸海軍直系戦略研究所.


ここCSISにへ【小泉政権下】、京セラの稲盛和夫が僅か600億円基金提供で
「アブジャイア・イナモリ・リーダーシップ・アカデミー」を作りました。

アブシャイヤー(稲盛和夫)は
【CIAと関係の深い諜報の専門家】で、
【レーガン時代にNATOに大使として派遣】され、
【ミサイル問題に精通】しています。

しかも
CSISはナチスの生存圏の思想を作った、
ハウスホーファーの思想を米国に輸入する目的で、
イエズス会のジョージタウン大学に作られたシンクタンクとして、
地政学に基づく世界戦略を展開しています。

日本の若い政治家、防衛省の若者、企業の若者他を、
この【CIA凶暴化CSIS】へ【留学生待遇で送り込んでいます。】

2016/10/12(水) 午前 8:50 1082001(紫音)

顔アイコン

【稲盛和夫】は【男色松下幸之助の松下塾の相談役】です。
__________________________

2016/10/12(水) 午前 9:01 1082001(紫音)

顔アイコン

細川氏を、突如「都知事選」へ担ぎ出したり、同じく
小池百合子氏を、突如「都知事選」へ担ぎ出したり、と【分裂と妨害】目的の
【小泉氏の“奇行”】は、みな【CIA.CSIS主導の司令による】と、受け止めます。


1967年から戦争屋によるキャストとして、
▶【国民の為の“安全”】の【分裂と妨害の解体係りが小泉純一郎】
=【自衛隊長期派遣の違憲4年間実施】
=【原発安全装置破壊、耐震設備破壊】他の、実例のよぅに。

______________________

2001年〜2016年まで↓
▶【小泉氏が壊した、既成の国民の為の制度】を,
▶【安倍氏は、CIA.CSISの為に新制度化する役】。

_______________________

間もなく選挙!
【小池百合子が正義面して挙げ連ねた件】は、あくまで
【小池小泉組が、解散選挙の得票獲得】が目的ゆえに
【もともと解決する意志はナク、雲散霧消と化する】でしょぅ。

2016/10/12(水) 午前 9:11 1082001(紫音)

顔アイコン

【ブッシュと兵器製造販売を共同経営する小泉純一郎】が
日本のネック【CIAの前哨基地】

小池百合子が旗ふり,正義面に国民目くらまし。

安倍晋三がCIAの後方実践部隊。(三位一体CIA.CSIS同窓)
_____________________

【西部通商】も【核弾頭を搭載していない弾道ミサイル】の
【開発】に励んでいることでしょう。

▶【石原VS小池は、この核兵器の利権争奪戦】と受け止めています。

2016/10/12(水) 午前 9:13 1082001(紫音)

顔アイコン

紫音さん、コメントありがとうございます。夢亥さん、tunataroさん、ナイスありがとさんです〜。

2016/11/4(金) 午後 8:17 [ mappy ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事