プレシャンブルーの風に抱かれて

地球と共に進化し、人類が共生の道へ歩むことを願いつつ。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
「レムリア・ルネッサンス」より

天照大神

 「神の子としての女性の気高さを地上に示しましょう」


2002年11月21日 『日本神道の女性霊1』に掲載
天照でございます。
今日、このような形で急遽参りましたことで、少しあなた様方のことを、驚かせてしまったかのように思うことをお詫びいたします。

私は今日、日本神道を代表してご挨拶に参りました。
先日より、あなた様方の活動を見守らせていただきながら、たいへんなご苦労の中に、この使命をお受けになられたものだと、心よりおいたわしく思っております。

我ら日本神道は、この大和の国を光の国となすがために、数千年の時の流れの中で、神の国、大和の国として育んで参りました。
私はそこの主宰神の一人として、天之御中主神のご指導のもとに、人々を指導してきた者でございます。

今このような形で、この大和の国日本が、世界計画の、神々のご計画のひとつとして輝き、その歴史の中に名を残す時が参りました。

先日卑弥呼様より、あなた様への手厳しいご意見があるのを見、とても同情申し上げておりました。
卑弥呼様はあなた様とも近しい御縁ゆえ、とてもストレートに、厳しいお言葉をお掛けになられるようです。

でも、同じ女性としてあなた方が悩まれておられること、そして日常の大切さということ、たいへんさということを考え、女子の身で、このように男性でも抱えきれぬほどの重大な使命をお受けになるということ、もしわたくし天照とて、このようなことを言われたならば、天の岩戸に隠れてしまいたいような恐ろしさを感じるものと存じます。

男性の神々は、なぜこのような、あなた方の心をもっとわからぬのか、このように強く言われ、あなたを激励すればするほど、あなたが心を畏縮し、隠れてしまいたくなる、その女性としてのお心を、心から理解し、ともに涙を流すものでございます。

女性というのは本来、あまり矢面に立つことを好みませぬ。
それは、矢面に立たれてきた外国の女神であるあなた様を見ていても、けっして自分から立ちたくて立たれる方でないことは、長いことお見受けしていれば、わかるのです。

この天照とて、けっして女性として、主宰神になりたかったわけではないのです。
ただこの大和の国は、和を保って旨とし、和を保ってまとめるという役割を、その個性として持っていますゆえ、私のような女性が表に出た方が、国が治まるという、そのような主宰神のお考えの中で、私はその任を、役割を務めている者なのです。

私もけっして女性として、主宰神などという立場をやりたくて、やっていたわけではないのです。しかし、任された以上、それが神のお心である以上、精一杯今まで勤めさせていただいてきたというのが現状なのです。

※過去のです。

「エマーソンの名言」

「名言アーカイブス」より

「エマーソンの名言」

まず自分をこの世に必要な人間とせよ.そうすればパンは自然に得られる.
※最近は、自分を必要とする人がいれば、その人の傍にいるようにしています。


第一の財産は健康である.
※だと思います。過去にいくつも入院をしているので、健康のありがたさを今、
 ひしひしと、感じています。


英雄は普通の人より勇気があるのではなく,ただ五分間ほど勇気が長続きするだけである.
※英雄でもなんでもないのですが、生きていくために必要なことだと、思います。


自信は成功の第一の秘訣である.
※どこから、来るものかは知りませんが、多分、努力をしているのでしょう。


文明人は馬車をこしらえたが,足が役に立たなくなってしまった.
※文明の利器は、人間を楽にしたが、反面、楽になり過ぎるとダメになるところが
 あるんでしょうね。沖縄は特に近くのスーパーでも、車で買い物をします。


人間が思考する限り,人間は自由なのだ.
※正解!妄想に生きる事が、大切なのです!


その日その日が一年中の最善の日である.
※と、思って生きて行きたいですが〜、反面、ありえないと思う今日この頃です。


「るいネット」さんより

世界は表・裏・闇の三階層からなり、実質的支配は「闇=王族」(1)
 
大西敏博 ( 60歳代 和歌山 会社員 ) 16/08/12 PM00
表の世界とはメディアで語られる世界です。これに疑問を抱いた方のためにネット上で「裏の世界」が存在しています。しかしそれだけではないのです。現実に物事を動かしている「闇の世界」があります。

国際情勢の分析と予測(リンク)より

===================================================================

今日8月8日午後3時に今上天皇が生前退位に関連すると思われる声明を公表することになっている。それを前に原田武夫が興味深い情報を発信し続けている。それは、

①世界は表・裏・闇の三階層からなり、実質的支配は「闇=王族」による。
②日本の皇室は簿外資産として膨大な金塊を保有しており、それを世界救済基金として拠出することで今後世界を救う。それによってパックスジャポニカ=日本の世界覇権が成立する。
というものである。
 「天皇の金塊」に類する情報は「黄金の百合」等で有名であるし、高橋五郎の著書や「世界支配層の策略」でも触れられている。ロシアのプラウダがかつて取り上げておりそれをこのブログで昔取り上げたこともある。ただ、私はその真偽を判定する材料を持ち合わせていないので、本ブログではこれ以上追求するつもりは無い。

8月7日に原田武夫氏は「ベルサイユの亡霊」という英文ブログ記事を開陳しており、そこで「IBOE」という謎の債券について触れている。これはどうやら天皇の金塊を担保とする天文学的金額の債券であり、第一次世界大戦後のベルサイユ条約(少なくとも表向きは世界覇権国が英国から米国に切り替わった条約)によって米国が大統領選挙のある4年ごとに発行することになっているらしい。つまり、皇室の拠出資金によって20世紀(1919-2016)の米国の世界覇権が維持されてきたということになる。IBOEとはInternational Bond of Emperor(天皇の国際債券)かImperial Bond Of Edo(江戸の皇室債券)の略では無いかと想像する。これも真偽を判定する材料を私は持っていない為にこれ以上追求することはしない。

ただ、8月7日の原田武夫氏の英文ブログは、IBOEを保障する人々の中には、「第4の神器」を所有する鎌倉に住む紳士が含まれる、と述べている。そして、7月16日の英文ブログ記事では、その第4の神器が茶匙(tea scoop)であること、奈良の正倉院にあった木片で作られていること、その茶匙を保有している者が真の日本の天皇であることが書かれている。つまり、日本の真の天皇は皇居ではなく鎌倉に住んでいるというのだ。私はこの謎に迫りたいと思う。
「天下泰平」さんより

ライオンズゲートが開く88(8月8日)

2016-08
テーマ:ブログ
http://livedoor.blogimg.jp/tackeypeace/imgs/d/5/d56307cb-s.png

明日は、8月8日の「88」の日です。

スピリチュアルな世界の人々の間では、毎年8月8日には「ライオンズゲート」と呼ばれる宇宙の整列が起こり、地球が銀河の中心と一直線になる時で物質世界と霊的な世界との間にある宇宙のポータルが開く時であると言われています。

毎年銀河における新年は、マヤ暦における元旦7月26日であり、この日から「スターゲート」と呼ばれる銀河の中心からのエネルギー量が増え、それは8月12日までの18日間続くそうです。

そして、そのピークが8月8日であり、この日に「ライオンズゲート」が開いて膨大なエネルギーが地球に降り注ぎます。

新月も終わったばかりですが、せっかく良い天体の配列であり、宇宙のエネルギー量が増えている時なので、少し外の世界だけでなく自分の内側にも目を向け、自分自身の調整、目指したい目標を再度イメージするなど、自分や世界のために祈る時間をとっても良いかもしれません。

http://livedoor.blogimg.jp/tackeypeace/imgs/b/5/b5673400-s.jpg

そんな、ライオンズゲートが開く8月8日に、天皇陛下はご自身の「お気持ち表明」を語ったビデオメッセージを国民に向けて公開します。

1ヶ月前、生前退位が噂された天皇陛下。宮内庁は全面否定をしていましたが、果たして本当に生前退位を発表するのでしょうか。それとも、それとは違った内容となるのでしょうか・・・。

いずれにしても前代未聞の動きが日本でも始まっており、明治維新以来どころか、日本の歴史始まって以来の大転換期が差し迫っています。

http://livedoor.blogimg.jp/tackeypeace/imgs/a/8/a889b7fd-s.png

古代ユダヤの契約の箱「失われたアーク(聖櫃)」「ライオン(獅子)」

http://livedoor.blogimg.jp/tackeypeace/imgs/4/9/496caf86-s.jpg

http://livedoor.blogimg.jp/tackeypeace/imgs/d/5/d55014ae-s.gif

ライオン(獅子)はユダヤ12支族の中心部族である「ユダ族」のシンボルであり、ユダ族はダビデ王の系統、ユダ族のいた南ユダ王国はエルサレム(現在も市章は獅子)もあり、アークが保管されていた神殿もあった場所です。

天皇陛下を中心とした日本の不可思議な動き。

一見、日本という国、日本の時間軸で動いていることのようですが、これらもすべて古代ユダヤの流れの世界を舞台にした長い歴史のスパンで動いていることの一環であり、いよいよ失われた古代ユダヤ10部族が本来の姿となり、そしてヤマト(ヤー・ウマト)の民における最後の地球立て直しのプロジェクトが始まります。

8月8日、別名「ハッパの日」であり、この日は大麻(ヘンプ)とも関連深い日であります。

ヤマトの国が平和であること、日本の麻開きを心から願いたいと思います。
「天下泰平」さんより

「本来は人が住んでいなかった東京」

2016-08
テーマ:ブログ
http://livedoor.blogimg.jp/tackeypeace/imgs/3/a/3ac75d43-s.png

さて、都知事選は大方の予想通りに小池百合子氏が初当選となって幕を閉じました。

極右で在日朝鮮人の撲滅を目指す小池氏が知事となり、日本の朝鮮支配を東京から終わらせると期待の声もある中、この小池氏のバックにはすでに朝鮮マフィアがついており、彼女は偽善者で東京はますますカルト教団の手中におさめられるという見解もあります。

ただ、いずれにしても、今回の知事を担う人は「東京オリンピック」との関係は無視できません。

2020年の東京オリンピックは、7月24日に開幕して8月9日に閉会しますが、知事の任期は辞任などがない限りは4年間なので、小池新知事は2016年8月から2020年7月末までが任期であり、オリンピックの開催中に任期満了となります。

「オリンピックを無事に開催できるかどうか」

表向きには、そういった期待を込めての知事選となったと思いますが、この茶番劇の世界、都知事選も何もかもが裏ではシナリオができているものであり、もしも今のシナリオが「オリンピックを中止させる」というもので、その理由が「東京では開催できない」という理由であれば、この先に何かしらの理由で“崩壊する東京”を牽引する今回の知事は、ある意味ジョーカー役となるのかもしれません。

崩壊する東京・・・。

その理由は数え上げたらきりがありませんが、一番懸念されているのが「首都直下型地震」であり、他にも自然災害であれば富士山の噴火、人の社会が生み出す原因としては、他にも世界恐慌や「第三次世界大戦」などの戦争やテロが理由となるかもしれません。

http://livedoor.blogimg.jp/tackeypeace/imgs/a/7/a7b28f91-s.jpg

今から20年以上も前、1995年にアメリカで発売されたカードゲーム「イルミナティカード」には、これまでの20年間で起こった歴史的な出来事や事件の多くが“予言”されていましたが、その中に「首都直下型地震」と思われるカード、それも「2020年東京オリンピック」と関係している内容であるのは有名な話となっています。

http://livedoor.blogimg.jp/tackeypeace/imgs/c/7/c7a5c6fc-s.jpg

http://livedoor.blogimg.jp/tackeypeace/imgs/0/4/04c3e746-s.jpg

銀座の和光ビルの時計塔と思われる建物が倒壊するイラストと逃げ惑う多国籍の人々。そして、彼らの服装に使われている5色のカラー。

オリンピックが東京で開催される2020年に首都直下型地震が起こるのか、それとも起こされるのか・・・その真相は一切わからず、そもそも本当に東京であるのかどうかもわかりませんが、それでなくとも今は「首都直下型地震」を危惧する地震の専門家なども多く、単なる予言でなくとも、いつ東京で大きな災害が起こってもおかしくはない状況です。

そして、もう1つの東京の崩壊と東京オリンピックが中止となっている予言として有名なのが漫画「AKIRA」の舞台背景。

それについては、ちょうど2年半前、舛添さんが都知事となった時に以下のような記事で取り上げました。

市民団体が舛添氏を選挙違反で刑事告発(「天下泰平」2014年2月12日)
http://livedoor.blogimg.jp/tackeypeace/imgs/4/f/4f00a6b6-s.gif
http://livedoor.blogimg.jp/tackeypeace/imgs/2/f/2fe1d38b-s.jpg
※漫画「AKIRA」は2020年東京オリンピックを予言していた

2019年の近未来の東京が舞台となっている日本の漫画「AKIRA」は、今から30年以上前に描かれたにも関わらず、2020年の東京オリンピック開催がストーリーに組み込まれています。

果たしてAKIRAの作者は未来予知能力があって2020年東京オリンピック開催のタイムラインを知ったのか、それとも、この地球社会を牛耳っている人々の闇のシナリオプランを何かしらの事情によって知りえたのか?それとも偶然描いたことが現実となったのか?・・・真実はわかりませんが、この「AKIRAの予言」が正しければ、2019年の東京は第三次世界大戦によって一度都市が滅んでいる設定であり、新しく生まれ変わった東京湾上に構築されたメガロポリス「ネオ東京」という名前になっています。

今、日本の国政は確実に戦争国家へと突き進んでおり、このままでは都政とも一体化して日本は戦争時代へと突入してAKIRAの世界が現実化してしまう可能性があります。

http://livedoor.blogimg.jp/tackeypeace/imgs/6/7/67bf34a9-s.gif

それにしても、漫画「AKIRA」の物語の中心人物として出て来る“老人の姿をした子ども達”は、遺伝子操作によって生まれたテレパシーや空中浮遊などの超能力を使いこなせる“新人類”であり、とても単なるSF漫画とは思えないほど、リアルな近未来の世界を描いています。

AKIRAが始まった当初は2019年は30年以上も先でしたが、今では5年後の世界です。恐らく東京という都市は、これから先5年、10年以内に大きく変化するものだと思います。首都移転や様々な理由から極端な人口の減少なども起こるかもしれません。(転載終了)

今月に何かしらの発表のある天皇陛下の発言を踏まえ、本格的に表社会も大きな変革に向けて動きだすことかと思います。

縄文回帰、古代のエネルギーが再び戻っている今、都会から離れた田舎に引き寄せられるように人々が集いはじめ、もともと栄えていた地域、古代人が集った地域が活性化しはじめています。

一方で海の底や沼地であった「本来は人が住んでいなかった地域」である大都市の多くが、これまでの近代文明での必要な役割を終え、その土地の本来の姿へと戻るように、大きく変化する時期に入ったと思います。

なぜ、古代人が標高の高い山奥のエリアを好んで住んでいたのか、なぜ縄文が何千年、1万年以上も続く平和で循環できる文明を継続できたのか、その理由を現代人はしっかりと考え、今の文明に取り入れて融合させていかないと、この先のレールは谷底へと向かっていことになると思います。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事