プレシャンブルーの風に抱かれて

地球と共に進化し、人類が共生の道へ歩むことを願いつつ。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

「るいネット」さんより

地方自治体再生〜貧しい寒村から平均年収2500万円の農業王国へ:長野県川上村①
 
蔵端敏博 16/11/04 PM05
長野県最東端に位置する川上村。村域全体が標高1000m以上という高冷地にあり、かつては貧しい寒村だったこの地が、今や川上村は日本一のレタス産地となり、農家一戸当たりの平均年収は2500万円を超えている。30代40代の若手農家が多く、出生率も全国トップクラスで、後継者問題とは無縁の農業王国となっている。
この変革をリードしたのが、村長・藤原忠彦で、路線バスの整備や、農業の情報共有化(CATV)など、熱い思いで様々なことを実践してきたことが今に繋がっている。

「信州のチベット」が高収入、高出生率を誇る「明るい農村」に変貌するまで。
リンクより
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■1.「信州のチベット」が「明るい農村」に
山梨県、埼玉県、群馬県との県境にある長野県川上村。西に八ヶ岳連峰が聳え立ち、東、北、南もそれぞれ2千メートル級の山々に囲まれ、かつては陸の孤島、信州のチベットと呼ばれていた。
村の平均標高は1270メートル、真夏でも平均温度20度前後、冬はマイナス20度近くまで冷え込む寒冷な高地である。そのため稲作や果樹の栽培には適さず、昔は猟や林業で細々と生計を立てていた。
千曲川の源流もここに発し、島崎藤村は『千曲川のスケッチ』で川上村を「信州の中で最も不便な、白米はただ病人にいただかせるほどの貧しい荒れた山奥の一つ」と記していた。
その村がいまや平均年収2,500万円もの豊かな農村に生まれ変わっている。
年収ばかりではない。多くの農村が過疎と高齢化に悩まされている中で、川上村の出生率(一人の女性が一生に生む子どもの人数)は1.83と、全国平均の1.34どころか、県別トップ沖縄県の1.75すら上回っている。
川上村では、農業を継ぐ若者も多く、農業従事者のうち、30代、40代が約37パーセントと、全国平均の9.4パーセントを大きく上回っている。また7割の嫁が東京などの都会から嫁いできて、3、4人の子どもを生み育てている例も多い。

■2.期待、安心、そして夢を運ぶ村営バス
川上村の変革をリードしたのが、村長・藤原忠彦さんである。藤原さんは昭和13(1938)年、川上村の農家の次男として生まれた。父親が若くして亡くなり、長男は東京の大学に進学したばかりだったので、藤原さんが高校を中退して農業を継ぐ事になった。
「家の犠牲になった」という意識もあって、東京に出ては遊び回っていた時期もあったが、昭和36(1961)年に転機が訪れた。農林省による寒冷地対策事業の一環として、大型トラクターが導入され、その運転手として村役場の臨時職員に採用されたのである。機械好きで、村では珍しく大型特殊免許を持っていたのが、幸いした。
藤原さんはトラクターを運転するのが楽しくて、村中の畑を耕した。その姿を見て、当時の村長が正規職員にしてくれた。
昭和57(1982)年、藤原さんは44歳で企画課長に昇進した。この頃、村では人口減少と過疎化が進んでおり、唯一の民営路線バスも赤字続きで、廃止が決まっていた。「路線バスが廃止されれば、村の安心感がなくなり、過疎に拍車がかかる、なんとか存続させたい」と藤原さんは考えた。
そこで路線バスを村営化し、さらにスクールバスや幼稚園送迎バスと併用することで黒字化する、という案を作った。しかし路線バスは運輸省管轄、スクールバスは文部省管轄と監督省庁が異なり、前例もないので、なかなか認可が下りなかった。
藤原さんは関係部局に夜討ち朝駆けの説得を行い、やがてその意気に感じた役人が、遂に認可をしてくれた。この方式で村営バスは黒字化に成功し、以後、全国的にも「川上方式」として有名になった。
藤原さんが幼稚園の卒園式に招待された時、一人の子どもが「ぼくは大きくなったら村営バスの運転手になる」と言った。これを聞いて、藤原さんは、「バスは単に人を運ぶだけではなく、人々の期待や安心、そして夢をも運ぶものなのだ」と実感した。
「天下泰平」さんより

臨死体験で明かされる宇宙の「遺産」

2016
テーマ:ブログ
http://livedoor.blogimg.jp/tackeypeace/imgs/4/d/4d1a85eb-s.jpg

臨死体験で明かされる宇宙の「遺言」
【内容紹介】

三度の臨死体験を経て、木内鶴彦氏が受け取った「最期のメッセージ」
今、私たちは、真剣にその声に耳を傾けなければならない!

国際天文家連合が認める、世界的な彗星捜索家であり、
臨死体験者としても広く知られる木内鶴彦氏。
重篤な病を昨年経験し、肉体の命の期限を痛切に感じる今、
「死ねなかった自分」に託された、メッセージのすべてを語る。

第一章 臨死体験で見てきた「意識」の世界
第二章 この世は五次元の世界から生まれた
第三章 地球は誰のために存在しているのか
第四章 臨死体験で私が見てきた「歴史の真実」
第五章 未来の社会、医療はどう変わっていくのか

*****

新しい星を発見するのには、季節、時間、年代にそれぞれの星と
そのときの天体の状況を総合的に判断するという緻密な計算が必要になります。
膨大な仮定、それを一つずつ検証していくという地道なデータ作業の積み重ねです。
しかし、もともと理系の人間である私にはそれは苦ではなく、
むしろ、科学的に一つずつ積み上げて検証していく、解明していくということは
当然のことであり、それができないことは口にしてはいけないと考えていました。
ですから、「臨死体験」という自分に起きたことは、
自分の理解の範ちゅうを超えるものであり、自分の中でそれをどう受け止めて
消化すればいいのか、途方にくれるものでした。
臨死状態になるたびに体験してきた知見は膨大なものになり、
いまなお、それは記憶の底から無意識のうちに蘇り、
日々新しい気づきや発見につながっているほどです。 じつは私は昨年、助かる確率が二五パーセントという重篤な病いに倒れました。
初めて臨死体験をともなわない重篤な病でした。
この状況に際して、私は死ぬのは少しも怖いと思いませんでしたが、
自分の肉体がもうボロボロであることを知りました。肉体にはかぎりがあります。
私が見てきたこと、わかったこと、伝えるべきことはすべて伝えていかなければ、
という思いが日々強くなっていくのを感じました。
(「はじめに」より)木内鶴彦(きうち・つるひこ)

来月中旬に発売される予定の木内鶴彦さんの最新本がAmazonで予約開始となりました。

3度の臨死体験、そのうちの40年前に体験した1度目の臨死体験は、心電図も止まって心肺停止が30分以上となり、医師が死亡診断書を書いた後に意識を取り戻したので、事実上は死亡体験という状態になります。

臨死体験は死にかけた時に、意識が肉体を離れた幽体離脱の状況、または意識が別の世界であるお花畑のある三途の川を渡ろうとしているビジョンなどを視ることがありますが、これはまだ「死んだ状態」ではないので、厳密には臨死体験と死亡体験は大きく異なっています。

木内さんが体験したのは、三途の川も渡ってしまい、そこから先のさらに奥の世界へと旅立って、死後の世界から再び生まれる体験をしてきたことです。

http://livedoor.blogimg.jp/tackeypeace/imgs/7/3/73140d60-s.jpg

http://livedoor.blogimg.jp/tackeypeace/imgs/6/8/68073f4d-s.jpg

通常であれば、人が亡くなると肉体から意識は離れ、役割を果たした自分の肉体を見下ろし、その後は時空間を自由に行き来できるようになりますが、時期が来たら大元となる集合意識(全体)へと個の意識は吸収され、一時的には何でも「知っている」天才にはなれますが、その一方で「自分って誰だっけ?」というように、個で生きていた自分自身の存在を忘れることになります。

集合意識(全体)に吸収されるというと素っ気ない感じですが、いわゆる亡くなった後に天界へと成仏するようなお迎えがやってくる感じです。

木内さんが死亡体験をされた時も、やはり時期が来たら集合意識へと吸収されそうになったのですが、木内さんはここで自らを「木内鶴彦である」と強く考えたことにより、この思考するというイレギュラーのエネルギーが集合意識の中にひずみを生み出し、この意識が吸収されずにバリアを張られたように守られて、意識としての「死(全体への吸収)」を免れたのでした。

誰もが皆、五次元とも言える全体の意識の世界から、この三次元世界に個の意識を持って肉体の中に入るのであり、それは大海から一滴の水に分離されて肉体へと意識が入るような感じですが、本来は肉体の寿命を終えると意識は肉体を離れ、再び大海へと一滴の水が吸収されることになります。

ところが、思考を使ってイレギュラーのひずみを作ると、まるで一滴の水が氷の粒のようにバリアを張ることになり、木内さんの場合も大海へと吸収されずに小さな氷の粒のような状態で意識は個のまま大海の全体の中で生き残ったのでした。

そして、通常は記憶を持って体験することができない「意識が三次元世界へ生まれる」という貴重な体験をすることになり、そこで聞こえてきた音を再現したのが「サムハラ」の音列でありました。

夜明けを迎えた地球と人類は今、大きく帰路に立っていることはすでに多くの方がご存知であると思います。

今の地球次元のタイムラインの先には、木内さんが見てきた未来の1つである4度目破滅が待っている状況であり、このタイムラインから新しいタイムラインに移動するには、映画館のスクリーンから出る必要があり、横軸のパラレルの移動では席を横にずれるだけであって映し出される映画もシナリオも変わらず、まったく別の映画スクリーンの部屋へと移動しなければなりません。

これが縦軸のパラレルのメビウス移動であり、意識がジャンプして次の次元のパラレルへと移動する必要があります。

そのために必要なのが「意識の修正」であり、多くの方が各地を巡って開いている“岩戸開き”も高次元とのパイプを太くする意識の修正と大きく関わってきますが、もっと個々の間でも意識の修正を促進させ、物質世界にどっぷり浸かってしまった意識を本来の姿に少しずつ戻す必要があります。

半霊半物質。すべて意識を覚醒させてしまうと五次元意識となってしまい、それだとこの三次元世界にやってきている意味もなさなくなるので、半分くらいの覚醒がバランス的には良いみたいです。

今はほとんどの人が9割以上も意識は物質よりに偏ってしまい、本来の自分がどういった存在でどっからやってきたのかもすべて忘れ去られています。

意識の洗脳。

これが4度目の破滅で起こる最悪の事態であり、意識が自らやってきた場所も忘れ、この三次元世界がすべてで、永遠に囚われの身となって成仏できなくなる状態に陥ってしまいます。

それがこの物質世界を永遠に支配したい存在達の目論見でもあり、その残党が人間の姿をしてこの世界を今もなお牛耳っていますが、彼らと正面からぶつかりあっても勝ち目はなく、意識のジャンプによって別のパラレルへと移行することが重要となります。

木内さんが3度目も死ねなかった、役割をもってこの世界に戻されたのは、この意識の修正が大きな目的の1つであり、新刊本もまた、意識が開くような情報が満載となっていますので、是非ともじっくりとご一読頂けたらと思います。

木内さんが、これまで講演会などで伝えてきたことの総集編みたいな本で、とても読みやすく、内容も広く濃いものとなっています。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事