ここから本文です
原則として「聖書でドイツ語」では、Luther 2017と新共同訳を使い、2018年12月からは聖書協会共同訳も利用しています。

書庫聖書でドイツ語

すべて表示

日々の聖句・ローズンゲンのサイトから、誕生日の聖句をメールで送ってもらった。 私が生まれたことと直接の関係があるとは思えないが、特別な日に神から与えられた言葉として記憶しておきたい。 なお、ローズンゲンに使われているルターの聖書は、私が生まれた当時使われていたものなので、最近のものとは表現が異なる。 旧約聖書からは、歴代誌上第23章25節の一部で、ダビデの最後の言葉。 Luther: 25 Der HERR, der Gott Israels, hat seinem Volk Ruhe gegeben. 聖書協会共同訳: 25 イスラエルの神、主はその民に安らぎを与え (る。) このダビデの最後の言葉は、神殿の奉仕を行っていたレビ族に対するものだった。 そして私は生まれたその日に、将来は教会で奉仕する者として、神に選ばれたのかもしれすべて表示すべて表示

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 新規投稿の停止について

    2019/2/28(木) 午後 6:18

    2019年12月15日に、このブログサービスが停止するため、新規記事の投稿を停止します。

  • auのiDeCoに移管を検討中

    2019/2/21(木) 午後 11:20

    現在運用している 確定拠出年金 個人型(iDeCo)は、日本生命で契約している。 現時点での拠出額は約310万円で、資産評価額は約370万円だから、約60万円の評価益が出ている。 今後も月2万3千円の拠出を60歳になるまで続けると、評価額が ...すべて表示すべて表示

  • 定期購読している「通訳翻訳ジャーナル」2019年春号が届いた。 書店では明日21日発売だが、いつも1日前に郵便で届くので、少し得した気分だ。 そして今回の号の特集は、 今もこれからも、求められる人材になるために  −「 通訳者・翻訳者 ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事