ここから本文です
原則として「聖書でドイツ語」では、Luther 2017と新共同訳を使い、2018年12月からは聖書協会共同訳も利用しています。

書庫聖書でドイツ語

すべて表示

日々の聖句・ローズンゲンのサイトから、誕生日の聖句をメールで送ってもらった。 私が生まれたことと直接の関係があるとは思えないが、特別な日に神から与えられた言葉として記憶しておきたい。 なお、ローズンゲンに使われているルターの聖書は、私が生まれた当時使われていたものなので、最近のものとは表現が異なる。 旧約聖書からは、歴代誌上第23章25節の一部で、ダビデの最後の言葉。 Luther: 25 Der HERR, der Gott Israels, hat seinem Volk Ruhe gegeben. 聖書協会共同訳: 25 イスラエルの神、主はその民に安らぎを与え (る。) このダビデの最後の言葉は、神殿の奉仕を行っていたレビ族に対するものだった。 そして私は生まれたその日に、将来は教会で奉仕する者として、神に選ばれたのかもしれすべて表示すべて表示

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 雑誌「英語教育」の今年の連載の1つに、「AI技術と外国語学習の未来」(川添愛、元国立情報学研究所特任准教授、作家)がある。 他の連載にも興味を持ったので、今年度は定期購読にした。 6月号の第3回は、「機械翻訳の現状と展望(前編)」で、ニュー ...すべて表示すべて表示

  • 連休中の5月2日に届いた本は、【「欠陥だらけの子ども」と言われて 出生前診断と愛情の選択】(サンドラ・シュルツ著、山本知佳子訳、岩波書店)である。 岩波書店のリンクは次の通り。 www.iwanami.co.jp/book/b45 ...すべて表示すべて表示

  • 5月1日納期の翻訳を昨日の夜までに納品して、今日は浅草で行われているスタンプショウに行った。 目的は、郵便局出張所で行われる、宮内庁内郵便局風景印の特別押印である。 臨時出張所で押印できる風景印や小型印の案内は次のリンクから。 ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事