ここから本文です
原則として「聖書でドイツ語」では、Luther 2017と新共同訳を使い、2018年12月からは聖書協会共同訳も利用しています。

書庫全体表示

今年1月から、個人型確定拠出年金(iDeCo)の制度が変更となり、各金融機関は様々な新規プランを提供している。
私は約10年前、医薬メーカー子会社に再就職後に、日本生命が提供する個人型確定拠出年金に加入した。
その勤務先では、出向社員(正社員)は企業型確定拠出年金に加入していたが、子会社の契約社員であった私は、自己負担の個人型確定拠出年金しか選択肢はなかった。

その子会社が解散した後、派遣社員となって年収が約200万円少なくなったため、毎月の拠出額を 15,000円に減額した。
そして、個人事業主となった現在でも継続していて、1月から始まった新コースに移管することにした。

他の金融機関として、大和証券とスルガ銀行を検討したが、日本生命では、JTBベネフィットが提供する 「えらべる倶楽部」 のサービスが利用できるので、金融機関は変更せずに、Aコースへの移管を行った。

昨年12月に書類を取り寄せて、1月に提出したところ、2月20日に資産売却が行われた。
興味のある人もいるだろうから、その内容を記しておこう。

拠出額 2,532,000円  資産評価額 2,909,743円 (損益 +377,743円) 手数料累計 68,300円

・三菱東京UFJ銀行確定拠出年金専用3年定期預金     236,468円
・三井住友銀行の確定拠出年金定期預金(3年)        188,516円
・DCニッセイ/パトナム・グローバルバランス(株式重視型) 522,011円
・モナリザ ゴールドマン・サックス世界債券ファンド     1,962,737円

Aコースへの移管は3月13日になり、その資産での買付は14日と15日に行われた。

・DCニッセイ日経225インデックスファンドB   (10%) 290,974円 (毎月の拠出は15%)
・DCニッセイ外国株式インデックス         (20%) 581,949円 (毎月の拠出は25%)
・DCニッセイ外国債券インデックス         (50%)1,454,871円 (毎月の拠出は50%)
・DCダイワ・グローバルREITインデックスファンド(20%)  581,949円 (毎月の拠出は10%)

これまで約10年かけて分散投資してきたわけだが、移管のときは全額投資のため、リスクが高まってしまう。
今日の評価額では、約6万円も資産が減っている。
今後1年くらいで戻ってほしいものだ。

新年度になったため、毎月の拠出額の変更が可能となった。
弟に仕送りする必要があるものの、4月の翻訳料金は60万円を超える予定なので、住民税を払っても、確定拠出年金の拠出を月3万円にしても大丈夫だと思われる。
書類を今月提出しても、実際に増額されるのは6月以降になるだろう。

毎月の拠出額の上限は6万8千円だが、弟に仕送りをしている間は、ここまでの増額は無理だ。
積立定期やNISAでの積立などを確定拠出年金に投入してもよいが、60歳まで解約できないため、機動的な資金も残しておきたい。

奨学金の返済が完了した後の2019年1月以降に、月に1万円増額して、仕送りを停止予定の2021年4月以降に更に増額しよう。

制度が変わらなければ、60歳で運用は終わってしまうが、なんとか700〜800万円を確保しておきたい。
それ以降は、小規模企業共済を利用して、80歳以降の年金を確保したいものだ。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事