ここから本文です
原則として「聖書でドイツ語」では、Luther 2017と新共同訳を使い、2018年12月からは聖書協会共同訳も利用しています。

書庫全体表示

教会の会報委員会で原稿のファイルを共有化するために、グーグルドライブに保存して、フォルダの共有リンクを委員にメールで通知した。

これで、日曜日に集まって編集会議を行う前に、全員が同じ原稿に目を通すことができるので、話し合いの時間が短縮できるかもしれない。
また、編集会議の議事録や会報などの最終原稿も、グーグルドライブに保存しておけば、添付してあったメールをうっかり削除した場合でも、いつでもアクセスして確認できる。

便利になるのかと期待したが、結局は、原稿を保存したフォルダを圧縮して、全員にメール添付で送ることになった。

グーグルのサービスを日常的に使っている人は、共有リンクを知らせれば、すぐにアクセスして原稿を確認してくれた。

しかし、ある委員は、「何が起きるのか不安で、クリックできなかった」と、メールで連絡してきた。
「間違ってファイルを削除したらどうしよう」などと、使ったことがないサービスは怖いようだ。

別の委員は、グーグルアカウントを持っているものの、ドライブを使ったことがないため、アクセスしなかったという。


年齢も経験も様々な人たちの集まりなので、苦手なことがあっても、それは仕方のないことだ。

教会の役員の中には、メールアドレスを持っていないため、緊急連絡をFAXで送らないといけないこともある。
私はまだ使っていないが、インターネットでFAXを送信するサービスを、教会でも契約した方かよいかもしれない。

また、会報の原稿を頼むと、原稿用紙に手書きで提出される方もいるため、委員がワードで清書することになる。

デジタルデバイドと言いたくはないが、それぞれの意識も環境も異なるので、話がかみ合わないこともある。

先日も、教会のHPを充実させて、若者が教会を訪問しやすくしようと提案したが、高齢者はネット検索しないから対象が限定されると、反対意見が出た。

また、教会の共通PCにウイルス対策ソフトが入っていないため、ネット検索したときや、会員が持ち込んだUSBメモリを接続したときに、ウイルススキャンが行われていない。
そのため、3年で2万円くらいだから、購入して対策しようと提案したが、結局、誰も管理者になりたくないためか、あるいは会計が面倒なのか、未だに導入されていない。

神様に祈ったとしても、ウイルスから守ってもらえるわけではない。

教会の良くないところは、誰か得意な人がやってくれるはずだから、と言って、誰かが言い出すまで何もしなかったり、一人に任せてしまって安心して、後任を育成しないことだ。

面倒なこともあるが、宗教法人として運営できるように、本業に影響しない範囲で手伝ってみよう。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事