ここから本文です
原則として「聖書でドイツ語」では、Luther 2017と新共同訳を使い、2018年12月からは聖書協会共同訳も利用しています。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

(最終チェック・修正日 2016年10月07日)

ドイツの消費者団体フードウォッチ Foodwatch が、ドイツで販売されているミネラルウォーター中の
ウラン濃度の測定値について、5月18日に一覧表を発表した(PDFで提供されている)。

【(追記:2013年04月10日:リンク先変更)
http://www.foodwatch.org/de/informieren/uran-im-wasser/mehr-zum-thema/uran-im-mineralwasser/
http://www.evivi.de/fileadmin/evivi/downloads/Mineralwasser_Test_Uran_Foodwatch.pdf
(2009年5月時点での一覧表)


【追記4(2015年07月11日):
Foodwatch の報告後、ウランを取り除くフィルターを設置したメーカーが増えたとのことだ。
http://www.foodwatch.org/de/informieren/uran-im-wasser/aktuelle-nachrichten/mineralwasser-abfueller-senkt-uranbelastung-deutlich/?sword_list%5B0%5D=mineralwasser&sword_list%5B1%5D=uran

全ての銘柄ではないが、基準値を下回るウラン含有量になったものもあるので、最新のデータを探してみよう。】

この発表を伝えるドイツ語報道は、例えば次の通り。
http://www.google.com/hostednews/afp/article/ALeqM5j__79FDKaVLIXiKWkZRjCPijNTxA
http://www.sueddeutsche.de/,ra15m1/gesundheit/584/469143/text/
http://www.spiegel.de/wirtschaft/0,1518,625833,00.html

435銘柄のウラン濃度について、その測定値と測定日、そして測定者または情報源が明記されている。
ドイツ連邦政府やメーカーの公表値の他、フードウォッチが独自に追加した測定値も含まれている。

オレンジ色で示しているのは、2μg/Lを超えるもので、乳幼児に対して危険な濃度とされている。
赤色で示しているのは、10μg/Lを超えるもので、この濃度では成人に対しても危険である。
危険なウラン濃度を示した製品は、約13%にも達している。

ここでウランは放射性物質というよりも、重金属としての危険性に注目しており、
特に乳幼児では腎臓障害を引き起こす危険性が高いとして、これまでも注意喚起が行われてきた。

水道水でもウランが検出されているが、化学的処理やろ過が許可されているので、減らすことは可能だ。
しかしミネラルウォーターでは、同様の処理は許可されておらず、水源のウラン濃度のままになってしまう。

ということで、ドイツ留学中、そして日本でも飲んでいるボルヴィック(Volvic)を見てみた。
46ページに複数の測定値があるが、どれも 0.5 μg/L 未満で、一応WHO基準値以下である。

日本に輸入されている銘柄を見てみると、エビアンもコントレックスも基準値以下だが、
ペリエは 4.8 μg/L で乳幼児には危険なウラン濃度を示している。

ペリエの日本語サイトや、日本国内発売元のサントリーでは、このウラン濃度についての説明はなかった。
http://perrier.jp/
http://www.suntory.co.jp/water/waterbook/

まあ、炭酸入りのペリエをがぶ飲みすることは少ないし、乳幼児は炭酸が苦手だから飲まないかも。

ウラン濃度が高いと話題になった、イタリアのサンペレグリノはどの銘柄も 4.0 μg/L を超えている。
この場合も、日本語サイトで注意喚起はしていない。
http://sanpellegrino.jp/

WHOの指針はあるのだが、日本でもまだ規制値を決めていないようだ。
規制がないのだから、ウラン濃度が高くても、注意喚起の表示義務もないわけだ。

これからはミネラルウォーターも水道水と同様に、浄水器を通してから飲むことになるのかも。
ということは、炭酸入りミネラルウォーターは買わないことになる。

今後は買い物する前に、このような分析データを参考にして選ぶことにしよう。


追記(5月26日):
サントリーからペリエについて返答があった。
【日本で販売されている「ペリエ」のウランの分析値は公開しておりません。
「ペリエ」は、世界保健機関等が定める国際的な飲料水基準を満たしており、品質に問題はございません。】

輸入ミネラルウォーターについては厚生労働省が所管で、食品衛生法が適用されるそうだ。
ウラン濃度についての国内規制値がないため、WHOの推奨を参考にするしかない。
どこかで分析値を公開してほしいが、それまではドイツで公開された資料を参考にして買い物をしよう。


追記2(2012年01月27日)
ある通販サイトからのメールマガジンで、サンペレグリノの1日限定激安販売、というものがあった。
この商品の口コミ情報(つまり購入者のレビュー)を読むと、ウラン濃度が高めであることを知らないのか、子どもにも毎日飲ませている人もいた。
ということで通販会社に、サンペレグリノのウラン濃度を伝え、特に子どもには推奨できないという注意喚起を要請した。
しかし、輸入販売元に問い合わせた結果、健康には影響がないことを確認したとのことで、販売には問題がないという見解だった。

サンペレグリノ中のウラン濃度は、WHOの推奨値を確かに下回っているが、子ども特に乳幼児への影響は軽視できないはずだ。
しかも水道水とは異なり、ミネラルウォーターの検査項目にウラン濃度はない、という手抜きを知っていながら、販売しても大丈夫と断言するのは許せない。

この通販会社でプリンタインクなどを購入していたが、もうやめることにしよう。

追記3(2013年05月29日):
日本で市販されているミネラルウォーターについて、大阪大学などのグループが、ウランとトリウムの濃度を測定していました。
【ミネラルウォーター中のウラン・トリウム含有量】
http://www.rirc.osaka-u.ac.jp/to/ricto001/april2002.pdf

どれも基準値未満とのことですが、銘柄をはっきり書いていないので、資料としては使いにくいですね。
これからも探し続けます。

追記4(2016年10月07日):
10年以上前の論文だが、日本産ミネラルウォーター中のウラン分析の報告があった。
PDFで公開されているので、ここに参考としてリンクを残しておこう。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/radioisotopes1952/48/4/48_4_263/_pdf

開くトラックバック(0)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事