とにかく明るい鬱病患者

うつ病を発症して18年、その間働けたのは3年ほど。運だけはついてる病人の、うつ病研究。

全体表示

[ リスト ]

すでに利用している方は、当然だと思っていらっしゃるかとは思いますが、

厚生労働省から、うつ病の自立支援制度というのがありまして、通院して継続的な

治療を受けている人には、医療費の自己負担を一割にする制度があります。

また収入額によっては、月額いくら以上は患者が負担しなくていいという、負担の

限度額もあります。

 薬代も 1割負担になりますので、とても大きいです。



もしこの制度を利用していない方がいらっしゃったら、かかっているお医者さんに

申請の仕方を聞いて下さい。 (病院を決めて、継続通院する必要あり) 

・・・・と言うか、こんないい制度を紹介してくれない医師は、止めた方がいいようにも

思います。 



私は現在一月に2500円ほど、通院と薬代を払っておりますが、3割負担であれば、

7500円になります。  収入が無い身としては、5000円負けてもらうのは、

本当にありがたい事です。  



制度について知らない人が居るようだと、ブログにコメントをいただいて思い

出しましたが、私も一番最初に行った病院では、説明を受けなかったようで、

数年間 3割を払っておりました。

(それとも、うつ病でボンヤリしていて、聞き逃したのか?)

仕事ができない期間に、少しでも医療費を減らしてもらえるのは、大きな心の

安らぎなのですが・・・・・ まあ、たまには気の利かない病院があるようですね。



ちなみに10年以上前ですが、私が行っていた気の利かない病院は、大きい

大学病院です。 近年ノーベル賞を取ったドクターが居た病院で、他の医療はいい

のかどうかは知りませんが、私は二度と行きたくないですね。 




尚、この制度は他の精神疾患にも使えます。

以下の病気で通院治療をしている方も、よろしかったらご利用下さい。


統合失調症
気分障害(うつ病、双極性障害)
強迫性障害
知的障害(精神遅滞)
自閉症スペクトラム障害(アスペルガー症候群など)
パーソナリティー障害


場合によっては、こちらも可らしい↓

認知症などの器質性精神障害
アルコール・薬物などの物質使用による障害
てんかん
不安障害(不安神経症)
摂食障害(過食症・拒食症)







イメージ 6 


↑↑
クリックで投票


ブログ人気ランキングに参加中です。
応援クリックお願い致しまーす  (^ー^)/
※まとめサイトに飛ばされるのでけっこう面倒ですが、ご投票いただけたら嬉しいです



この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事