うつ病治療19年の患者が考える 、精神疾患を生き残る戦法

長年立ち直れていない患者から、療養コツや就業経験の紹介。 コメント・質問・無断転載、ウェルカム。

全体表示

[ リスト ]

うつ病は 「心の病」 と一昔前は良く言われましたが、本当は 「脳の病」 です。

心は変わりません。 



うつ病は、脳内物質が正常に働かなくなる病です。

脳内の情報伝達がうまくいかず、やる気や意欲がなくなったり、各種の能力が低下します。

司令塔である脳が病のため、自分の本来の力が、出せなくなる病気とも言えます。

   心は関係ありません。


病気が治り、脳が以前のように正しく動きだすと、変わったように見えていた性格や、

落ちてしまった能力は元に戻ります。  大丈夫です。 







 ここまでは、すでに何度か書きましたが、ちょっとうつ病をうまく説明できそうな比喩を

考えついたので、ご紹介しましょう。



脳内物質は、エンジンオイルに似ています。

エンジン自体は正常でも、エンジンオイルが入っていないと動きません。

脳は、脳内物質がないと動きません。


元気な人間は脳内物質を、体が勝手に調整しているので、補充する必要はありません。

しかしうつ病になると、バランスのとれた脳内物質を、人体が造れなくなります。

脳が正しく働かないので、健康な時のような行動や思考も出来ません   ・・・・・


抗鬱剤は足りない脳内物質を、補充する薬です。

オイル交換が要らないはずのエンジンが、外から入れないと動いてくれなくなった、

というような感じだと思います。

しかし外部から入れるオイルは、人体が作るオイルほど性能が良くないので、脳は

元のようには動きません。

でも、うつ病が治れば体がちゃんと脳内物質を調整しますので、元気になります。



純正のオイルは、類似品よりもずっと性能がいいので、車やバイクの本来の性能を、

引き出してくれたりしますよね。 

プリンターのインクにも似てますね。 純正じゃないインクを入れると、綺麗に

印刷できなかったり、悪くするとプリンターが壊れたりしますよね。


最近は純正インクでなくても、性能が上がりましたか?

抗うつ剤も、昔よりは性能が上がっています。 似てるな〜。







あとがき



 「そのたとえ、ちょっと違うぞ?」 とか言いたい医師は、多く居ると思いますが、、、、

黙っとれ! (笑)

お前らが説明にきゅうして 「心の病」 とか言って、てきとうに誤魔化したせいで、

悩んでる患者さんがいっぱいなんだっつの。 

その説明は、まったく違いますから。



「心」 は人体のどこにあるか言ってみろ!

どこにあるかも分からない物を、医者が治せるわけがない。







イメージ 6 


↑↑
クリックで投票


ブログ人気ランキングに参加中です。
応援クリックお願い致しまーす  (^ー^)/
※まとめサイトに飛ばされるのでけっこう面倒ですが、ご投票いただけたら嬉しいです

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事