うつ病歴20年の患者から、精神疾患でも 勇気がでそうなアドバイス

長年治っていない患者の、療養コツや就業経験の紹介です。 匿名コメント・質問・無断転載 OK

全体表示

[ リスト ]

うつ病から仕事復帰し、うつ病が再発、または悪化してしまい、また仕事を休むことに

なるという事は、私は何度か経験して来ました。






 主婦になってからも、具合が悪くなって一ヶ月ほど寝込んでいた事があり、

もし仕事についていたとしたら、長期休暇を取る事になったと思います。






仕事に復帰するにあたって、医師からは最初は無理をしないようにと、いろいろ

アドバイスは受けると思いますが、それでも頑張ってしまって、うつ病が悪くなったと

いう方は多いと聞きます。






 病気のために、何ヶ月も仕事を休んで、職場の仲間や家族に心配をかけた後、

やっと仕事復帰を果たしたのですから、頑張ってしまう気持ちは分かります。






しかし、その点を除外しても、まだ無理をしてしまう原因は、あると思います。 






その 1つが、『うつ病によって自分の限界点が、下がっている』 という事実に、

患者自身が気がついていない、という事が言えると思います。






さきほど林修先生の番組 (再放送) を見ていて、気がついたのですが、仕事には、

自分の能力的に、可能な仕事と、不可能な仕事があります。







イメージ 1
≪林先生が書いていた、仕事を分析するための表≫
Aは能力的に可能だけど、やりたくはない仕事、Bはやりたいし可能な仕事。
Cはやりたくないし出来ない仕事、D はやりたいけど能力が足りなくてできない仕事。







 上の表は、自分にできる仕事でも、やりたい職種と、やりたくない職種があり、

でも出来ない職種につく事はできないから、好きでも嫌いでも、とりあえず自分に

可能な仕事に就くしかないですね?・・・・・ という表です。






では、自分の好きではない仕事 (表のA の部分)では、人間幸せになれないのか?

と言えば、好きではなくても上手にこなせて、人から誉められたリ、報酬をもらえると、

満足感がまったく無いので、幸せになれないって事もないでしょう。






・・・・・ というのが、林先生の意見でした。

(うつ病には関係ない番組)






では同じ表で、うつ病にかかってしまい、多少回復して来たから、仕事復帰をしよう

という時期の、状態を表してみます。





ちなみに、この能力 (仕事力、活動力など) の低下は、うつ病が完全に治ると、

ほぼ元に戻ると言えます。 下の表はあくまでも、回復途上の時期の話です。






イメージ 2
自分の能力でこなせる仕事が減り、こなせない仕事がかなり増えます。







一日当りに、働ける時間がまず減りますし、精神行動抑制や思考抑制などの、

うつ病ゆらいの症状のために、同じ時間内でこなせる仕事量も減ります。






 これを理解せず、「元気だった時はこのくらいやっていたから・・・・」 などと思うと、

当然頑張りすぎてしまいます。






「無理しちゃいけない」 とは分かっているので、例えば残業をしないようにしたとしても、

定時内の8時間で出来ると思っている、仕事の量が減っているので、回された仕事が

思うようにかたづけられないような事態も起こります。






休憩を返上して終わらせたり、ちょっとぐらいは大丈夫だと思って、残業などしなければ

ならない状況になったりもします。






ここで問題なのは、一日頑張ってしまったら、次の日倒れるというような、

症状の悪化がすぐに表れれば、自分もすぐに気をつけるようになるはずなのですが、

しばらく頑張れてしまってから、具合が悪くなって来るという傾向もあるということです。






しばらく頑張れてしまうと、このぐらいの仕事は、もう大丈夫なのだと過信してしまう、

とも言えると思います。






うつ病の症状の変化は、2〜3週間の時間をかけて見極める必要があると、以前

このブログに書きましたが、再発に関してもそういう傾向はあります。






先月よりも、今月は疲労がひどいとか、作業スピードが遅くなってしまった、

などといった変化を、早めに気がついて、医師に相談するなり、仕事の量を

調整するなり対応ができれば、再発防止につながるのではないかと思います。






これは、私自身が仕事復帰した時には、全く思いつかず、少し疲れるようになった

けれど、働いているうちに治るだろうくらいに考えておりました。






もともと風邪くらいなら、市販の風邪薬を飲んで、働いているうちに治るといった、

健康体だった時の癖が、そう考えてしまった原因かも知れません。  






そして、すっかり悪くなってしまってからは、4〜5日休みを取ったところで、もう回復には

向かわないようになっておりました。






元気と言っても、再発防止のために、抗鬱剤は減らしつつ続けて飲んでおりましたが、

それでもこういった事も起こります。






「仕事に復帰できたから、これから人生を取り戻すぞ〜」 と、つい意気込んで働きたく

なってしまうのも、自然な事だとは思いますが、油断できない病であることを、

意識して働く事はとても重要だと思います。






 そんなアドバイスを書きつつ、去年も一ヶ月ばかり寝込んでいた私なので、100%

信用できる助言でもありませんが、、、、、 





まあ、私がちゃんとやらなかった事をやるのは、私が心がけていた事をやるより、

見込みがあるのではないかと思います。(苦笑)






私の二の舞をやらないように、くれぐれもお大事にしてください。










イメージ 6

↑↑
クリックで投票

ブログ人気ランキングに参加中です。
応援クリックお願い致しまーす  (^ー^)/
※まとめサイトに飛ばされるのでけっこう面倒ですが、ご投票いただけたら嬉しいです



この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事