うつ病歴20年の患者から、精神疾患でも 勇気がでそうなアドバイス

長年治っていない患者の、療養コツや就業経験の紹介です。 匿名コメント・質問・無断転載 OK

全体表示

[ リスト ]

うつ病で仕事が遅くなったり、アイディアが出なくなったりと、いろいろな支障がでます。







その中で、あまり取り上げられないかも知れないのが、姿勢をたもつことができなく

なってくるという症状です。






この症状は、疲れやすさや、体力が落ちたような状態になって、仕事中など数時間、

連続的に同じ姿勢でいることが、困難になってくる場合が多いと思います。






また、うつ病では忍耐力が落ちたり、音や光などに異常な嫌悪感などを感じる症状もあり、

そこら辺の理由で、ちゃんと座って仕事をしていられなくなる場合も、あるかとも思います。






疲れやダルさが原因で、思ったような行動が取れなくなるのは、 『精神行動抑制』 と

呼ばれるカテゴリーの症状ですので、姿勢の悪さもその一端と考えてもいいかも知れません。







精神行動抑制は、脳の情報伝達物質の不具合などが、原因と言われる症状ですので、

上司に怒られてチョット我慢したにしても、治せるものではありません。






私も事務の仕事についていた時、具合が悪くなってくると、机に肘をついて、

居眠りしているように背中を丸めて、パソコンに向かっていたような時期もありました。







そういう症状が出始めてからでも、しばらく仕事を続けられない事はありませんが、

私の場合は仕事を続けている間に、回復に向かった事は一度もありません。






そのうち、もっと悪い状態になって、けっきょくは離職するという事をくり返してきました。






姿勢が悪くなる症状は、仕事を頻繁に休んだり、作業が遅くなったりする前に、

出て来る事が多い症状なので、うつ病に早めに気がつくという点においては、

注目すべき症状とも言えると思います。







そもそもうつ病に、他人から見ても分かりやすい症状は、なかなか無いですので、

今までは普通の姿勢で仕事をしていた人が、この頃妙な姿勢で座っているな〜、

といった変化があっれば、注意して見守った方がいいと言えるでしょう。







うつ病と言うのは、患者本人が気がつかない場合も多い病です。






19年前ではありますが、私も自分が具合が悪いのは分かっていたものの、病院に

行くまで、うつ病だとは考えた事がありませんでした。







当時はまだ、うつ病はそんなに大きな社会問題と、されていなかったようにも思いますが、、、、






それよりなにより、若くて元気なうちは、もっと他にやりたい事が沢山あるので、病気の事を

考えるのは、保険のオバちゃんに捕まった時くらいですよね。 







いや、20代じゃあ入院特約とか、三大疾病のサポートとかは、まだ要らないと

思ってたかも? (笑)







ただ、うつ病の治療はなるべく早く始める方がいいですから、軽いうちによく現れる

症状の段階で、見つけるのは理想的なのです。







元から姿勢の悪い人は、姿勢が悪くなっても分からないとも思いますが、とりあえず、

急に姿勢が悪くなった人には、要注意です。







見分け方としては、一週間ほど様子を見ても、治らないかどうかという点が、

ただの疲労や、他の病などとの、違いと考えていいと思います。







軽いうつ状態や、うつ傾向などと呼ばれる状態であれば、多めに休息をとるなどして、

数日で治る場合も多いですが、完全にうつ病と診断される状態であれば、1週間程度で

治療もなく治る事はありません。







 しかし、「あなた、うつ病じゃない?」 とは、なかなかききにくいですよね?







「最近姿勢が悪いみたいだけど、腰痛?」 などと、当たりさわりのない話題から、

入るとか・・・・・・ この点は、ちょっと工夫が必要でしょうねぇ







まったく、面どくさい病ですよ、うつ病ってのは。  ブツブツブツ (苦笑)








ちなみに、私は最近少し、机に座ってパソコンが出来るようになりました。







もう 1年ほど、寝転がってブログを書いていましたが、だんだんダルさが緩和して来て

いるように思います。 







これは、姿勢がいいとか、悪いとかの前の段階ですが、もっと長く座って作業が

出来るようになって来たら、背筋も多少伸ばせるようになると思います。







もっとも、私も元からそんなに姿勢は良くないので、完全に治っても、「背筋がピーン」

なんて事はありませんけどねぇ(笑)






 今日も、お大事にどうぞ。






  おすすめの関連記事








イメージ 6

↑↑
クリックで投票

ブログ人気ランキングに参加中です。
応援クリックお願い致しまーす  (^ー^)/
※まとめサイトに飛ばされるのでけっこう面倒ですが、ご投票いただけたら嬉しいです

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

こんばんは〜(^-^)

そうですね、私も、長く椅子に座っていることが出来ませんでした。パソコンの椅子もそうだし、ダイニングで食事を椅子に座って摂ることができず…
私だけベッドルームに食事を運んでいた時期が長かったですね〜
なので、趣味でイラストを描くことも全くダメになりました。
元気な時は、「あっ、もう3時間経ってる!」という感じだったんですよ。
まぁ、私くらいの年齢だと、老化現象なのかうつなのか、はっきりしない人も多そう。中年以降の発病は特に注意ですね。

先日の、新海誠制作のCMですが、主さんビンゴです(笑)
4月から、一旦支店勤務になった娘ですが、次はどこの現場に飛ばされるやら、戦々恐々ですわ〜(^_^;) 削除

2018/4/2(月) 午後 11:04 [ otto ] 返信する

顔アイコン

こんにちわ、
仕事もそうですが、趣味も元気な時にやっていた事って、うつ病に
なると出来なくなりますよね。

私も漫画は寝転がって、パソコンで描きますが、あれも出来る限り
簡単に描ける絵でこと足りるネタしか、使わないというか使えないです。(笑)

本当は油彩を描きたいのですが、これは座らないと描けないし、
いろいろ堪える事が多いですね。

ただうちの祖母や母を見ていると、全然元気なので、本来は私ももっと
元気人間なんだろうな〜とは思います。
年配の人ほど、若い頃から鍛えてないので、その分を差し引いても、
現在の状態が老化だったら、時の流れに流されすぎです。(笑)

Ottoさんも、多少老化があるにしても、うつ病が治ってしまえば、
まだまだ若いと思いますよ。

2018/4/3(火) 午前 11:13 [ 主婦の方 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事