うつ病歴19年の患者から、精神疾患でも 勇気がでそうなアドバイス

長年治っていない患者の、療養コツや就業経験の紹介です。 匿名コメント・質問・無断転載 OK

全体表示

[ リスト ]

先日、精神疾患をもった自分の子供を、20年以上監禁していたというご家族が発見され、

ニュースになっておりました。







子供が暴れて、止められないので檻に入れて、食事などはちゃんと運んでいたようですが、

とても痛ましい事件でした。







監禁されていた子供 (今は40前後だと思いますが) は、無論可哀そうですが、

隠していた家族も、20年も苦しい思いをなさっただろうと思います。






このニュースを見ていて気がつきましたが、引きこもりの子供を、社会復帰させず

家で面倒を見る親が多いのは、そういう状態の子供を、世間の目から隠しておきたい

ためなのだろうと思います。







まあ、暴れないにしても、働いていない成人の子供が居るなど、近所にはあまり

話したい問題ではありませんよね。 







引きこもりは、子供 (年齢は大人) だけでなく、母親・父親である場合もあると思いますが、

どちらにしろ、社会に適応できないような、なんらかの精神疾患を持っている人が、

大半を占めるとも言われます。







しかし、仕事をさせようとして、争いになっても怖いので、引きこもりのまま、

半分放置しているご家族も多いのではないでしょうか。






家の恥を、外部に知られないようにしているのは、患者本人だけではなく、

家族も同じだという事ですね。







まあ、そういう患者さんが家族に居るというのは、家族にとっても苦痛であることは、

想像にかたくありません。







しかし、これが日本の 70万人 (内閣推計) の引きこもりのうち、半分だけ

だったと仮定しても、35万人!







あなたは一人じゃありません、って言うよりは、東京ドーム 7杯分の大集団です。(苦笑)

 私の住む神奈川県・厚木市の全人口よりも、かなり多いですね。







しかも、上記は引きこもっている人の人数ですから、世帯数と言ってもいいでしょう。

家族が平均 1.5人居るとすると、35万+35万×1.5=・・・・・・






 暗算できないですが、悩んでいる人はかなり居そうという事は、明白です。






 「うちの家族に、引きこもりがいるけど、一度も病院は行っていない」 という人は、

とりあえず精神科か、心療内科を受診してもらって欲しいです。







うつ病もそうですが、現在は各種精神疾患を治療する方法も、いろいろ開発されて

おりますし、治らないにしても、治療や生活をサポートする制度もあります。






ご近所や知り合いに隠すのはいいとして、病院や役所の福祉課には相談して、

適切な対応をして欲しいところです。







 相談窓口は、どの地域にもありますが、厚生労働省の案内ページはこちらです












戦前、戦時中は、障害のある女性が、強制的に不妊治療を受けさせられたといった、

ニュースも最近話題になりましたが、現代はそういう時代ではありません。







ただ、精神疾患や認知症もそうですが、『家族内で解決しよう、外部には秘密にしよう』、

という意識を持っているご家族は多く、これはちょっとやそっとで改善できる事では

ありません。






地道に情報発信して、社会の認識を変えて行くのが、重要だとは思います。







まず、知っておいて欲しいのは、『精神疾患』 というのは 「心の病」 などと、

よく呼ばれておりますが、実際は脳の中になんらかの不具合があり、

性格や言動が、現代社会に適応しにくくなっている 場合が

普通だという事です。






例えば、切れやすい人は、脳の内部の怒りを起こす部分 (扁桃体) を、適度に

コントロールしてくれる、前頭葉の働きがにぶくなっている場合が多い、と

考えられております。  






これは、うつ病や認知症などの、精神疾患で起こる事もありますし、頭部に怪我をして

前頭葉になんらかの異常が起こり、性格が変化してしまったように見える場合もあります。







イメージ 1
人間の脳   略図







ともかく、ザックリ言えば引きこもりは、心の問題ではなく、脳の不具合である

可能性が高いのです。






 〜 1億人に 1人くらいは、本当に悪霊 (笑) がついているかもしれませんが、

その他の人は、脳内の情報伝達がうまく行かないとか、脳の一部にうまく働いていない

部分があるとか、そういった事が原因になって、言動に問題が出ているのです。







 脳は人体の一部ですから、医学で治療が可能です。







完全に治らない場合でも、治療で改善させる事は、100%とは断言しませんが、

8割がたは出来ると言っていいと思います。






胃が悪ければ、内科へ行くのと同じで、脳が悪い場合は、精神科や心療内科へ

かかって下さい。






ちなみに、私の経験からすると、大学病院や大きな病院は、お客さんが多くて

忙しいので、雑に扱われることも多いため、個人の開業医にかかるのがおすすめです。







まあ、自分で開業するのは、自分の腕に多少なりとも、自信がある医師ですから、

デカい組織の中でコキ使われて、イライラしている大病院のシタッパ医師よりも、

信用して大丈夫です。(苦笑)






あと、最初は健康保険がきく、まっとうな医院をご利用ください。

へんな宗教団体から、幸福の壷を買うのは、その後で遅くありません。 






お大事にどうぞ。











イメージ 6

↑↑
クリックで投票


ブログ人気ランキングに参加中です。
応援クリックお願い致しまーす  (^ー^)/
※まとめサイトに飛ばされるのでけっこう面倒ですが、ご投票いただけたら嬉しいです


この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

引きこもりも脳の病気だったのですね。
知りませんでした。
ためになります。

2018/4/9(月) 午後 5:51 hikari 返信する

顔アイコン

どうもありがとうございます!

あまりまだ知られていないのですが、そう言う学者さんは
けっこう居るので、違うかも知れませんが、確認するのは重要ですね。

病院に行くだけで、治る人が、知らずに引きこもっているのは、
本当に不幸だと思います。

一人でも多く、助けてあげたいですねぇ


いい事したら、神様かなんかが私を治してくれるかも
という、下心はなくもない。(笑)

2018/4/9(月) 午後 9:13 [ 主婦の方 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事