うつ病歴19年の患者から、精神疾患でも 勇気がでそうなアドバイス

長年治っていない患者の、療養コツや就業経験の紹介です。 匿名コメント・質問・無断転載 OK

全体表示

[ リスト ]

うつ病の病状が、ある程度まで悪化してしまうと、もう患者本人では、休みをとって

治療に専念するかどうかの、判断ができなくなってしまうというパターンを、先日

ご紹介いたしました。






うつ病では判断力や、分析力が落ちる症状がありますので、「こんな病状では、しばらく

休みを取って、療養した方がいいだろう」 という、自己診断や決定ができない状態に、

なることがあります。






そうなると、動けなくなるまで働くか、悪くすると自殺するまで、働きつづけてしまうといった

状況になるのです。 






自殺を過労死と認定されるような人は、亡くなる前の月には、100時間越えの残業をしていた

などとよく聞きますが、もはや自分の判断で、止まることができなかったのではないかと、

私には思えてなりません。






無論、そういう社員を止めなかった、会社の方も責任がありますので、賠償金はガッチリ

払って、反省して欲しいですが、そういう病もあるという知識は、もっと世間で広く知られる

べきだとも思います。






さて、うつ病というのは、脳の中で起こっている、情報伝達などの不具合が起こる病です。






脳が正しく機能していないので、ヤル気のなさや、ダルさ、各種能力の低下などが、

表面的には現れて、仕事や生活に影響をおよぼします。






上記のうつ病の解説は、このブログでは何度も書いておりますが、とにかく根性を出す

とか、気持ちを強く持てばなんとかなるような、病気ではないという事を、先に理解して

もらいたいために、しつこく書いております。 

(かったるくて、ごめんなさい)






詳しく言うと、脳内物質のセロトニンやノルアドレナリンが、神経細胞の中で、仕事を

サボっていると、近年の研究では分かって来ておりますが、これは脳の主人である患者の、

気合で治せるようなものではありません。







 うつ病の症状は、疲労感や、「仕事をやりたくな〜い」 という気持ちや、集中力の低下など、

根性でなんとかなりそうな形で、表に現れるので、頑張ればなんとかなると思いがちです。






しかし、ただの怠け癖と違って、うつ病は脳の不具合の方が治らなければ、症状は改善

しませんので、気持ちでカバーしようとすると、無理がたたってよけいに悪くなるような、

性質もあります。






あきらめて、早めに治療に専念し、元気になってまた仕事に戻る方が、絶対に効率よく

人生をまっとうできます。






 19年もわずらってしまて、まだ治らない人間に言われても、なんだか眉ツバかも知れ

ませんが、、、、、  言葉をかえれば、私と同じ失敗は、しない方がいいって事ですね。(苦笑)






私が初めて、うつ病と診断されたのは、社会人 2年目で、やる気もいっぱいでしたので、

なかなか病院に行こうとせず、職場復帰後は休んだ分を取り戻そうと、頑張りすぎて

また悪化させ・・・・・・  という事をくり返して、今に至っております。





かなり回復して、仕事についていたこともありましたが、19年間薬をやめるところまで、

治った事がありません。






以前、再発の体験の記事を書きましたが、あの記事は動けなくなるまで、働いてしまった人の

例ですから、絶対にマネしてはいけませんね。






今思えば、あの時は具合が悪いのに、無理をして出社していたので、周囲に迷惑を

かけまくっていたのですが、当時はもう状況が分からなくなっていて、「あきらめて、

休暇を取ろう」 という決断はできませんでした。






そういった経験から言えば、自分が冷静に判断できる状態のうちに、療養休暇を取る

決断を、しなければならないということです。






しかし、うつ病にかかる人間は、平均的に真面目で、自分の責任を果たすのを当然とも

思っておりますので、「会社を休んで、長期療養する」 という決断は、なかなかできません。






うつ病は、「この症状が出たら、もうあきらめて会社を休め」 という、明確な境界線があり

ませんので、よけいに判断はしにくいと思います。






ただ、私の経験では、医師が 「この状態では、しばらく会社を休んだ方がいいですね」 と

言う時期では、悪化がかなりすすんでしまっており、遅いとも思います。






と言うのも、うつ病患者は真面目であるとともに、プライドが高く、完璧主義な人も多いと

言われており、そんな性格であれば、自分に出ている症状を、あまり他人に話したりは

しない傾向があるのです。





強がっているとも言えますし、弱みを見せたくないという気持ちもあると思いますが、

具合の悪さを、正確に医師に伝えていないという事は、医師は判断材料が足りませんので、

アドバイスも正しくならないと言えます。






とくに 「だるくて仕事に行けない」 とか 「めんどうで風呂に入りたくない」 などという、

うつ病によくある症状は、ナマケ者や汚い人のようなので、他人である医師になど、

打ち明けたくはないですよね。






いや、私は友達にも、親兄弟にも、口に出して言った事はないように思います。






無論、家族は私がお風呂に入っていないとか、働いていないとかは、知っておりますが、

うつ病について話し合ったりといった事は、ほとんどした事が無いのです。






人とのコミュニケーションも、面倒 (苦手) になる症状もあるとは思いますが、私はもともと

人に相談しない性格なので、そんなことにもなっております。






ともあれ、精神科で医師から 「しばらく休んで、治療に専念しては?」 と言われても、

「今、休むわけにはいかないから」 と言って、休もうとしない患者さんも多いと聞きますが、

医師が休めと言い出すのは、すでにかなり具合が悪くなっている時期です。






医師に従って、ソッコー休暇を取って、療養するべきです。






今、辛いのを我慢して働いている人も、沢山居らっしゃると思いますが、我慢して1〜2ヶ月

多く働いたために、回復に何年もかかったり、再発をくり返す体質になってしまったりしては、

割が合いません。






とくに真面目な人ほど、最後まで頑張ってしまう傾向はあると思いますので、医師に

「休め」 と言われるほどになったら、思い切って休みを取るのが、絶対におすすめです。






私の経験測ではありますが、医師はまだ働ける状態の患者には、「休んだら?」 とは

すすめて来ません。 






医師も患者にとって、仕事が大事なものであることは、良く認識しておりますので、

気軽に会社を休むようにといった、指示を出すことはないのです。





いや、仕事を休んだ患者は、経済的な心配が増えるので、病院に来なくなるかも

知れませんから、医師としてはヤバくならない限り、休むようには言いたくないですよね、

商売の面から見ても。

(  これは私の偏見かな〜?)






そこを良く理解して、医師に 「具合が悪そうだから、しばらく休んだ方がいいですよ」 と

アドバイスを受けた時は、最後通牒が来たと思って、休みをとるのがおすすめです。






今は心配だとは思いますが、早く治療に専念した方が、将来的に完治する可能性も高く

なりますし、人生全般で見れば、いい決断となる確率が高いでしょう。






逆に言えば、医師が 「休みなさい」 と言うまで、頑張ったあなたは、マジメな人間が多い

日本においても、そうとう根性がある真面目な人間ですから、胸をはって、しばらく休みを

取るといいと思います。 






くれぐれも、お大事にどうぞ。







  おすすめの関連記事








イメージ 6

↑↑
クリックで投票

ブログ人気ランキングに参加中です。
応援クリックお願い致しまーす  (^ー^)/
※まとめサイトに飛ばされるのでけっこう面倒ですが、ご投票いただけたら嬉しいです


この記事に

閉じる コメント(2)

はじめまして。
うつ歴12年になります。
同じく薬も辞めることができなくて、仕事も復帰しては辞めるを繰り返しています。
先日、母親が亡くなりやる気が出ない…
前向いて生きようとは思いますが…

2018/7/6(金) 午前 8:58 [ ゆり ] 返信する

顔アイコン

私も長年、薬を飲み続けておりますが、抗うつ剤というのは
風邪薬と同じく、症状を緩和する薬ですので、治療をする
ものではありません。

薬を飲んでいる事で、多少ましな生活ができるのであれば、
ずっと飲んでいてもいいとも思います。
生まれつき血圧が高い人が、血圧を下げる薬を手放せないのと
似ていますね。

尚、抗うつ剤は健康な人が飲むと、ぐて〜っとなって、
正常に活動ができなくなるそうなので、治っているのに、
飲んでいたなら、異変が分かると思います。


遅くなりましたが、お母さまのご冥福をお祈りいたします。
支えである人を失うのは、さぞお辛い事だろうと思います。

しかし、うつ病で自分の面倒を見るのも、なかなか厳しい状況では、
親孝行や介護がままならないという、気苦労も有るとも思います。

(何も出来ないのに、何かしないとと思うのが、しんどいんですよ〜)

母に心配をかけるから、出来なかったような事でもやってみて、
切り替えてはいかがでしょうか。

お大事にどうぞ。

2018/7/6(金) 午前 11:06 [ 主婦の方 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事