うつ病歴20年の患者から、精神疾患でも 勇気がでそうなアドバイス

長年治っていない患者の、療養コツや就業経験の紹介です。 匿名コメント・質問・無断転載 OK

全体表示

[ リスト ]

ここ数日の大雨で、西日本の方ではかなりの、被害が出ておりますね。






被災された方には、心からお見舞い申し上げます。






体が動かせなかったり、いろいろと緊急事態に対応できない、うつ病の患者は逃げるのも

大へんな事だと思いますが、とりあえず薬を持って逃げる用意を、早めにしておくのが

いいでしょうね。






しかし、被災した場合は、頑張って逃げるしかないのは、健康な人でも同じなので、

運を天にまかせるしかないように思います。






私ごときのアドバイスで、生き残れる確率が上がる事はないでしょうから、まあ、、、

そこはあきらめましょう。 






ただ、自分が被害にあっていなくても、こういう時に誰かを助けたり、避難所で手伝いなど

するのが、難しいうつ病患者には、ただ見ているのが歯がゆいし、かなりのストレスに

なると思います。






ここの部分は、なんとかストレスを緩和させる、取り組みをしたいところですね。






統計的に、うつ病にかかる人は、真面目な人が多いと言われますので、自分の社会的責任も、

十分に果たしていきたいと、考えている場合が普通だと思います。






困っている人が居たら、なんとか助けてあげたいと思うでしょうし、他の人達がボランティア

活動などしているのを、テレビやネットで見ると、自分も何かできないかと、考える人も

当然いらっしゃると思います。






何も出来ない事に、罪悪感や劣等感を感じることもあるでしょう。






そんな時、思い出して欲しいのは、うつ病は本当に 「ヤバい病」 だという事です。






足が折れていて、ベッドから起き上がれない人は、見るからに動けないので、被災地へ

ボランティア活動になど行けませんが、うつ病だって動けない事に、変わりはありません。






ちょっと頑張ったら、普通に動けたというような甘い病ならば、ケチな厚生労働省は

治療費のサポートなど、絶対にいたしませんので、そこを疑う必要はありません。(笑)






しかし、見た目に怪我や異常がないために、時には患者自身も、「頑張れば出来るかも

しれない」 と考えてしまうのが、うつ病の特徴です。






 これがよく、患者の心を傷つける、原因にもなると思います。






そんな時には、うつ病は脳の機能が低下する病だから、努力でなんとかできる病ではない

という事を、もう一度思い出して欲しいと思います。






自分が何も出来ない事が、苦痛であることは変わらないかも知れませんが、自分の努力が

足りないと、考える必要はありません。 






うつ病は脳内の、情報伝達物質 (セロトニンやノルアドレナリンなど) が、正しく活動

しなくなるために、やる気がでなかったり、疲れが取れなかったりといった、体の不調が

現れます。






脳内物質は、どんなに頑張っても、患者の意志ではコントロールできませんので、

気合でうつ病の疲労感を、ふっ飛ばせないのは、当たり前なのです。






自分が無力な事は、悲しい事ではありますが、うつ病の回復とともに、元の行動力なども

戻って来ますので、まずは治療に専念するのが、最善の手だと思って、集中してください。






ちなみに、うつ病で 『治療に専念』 と言ったら、薬を飲んで、のんびり何もせずに、

体と心を休めようという意味です。






 平たく言えば、今日も明日も、ゴロゴロしててくださいってことですね。(苦笑)






真面目な人は、「毎日ゴロゴロしていい」 と言われても、家族にも会社にも迷惑をかけて

いると思うと、なかなか心おだやかに、ゴロゴロしてもいられないと思いますが、そこは

治療のためですので、頑張って ゴロゴロして暮らしてください。






お大事にどうぞ。









イメージ 6

↑↑
クリックで投票

ブログ人気ランキングに参加中です。
応援クリックお願い致しまーす  (^ー^)/
※まとめサイトに飛ばされるのでけっこう面倒ですが、ご投票いただけたら嬉しいです



この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

大変な梅雨前線でしたね。
愛媛ですが、20人以上が亡くなり、まるで津波が来たかのような惨事になっているのを報道でみました。
看護師や保健師をしている私の同級生は、災害派遣に行く予定だったり……同じ学校を出て同じ資格を持ったはずなのに、どこでどう変わってしまったのだろう……と情けなくなりますね💧
あまり報道を見ないようにしなさい、と家族には言われるけど、気にはなりますよね。

災害時の行動は、なんとなく想定しておかないとですね。 削除

2018/7/9(月) 午後 8:35 [ Chiyomama ] 返信する

顔アイコン

今回の災害は、被災地域が広いですよね。
とりあえず、Chiyoさんが被害が無くて良かったです。

私は神奈川なので、台風ではないし、そんなに大した事になるとは
思っていなかったですが、津波の時のように町が水に浸ってしまって、
驚きでした。

昭和に頑張ってダム建設や、河川工事をしたため、近年は洪水が起こる
という、警戒心がほとんどなくなっている気もします。
意識を新たにしないといけないな〜と思っておりました。

報道番組は確かに、あまり見すぎない方がいいかもですね。
見た瞬間はそうでもなくても、後で不安感が増して来たりすることもあります。

でも、あまり面白い番組もないし、なんか見てしまいますね。
・・・・テレビ局が悪いんだな。(笑)

2018/7/10(火) 午後 8:23 [ 主婦の方 ] 返信する

わたしは2年前に熊本地震を経験しました。その時がちょうどうつのど真ん中最高にしんどい時に、地震にまで遭遇し本当に辛い思いをしました。
ただでさえ、うつで辛いのに避難生活という逃げ場のない展開だし、みんな地震で辛いので自分だけが辛いと言えない辛さ。
この辛さはうつを経験した人でなければわからないかもしれません。
どうか今被災地で苦しんでいる人が少しでも早く苦しみから解放されますように。

2018/7/13(金) 午後 9:52 [ tin***** ] 返信する

顔アイコン

それは大へんな体験をされましたね。
しかし、ご無事でなによりでした。

私の地域は幸い、大きい災害はいまのところありませんが、
定職についていない、ボランティア活動などしやすい身でありながら、
なにも出来ないのがじれったいものです。

現地で被災された患者さん達は、たとえ怪我もなく無事に逃げたとしても、
そうとう辛い思いをしておられるだとうと思っておりました。

災害で怪我をした人や、もっと死にそうな病の人の事を考えると、
うつ病くらいなら、じっと耐えているしかないといった状況になりますよね。

無理をして何か手伝うのも辛いし、なにも手伝わないのも、
他人の目が非難しているようで、辛いでしょうし、、、、
いっそ足にギプスでも付けて、けが人を装いたいような気もします。

他の病でも、災害に合うのは辛いでしょうが、うつ病は見た目は
普通の人に見えるために、よけいに辛いだろうと思います。
被災地の患者さんたちが、頑張って耐え忍んでくれるように祈っております。

2018/7/14(土) 午前 10:12 [ 主婦の方 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事