うつ病歴20年の患者から、精神疾患でも 勇気がでそうなアドバイス

長年治っていない患者の、療養コツや就業経験の紹介です。 匿名コメント・質問・無断転載 OK

全体表示

[ リスト ]

うつ病で、長期間働けず、国民年金や健康保険料の支払に、困っている人は、かなり

いらっしゃるのではないかと思います。






かく言う私は、4年前に結婚し、以来夫が毎月払ってくれるという、幸福な生活に浴して

おりますが、その前は貯金を切り崩して払ったり、払えないので シカトしたりしておりました。






電話で催促が来たり、督促状まではいかないけれど、払わないならどうだこうだと書いて

あるハガキなど、時々来て苦慮してはおりましたが、お金がないものはどうにもなりません。






しかし、数年前に病気などの事情で、収入が無い人には、支払を一時停止するという

制度ができまして、申請すると請求書が来なくなるようになりました。






私がそれを知ったのは、去年くらいだったと思いますが、偶然近所にあった年金事務所に

行って、手続きをして来ました。






年金保険料を払うのは、国民の義務ですので、払わないのは気が引けるのは分かります。






私もこれだけ自分が働けないと、自分の親の面倒を見るどころではありませんから、せめて

親にちゃんと年金が支払われるように、年金保険料を払うくらいの協力は、したいと

思ってはおります。






しかし、それを払うために借金をしたり、無理をして働いて、さらに体を壊して、国の医療費を

増大させたりしますと、またよぶんな国税を使うことにもなります。






被害を拡大させないためにも、うつ病の治療中で働けないような場合は、頑張らずに

制度を利用した方が、最終的には国にも迷惑をかけずにすむのではないかと思います。






無理して仕事に戻ったり、また悪化して休んだりをくりかえし、20年近くもダラダラ病んでいる、

私がやったような事は、やらない方がいいだろうということですね。  (苦笑)







尚、厚生労働省が働けない人に、一時的に払わなくていいという制度を作ったのは、

べつに働けない人をおもんぱかったわけではなく、払えない人に請求書を送ったり、

説得したりするのは、時間とお金の無駄だと、気がついたためだと思われます。






病人にでも、プレッシャーをかけ続ければ、お金が集まるとなれば、お役所は

あきらめません。(笑)





しかし、働けない病人は、大多数がお金に困っていて、いくら脅されても、払えません。






この制度が出来たのは、「病人に追い込みかけても、出す物が無いから無駄だわ」 と、

厚労省がやっと理解したという、証拠ですね。






 遠慮せずに利用しましょう。






そもそも、国民年金は破たんが近いと言われ、今の20〜30代やそれ以下の世代では、

年金がもらえなくなるらしいので、真面目に払う道徳的義務は、実際そんなに無いとも

言えます。






税金なので、法的には支払い義務がありますけどね。






うつ病になるような人は、平均的に真面目な人が多いですので、社会人としての義務も

ちゃんと果たしたいと、考えてしまう方が多いでしょう。






しかし、この制度は高度成長期のような、右肩上がりの経済状況で、支払が可能なような

制度設計ですので、ヨコバイ景気と高齢化の今現在では、とてもじゃないけど支払いを、

保証できない制度になってしまいました。






 払えなくなるのに、「払う」 と言ってお金を集めるのは、よくある詐欺の一種です。






払った方が詐欺被害者に、なりかねないとも言えると思います。






誰かあの、巨大詐欺師集団 (国民年金機構) を止めて欲しいものですねぇ・・・・・ 






それはともかく (苦笑)、この一時的に支払いをしなくていい制度は、あくまでも

一時的に支払いを停止しますという事を、申告するような制度です。






元気になったら払うし、払えるようになったら、払えなかった時期の分も払うという

制度ですので、『今病気だから、支払期限先延ばしにしてください』 と申告するだけの

話です。







つまり申請すると、一時的に請求書が来なくなりますし、支払いの催促の電話も来なくなる

・・・・・ というだけの事です。






まあ、最近は知らない電話番号からかかった電話には、とりあえず出ませんので、

電話が来ても平気と言えば、平気でもありますが・・・・・







ちなみに、申告は年金事務所に行きまして、年金番号がわかる物と、免許証と保険証などの、

2種類以上の身分証明書があれば、なんかイロイロ手伝ってくれて、申請できました。







申請が通ったかどうかの連絡は、郵送で来ますので、事務所へ行くのは一回で大丈夫です。







こういう役所関係の活動は、うつ病になると驚くほど苦手になりますので、私も決心して

事務所へ行くまで大へんでしたが、まあ行ったら簡単でしたので、お試しください。







最期になりましたが、この制度は正式には 「国民年金保険料免除・納付猶予制度」 と

いうようです。






 長くて覚えられないので、今さっき検索しましたが、このタイトルは覚える必要はないですね。







詳しくは日本年金機構のサイトをご覧ください。







余談ですが、私は調べるのがしんどかったので、何も調べずに事務所へ行きました。

徒歩 6分くらいだしね。(笑)






あまり覚えてはおりませんが、『うつ病で長いこと働けない人が来た場合は、こういった

対応をする』 というマニュアルが、しっかり作ってあるようで、職員の人は愛そうよくテキパキ

処理してくださいました。






怖がらずに行って大丈夫です。






お大事にどうぞ。







  おすすめの関連記事









イメージ 6

↑↑
クリックで投票

ブログ人気ランキングに参加中です。
応援クリックお願い致しまーす  (^ー^)/
※まとめサイトに飛ばされるのでけっこう面倒ですが、ご投票いただけたら嬉しいです

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事