うつ病歴20年の患者から、精神疾患でも 勇気がでそうなアドバイス

長年治っていない患者の、療養コツや就業経験の紹介です。 匿名コメント・質問・無断転載 OK

全体表示

[ リスト ]




ご存知のように、うつ病は脳の中の情報伝達がうまく行かなくなり、だるい、やる気が無い、

動けない、働けないなどの症状が出る病です。






近年は、セロトニンやノルアドレナリンなどの情報伝達物質が、なにか関係しているようだ

という事で、医学界ではさかんに研究されております。






抗うつ剤で主流になっているSSRI という部類の薬も、日本語で言うと 「選択的セロトニン

再取り込み阻害薬」 ですので、素人が見ても、どうやらセロトニンは関係あるらしい

という事は分かります。






情報伝達物質 (セロトニンやノルアドレナリン等) の活動

イメージ 1

脳の神経細胞が、となりの神経細胞に情報を伝える時に、
情報伝達物質に情報を入れて、送る感じらしい。
メモリーデバイスでパソコンからパソコンへ、データを移動するのと似ている。







そういう分けで、うつ病に限らず精神を安定させる方法として、セロトニンを増やす 『ホメ療法』

というのが、最近一部で流行っているようです。







平たく言えば、「誉めて伸ばす」 教育方法を、自分にやろうという感じでしょうか。






Twitterでも 「今日はこれと、これと、これが出来た。 私えらい!」 といった、自分誉め

ツイートが時々見かけられます。












『幸せホルモン』 という言葉を、聞いたことがある方も多いと思いますが、私の知らない

ところで、セロトニンがけっこー知られるようになっていたんですねぇ。






うつ病で今まさに、苦しい思いをしている方は、何も自分の誉めるところを、思いつけない

かも知れません。






 しかし、毎日辛い気持ちに耐えているのは、十分に誉めるべき事です。







まあ、大事な仕事は休まなきゃいけないし、周囲の人には迷惑や心配をかけ、収入も減り、

将来も心配でたまらないし、、、、 うつ病はとてもツライ病です。






そのような凄い試練に耐えて、生き残っているという事実は、例外なく素晴らしい!






「今日も耐えきった、私エライ!」 と自分を誉めるべき、大へんな忍耐力です。







元々怠け者な人間は、仕事が休めると 「わ〜い」 と思うでしょうが、うつ病になりやすい

真面目な人間は、同僚にも家族にも申し訳ないし、少しも嬉しくはないものです。






そもそも、うつ病になった人というのは、辛い仕事や、嫌な上司や、しんどい人間関係

などから、逃げずに頑張った人である場合が多いですよね。






「この仕事、残業多いや〜、辞めよ〜」 と、簡単に逃げる人間は、うつ病にはなりません。






うつ病になったのは、病気になるところまで頑張りぬいた、証明でもあるのです。






根性が無いとか、心が弱いなど、とんでもない言いがかりですよね?






自信を持って、今は治療にはげんで欲しいと思います。






ちなみに、うつ病で 「治療にはげむ」 と言うと、具体的には薬を飲んで、毎日ゴロゴロ

ダラダラ暮らして、よく休むという意味です。






毎日ゴロゴロしているのは、悩みも増えるし、世間体も悪いので、これもなかなか

忍耐のいる活動ですが、そこは治療ですから、根性でゴロゴロしていてください。(苦笑)






お大事にどうぞ。







  おすすめの関連記事




イメージ 6

↑↑
クリックで投票

ブログ人気ランキングに参加中です。
応援クリックお願い致しまーす  (^ー^)/
※まとめサイトに飛ばされるのでけっこう面倒ですが、ご投票いただけたら嬉しいです

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事