うつ病歴20年の患者から、精神疾患でも 勇気がでそうなアドバイス

長年治っていない患者の、療養コツや就業経験の紹介です。 匿名コメント・質問・無断転載 OK

患者のグチ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]




うつ病の人間には、新しい事を覚えたりするのが辛いので、システムが急に変更されるのは

困るんですよねぇ。






とは言え、すぐにブログを他へ引っ越さなきゃいけないわけではないので、だらだらやってれば、

なんか大丈夫だとは思います。






ブログを更新しようと思ったら、ヤフーからのお知らせが出たので、ドキッとしちゃいましたが、

焦ることはなさそうです。






にしても、一世を風靡したミクシーも、フェイスブックも、なんか最近耳にしなくなったとは思って

いましたが、それよりも前から存在するヤフーブログは、とうとうお終いらしいですね。






Yahoo!本体としても、ヤフオクのライバルがいろいろ台頭して来てしまって、儲からない

事業から、縮小しなければならない気持ちは分かります。






ブログというのは、スマホが普及する前の時代に、開発されたSNSですから、パソコンでは

見やすいけど、スマホでは読みにくいですよね。






私自身、普通のホームページ形式の、サイトを作ろうかと考えていましたし、同じブログでも、

近年出来たブログの方が、より最近の端末に対応した造りになっている・・・・ だろうとは、

考えられます。(あくまでも想像ですが)






しかし、うつ病では自分で出来る事が、すごく少なくなってしまっていて、その残りのパワーを

どこに振り分けるかで、思案しつつ暮らしています。






毎日の家事も、出来る範囲が少ないので、今日は掃除機と洗濯物にしようとか、明日は

アイロンかけとか、ギリギリでちょっとづつこなしている分けです。






そこにブログを他のブログ会社へ、引っ越しして下さいなどと言われると、デカい仕事が

ボンっと渡される感じで、「そんな事、できる分けがない〜〜〜!」 と、一瞬パニックに

なってしまいます。






落ち着いて考えると、そんなに大へんな事でもないんですけどね。






困った病です。






皆さんも、お大事にどうぞ。











イメージ 6


↑↑
クリックで投票


ブログ人気ランキングに参加中です。
応援クリックお願い致しまーす  (^ー^)/
※まとめサイトに飛ばされるのでけっこう面倒ですが、ご投票いただけたら嬉しいです


開く コメント(0)




同じ会社で、同じような仕事の担当で、自分と同じくらいの残業をしていたのに、

自分は精神疾患で労災認定、あいつは今でも大丈夫そうで、実績も着々とあげている・・・・






などという状況は、まあまあ起るのではないかと思います。






自分のメンタルが弱かったと、自分を責めている人も、実際にかなりSNS上で

見かけます。






結論を先に言ってしまえば、私はこれは個々人の生まれつきや、成長の過程で生まれた、

個性の差だと考えています。






人間は多種多様です。






 例えば有名なところでは、ギャル曽根ちゃんはあんな細いのに、ムチャ食べますよね。






大食いタレントは沢山おりますが、その中でもギャル曾根ちゃんは沢山食べます。






大食いタレントになれない程度でも、普通の人の2倍くらい食べられる人は、全国に

沢山いると思います。






逆にチョットしか食べないし、水分も大して飲まないし、それでどうして生きてるの?と

思うような人もたまに居ます 






上記は社会で働いてゆく上で、大した障害にはならないですが、こういった固有の能力の差は

誰でもあるものです。






他の例で言えば、ショートスリーパーという人達もいます。

1日2〜3時間眠ると、あとの時間は普通に活動できるとタイプの人間です。







芸人の武井壮さんが自分はそうだと言っていましたが、3時間しか眠らないと有名な

ナポレオン・ボナパルトや、太平洋戦争で海軍司令官だった山本五十六なども、

ショートスリーパーだったと言われます。






それを言ったら、私の夫はインフルエンザの予防接種を毎年受けていますが、今年は

インフルエンザにかかって4〜5日休んでいました。






私はいっしょに家に居て、ちょっと喉が痛くなって、ヤバいかな〜?・・・‥と思ったのですが、

それ以上悪くならず、ただの風邪だったようです。(笑)






10年以上予防接種を受けていませんが、一度もかかりません。






働いていた時もかかった記憶が無いので、免疫力がなんか普通より強いように思います。

私の一族は、ほぼみんなこんな感じです。






  ともあれ個性というのは、同じ人類でもこのくらいの差があるのです。







そう言えば、「ドラゴン堀江」 というホリエモンが東大を、また受験するというアベマTVの

番組(無料)を最近気に入って見ていますが、堀江さんと一緒に東大を受ける事になって、

頑張っている芸人さん3人は、毎日8〜12時間勉強しているそうです。






私は生まれてこのかた、家で8時間も勉強した事は、1回もありません!(苦笑)

そんな忍耐力ないですよ〜〜〜






当然、東大に行くことは考えた事もないですが、大学はそれでも出ているので、申し訳ない

気持ちすら沸きます。






「最終学歴 4年制大学卒」 と書いたら、東大も京大も、私が卒業したアメリカの片田舎の、

小さな大学も同じですからね〜






・・・・いや、堀江さんは高卒か、東大中退だから。






≪参考動画≫





そんな感じに考えれば、同じ100時間の残業をしていたとしても、潰れる人も、平気な人も

居て当然なのではないでしょうか?






正確に言えば、同じ 100時間の残業でも、潰れにくい人は意外と昼間、スタバでなごんでいたり、

後輩をいじめてストレス発散していたりと、なんらかの方法で休養を取っているとも思います 






ペース配分や体力造りなど、上手にやっているから、働きすぎに見えても、耐えられる面も

当然あるりますよね。






ただそれをはぶいても、生まれつきの差も、真面目さの差も、打たれ弱さの差も、、、、

とにかく個人差は多々ありますから、うつ病になった事を悔やんでも、あまり建設的ではない

と私は思っています。






発病した状況を分析して、あれは良くなかったから改善しようとか、このくらいの仕事量が、

自分には丁度いいとか、将来へ向けて検討するのはいいと思いますが、悔やんで自分を

責めるだけでは、いい方向には向かいませんよね。






そうは言われても、苦悩で心が曇ってしまうのは、そうそう払拭できないのは、

私も分かります 






分析力が下がったり、考えがまとまらなかったりするのは、うつ病によくある症状ですので、

苦しいほど悩んでしまうのは、もはや仕方が無いと言ってもいいでしょう。






堀江さん風に言えば、「想定内」 ですなぁ。






ただ、辛いほど悩んで動けないような状況は、うつ病の回復とともに改善しますので、

その点は心配しなくていいと私は思います。






不思議だとは思いますが、状況は無職とか、貯金ゼロとか、悪いまま変わっていなくても、

うつ病の具合が改善しただけで、悩みに対して何かいい案がうかんだり、壁を乗り越える

意気込みが沸いてくるのが、この病の特徴だと思います。






少なくとも、私はそういう状況は何度も経験して来ておりますので、まずはよく休んで

うつ病を回復させれば、悩みの方にも答えが出てくるだろうと想定できます。






どうしても悪い方向の考えにしかたどり着かない時は、2〜3ヶ月休んでからもう一度

考えるとと、意外なほどましな答えが出たりもします。






 2〜3ヶ月先じゃ遅いと言う人も多いと思いますが、無理をおして働いているうちに、

20年も寛解に届かないようになったのが、私です。






この先、何年も働けない期間が、何回も来るような人生を送る事になると考えれば、今

2〜3ヶ月治療に集中するのは、大した投資ではないのではないでしょうか?






くれぐれも、お大事にしていただきたいです。










イメージ 6


↑↑
クリックで投票


ブログ人気ランキングに参加中です。
応援クリックお願い致しまーす  (^ー^)/
※まとめサイトに飛ばされるのでけっこう面倒ですが、ご投票いただけたら嬉しいです



開く コメント(0)




先週木曜日から、夫がインフルエンザで休んでいて、昼ご飯も何か出さねばならず、

うつ病専業主婦はちょっと忙しくなっております。






夫は秋にインフルエンザの予防接種を受けたのですが、職場にウイルスを持った人が

居たのか、感染してしまいました。

(予防接種は会社の保健室でやってくれます)






先週は寝ながら、オンラインのドラクエをやっていましたが、今日は起きてパソコン上で

できる仕事をしておりますので、休んでいると言うよりも、自宅に隔離されちゃったんですね。






 家族の危険も、少しは考えろと言いたい。(笑)






私の記憶では、コンビニバイトをした時はこういうように、「インフルなら広まるとヤバいから

すぐ休め!」 というでもなく、風邪なら注射を打ってもらえば、働けるんじゃないか?などとも

言われたものでした。






時給860円の仕事 (1シフト4時間) のために、なんで1500円の注射を打つ義理がある?

・・・・ と思ってその時は休みましたが、まったく低賃金の仕事は待遇も悪いものです。






お客がいくら感染しようと、コンビニ側としては、店員が足りない方が問題が大きいので、

これはよくある事だとは思います。






まあ、社員を休ませる余裕のある会社は、やっぱり黒字経営の会社ってことに、

おのずとなるのでしょう。






・・・・・うちの夫の会社は、今 フランスの某自動メーカーに乗っ取られるのかどうかで、

上層部はもめているようですが、下の方の社員まではそんなに影響が出ていない

ようです。(笑)






ところで、驚くべきは私の免疫力ですよね。







土曜日は、ちょっと私もウイルスをもらったのか、体の節々が痛かったり、咳が出たりして

おりましたが、それ以上悪くはならず治って来てしまいました。 ハハハハハ






プリンの分けっことかはさけておりますが、面倒くさいのでマスクも時どきしかしてないし、

洗面所のタオルも分けてもおらず・・・・・ 本当に体 は 丈夫な人間だと感心します。







予防接種も受けてないし、食べている物は夫とほぼほぼ同じなので、生まれつき

なんでしょうね〜?







うつ病で10人に 1人くらいいると言われる、痩せないで太るタイプだったのはガッカリですが、

人間は良い所と悪い所と、両方あるものですね。






家族でインフルエンザにかかる場合、家にウイルスを持ち込む人間は、お父さんである

場合が多い、という話もテレビで言っていましたので、この季節は気をつけていただき

たいと思います。






 うつ病で引きこもっている以外は、ほぼほぼ気をつけてない私が言うのもなんですけどね。w






お大事にどうぞ。







  おすすめの関連記事








イメージ 6

↑↑
クリックで投票

ブログ人気ランキングに参加中です。
応援クリックお願い致しまーす  (^ー^)/
※まとめサイトに飛ばされるのでけっこう面倒ですが、ご投票いただけたら嬉しいです



開く コメント(2)




去年、Twitterを始めて気がついたのですが、「病気と偽って怠けている人がいるのは、

問題だと思わないのか?」 というような、意味のコメントをもらう事がありますが・・・・






でもさぁ、病気と偽ってるって事は、健康な人でしょう?






なんで、健康な人への苦情を、病人が受けなきゃならんのよ?  







健康な人の中の問題は、健康な人でまずなんとかしてもらわないとねぇ?






健康なくせに、自分たちで解決できないのであれば、まあ手伝ってやらないでもないけど、

当然、いくばくかの謝礼をもらったらの話ね、こっちは病人だし。(笑)







フフフフ、 今年も私の屁理屈は絶好調だー!






さあ来い、私にボコボコに論破されたい者たちよ〜〜〜〜  
 





フォロワーが増えて来ているせいか分かりませんが、最近は敵対的なコメントが

ほとんど来なくて、闘志があまっています。






以前は Twitter は怖い人も多いと考えていましたが、いい人の方が断然多いですね。








イメージ 6

↑↑
クリックで投票

ブログ人気ランキングに参加中です。
応援クリックお願い致しまーす  (^ー^)/
※まとめサイトに飛ばされるのでけっこう面倒ですが、ご投票いただけたら嬉しいです


開く コメント(7)




『認知行動療法』 というのは、20年うつ病を病んでいるくせに、名称くらいしか知りませんで、

今日ちょっと思い立って、調べてみました。






そもそも、私は今の自分でいいと考える方なので、自己啓発的な書物を読むのが苦手と

言うか、読むと私が参考にするほどのことは、大して書いてないな〜と、、、、

図々しい事を思ったりいたします。







自意識過剰とは言えるでしょうから、問題が無くないとも言えるのですけど、積極的に

修正しようとは思わないんですよねぇ・・・・  うつ病で、何をやるのも面倒だし。(苦笑)







まあ、しかし認知行動療法も知らないのでは、流行のメンヘラを気どれなそうなので、

ちょっと調べてみました。







とりあえず、厚生労働省の 「心の健康」 サイトへ行きましたら、うつ病の人用の

認知行動療法も、載っておりました。 







載ってはおりましたが・・・・・・ サラッと見て、とても参考にならないので、詳しくは

読まない事にしました。(笑)







PDFファイルでしたので、文章のコピペができませんから、一部を写真に撮って

みましたが・・・・






イメージ 1

・・・・ 馬鹿なのか、これを書いた人間は?
  うつ病患者には、困難なことばっかりだ。(苦笑)







そもそも、PDFファイルで 23ページもある資料なので、読文に障害が出るうつ病では、

100%とは言わないまでも、半数以上の患者が読めないだろうと思います。







私も 1〜2ページ飛ばし読みをして、激しい疲労を感じたのでやめました。







上の写真にも書いてあるように 「疲れない範囲なら、なにをやってもけっこうです」 と

いう事ですから、こんな疲れる物は読んではいけないですね。(笑)







と言うか、うつ病患者は何もしないで寝ている時でも、かなり疲れていますので、どういう

つもりでアレを書いたのか、、、、 専門家が書いているんでしょうが、頭に来ますねぇ。







そういういきさつで、厚労省は当てにならなかったので、もっと商業重視っぽいサイトも、

いくつか訪問してみました。







まあ、自分の考え方が偏っていないか、一歩引いた視点から観察して、自分の傾向を

「認知」 しよう、「認識」 しようというような、ストレス解消法のようですね、認知療法って。

(今ごろ、そこですか?・・・ という感じではあるが)







心のスキルアップのサイトから 


認知療法・認知行動療法とは、私たちのものの考え方や受け取り方(認知)に働きかけて、
気持ちを楽にしたり、行動をコントロールしたりする治療方法です。

私たちは、何かつらく感じることが起きたときに、
それが「良い」か「悪い」かどちらかに決めつけたくなります。

しかし、実際の生活で、起きた出来事や状況が「良い」「悪い」と
はっきり区別できることは、そうそうないと思いませんか?

たとえば、うまくいっているときでも、ある部分がうまくいかない…ということはよくありますし、
反対に、思うように物ごとが進んでいないと思える場合でも、
すべてがダメというわけではなく、ある部分はうまくいってる…なんてことはよくあります。

・・・・・(以下略)






  読んでいるうちに 「そうか、、、、 私は物事のいい面ばかり見ているな。 もう少し

悪い面を見ないと危険かもな?(苦笑)」 と思ったので、認知療法をやる気が、更に

なくなりました。






うつ病患者に、悪い面を直視する必要があるんですかね?






例えば、私は定職につけない状態が、もう何年も続いておりますが、捕まえた良く働く夫を、

上手くおだてて、生活をささえてもらっております。






それは楽だな〜と思う人も居るかも知れませんが、収入が無い弱みがありますので、

気を許すと追い出される可能性は高いですから、ある程度の努力は必要ですし、それを

何年となく続けなければいけない、継続する忍耐力も必要です。






・・・・と悪い見方をすれば、悪くも取れるのですが、夫はずっとモテない男だったようで、

女性に優しくされるのに慣れておりませんから、ちょっと優しくすれば、非常に簡単に

喜びます。







どうも 「ありがとう」 が言えない恥ずかしがり屋なので、誰も優しくしてくれなくなっちゃった、

といったタイプの人間ですね、私の憶測ですけど。(笑)







良人の好きな食べ物は、カレーライス、ハンバーグ、オムライスなどで、高度な主婦の

スキルも必要ありません。







良い面と悪い面を比べると、まあ良い面の方がかなり多いでのす、私の今の生活は。







うつ病で、人と付き合うのが苦痛になり、近年友人ともほとんど連絡を取っておりませんが、

一番重要な人物に、集中して活動していれば、まだ私も何も出来ないというほど、無力では

ないとも言えます。






人間関係は、切り捨てるだけ切り捨てて、優先すべき人だけを残した、私は慧眼でしたね。

フハハハハハ





・・・・ 認知行動療法のセオリーで行くと、そんなに幸せ自慢をすると、読者に嫌われるから、

ほどほどにしておいた方がいいだろうという、自分の悪癖に気がついて、行動を修正

したらいいという事になるのかな?






「夫に捨てられたリ、夫が亡くなったらどうする?」 ということを、考える人もいらっしゃると

思いますが、、、、 夫が急に死んでも会社から退職金が出るし、マンションも残るし、

マンションのローンの残りは、夫が生命保険に入っているので、心配ないですよね?






まあ、一人になったらこんな大きいマンションは要らないので、小さいアパートに

買い替えて、差額は生活費にもなるし、、、、 最悪でも生活保護とかあるので、

日本に居たらなんとかなりそうです。






ともあれ、離婚しないように仲良く暮らすのが、現在の私の一番優先るすべき事だという、

結論には変わりがありません。







うつ病のせいで、大した事も成せずに、ただ毎日ダラダラ生きているのは、残念ではあるの

ですが、意味がある素敵な人生を、送れる人は人類の中に、そんなに沢山居ないでしょうから、

特別に問題視するほどの事ではないでしょう。






とりあえず、何をか成すには生き残らないといけないというのもありますので、結局はまた

夫とは仲良くしておけという、結論になりますし・・・・・ ループ思考になって来たから、もう

このぐらいにしておこう。(笑)






ところで、認知行動療法を試してみたい方は、私はぜんぜん止めません。ww






考え方を変えるだけで、普段のシンドイ生活も、気楽な受け止め方が出来るように

なるかもですし、自分の思考・行動パターンを分かっておくのは、いろいろ問題解決に

つながると思います。






お大事にどうぞ。






≪参考文献≫















イメージ 6

↑↑
クリックで投票

ブログ人気ランキングに参加中です。
応援クリックお願い致しまーす  (^ー^)/
※まとめサイトに飛ばされるのでけっこう面倒ですが、ご投票いただけたら嬉しいです



開く コメント(2)

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事