Blog Pet

すべて表示

今年も中国は天文の年だそうな。

昨年7月に日本でも話題になった日食。
今年はなんともう一度中国国内で見られるという情報を得て、急遽青島へ飛びました。

イメージ 1

この日はちょっと空が霞んでいましたが、何とか撮影に成功!
これで青島へ来た目的の半分は終わりました。

実際の様子は以下のようになります。
イメージ 2

ほぼ月が太陽の中に入ってくると、肉眼でも見ることができます。
というか、肉眼でないと見えない。
実はこの日、上海では活用することのなかった太陽めがね持って行きました。

一番活用したのは欠け初めのとき。
どのくらい欠けているか見るためです。
でも、これも気をつけないといけません。
長く見ていると目に残像が焼きついて、だんだん欠けていく状態が見れなくなるからです。
(目を閉じていても太陽の光が見える)
しばらく見るのを止めていると元に戻りますが。

ちなみに青島での一般人の反応ですが、非常に反応薄いです。
日食めがねを持っている人なんか皆無。
皆レントゲンフィルムやら、サングラス2枚重ねなどして見ていましたが。


ちなみに月食は元旦に既にあり、年内に後2回(6月26日、12月21日)あるそうなので、期待大です。
ちなみに日本でも見れるそうですよ。





その他の最新記事

すべて表示

出中国toエジプト記〜day3 Abu ...

2010/12/7(火) 午後 10:59

10:40に空港に着き、12時発の飛行機を待つ。 アスワンの空港は小さいが、それでも私たちツアー客30名弱と2,3人の欧米人が待つには広すぎる空港だった。残念なことに空港内で写真取ろうとしたら拒否された。 12時前、飛行機に乗り ...すべて表示すべて表示

出中国toエジプト記〜day3 Unfi...

2010/12/1(水) 午後 9:33

アスワン・ハイダムの後、アスワン小ダムの上を走り抜けて次に向かったのは 切りかけのオベリスク 太陽信仰していたルクソール辺りにはピラミッドの代わりにこのオベリスクがシンボルのように建っている。オベリスクは一枚岩に楔を打ち ...すべて表示すべて表示

出中国toエジプト記〜day3Aswan...

2010/11/21(日) 午後 1:08

朝2時に起きて荷物を再パッキング、3時にホテルを出てカイロ空港へ向かう。 なぜなら、本日朝5時の飛行機に乗らなくてはいけないからだ。 そして向かう先はエジプト内陸部の町、 アスワン。 内陸部アスワンはヌビア人が多く住み ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事