マリア様とともに・・・

祈りの内にロザリオを作って黙想しています。

全体表示

[ リスト ]

 幼きイエズスの聖テレジア
 
 
イメージ 1
 この聖人は、日本でも最も親しまれている聖人の一人だと思います。私も大好きです。2歳の時には、もう修道女になりたいと思っていたテレーズは、多くの試練を経ます。聖母のほほ笑みによって、病から癒されたテレーズは、幼い時から、神様の愛に夢中になって生きてきた聖人と言えるでしょう。 15歳で、特別な計らいにより、カルメル会に入会したテレーズは、特に目立つことはしていません。彼女の生きた生き方は、ひたすら愛に生きることでした。有名な「委託の道」「幼子の道」と言われるテレーズの聖性の道は、多くの人々の心を捉え、またたく間に世界に広がっていきました。24歳とい若さで天に召されるテレーズは「天から薔薇の雨を降らせましょう」との言葉のとおり、天国から私たちに神様の愛を届け続けています。
 
 
 
 テレーズの精神を最もよくあらわしている自叙伝の「小鳥の精神」の箇所を少し、長い引用になりますが、紹介したいと思います。本当は、自叙伝の原稿B全てを紹介したいのですが、とても書ききれませんので、小鳥に例える所からの紹介にします。
 
 
 「私は、ただ産毛に包まれたか弱い小鳥です。
鷲ではありません。ただ鷲の目と心を持っているだけです。
というのは、このうえなく小さなものながら、大胆にも愛の神々しい太陽を見つめ、荒鷲そっくりのあこがれを一つ残らず胸に感じているからです・・・
 
 小さな鳥は、自分の目を奪うあの輝く太陽の方に飛んでいきたい・・・。
三位一体の神聖なかまどにまいあがっていくあの兄弟たち、鷲のまねがしたくてたまりません・・・。
イメージ 2
 ああ!けれど小鳥にできることは、その小さな羽根を少し上げるのがやっとで、飛んでいくなど小さな力の及ぶことではありません!
 では、小鳥はどうなのでしょうか!
 これほど無力な自分を見て、もだえ死にするのでしょうか・・・・、
いいえ! 小鳥はそれを悲しもうとさえしません。
大胆にも任せきって、神聖な太陽を見つめ続けていたい。
 雨も風も、何ものも、小鳥を恐れさせることはできません。たとえ黒い雲が愛の太陽を隠すことがあっても、小鳥はそこから動きません。
  雲のかなたには太陽が変わらず輝いており、その輝きは片時も失われることがないと知っているからです。  もちろん、ときには嵐に打ちのめされ、自分を取り囲む黒雲以外に何も存在しないかのようにおもえることもあります。
 
  そのときこそ、このか弱く貧しい小さなものにとって、完全な喜びのときとなります。
 そこにただ、じっと留まって、信仰の目から隠れてしまった見えない光を見つめ続けることは
大きな幸福なのです・・・!
  イエズス・・・・このような小鳥に対するあなたの愛をわかっています。
 小鳥はあなたからはなれないのですから。
 
・・・けれども、私は知っています。そして、あなたもご存じです。
この不完全な小さな生き物は、自分の場所に(つまり太陽の光の下に)とどまりながらも、たびたび自分の務めを怠って気を散らし、右や左に餌をついばんだり、小さな虫を追い回したりしてしまいます・・・。
 小さな水たまりに出会えば生えたての羽を濡らし、お気に入りの花を見つければ心はそれでいっぱいになります・・・。
  とにかく鷲のように高く飛ぶことができないので、貧しい小鳥はまだまだ地上のつまらない事柄に気を取られるのです。
 けれどもいろいろないたずらをした後、小鳥は方隅に隠れて自分の惨めさを泣き悲しみ、死ぬほどの後悔にさいなまれるどころか、最愛の太陽のほうに向いて、濡れた小さな羽を太陽の恵み深い光にさらします。
 そしてつばめのように悲しげに鳴き、優しい歌で自分の数々の不忠実をすっかり打ち明け、物語ります。
 そうすれば、義人を呼ぶためではなく罪人を呼ぶために来られた方(マタイ9:13)の心をとらえ、もっと完全にその愛を引き付けることができると、厚かましくも信じているからです・・・。
 
 もしも最愛の太陽がこの小さな小鳥の悲しげなさえずりに耳を貸さず、隠れたままならば・・・それならば小鳥は濡れたままでいましょう。
 寒さに凍えることを甘んじて受け、自業自得のこの苦しみをまた喜びとしましょう・・・・・。
 
イメージ 3
 イエズスさま!あなたの小鳥は小さく弱いものであることをどんなに嬉しく思っていることでしょう。
 もし大きかったならば、どうなるでしょう。あなたのみ前に出たり、あなたの目の前で居眠りしたりする勇気は決して持てないにちがいありません。
 そうです。これも小鳥の一つの弱さですが。神聖な太陽を見つめようとしても、雲のために光の一筋さえ見ることが出来ない時など、小さな目は意志に反して閉じてしまい、小さな頭は小さな羽の下に隠れ、貧しい小さな門は、愛する太陽を相変わらず見つめているつもりで眠ってしまいます。
 でも、目が覚めたとき、小鳥は悲しみません。その小さい心は平和を失いません。再び愛の勤めをやり始め、自分のあこがれのまとである焼き尽くすかまどに向かって、鷲のように高く舞い上っていく諸天使、諸聖人の取り次ぎを願います。
 すると鷲たちは、彼らの小さい妹をかわいそうに思って守り、防ぎ、襲いかかる“はげ鷹”のえじきとなるべきものではなく、神聖な太陽の中心に彼が眺めている尊い“鷲”のえじにとなるようにさだめられているのですから。
 
  神のみ言葉よ!あなたこそは私が魅せられ、愛し礼拝すべき“鷲”でいらっしゃいます。
 この島流しの地上に馳せ下って、人々を幸いな三位一体の永遠のかまどにまで引き寄せるため、
自ら苦しん死なれました。そして、永遠のすまいである無窮のかなたの光明に再びお昇りbになった後も、なお白いホスチアの形をとり、この涙の谷にとどまっておられます。
 あなたの尊いまなざしが生命を与えてくださることおをやめた瞬間、再び虚無の中に落ちてしまう私というこの貧しく小さなものを、永遠の鷲であるあなたは、ご自分の「からだ」で養おうとしてくださいます。
 
 おお、イエズスさま!感謝のあまり私は言います。あなたの愛は愚かでさえあると。
 あなたの愚かさを前にして、私の心があなたのところに飛んでいかずにいられるでしょうか。
 どうして私の信頼に限界を設けることができましょう・・・? 
  ああ!私は知っています。あなたのために聖人たちも愚かなことをなさいました。
 彼らは鷲でしたから、偉大なことをしました・・・・。
 
   イエズスさま、私は偉大なことをするにはあまりに小さすぎます。イメージ 4
 私にとって愚かさとは、あなたの愛が私をいけにえとして受けて下さることを希望することです・・・。
 
私の愚かさとは、神聖な鷲(キリスト)の翼そのもので、愛の太陽の下に飛んでいく恵みが与えられるよう、兄弟の鷲たち(偉大な聖人方)に取り次ぎを願うことです・・・。
 
  おお、私の最愛の方よ!あなたが望まれる限り、あなたの小鳥はいつまでも力も翼もないものでいましょう。小鳥はあなたの愛なるまなざしに魅せられ、あなたの愛の餌食となりたいと思っています。
 
 最愛の鷲よ、いつの日か必ず、あなたは小鳥を迎えに来られ、いっしょに愛のかまどに、連れていってくださるでしょう。そして小鳥がいけにえとして身を捧げたこの燃える愛の淵に、小鳥を永遠に沈めてくださるでしょう。私はそう希望しています・・・。
 
 
 とっても長い引用になりました。しかし、この個所はテレーズの神様の慈しみ深い愛に対する、限りない信頼の心が表現されているように私には思えるのです。テレーズの素晴らしい言葉はまだまだ、たくさんありますが、それはまた次の機会に紹介したいと思います。
 
 
今日のロザリオはベリルです。イメージ 5
ベリルはベリリウム鉱物のことで、(緑柱石)の種類です。アクアマリンやエメラルドの他にも、ピンクのモルガナイト、黄緑のへリオドールなども含まれます。体、心、魂、精神を癒し、ストレスを和らげる効果を持っています。不安や心配を沈め、光をもらたします。愛と調和の石と言われています。
愛と調和を含め、テレーズの持つ多彩な面は、このロザリオにぴったりな気がします。マリア様をお母様として大切に思っていたテレーズがロザリオが苦手だったという微笑ましいエピソードもありますが、きっとテレーズが一緒にマリア様を賛美して下さると思います。
 
 

この記事に

閉じる コメント(24)

クリスチャンのブログから入りました。
「日本でも最も親しまれている聖人の一人だと思います」
全然存じ上げませんでした。感動しましたよ。どうしてお若くして亡くなられたのか・・・

2010/5/21(金) 午後 10:31 ten*i*ika*ru*000 返信する

顔アイコン

ミカエルさんはじめまして、訪問有難うございます。会則の厳しい修道会に入っておられました。もともと体の丈夫な方でなかったので、結核になってしまい、早くに亡くなられました。姉妹は他に4人いますが、この姉妹がみんな長寿だったので、列聖調査の時に、とても助かった様です。

2010/5/21(金) 午後 11:59 [ アベマリア ] 返信する

こんにちは〜
「幼きイエズスの聖テレジア」の自叙伝を教会の図書で
お借りして読みましたが最後のほうは読み切れずに
返却しました。また時間があるときに借りてこようと
思います。こちらでも読ませて頂きますね〜

2010/5/22(土) 午前 11:02 [ - ] 返信する

顔アイコン

僕の心の、いとも小さい事。
神の恵みに、感謝します。アーメン。
それから、わたくし事ですが。
千代さんと、いつくしみさんの、ゲストブックに、
僕の体験した、奇跡らしきものを、色々書きました。
もし、手が空いたら、覗いて見て下さい?

2010/5/22(土) 午後 7:36 [ 西の国 ] 返信する

顔アイコン

rainさん、素敵な霊名を選ばれましたネ。いよいよ洗礼ですね。おめでとうございます。とてもうれしいいです。
テレーズもマリア様大好きだったんですヨ。お祈りの時のマリア様のお役目について、分かりやすく書いておられて、わたしもいつも参考にさせてもらっています^^ 洗礼の喜びに・・・
デオグラチアス!!

2010/5/22(土) 午後 8:53 [ アベマリア ] 返信する

顔アイコン

西の国さん、コメントありがとうございました。「小さなものであること」これこそ、テレーズがいう、天の国へのエレベーターです。だから、小さくて良いんですよネ^^
ゲストブックの奇跡の話、心に響きました^^

2010/5/22(土) 午後 9:15 [ アベマリア ] 返信する

幼き聖テレーズは「愛の天才」だと思いますね。
僕は自叙伝を何度も読み返しています。
最近出版された、『モーリスとテレーズ』という本は一読に値すると思います。モーリスという神学生への祈りの依頼にこたえて、幼き聖テレーズが、彼女の発見した愛の神学を往復書簡の中で見事に表現しています。彼女の死の直前のものです。

2010/7/24(土) 午後 10:26 [ レオ-ネ ] 返信する

顔アイコン

レオネさん、こんにちは「モーリスとテレーズ」はあれは素晴らしいですネ。テレーズの霊的指導の本っていっても過言じゃないと思います。モーリスの挫折の度に、テレーズの言葉があって、まるで自分のことのように励まされました。また、読みなおしたいです。
「私の使命、それは愛です」って私もなりたいです^^

2010/7/29(木) 午後 11:24 [ アベマリア ] 返信する

「モーリスとテレーズ」、ホントによい本ですね。
僕はこの本を読みながら、テレーズが自分に語りかけてくれているように感じ、何度も涙しながら読みました。
幼き聖テレーズの「小さい道」以外の方法で天国を目指すのはやめようと本気で思っています。

2010/7/30(金) 午前 6:51 [ レオ-ネ ] 返信する

顔アイコン

レオネさん こんにちは。
テレーズの「小さい道」を大切にしたいですネ。
自分自身の小ささを喜べるようになれたらと思いますが、なかなか難しいです。でも、小さなものをエレベーターで上げてくださるイエス様のみ手によりすがって、もっともっと小さなものである事を喜びとしていけるようになりたいです。テレーズのような謙遜さが、必要ですネ。謙遜の賜を日々、願っています

2010/7/30(金) 午後 8:25 [ アベマリア ] 返信する

顔アイコン

アベマリアさん こんばんは.。o○ なでしこです。

私のブログに訪問してくださり あたたかいコメントも
ありがとうございました^^
とても うれしかったです♪

マリア様のやさしい御心に包まれるような
すてきなブログですね*:・゚☆
ほ〜っと 癒されます^^
手作りされたロザリオたちも とてもきれい*:・゚☆

7月の誕生日に お友達からいただいたカードが
聖テレジアでした。
どんな方なのかしら?と気になっては 調べたりしていましたが
よくわからなくて・・・
アベマリアさんが 彼女の自叙伝の「小鳥の精神」を紹介して
くださり 教えていただいてありがとうございます^^
うれしいです♪
そうして 聖テレジアに惹かれるようになりました

アベマリアさん これからもどうぞよろしくお願いいたします
また 遊びに来させてくださいね♪

心をこめて・・・ from なでしこ 削除

2010/8/13(金) 午後 10:58 [ なでしこ ] 返信する

顔アイコン

なでしこさん。コメントありがとうございます^^
テレーズのカードですか。優しい頬笑みを浮かべておられたことでしょうネ。本当に素晴らしい聖人です。私も大好きです

2010/8/14(土) 午前 8:30 [ アベマリア ] 返信する

顔アイコン

自分が小さくて弱い・・・下をみるとすぐに虚無に落ちそうな・・・そういう気持ちをテレジアさんも味わったのですね でもいつも上を見あげて永遠の愛と一つになることだけを願う 私もそのような神様の子で有り続けたいです

2010/8/15(日) 午後 0:19 [ エンジェルエスタ ] 返信する

顔アイコン

エンジェルエスタさん、コメントありがとうございます。
色々な出来ごとの中で、自分の貧しさに出会ったり、闇に出会ったり、そんな自分に嫌になったら、神様の愛を見つめると、喜びを感じますね。テレーズが言っていることが良く分かる気がします^^

2010/8/19(木) 午後 5:14 [ アベマリア ] 返信する

顔アイコン

テレーズのすごいところは、苦しみに対する姿勢。人生で避けられない苦しみに対して、神への感謝、そして最後には苦しみに対して喜びさえも感じて完全に打ち勝ち、乗り越えます。この領域まで到達する人は滅多にいないでしょう。たとえ聖人でも。僕も見習わせていただいています。☆☆☆主の平和とキリストの愛☆☆☆ガブリエル♪

2010/9/2(木) 午後 11:35 [ ☆ Gabriel ☆ ] 返信する

顔アイコン

沈黙と微笑みもテレーズから学んだこと!☆☆☆ ときに、人の話に答えるよりも、沈黙を選ぶのが、神のみ旨という時があります。そういう時に微笑んで沈黙を選びます。☆☆☆主の平和とキリストの愛☆☆☆ガブリエル♪

2010/9/3(金) 午前 0:24 [ ☆ Gabriel ☆ ] 返信する

顔アイコン

そして同時にそんな時、心では感謝して苦しみを耐え忍ぶのです。♪

2010/9/3(金) 午前 0:25 [ ☆ Gabriel ☆ ] 返信する

顔アイコン

peace in christ さん、コメントありがとうございます。
テレーズは、カルメルの霊性を深く生きた聖人ですね。イエス様の声を聴くために「沈黙」ということの大切さを思い出させてくださいます。この騒がしい世の中で、「沈黙」という時をとって、イエス様の声に耳を傾けたいです。
ほほ笑みは、すべての平和の始まりですネ。マザーテレサが、「あなたがほほ笑みたくない人に、1日5回ほほ笑みなさい」と言っていましたが、テレーズの生き方の実践ですね。
私もほほ笑みを大切にしたいと思います。

2010/9/3(金) 午前 7:46 [ アベマリア ] 返信する

顔アイコン

アベマリアさん、ありがとう。そう、カルメル山登はんという表現がありますね。信仰の旅のこと。ユダヤに実際にある山。オリーブ山は有名ですが(昇天)。その山を登り切っても、さらに愛の山は無限遠に続く一生続く奥の深い高い山。ただ、神のみ旨である愛のみに生きる。神と人・被造物。一瞬一瞬、対象は変わっても。まだまだつまらないことに捉われる弱い自分と闘いながら、でも主の愛は常に共にあってくださる。神に感謝・キリストに賛美!☆☆☆主の平和とキリストの愛教会☆☆☆ガブリエル♪おふたり、そして皆の霊魂が常に護られますように!

2010/9/3(金) 午後 10:05 [ ☆ Gabriel ☆ ] 返信する

顔アイコン

peace in christ さん、カルメルの霊性に興味があったら、十字架の聖ヨハネが書いた「カルメル山登攀」っていう本を読んでみると良いかも・・・神学者だから、ちょっと難しいけど、すごく深いことが書いてあります。

2010/9/3(金) 午後 10:21 [ アベマリア ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事