ここから本文です
茨城県つくば市の「リーガル翻訳サービス」より、面白い英語表現その他気になることについてつづります。

お知らせ

過去の英語に関する話題は
http://fujikubo-translation.com/
に移動しました。


〜翻訳スタッフの英語あれこれ〜
というタイトルのブログです。
英語に興味のある方はぜひご覧ください。

ブログのNo. 11~41まではすぐに開かない場合がありますが、
その場合はNo.1~10のどれかを開いてから11~41をクリックすると開けます。

(58) 卒業証明書

あるお客様から問い合わせをいただきました。「20年以上前に卒業したオーストラリアの高校から卒業証明書を入手したい。でも、その学校は今もう存在しないので、どうしたらいいか」とのことでした。


新しいキャリアを目指して再度学校に入学するため、過去の学歴の証明が必要なのだそうです。

そこでかつての学校の住所から、シドニーの教育委員会を探したところ、NSW EducationStandards Authority (NESA) という機関が見つかり、メールで問い合わせをしました。

すると1時間後には返事が来て、申請フォームが添付され、以下の書類とともに申請するようにとの指示がありました。

Proof of identity (申請者の身分を証するもの):パスポート、運転免許証、出生証明書のコピー(真正コピーであることの証明が必要、証明者はオーストラリア大使館、公証人、 solicitor,office of British Councilであること

②上記証明書の姓が在学時の姓と異なる場合は、それを証する婚姻証明書または他のlegal document(s)(日本の場合は戸籍)の英訳および訳文に対する公証
 
さっそくお客様から必要書類を送っていただき、翻訳+公証の取得、申請書類に必要事項を記入して、お客様に書類1式を送付。

ご本人が申請書に署名後、担当部署に送って作業完了です。

その後約10日で証明書が送られてきました。
シドニーの役所の対応の早さには驚きと感謝でいっぱいでした。
 

(57) Spam

先日、ある研究所の方から論文の英語の校閲を依頼され、ロシアに住むカナダ人のチェッカーにメールを送ったところ、3日経っても4日経っても返事が来ませんでした。いつも反応が早いのに、これはどうしたことか?もしや重大な病気?とか、たいへん心配したのですが、6日目にこんな返事がきました。


Wow--these got spammed somehow, Komrad,very sorry!
Just by a fluke, I was checking Spam, and there they were!
I've 'de-spammed' you.

スパムを動詞として使っているので面白いなと思いました。

さらに、
by a fluke??「これは何?」と思って調べましたら、unintentionally, unexpectedly, by chance, accidentally, (「まぐれあたり」とか「幸運」) といった意味でした。

fluke: something good that happens because of luck

I'll have to win more than once, otherwise people will think it was a fluke.










(56) ネコ好きさんへ


お隣のネコ好きおばちゃんが、うっかり餌をあげてしまったら図に乗って毎日餌を要求する子ネコちゃんたち。オス2匹,メス3匹もいるので、近々避妊手術をする予定。


オス2匹はお隣さんが飼いたいと言ってる。我が家は先住の「みーたん」が、ものすごく甘えん坊で怖がりで、赤ちゃんネコでも逃げるので飼えず、こまっとります。ネコ好きな人誰かもらってくれませんか〜??

生後6〜7か月、穏やかでなつっこくて性格良し。ワクチン打ってから里子に出す予定。キーウィの棚から屋根に上って楽しそうに遊びます。かわいい〜です。




3匹は月曜に揃って千葉の里親さんのお家に行く予定だった。ところが!昼までには病院に母さんを引き取りに行く約束なのに、白黒ちゃんをうまく捕獲できない!

ここはとりあえず、黒ちゃんだけ連れて行こうということになり、白黒ちゃんは家に残して病院へ向かった。母さんは結構泣いて先生は大変だったみたい。疲れた様子だった。

さて、もらわれ先のお家は庭が広くて、畑やら木々を風が通り抜けるお家だった。奥さんとおばあちゃんと少しお話しただけで、優しくてネコ好きと分かる家族だった。とてもとても安心!!

良かったね〜と安心して夕方帰宅すると。ナント、あんなに苦労した白黒ちゃんが捕獲機に入ってじっとしていた。うっかり餌を入れたまま「捕まえますよ」状態で
出かけてしまったのだった。あ〜〜〜〜何と可哀そうに。たった一人で知らない家に
意味も分からず変な鉄格子の容器に入れられてしまった白黒ちゃん。

すぐに出してあげたけど、黒ちゃんがいないし、娘と私を見る度に飛んで逃げる。その姿のかわいいこと!ところが一人になった理由の分からない彼女(多分)はその夜ずっと怒って怒って私の方を見て叫び続け、疲れると半分眠りながら夢でまた叫び続けた。小さな体から怒りを込めた大きな声で人間を非難しているようだった。

翌日は朝一で白黒ちゃんを壁のコーナーに追い込んでうまく捕獲器に入れることができ、再度千葉県八街市に向かった。3匹の再会の喜びの期待に胸を躍らせて。

結果は黒ちゃんの異常な喜びと、黒ちゃんの歓迎ぶりにびっくりしながらもおずおずと幸せいっぱいの白黒ちゃんでした。2匹は互いに矯めつ眇めつ乗っかり乗っかられ、傍で静かに座っている母さんネコが私たちには不可解だった。

そんなこんなで捕り物帳全巻は3週間弱で了!

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事