NO TITLE

ここの存在をほとんど忘れていました・・・申し訳なさ過ぎて、また機会を見て復活したいと思います。今まで本当にありがとうございます。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

だいぶあけましたね。

ブログも年も・・・

年明けからなぜか時間に追われ、12月の忙しさが続いているような、
そんな気分で、年明けだ!心機一転的な感じがありません。。。

いつもなら、心機一転ででているのかというそうでもないのかもしれませんけど。

で、今は実家に戻ってきています。

いや、出戻っているわけではなく、冬の長期休暇のための帰省です。
下宿先にいても、友達は散り散りになってますし、やることもなし。

で、実家なら暇だろうと思いきや・・・
家庭教師のバイトに追われています。

巷の中学・高校生たちは今学年末テストに追われているのです。
つまり、その対策のためにフォローを頼まれる、
いわば掻き入れ時なんです。。。

時間の都合がつくのがメリットである家庭教師も、
今は缶詰です。

半狂乱になりながら、教えて、
わかるようになってくれると小躍りなんかしてます。

大変だけど、わかってくれたかと思うと、
達成感を感じて、これはこれでなかなかという感じです。

と、それはいいのですが、
今週からが死ぬほど忙しいです。
いや、ここ数年で感じたことがないほどのハードスケジュールです・・・

乗り切れるのかな。。。
来年にはつえをついて歩いてそうなほど、
体がねを上げている毎日です・・・

というわけで、今年もこんなまりもーまんをどうぞよろしくお願いいたします。

おわりとはじまり。

はじまりがあればおわりがある。
そのおわりがまたはじまりになる。


今月に入って、私の大好きなアーティストが2組も解散することになりました。
その2組ともがデビュー当時から知っている、
本当に大好きなアーティスト。

まず、10月2日に引退の発表のあった、
Natural High
女性デュオで、ピアノとボーカルの構成。
どこかあか抜けない、
でも、ほっとするときに力強いボーカル。
ボーカルと協調し、
力強く、それでいてやさしいピアノの音。

2人目が本日発表になったmelody.
繊細で非常にきれいな歌声。
その歌声でスピード感のある楽曲も歌いこなしていく。

2組とも今年がデビューから5年の節目。
この5年間は、自分にとっても非常に、
激動期で、つらい時には、非常に救われたものです。
特にNatural Highは自分にとってかけがえのないアーティストで、
解散は非常に残念なんです。

どれだけ言葉でつづっても、
つづりきれないほど、
本当にこの人たちの歌は、
私をずっと支えてくれました。

売上のランキングなんてどうでもよかった。
他人から見たら、大したアーティストじゃないと思われるかもしれない。
そんなこと、本当に大した問題ではなかったんです。
私にとっては、キラキラした素敵なアーティストです。
こんな素敵な人たちだから、
このおわりもキラキラしたはじまりになるように思います。
本当に今までお疲れ様でした。
これからも、応援してます☆

‘手にしたいものが大きいほど失うものさえも大きくて、私はまだ少し迷っている。’
‘いったい何のために、私たちは今を、追われるように生きているの?
 誰のためでもなく確かめるすべもない。だけど信じたいよ・・・
 いつかわかるって。いつか届くって。
 これでよかったと言い切れる時が来ると。’

*2nd Single 愛カタリ c/w花舞う風
*8th Single 始まりの人 より一部引用。

めばちこ。

ずっと前に、大阪の大学に行った友達が帰省した時のおはなし。

久しぶりに会うというのに、
‘ものもらい’になって腫れた目で会うはめになってしまった。
でも、隠すのなんて眼帯くらいしかないし、
そんなものをしていった暁には、
心配されたきりで到底普通に喋れない。

で、包み隠さず腫れた目をひっさげて友達と会った。
案の定、腫れた目を大笑いされ、
‘めばちこ’と連呼された。

ここで攻守逆転。

なに??
‘めばちこ’??
周りの友達と、散々バカにしてやった。

どうやら‘ものもらい’にはさまざまな方言があるらしい。

私の地元愛知では‘メンボ’とよぶ。
東海地方では、だいたいこの呼び名のようだ。

だいたい、‘メンボ’くらいで、
何かがはじけたようなたいそうな言葉だと思った。
散々バカにして、大笑いしたのを覚えている。

今日は立場が逆転した。

友達が、珍しく眼鏡をかけてきたので、
なぜか問うと、‘めばちこ’ができたという。
だから隠しているのだと。

数年前のことを思い出し、
同じように‘めばちこ’をバカにすると、
周りから冷たい視線・・・

あぁ、環境が変わったんだ。
周りは大阪の子がほとんど。
どんなけ‘ものもらい’のことをなんていう??って聞いたって、
‘めばちこ’という答えが大多数。
ときに、‘ものもらい’って何??めばちこならわかるけどと言われる有り様。

‘メンボ’を散々バカにされ、大笑いされた。
今からじゃ、面と向かっては謝れないけど、
前笑ってごめんね・・・

最後に、京都の子に聞いたら、
‘メーボ’って言ってた。

ちょっと親近感。

おきがさ。

このお話は前回の記事‘あまがっぱ。’からの続きです。

帰る頃には、雨はやんでいました。
少し気を良くして、傘探しです。

題名のおきがさですが。
これは、この歳まで勘違いしていた単語です。
っていうか、この日友達に話して恥をかいたのです。
私は、折り畳み傘を置き傘であると思いこんで今まで生きていました。
どうやら違うようです。

置き傘(おきがさ)とは、突然の雨に備えて施設の玄関などの傘立てに置いた傘のこと。学校や職場など、毎日通うところに傘の持ち主が置いておくことを指す他、公共施設などで利用者のサービスの一環として置かれている傘を指すこともある。後者の置き傘は貸し傘ともいわれ、江戸時代の呉服屋であった三井が「ふるまい傘」として店先に置いた話が有名である。〜Wikipediaから引用〜

はい。ぜんぜん違います。
でもいいんです。
かいた恥をどんどん上塗りします。
だから、今回はおきがさ=折り畳み傘で読んでください。

さて、そのおきがさを探しながらの帰宅です。
それはそれは隅々まで探して帰りました。

近くには小学校があるので、
おもちゃにされている可能性もあり・・・

田圃も竹林も道脇にもありとあらゆる場所を探しましたが、
見つかりません。

そんな中、雨まで降ってきました。
もう最悪です。

私の持論ですが、
探しものは、探しているときには見つからないものです。
今までだって、
勢い勇んで探していた時よりも、
探し物のことを忘れていた時のほうが、
絶対に見つかるものなんです。

そう思い直して、
自宅へ帰宅しました。

思い直しても、
やはりへこむものです。

凹みにへこんで、
自宅のドアの前までいくと、
おきがさが落ちていました。

まさか、家を出て早々に落として気付かないとは・・・
さらに凹みむと同時に、少し得した気分になりました。

やっぱり、自分にとっては、
折り畳み傘もおきがさだったようです。
うん。

あまがっぱ。

お久しぶりです。
ブログの書き出しは、いつもこれだ。

毎日更新しようと思っても、
書くことがないor時間がない。
なれたらいくらでも書けるのだろうけど・・・

さて、今日はあまがっぱの話です。
あまがっぱの話だけれど、私はあまがっぱを持っていません。
あのビニールを被るような恰好はどうしても受け付けないのです。

でも、いいかげん買わないといけないなと思うのです。

今週の火曜日は雨でした。
最初は怖かった原付もうまく乗れるようになって、
最近では、雨の日も一緒に通学するようになりました。
でも、あまがっぱがないのです。

雨の日には、冬用の半防水のコートを羽織って、
折り畳み傘をかばんにしまい出発するのです。

今日は小ぶりだなと歩いているときに感じても、
原付で受ける雨は砂利を投げつけられたように痛くて、
そして、たくさんぬれます。

例によってこの日も着いたころには、
びしょぬれで、またタオルも忘れたので、
服で顔を拭いてと、もう散々な状況でした。

でも、これだけでは済まないのが私。

どうやら、途中で折り畳み傘が落ちてしまったようです。
何回かばんをあさっても出てきません。
この駐輪場から校舎までは10分ほどかかります。

最初に言っておきますが、
頭皮に直接雨を受けることは、
私にとって禿げる日へのカウントダウンを、
一歩また一歩と進めることになってしまいます。

これは避けたい。

ここで、選択肢はこちら↓
.悒襯瓮奪箸鬚ぶって校舎へ侵入
▲奸璽匹ないコートを頭からかぶって校舎へ侵入
あきらめて帰る
い世譴心やさしい人に傘を借りる
以上です。
とにかく短時間にない知恵を絞って考えました。
⇒,匹控えめに見積もっても、不審者。=却下。
⇒△匹控えめに見積もっても、警察に同行される容疑者。=却下。
⇒どう控えめに見積もっても、今までの行動が無駄になる。=却下。
⇒い匹控えめに見積もっても、、この雨の中傘を貸してくれる人などいない。=論外。
さて、困りました。
 ↓◆↓の中から選ばなければなりません。
選んだのは、

人目をはばかりながら(無理)足早に10分の道のりを歩きます。
ちょっと小走りでした。
小走りの容疑者です。
もうテレビから出てきたといわんばかりの。

そんな、苦労しても、やはりぬれてしまうものはぬれてしまいます。
友達に笑われ、自分のドジさに嫌気がさした火曜日の午後でした。


あ、この話、続きます。

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事