BIJUの徒然日記帳

お久しぶりです。愚痴だけのブログです。

全体表示

[ リスト ]

なぎいへのメール

 今日はお仕事中、お邪魔してしまい申し訳ありません。
 ついつい、いつもの調子でくだらないことを長話してしまいました。ごめんなさい。
 お話した絵本の件ですが、エドワード ゴーリーという作家で、愚かなではなくて、「うろんな客」という、タイトルでした。

 本題の前に言い訳をひとつ。
 私がメールを送らないのは、なぎいに対しては言葉でもちゃんと話せるからです。私は人と話せるまで案外時間がかかる上に、話せるようになっても、少しでも時間が経つとすぐに距離を取ります。急に敬語になるので相手が困惑しますが、そうしてしまいます。
 それでは私も寂しいのか、文章となるとそれはそれは長く書いてしまうので、ある人に、君は文章になるとおしゃべりだと言われたくらいです。

 話を戻しますが、絵本というものは腹が立つことに非常値段高く手を出しづらいジャンルであります。それを考えるとエドワード ゴーリーの絵本は、まあ、安い方なのです。とはいえ、1冊千円はするし、彼の絵本が古本やに並ぶことは絶対ありません。人気があるからですが。
 では図書館で、となると、さすがに彼の本を間違って子どもの絵本コーナーに並べる図書館司書はいないわけで、ジャンル分けが難しく置いてあるところが少ないので、ただで見ようとするなら蔦谷しかありません。
 あ、ビレッジバンガードでも読めます。
 その中で厳選して一冊だけ買ったのが、うろんな客 と言うわけでした。それと、「不幸な子ども」とだいぶ悩んだのですが、どれにしても、エドワード ゴーリーの絵本に外れはありません。これは個人の見解ですけども。
 ただ、読んだ後、心がすさむ可能性がありますので注意してください。救いがない絵本なのですが、圧倒的な不幸というわけではなく、日常ありえるような、そんな不幸をただ淡々と絵と文字にしています。けれども、当たり前の不幸な風景は、望んだわけでもないし、自分が引き寄せてしまったわけでもない、だけど現実に起っていて、それを回避することなんてできないという、私にはしばしば起る日常ですが、それを理解できる大人が、ページを繰り、苦笑いをし、絵の魅力と世界観に癒やされるという、不幸が不幸でホッとする、なんか哲学みたいな絵本です。だから、子どもに見せよう視線で接触すると不快に思うだけです。
下記のリンクにアクセスしてください。登録すれば無料で読めます。


 最後に、「海の上の少女」ですが、言い訳すると、私が迷ったのは理由があったのですね。時代や訳、出版社によって、「海に住む少女」とか、「海の娘」とか統一していないようなので、「ジュール・シュペルヴィエル」
探すのが一番良いようです
 それにしても、私が持っている本は載っていませんでしたので、もう廃版になったのだと思うと、今発売されている本の訳がちょっと心配ではあります。どこかのレビューにありましたが、このお話はやはり今時の言葉ではなくて、古い文体の方が合うように思います。私も、この本を、改めて複数本買うつもりです。今日、お話したプロジェクトの、犠牲者のお母さんと、なぎいと同じ地区に住む代表の方に差し上げようかなと思っているのですが、う〜ん、なぎいの感想待ちにしてもいいですか?
 実際に震災で海で死んだ娘を持っている方に勧めるにあたり、ちょっと慎重になろうかと思います。

 以上ですけど、ブログに挙げてお話してしまってごめんなさい。長くなった事が一番の問題なのですが、私が使っているGメールは、受信箱等の使い勝手は悪くなにのですが、コピペができなかったり、文字の色が突然変わったり、フォントが変わったりと、ネットにも載っていますが、メールをするのに非常に不具合が起ります。
 で、打っているうちに文字はカラフルになるし、大小様々になるしで、もうイヤになって、こんな方法もいいんじゃないかとこちらに載せてみました。
 また連絡します。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事