Marine Securities

マリン証券から“マインドフルネスな”投資情報をお届けします。

独り言

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

やったね!松坂

<松坂、真価問われる2戦目=デビュー戦では手の内見せず−米大リーグ>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070406-00000105-jij-spo

早くも2戦目に興味は移りましたか...
松坂の私の勝手な予想は以下です。

第1戦は、ソロホームラン1本による1失点、10奪三振と、素晴らしい内容でメジャー初勝利。
私の目には、やはり変化球が素晴らしく、メジャー強打者とてもなかなか打ち崩すのは難しそう、と感じました。
また、ゆっくりしたフォームから繰り出される速球も、実際の急速以上の体感スピードで、慣れないメジャー打者には有効だったようです。

今後については、今回のように、変化球も多用し、配球パターンも的を絞らせないようなクレバーな投球を続けていけば、相当に勝ち星を上げられのではないかと思います。ただ、150キロ超のスピードはメジャーリーグではごく普通の速球です。今後、もっと強打者のいるチームと対戦する場合には、直球をホームランされる場面にちょくちょく出くわしていくような気がしています。
もしかすると、そんな試合が続いて、一時的にスランプに陥る可能性もあるかもしれませんね。

もし、そんな状況に陥っても、変化球を織り交ぜる注意深い投球を実践できれば、強打者も抑えて、勝利を積み重ねていくことができるでしょうね。

20勝&MVPを期待しています。

ピラミッドは「内側から作られた」=仏建築家が新説

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070401-00000546-reu-int

「ピラミッドは奴隷が造ったのではなかった」
「ピラミッドは王の墓ではなかった」

と、教科書で習ったことを覆され、今度は、ピラミッドは外側からでなく、内側から作った、と。
真実は、実際にこの目で確かめないとわかりませんね。

開く トラックバック(1)

電通 鬼十則

企業勤めをしている人は、4月からまた新入社員が入ってきますね。
企業によっていろいろな研修プログラムが用意されていると思いますが、私がまず教えてあげたいのが、この「電通 鬼十則」です。

電通「鬼十則」はもともとは「広告の鬼」と恐れられた電通四代目社長・吉田秀雄が自分を律するために書きまとめた仕事の鉄則十ヵ条であったが、それが電通社員の間で話題となり、ついには口コミで他社のビジネスマンや企業にも広がり、いまやあの有名なGE社のオフィスにも飾られるほど多くの人に支持され、ビジネスマンの経典となっている。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

電通 鬼十則

一、 仕事は自ら創るべきで、与えられるべきではない。
二、 仕事とは、先手先手と働きかけていくことで、受け身でやるものではない。
三、 大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。
四、 難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。
五、 取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは…。
六、 周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地のひらきができる。
七、 計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。
八、 自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない。
九、 頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。
十、 摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
以下、英訳。

Dentsu’s 10 Working Guidelines

1. Initiate projects on your own instead of waiting for work to be assigned.
2. Take an active role in all your endeavors, not a passive one.
3. Search for large and complex challenges.
4. Welcome difficult assignments. Progress lies in accomplishing difficult work..
5. Once you begin a task, complete it. Never give up.
6. Lead and set an example for your fellow workers.
7. Set goals for yourself to ensure a constant sense of substance.
8. Move with confidence. It gives your work force and substance.
9. At all times, challenge yourself to think creatively and find new solutions.
10. When confrontation is necessary, don’t shy away from it. Confrontation is often necessary to archive progress.

東京ではとんと雪が降らなくなってしまったけれど、子供のころは、雪が積もると、わざわざまだ踏まれていないきれいな雪の積もったところを歩いて行ったなぁ。
大人になると、いつの間にかみんなに踏み固められて歩きやすくなったところを歩くようになっちゃうんだよなぁ。

ピカソの名言:
子供は誰でも芸術家だ。
問題は大人になっても芸術家でいられるかどうかだ。

パソコンは昨年の5月に購入したノートパソコン1台でやってきました。それが、LEDランプのところから異音が聞こえるんですね。今までいつもACアダプタを接続して使ってきたので気づかなかっただけで、どうやら初期不良のようです。LEDの異音だけなので特に実用上は問題ないですし、株式取引に支障をきたすわけではないのですが、そろそろ保証期間も切れるし、不良は不良なので直しておこうかな、と。

そうすると問題になるのが、修理期間中の株取引をどうしようか、と。どんな軽微な不良でも電化製品を修理に出すと数週間は戻ってこないのはわかっていたので...
携帯なんかじゃまともな取引はできないですからね。

そこでやむなく、代替機を購入することにしました。修理期間のための代替機というと随分非効率な話に聞こえるかもしれませんが、ちょうど子供たちにもそろそろパソコンを買え与えないと、と考えていたのと、やはり1台だけで取引を行っているのも、リスクヘッジ的にいかがなものかというのもあったので、決断は早かったです。

ま、決断は早かったものの、パソコンを購入するというのは、お金の支出というのもありますが、それ以上に、セットアップのことを考えるとちょっと憂鬱になりますよね?インターネットの接続とか、アプリケーションのインストールとか、プリンタの接続とか、もろもろ。

その代替機はインターネットで購入し、先週すでに届いていたのですが、なんだかんだ忙しかったこともあって、箱を開けずに今日まできてしまいました。そして本日は休日だったので、ようやく開梱してセットアップを開始。朝9時くらいに始めたのですが、やはり予想通り、セットアップが完了したのは昼の12時をちょい過ぎてしまいました。

それでも、昔に比べると、パソコンのセットアップも随分楽になりましたね。インターネットは無線LAN接続していて、マウスも無線タイプを使っていたので、パソコンを2台同時に使った時の挙動なんかもちょっと心配していたのですが、インターネットの方は1台目と全く同様に無線LANステーションのCDを入れてステーション側のボタンを2秒押しただけでセットアップ完了、IPも自動的に別のもが振られて同時使用も全く問題なし、マウスの方にいたっては何もインストールする必要もなく、レシーバーをUSBポートに接続するだけで完了、2台を並べて使っても全く干渉なし(こちらはマウスのデフォルトの設定IDが偶然別だったのでそうなった模様で、同じだったらID設定変更が必要だったようですが、もしそうだったとしても、マウスに付いているスイッチを1回押すだけで対処できるようなので、簡単だったと思います)。

かくして、2台目のセットアップが完了してめでたしめでたしだったのですが、もう一つ仕事が。
1台目を修理に出す前のデータのバックアップです。この作業は、パソコンに入っているID&PASSや個人情報を消去しておくためにも必須の作業になります。
持っているデータが思った以上に大きかった(デジカメからの画像がぞのほとんどを占めていましたが)ので、まずDVD-Rを買ってこなくてはなりませんでした。やむなく近所のディスカウントショップへ自転車で急行。10枚で600円台だったので、結構安いですね。たった1.4MBの容量の3.5インチFDが1枚何百円もしていたのがなつかしいです。

さて次は実際にバックアップ作業ですが、さすがに生ディスクにドラッグ&ドロップというところまでは進化していなかったですね。やむなくパソコンの電子マニュアルをひもとくと、バンドルソフトでできることがすぐにわかりました。操作的には、昔の“ディスクに焼きこむ”という感覚よりも、“ディスクにコピーする”という感触に近いですね。やっぱ、スーパーマルチドライブ内蔵機種にしておいて良かったです。

こんなことで、どうにか私のパソコンリスクヘッジ作戦はどうにか成功裏に終わったのですが、その裏には一つだけポイントがあったと思います。それは、2台目に1台目と同じXPマシンを選んだことです。Vistaは今まで使っていたドライバやソフトが対応していない恐れが高いので、苦戦する可能性が高いです。今ならXPマシンは旧機種的な扱いで価格も安くなっていますし、既存の周辺ハードやソフトの方の対応も安心なのでおすすめですね。これからやろうと思っている方に、これは結構有意義なアドバイスだと思っています。

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事