チェロ輪マン

今年も仕事、音楽、山、etc.・・忙しく充実した年になりそうな予感がします。

登山とトレーニング

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全16ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

千葉マリンマラソン

第38回千葉マリンマラソンに参加した。
会場は千葉ロッテマリーンズの本拠地QVCマリーンフィールド(旧マリンスタジアム)
イメージ 1
 
昨夜からの雪で開催が心配でしたが、晴天になりマラソン日和になりました。
富士山も大きくハッキリと見ることができました。
 
イメージ 2
 
マリーンズで去年大活躍しベストナイン賞の鈴木大地選手がゲスト参加。マスコットのマー君と。
 
イメージ 3
去年と全く同じタイムで完走することができました。3年間同じタイムになるように時計を見ながら走りました。
急ぐと苦しく疲れるのでゆっくり景色や前後左右の人を観察しながら楽しむことを心がけます。
(あと2Kmからは苦しいですが・・・)
イメージ 4
ゴールはスタジアムの中でこの日はグラウンドに入れます。観客席は満員でした。
 
毎年マリンマラソンを走って新年を迎える感じです。

甲斐駒ケ岳

南アルプスの甲斐駒ケ岳に行ってきました。
今回で3回目ですが北沢峠テント泊の楽なコースでした。
イメージ 1
 
今回は中央高速伊奈ICから仙流荘前から北沢峠行きバスで北沢峠まで50分。
朝4時に千葉県の自宅発。13時発のバス。
イメージ 2
北沢峠のキャンプ場着14時頃。3日連休の最終日でしたのでまだテントが約50張りあり混んでいました。
その後帰る人達が多くこの日テントは20張りでした。
右上に微かに甲斐駒の摩利支天が見えました。
 
イメージ 3
翌日5時半登山出発。
夜明け前は小雨で天候が心配でしたが出発時は上がり、天気予報も回復するとのことを信じて・・
7時に樹林帯を抜けて「仙水峠」2264m着。雲の間から甲斐駒の「摩利支天」が圧倒的な迫力で見えました。
 
イメージ 4
花こう岩の白色甲斐駒頂上付近。昨夜仙水小屋に泊まった30名の団体が下りてきて摩利支天に向かって行く
所です。左奥に見えるのは登って来た「駒津峰」2740m。
駒津峰からここまではかなり難度の登山路でした。北アルプスだったらロープやクサリ、ハシゴが付いているだろうと思われる所も何もなくスリルがありました。(途中で引き返した女性もいました)
 
イメージ 5
甲斐駒の頂上が見えてきました。あと一息。
 
イメージ 6
甲斐駒ヶ岳 頂上 2967m。 あいにく曇りでした。
10時40分着。北沢峠出発から4時間。
イメージ 7
下山の頃は天気良く、振り返ると甲斐駒が良くみえました。 右側のピークが駒津峰。その右側が登ってきた
仙水峠。下山路は展望の良い双児山経由としたが晴れてきて正解でした。
 
イメージ 8
下山途中の双児山(2649m)からみた北岳〜間ノ岳〜仙丈岳、塩見岳・・・ず〜と見えました。
 
イメージ 9
北沢峠着 15時、テント撤収して16時最終バスで帰途。
 
≪感想≫
・今回で3回目でやっと甲斐駒に慣れた感じです。
 途中で話しをした60歳代の男性Tさんはもう20回位登っているとのことでした。
 私が北岳や甲斐駒の写真を沢山撮りましたが全然撮りません。何故かと聞いたら何回も来ているので写真の 整理が出来ないから。なるほど・・
 2週間に一度のペースで山行しているので生活が山です!羨ましい
 
・年々体力が落ちて行くことを実感した。 先週は笠森でトレーニングをして臨んだがやはり登りでは
 若い人たちに追い抜かれる。
 
・今回は仙水小屋泊(完全予約制)予定だったが団体客があり止む無くテント泊に変更した。
 でもバス停からキャンプ場までは近いので楽でした。贅沢して二人用のテントに一人でゆっくり寝た。
 携帯も圏外で何も聞こえず、過去〜現在〜これからの事などじっくり考えながら過ごすことができた。
 
・データ : 登山時間=9時間/日 、3万歩、17Km 

杓子山

 
今年の初登山は「杓子山」
今年から仕事再開したのでなかなか山に行けなかったが
ゴールデンウイークで大渋滞覚悟で出かけた。
 
 
イメージ 1
早朝5時にアクアラインから東京湾の北側に「筑波山」が見えた。
この辺りでは1番高い山なんだな〜 と!
イメージ 2
午前8時登山口に着。着替えて登山開始。
イメージ 3
先ずは手前の高座山(たかざすやま)1340m を登る。
天気も良く、5月の風も気持ちいい〜〜
イメージ 4
犬連れのグループもいた。
 
 
イメージ 5
富士山は雲の合間から見えるだけでしたが迫力がありました。
 
イメージ 6
 
ハンググライダーで飛び降りる人もいました。真下が忍野村です。
 
イメージ 7
南アルプスの白根三山(北岳、間ノ岳、農鳥岳)他が見えました。
 
イメージ 8
杓子山1598m 着 11時。
あいにく雲が出てきてほんど富士山は見えませんでしたが昼食1時間かけてゆっくり休憩。
 
イメージ 9
午後1時30分 登山口に無事下山。
いつもは山中湖近くの「紅富士の湯」に行くのですが混雑が予想されたので杓子山近くの
「不動の湯」に入ったがなかなかシットリとした温泉で落ち着ました
 
≪感想≪≫
①ゴールデンウイークなので色々な人、グループがいました。
 ・若いカップル・中高年の夫婦・オジサン達・オバサン達・子供連れの夫婦・単独行(男女)
 ・愛人同伴・犬連れ・トレイルランの山ガール・・と何でもありでした。
②天気は良かったが富士山の周りは雲が多くよく見えなかった。
③杓子山頂上に着いたのが11時でしたがその前から頂上のベンチを独り占めして酒盛り
 をしているオジサングループがいて大声で山の自慢話をしていて私が帰る時もまだまだ
 酒盛り真っ最中でした。他の人たちは仕方なく付近の草むらにシートを敷いて食事でした。
 平日で人出が少ない時期ならいいでしょうが混雑時期に酒盛りで独り占めは??でした。
④久しぶりの山行でしたがやhり空気が良くリフレッシュ出来て良かった〜〜
  気持ち良い汗をかいて温泉で締めくくり、最高の一日でした。
 
昨日は九十九里浜の「さんむロードレース大会」に参加した。
天気が良くコースも平坦な10Kmを楽しく気持ちのいい汗を流しました。
イメージ 1
 
ゲストランナーはシドニー五輪女子の山口衛里さんでした。
イメージ 2
 
種目は 小学生  2.0km
      中学生 3.5Km
      親子   1.5Km
     一般    5.0Km
           10.0m

房州「御殿山」

8月の北アルプスがあまりにも強烈だったので9月はお休みでした。
モタモタしていたらもうすぐ11月なので10月の山は近場の房総の低山を軽く歩きました。
イメージ 1
南房総市の高照禅寺前登山口の駐車場着。広く立派なトイレも有り。
イメージ 2
駐車場には立派な看板もあり。登山道ではなくて遊歩道でした。
イメージ 3
さすがに遊歩道なので歩き易い道でした。
しかしかなり急坂の連続でしたのでゆっくり歩きました。
イメージ 4
途中の展望台は「大黒様」が祀られていました。
イメージ 5
登山口からゆっくり歩いて1時間で頂上の「御殿山」到着。房州低名山 364m。
イメージ 6
頂上からの展望。曇っていましたが、左から富山、伊予が岳、その奥が鋸山が見えました。
 
イメージ 7
頂上で船橋から来た犬を連れた男性と会いました。非常に躾が良くてリードなしでもしっかり付いていました。
隣の大日山まで行くのが普通みたいですが展望も変わらず丁度お昼になったので、昼ごはんを食べて
引き返した。
イメージ 8
帰る途中「久留里城」に立ち寄った。
 
≪感想≫
①今年の紅葉は遅い。もう少し色づいているかと思ったがほとんどなし。房総はあと1ヶ月か?
②御殿山は登り1時間、下り30分しかなくて「キナバル」の練習には不十分でした。
 11月は1000m位の山で練習しようと思いました。
 

全16ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事