ここから本文です
漫画を描いたり旅をしたりする散歩マンのブログ
自作の漫画や脱出ゲームをHP「散歩マンの漫画部屋」にて公開しています。感想、バグ報告はこちらのゲストブックかコメント欄まで。
東京23区は散歩マンが思ってたより広い。

というのも、
「今日も遠くへ来たもんだなあ」と、錦糸町あたりをぶらつきながら
そのあたりが東京23区の東の端くらいかとざっくりと思っていたので、
地図上で荒川の向こうに江戸川区と葛飾区があるのを見つけて
改めて自分のスーパーざっくり度に腰を抜かした!!からなのであります。

そしてよく見たらあーた、あの寅さんが住んでるのはまさに23区の端の端ではないですか。そう、あそこです。
葛飾区柴又。

会ってきましたよ。
イメージ 1
柴又駅の前に立ってるこの寅さん、なんで後ろを振り向いてるかと言うと
「お兄ちゃん!」
イメージ 2
いつものように、心配する妹の桜に別れを告げてるからなのです。

寅さん:「大丈夫だよ、サクラ。今度の旅はミミズくんと一緒だからな。」
サクラ:「じゃあ今度の帰ってきたら、このグジとてんとう虫くんも連れていってあげて。」
こんな寅さんシリーズがあってもいいと思う、
など妄想しながらご存じ帝釈天の参道を散策します。
イメージ 3
お馴染みの西新井大師同様、下町仕込みの「草ダンゴ」が名物みたいです。
イメージ 4
運よく作りたてを売っていた。
イメージ 5
年よりは注意しないと死ぬくらいやわらかい、そしてうまい!

ダンゴが食える参道を抜けると、はい!出ました。
映画「男はつらいよ」が一躍有名にした寺「柴又帝釈天」。
イメージ 6
と思ってたけど、この「お寺」ただ者ではありませんぜ、だんな。
イメージ 7
お寺の本堂などの壁には、日光東照宮も真っ青の
とんでもなく精巧な彫刻がびっしりとほどこられています。(有料です)

見よ!
生きているかのような龍が軒下に飾られてるよ、おいおい。イメージ 9
本堂は雨風をしのぐ囲いが増築されていますが、こんなすごいの
山門や手水場などにもほどこされていますのです。

あんまり精巧なので遊んでみました。
題して「グジ、危機一髪!」
イメージ 8

さらに驚いたのは、お庭も立派なこと。
イメージ 10
素敵な池もある!
イメージ 11
お庭を裸足のまま、渡り廊下をつたい散策出来るようになってます。
靴を脱げるので、とても気持ちがいい。
イメージ 12
ただの渡り廊下の欄間部分にも彫刻が飾られています。
イメージ 13
いやあ、「帝釈天」は寅さんのお陰で有名になったんじゃないのね。
行ってみないとわからんものです。

「帝釈天」の凄さをたっぷり堪能したあと、小岩駅まで歩き
そこからバスで「猿江恩賜公園」に向かいます。
ずいぶん陽が短くなりましたな。
イメージ 14
もうすぐ陽が落ちます。

落ちました。
ということで、闇にうごめくキモカワイイをコンセプトに最後の撮影です。
イメージ 15

日本一有名な下町を訪れて、素晴らしい芸術にも触れ
そして、散歩マンは思いました。

柴又、すげぇ遠い・・・・。

この記事に

突然ですが、
東京にも大仏様がいらっしゃることをご存じですか?

これです。
イメージ 1
ここは板橋区にある『乗蓮寺』です。
グジとの写真ではわかりずらいけれど、鎌倉大仏さんよりちょっと小さいかなー
という感じですかね。
でも、大仏様なので大きいですよ。
境内もキレイに整備されていて、この時期は紅葉に染まって美しさを増しています。
写真を撮り忘れましたが・・・・。

して、大仏様にご挨拶したあと、あまりに陽気がいいのでそのまま板橋区を北上。

到着したのは『高島平』です。
イメージ 2
森じゃん・・・。

そう。
すぐ隣は首都高ですが、高島平にはこんな原生林のような森が広がっている公園もあるのです。

しかも、ここは不思議の森。
な、な、な、な!!なんと!!葉っぱが宙に浮いてる??!!
イメージ 6
・・・・・のではなく、くもの巣に落ち葉が引っ掛かっているだけです。
つまり、あんまり人が来る公園ではないのかな、と。

さらに森を散策すると、
あ!
森に生息してるダンゴ虫くんを発見!
イメージ 3
ん?
待てよ?
イメージ 4
おおっ、ミミズくんとグジもやって来たぞ!!

てな感じに手間隙かけて遊びながら、さらに北上するとぶち当たるのはここです。
イメージ 5
お馴染みの『荒川』に到着。
左に見えるのは戸田のボートレース場です。
以前歩いた荒川の河川敷とは、また別の場所ね。

しばし歩くと小ぶりの桜の木が現れたのですが、よーく見ると
例の台風の塩害らしき症状が表れてません?
イメージ 7
春の開花に向けてつぼみは大きくなり始めているのに、枯れた葉がまだたくさん枝についたまま。
枯れ葉も緑のまま枯れてるし。
うーん、
春の花見が心配になった散歩マンでした。

この記事に

夜散歩

今日は
いつもと違うグジたちとの散歩です。

題して
『夜散歩』。
うーん・・・・、何とも言えない、大人な  ひ・び・き。

はい、ここは、夜の新宿でございます。
イメージ 1
子供は寝てなさいね、という日本一の繁華街の夜です。

新宿と言えば、こちら、
子供は決して来てはいけない大人の遊び場『歌舞伎町』です。
イメージ 2
カメラを構えていると、まさに!
歌舞伎町にふさわしいイケイケでアホアホな兄さんがポーズとってくれてました。
狙ったわけではなく、偶然このような写真になっただけです。

そう、これが日本一の繁華街なのです。

ホストクラブだと思われますが、センスがいいのを見つけました。↓
イメージ 3
ま、ミミズは相手にしてしてもらえないでしょうな。

夜の新宿で観光客に大人気なのが、ここ、『新宿ゴールデン街』。
イメージ 5
うーん、散歩マンのしょーもない写真技術では伝えきれてないけれど、
夜の『ゴールデン街』は、
とてつもなく
ゴールデンな雰囲気を醸し出しています。
イメージ 6
小さなお店はどこもお客さんでいっぱい。

そして、今や、観光客であふれる新宿の丸亀製麺は
看板も観光客しか相手にしていませんね。↓
イメージ 4

新宿は夜でもオサレな飲み物が飲めてしまうから素晴らしい。
行列を作るお店『The Alley』のタピオカミルクティが食後のデザート。↓
イメージ 7
おばさんには飲みずらい飲み物かな・・・・。
つまった・・・、喉に、でかい玉(タピオカ)がつまった!げほっ・・・・!!
でも、かすかにかおるエキゾチックな香りが美味しさを物語っていました。
げほっ・・・・!!!

そして、街は今来たるクリスマスに向けて、
豪華なイルミネーションであちこちが光り輝いています。

こちらは南口『バスタ』の近くにセッティングされたイルミネーション。↓
イメージ 8
Suicaのキャラクターも光り輝く。↓
イメージ 9

『ミナミルミ』といわれる新宿駅南口にあるサザンテラスのイルミネーションが、
新宿では一番豪華だと思う散歩マンです。
イメージ 10
ほら、グジが光の線で縁取られる美しさ!
素敵でしょ?

夜の新宿は、神秘的な空気が流れる街ですな。

この記事に

舎人公園を訪ねるグジ

散歩マンの愛する「とあらん」に会いたい。

と、思ったわけではないけれど
都営の一日券を購入すると、
まあまあ便利なのでつい乗ってしまうのが「都電荒川線」です。
イメージ 1
あ、運転席も「とあらん」だ!
イメージ 2
グジととあらん、夢のコラボです。

バスと鉄道を駆使して、やって来たのはここ。
イメージ 3
また来てしまった、「西新井大師」・・・・・。
芸がないね散歩マン。

でも、今回は「滝」を発見しました。
イメージ 4
名物の草ダンゴを購入して舎人公園を目指し、ゆっくり食べながら歩きます。
イメージ 5
やっぱり、西新井大師の草ダンゴは
柔らかくて上手い!

ペットボトルの蓋にもなる便利さ。
イメージ 6
置き場に困って置いただけだけど・・・・へへ。

途中、お相撲部屋を発見!
「玉の井部屋」と書いてありますね。
イメージ 7
今日は人気(ひとけ)がありませんで、お相撲さんは見かけませんでした。
残念。

しばし歩くとついに到着、
足立区最強の公園「舎人公園」です。
イメージ 8
でかいです。
広大です。
散歩マンの家の近所にも「光が丘公園」がありますが、
きさは甲乙つけがたい感じ。
ですが、
「舎人公園」の方が断然きれいです。(小声・・・・)
実際、園内には手入れしている作業員さんがあちこちにいました。
しょっちゅう行ってるけど「光が丘公園」でそういう作業してる風景は
あんまり見たことない気がする。(小声・・・・)
練馬区、頑張れよ!(小声・・・・)

池も林もあるよ。↓
イメージ 11

アンニュイな感じで一休み。↓
イメージ 12
実は、この撮影の直前に散歩中の犬に取り囲まれてたミミズくんです。
ガタブルガタブル。

景色のいい高台もあるよ。↓
イメージ 10

遊びも充実しててびっくり!
夏は遊べる池として解放されるみたいです。↓
イメージ 9
この他にも、テニスコートや野球場サッカー場、バーベキュー場、バードウォッチングなど、アウトドアな施設がいろいろ用意されています。

なにが素晴らしいって、あーた、
幸せだって転がっていますがな。↓
イメージ 14
まあ、この斜め左上にはう○こも転がってますけどね。
危うく指で突っつくとこだったわよ。

揃って一休み。↓
イメージ 13

わざわざ都営交通を乗り継いで来てよかった、いやむしろ、
毎日来たい!
と、思わせる素晴らしい公園でした。

この記事に

『掛川花鳥園』で目玉をつつつかれながら
鳥とたわむれるグジ。

あんまり飛ばない鳥ゾーンの先に、
ついに掛川花鳥園のドン「ハシビロコウ」が現れました!
イメージ 1
動かない!はずですが、今日のハシビロコウはまあまあ動いてます。
とはいっても、他の鳥に比べればやっぱりあんまり動かないですが。

そして、動く鳥に果敢に挑戦するも
やっぱりダッシュで逃げられてしまうかわいそうなコウガイさんなのです。
イメージ 2
もはや「助けてくれ〜!」と言わんばかりの鳥さんたち。
トホホ・・・・。

あんまり飛ばない鳥ゾーンからフラミンゴゾーンへ突入。
大きいフラミンゴから小さいフラミンゴまで
カラフルなのがうようよいます
(注:見た目が似てるだけで全部フラミンゴ扱いする無謀な散歩マンに
だまされちゃあいけないよ!)↓
イメージ 3
とにかくたくさん。
イメージ 4
ミミズくんはやはり警戒されない。↑
イメージ 6
ほら、フラミンゴも近寄りたい放題。
どうですか、このあおりショット!
フラミンゴをこの角度で見たことありますか?!

む?
変な鳥がグジに近づいてきたぞ。
というわけではなく、ショットが正面過ぎて
黄色いくちばしが顔面から垂れ下がる幕みたいになってるだけです。
横から見れば他の鳥同様、長いくちばしが現れます。
イメージ 7

そして、やっぱりつつかれるグジ。↓
イメージ 5
もはや、目さえどうでもいい攻撃が繰り出されます。

落ち着いたところで、『掛川花鳥園』定番の鳥
「オオハシ」さんと記念撮影。↓
イメージ 8
絵になるよねこの鳥。↑

突然ですが、問題です。
グジはどこでしょう?↓
イメージ 9
うまく溶け込んでるでしょ?

温室ゾーンを抜けると
その先はアヒルやら白鳥やら鴨やらが
大きな池に集結する水鳥ゾーン。
イメージ 10
ここでも、餌をあげまくってやりましたよ。

最後にフクロウケーキを、咲き誇る花ばなの下で頂きました。↓
イメージ 11
美しいでしょ?
花ね、花。

掛川花鳥園を一躍有名にした小さなフクロウ
ポポちゃんも健在です。
どーせみんな掛川花鳥園と言えばポポちゃんを話題にするでしょうから、
あえて
今回は他の鳥さんにスポットを当ててみました。

偉いなー、散歩マン。



この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事