イベント情報【マリヤ】

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全28ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

額の中が3次元!3Dクラフトとデコパージュの作品展がマリヤギャラリーで行われます。
ぜひいろいろな角度から額を覗いてください。
ほとんどの作品は販売しております。

3Dピクチュアとデコパージュで彩る
「大西 初惠 アート・クラフト展」

入場自由

期間
2019年6月13(木)〜18日(月)
10〜18時(最終日は16時まで)

会場
マリヤギャラリー(マリヤ手芸店3階)
〒060−0001
北海道札幌市中央区北1条西3丁目3番 
時計台前仲通
電話(011)221−3307

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

※本イベントは終了いたしました。
札幌在住の高橋博子さんは才能あふれるハンドメイダー。
刺繍・七宝焼き・ガラス絵・編みぐるみなどなど、長きにわたる創作活動の展示会を開催しています。
木っと見たあなたも作品からエネルギーを感じます。

高橋博子 私の手仕事展示

入場自由

会期
2019年5月31日〜6月4日
10−18時(最終日は16時まで)

会場
マリヤギャラリー
〒060−0001
北海道札幌市中央区北1条西3丁目 時計台前仲通
マリヤ手芸店3階
011−221−3307

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

※本イベントは終了いたしました。

マリヤ手芸店3階のマリヤギャラリーでは只今石狩の服飾作家・土田真理子さんの衣料品展示販売会が行われています。
初日から大勢のお客様がお見えです。
商品は補充しているとのことですが、すべて1点もの。
お気に入りをぜひ見つけてください。

土田眞理子 衣料品展示販売会
2019年5月16日〜21日
10時〜18時(最終日は17時まで)
入場自由
会場
マリヤ手芸店3階 マリヤギャラリー
〒060−0001
北海道札幌市中央区北1条西3丁目3番
時計台前仲通

開く コメント(0)

イメージ 1

フィンランドの伝統手芸・ヒンメリ作家山本睦子さんが講習会を行います。
https://www.himmelin-aika.com/

定員に限りがございますので、ご参加ご希望の方はお早めにお申し込みください(お申し込み方法は下段記載)

ゆっくり時間をかけて学ぶ1日講座 4月20日(土)10:30-17:00 ・お昼休憩はさみます

麦わらの節をおとす、太さ別に分ける、ヒンメリづくりの準備をする…。
つくる前の色々な工程をていねいにレクチャーします。無農薬で育てたライ麦の手ざわりや
ヒンメリが出来上がっていくプロセスを楽しむ「1日講座」です。

中世の時代から作られていたヒンメリの素材「ライ麦」を使ってのヒンメリづくり。

フィンランド国立博物館で取材したヒンメリの歴史もご紹介しながらの講座です。

◯定 員:6名 ◯参加費:6,500円税込 (材料費含む、ティータイムのお菓子付き)
◯持ち物:はさみ、筆記用具 ◯講 師:山本 睦子
◯内 容:出版本「ヒンメリをつくる」に掲載の正八面体をベースにした星型ヒンメリを製作。       麦わらの下処理から道具の紹介、作り方と製作の全てを体験します。

     *時間内にサイズ違いの星型ヒンメリや基本形のヒンメリづくりも楽しみます
◯4月20日1日講座ではー

 お家でもヒンメリづくりを楽しめるように、ご参加者様が講座内で下処理をしたライ麦はお持ち 帰り頂けます! ・1本約1mの麦わらをおひとり10本ご用意。1本から3節程度とれます
お手本のヒンメリを作ったら終了時間まで自由にヒンメリ製作頂けます 上記*参照
【会 場】
マリヤ手芸店3階 手工芸教室  札幌市中央区北1条西3丁目 (時計台前仲通)
札幌駅からも地下鉄大通り駅からもアクセスの良い会場です。
北海道札幌で老舗の手芸店。お店の佇まいがとても素敵です。札幌時計台の鐘の音が聞こえる
ロケーションのお教室でヒンメリづくりを楽しみます。
【申込み方法】
・お名前 ・当日つながる電話番号 を メール info@himmelin-aika.com
 または090-8428-9012(山本) までお知らせ下さい。

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

※本イベントは終了しております。

今なお愛され続ける日本の伝統の市松人形さんが、職人さんと一緒にマリヤ手芸店にて展示販売されています。

奈良県に工房朋を構える重松さんは、胡粉と膠という伝統的な素材を用いた独自の製法の市松人形を作り続けています。
新作のお人形に、幕末から大正にかけての貴重な古裂から製作した衣装を身に着けた市松人形さん、今回は55体もやってきました。

札幌もとい北海道では目にする機会の貴重なお人形です。

思い出の着物を新たなお人形用に仕立て直すオーダメイドも行っています。

ぜひご覧ください。

開く コメント(0)

全28ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事