ここから本文です
鉄道模型てつらぼ
ご訪問、コメントありがとうございます。
こんにちは。いつもご覧いただきありがとうございます。
JR貨物のEF64 1000の原色が運用離脱してしまいましたが、模型ではいつでも現役です。

ちょっと前にEF64 1019タイプを作りましたので紹介させて頂きます。
KATOのEF64 1000番台 一般色 クーラー搭載車(品番3024)を使用しています。
加工の内容は、主に屋根周りの塗装変更とパーツ変更になります。
出来上がり画像。
イメージ 1

とりあえずパーツを取り外して、それぞれ屋根上を塗装しました。
その他、クーラーが違いますので、Assyパーツで変更します。少し緩かったので、ゴム系接着剤で固定しておきました。
イメージ 2
イメージ 3

貨物機なのでGPSアンテナを装着。
イメージ 4

塗り分けはこんな感じ。エアーブラシで行っています。
イメージ 5


本来、車体側面の電暖灯が付いていないのですが、タイプということでそのままにしています。
イメージ 6

模型は上から見ることが多いので、屋根上を変更するだけでかなりイメージが変わってきます。

お手軽工作でした。

最後にEF64 1000集合です。
いつの間にかKATOやTOMIXのEF64が増殖しています。
イメージ 7

以上です。

この記事に

こんにちは。
久しぶりに鉄道模型の工作をしました。

今回再現したのは、こちら。
自衛隊の73式装甲車を載せたチキ7000です。

イメージ 1

2011年、陸上自衛隊の演習で札幌から西大分に向けて73式装甲車10台がチキ7000に載せられて輸送されました。東海道では往路EF66-125、復路EF66-54号機が牽引に充たりました。

73式装甲車は、YSK製です。
緑一色で成形された製品でしたので、エアーブラシにて迷彩柄に塗装、墨入れ等ウエザリングを行いました。
チキ7000はTOMIX製です。
チキにも僅かなウエザリングと艶消し加工を行っています。
イメージ 2

こんな感じに仕上がりました。
装甲車を留めるワイヤーなども表現したので、10両分作るのは大変で最後の方は修行でした笑。
イメージ 3

完成後の記念撮影。
先頭はEF66 54号機。TOMIXのイベント会場品です。
ライトは電球色に替えました。
イメージ 4

イメージ 5

ケースは他の貨車と一緒にして、コンパクト化。
レンタルレイアウトにも持ち込みしやすくなります。
イメージ 6

そして、最近よくお世話になっているお店で試走させてきました。
情景があるほうがやっぱり良いですね〜。
イメージ 7

イメージ 8

以上、ニッチなネタでした。

この記事に

こんにちは。ご覧いただきありがとうございます。

今回KATOより製品化されましたJR化後に活躍した「はやぶさ」を購入しました。特徴的な“ソロ”オハネ25 1000番台のほか、カニ24 0番台初期形、オハネフ25 0番台などのバラエティに富んだ編成を再現できます。

ちょうど撮り鉄をしていた頃の1990年代の編成です。
写真をよく見るとオシ(食堂車)が連結されているので1997年のダイヤ改正以前の写真です。
思い入れが強かったので発売直後に買ってしまいました。
イメージ 1

まだ発売から1か月も経っていないのに、市場からはだいぶ少なくなっているような。購入した模型屋さんに聞いてみると、そもそも国鉄時代の富士をKATOが過去に発売し、編成的には今回のはやぶさとさほど変わらないため、各店初回発注が少なく生産量も少なかったとか。要は人気がない??模型は受注生産なんですね〜。。
2次出荷があるのかもしれませんが、よくわかりませんので、欲しい方はお早めに。
昨日ふらっと私が買ったお店に行ったところ、最後の基本増結1セットが残っていました。

基本セットアップのみを行いレイアウトへ。EF66は54号機です。KATOのちょっと前の製品は手すりを自分で付けるタイプです。手すり側にランナーがあるため切り取りを綺麗に行うのが難しいです。TOMIXみたいに差し込み側だけランナーがあれば良いのですが・・・。ただ最近のKATO製品は取り付け済みなので楽ですね。
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4

マイクロスカートのカニ
イメージ 5
イメージ 8

食堂車オシ24 104とロビーカーオハ24 705
イメージ 6

オハネ25 1005とオロネ25 4。
オハネ251005ソロの屋根だけ銀色です。良い意味でも悪い意味でも目立つ(笑)
イメージ 7

常点灯化をしていないので、流し撮りで。
イメージ 9

最後は実車です。
こちらも早川⁻根府川間の有名撮影地だったと記憶しています。
イメージ 10

模型を走らせていると、この頃の思い出が蘇ります。


この記事に

いつもご訪問ありがとうございます。
実家で20年前のネガを発掘し、とりあえずデジタル化してみました。
撮り鉄時代です。

碓井峠(横川⁻軽井沢間) EF63+489系 白山
イメージ 1

165系モントレー色?
イメージ 13

EF63+189系あさま 1997年ありがとうさようならヘッドマーク付
イメージ 2

根府川⁻早川間 東海道線 ブルートレイン富士 EF66 41
イメージ 3

スーパービュー踊り子
イメージ 4

ニーナ(EF66 27)のピギーバック輸送
イメージ 5

私鉄もありました
小田急10000形HiSE
イメージ 6

ゆめ70
イメージ 12

南武線 103系
イメージ 7

205系
イメージ 8

209系
イメージ 9

あずさの試作機??
イメージ 10

懐かしいブルーのコンテナ
イメージ 11

EF65 1111 出雲
イメージ 14

懐かしい写真が結構出てきました〜。
やっぱり碓氷峠の63重連、ブルトレ関係はかっこいい〜。
ブルトレは全て引退してしまったので、あとは模型で楽しむしかないですね。

最後は今日撮りたてホヤホヤの1枚。
日本の科学と技術の象徴新幹線。
1発勝負だったのでブレてます(笑)
イメージ 15

以上です。

この記事に

ご覧頂きありがとうございます。
こんにちは。

KATOからリニューアルされましたC11(品番:2021)のプチ整備を行いました。実施したことは、ナックルカプラーとナンバープレートの取り付けのみです。

それにしてもKATOのナンバープレートはとても取り付けがしやすいですね。精度が高いです。出来も素晴らしい。

久しぶりにミニジオラマのせてみました。
イメージ 1

俯瞰して。
イメージ 2

お次は緩やかカーブで。
イメージ 3

ちょっと引いて撮ってみました。
イメージ 4

最近KATOの蒸気にハマっています。走りも超スムーズでブレもなく、ゆっくりコトコト走ってくれます。ぼーっと眺めてるだけで楽しいです。
実は、現役時代を見たことのない世代の人間ですが、蒸気や旧客を見ていると癒されます。おススメの製品です。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事