ここから本文です
北村果樹園便り
ブログひっこしてきました。

鬼嫁日記 あのあと

    水曜日のデイサービスで、爺様は 
美空ひばりさんの愛燦燦を唄い、大絶賛を浴びたそうで、
 アンコールにこたえて? 喝采も唄ってあげた・・・

と得意げに言っておりました。(◞‸◟)

歌手じゃあるまいし 唄ってあげたってどだなだず!!

なんでも93歳で こんな歌うたえる人なんていない、といわれたとか

次は 千の風になって を唄うと
昨日から練習にはげんでおります。

私のお墓の前で泣かないでください〜〜〜

あたしは、決して泣きません

そこに私はいません 眠ってなんかいません〜〜

いたら困りますから

と 聴かせられながら 心の中でつっこみをいれているおによめです。

この記事に

じい様と島津あや

   ラ・フランスの発送が終わりました。
皆様たくさんのご注文ありがとうございました。
  さて・・・近、鬼嫁日記の投稿がない!とよく言われます。

  もう 更新も少ないので 
このブログを見てくださる方もいなくなってると思いますが、
我が家のじじネタは・・・相変わらず書ききれないくらいあるんです(◞‸◟)

  今日はその中から ひとつ

   デイサービスでカラオケをするのが唯一の楽しみになった じい様93歳は
 島津あやの DVD全巻をついに!買いそろえました

  毎日それで歌の練習をしておりますが
仕事で忙しい私には 騒音にしか聞こえません。
  1曲目は 喝采です。 朝台所仕事をしていると・・・
あのイントロが!!

  あ〜〜今日も始まったか  〜〜〜 という感じです。

 ただ くやしいかな、仕事中に自分も喝采を口ずさんでしまっていることがあり これも非常に腹立たしくなったりもするのです。

 
   島津あやさんには なんのうらみもありません。 ただ聴いていると
それはそれは 癒されるのですが 一緒に歌っているじいさんの声が邪魔です。

   今日は週に1度の デイサービス
    請求書作りながら  じっくり島津あやに浸りたいと思っています。

この記事に

ラ・フランス収穫の時

あらあら 最後に更新してからかれこれ1か月半にもなるんですねえ

皆様元気でお過ごしでしょうか

ラフランスとりんごのご案内状2018ができました.
台風24号は わが町の頭上を通過の予報で 今年のラ・フランスはもうダメかと
あきらめておりましたところ・・・なんと被害はなく
いよいよ 明日収穫です

イメージ 1

猛烈な台風25号が来ているので
その前になんとか頑張って収穫しないといけません。

ふじりんごはあと1か月
1回目の葉摘みが終わりました。あとは寒くなるのを待つばかりです。

災害の多い今年ですが 
なんとか無事にりんごも収穫できることを願っております。

この記事に

 私の永遠のライバル 我が家の長老92歳のじい様

 
 ああいえばこういう という返しの速さは今も健在で
最近の私との会話を忘れないうちに、少し記しておきます

90を過ぎて足腰が弱くなってきて1日中テレビを見ているじい様
なのに・・・食事量は私たちと変わらない

じいちゃん 何にもしないのになんでそんなに食べられるかなあ〜〜

年取ってくると、息してるだげで重労働なんだず
        訳(呼吸しているだけで重労働だ)

〜〜〜納得

俺は毎日生きるために 必死に食ってるんだ

そんなに必死に食ってるようには見えないんですけど
確かに、歯がないから 噛むのも飲み込みも大変そうですが

デイサービスで

俺が歌うカラオケをみんなが楽しみにしてるんだがら
毎週おんなじ歌ばっかり うだわんねべ
新しい曲さがすから テープ屋さんに連れでってけろ

 (曲いりカセットテープなんて今どき売ってるのかしら?)
みんな楽しみにしてるって・・・・・なんてポジテイブな人なんだろう
きっと 先週じいさんが歌ったうたなんてみんな覚えてないと思いますけど

と、爺様との会話は毎日こんな風です
長生きの秘訣は 物事を自分中心にしか考えないことだと思うのです

この記事に

開くトラックバック(0)

久々の投稿ですが
我が家の猫のももこが・・・行方不明になりかけた!!話です


イメージ 1

先日のこと 近所の家でお茶飲みなどしていたところ携帯が鳴った

相手はじいさんB85歳

むがいの家の姉様が、ももばのせでいってしまたは〜〜〜
訳(お向かいのお姉さんがももを乗せて行ってしまった)

はあ???

むがいの姉様というのは 自宅敷地に家を建てた長男のお嫁様のこと
 
私はてっきり桃の箱を屋根に載せたまま車で行ってしまったと思い
小さい子が二人もいるから気づかなかったかなあ・・・ 桃も落ちちゃったかなあ

などと思いつつも家に帰り、よくよく話を聞くと

猫の桃子を車の屋根にのせたままどこかに行っってしまった ということ

うちの猫は 車の屋根に乗るのが好きで 
私の軽トラックにも時々乗ったりするんだけど

はたして どこまで行ってしまったか
車で近所をウロウロしてみたが 見つからず

あわてて飛び降りて、骨折でもしてるんじゃないだろうか? 
信号で止まった時 どこかで降りただろうか?

もう 帰ってこないかもしれない
それはそれでしょうがないから 爪とぎでボロボロの壁紙でも張替えしようか

などと考えていた…・4時間後

桃子は 雨でビショビショになりながらもひょこっと帰ってきた

人間なら 私に抱き着いて大泣きするだろうに 
桃子〜〜〜〜!!と抱きしめようとする私の前を
する〜〜と抜けて 餌場に直行

感動もなにもあったもんじゃない

帰ってこなかったら お嫁さんには黙っていようとおもったけど
無事だったので・・・今はもう笑い話になった

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事