ここから本文です
北村果樹園便り
ブログひっこしてきました。

1か月間のあれやこれや

北村果樹園にも 春がやってきました。
今、水仙 クリスマスローズ 梅 桜が満開を迎えています。
イメージ 1


そして
3月13日 娘が3人目を出産しました。
元気な男の子で・・・一翔(いちか)と名付けられました。
イメージ 2

これで娘、息子、両方で毎年交互に
4歳.3才.2歳.1歳.0歳と5人目の孫になり
おによめだった私も、大変幸せな身分となっているわけですが・・・・

当然 里帰りしている娘の孫4歳(男)と2歳(女)の子の
面倒は バアバが見ることとなり
保育園の送迎やら 食事やらで1か月というもの
毎日必死の日々だったのです。

その上我が家には93歳のじいさまもいます。
毎朝、EテレとNHKのチャンネル争いが始まります。

おもちゃを片付けないだのなんだのかんだの
しまいには情けないことに・・・ 4歳と93歳のおかずの取り合い

当然私は じい様より孫のほうが数万倍かわいいわけで
いつも怒られるのは93歳の方!

じいさまの、かまってかまってのパフオーマンス

そして,もっと手のかかるのは 猫の桃子
春になってネズミをつかまえてくれるのはありがたいのですが
家の中で食べるのはやめてくれ〜〜〜〜

そんな春の嵐がやっと終わり
静かな日常が戻ってきて1週間
ようやく 体力も戻ってきました。

さあ。

これから忙しくなります 又よろしくお願いいたします。


働く車がやってきた

3月16日 我が家に働く車がやってきました。

スピードスプレヤー 訳してSS
果樹園の防除をする車です。
イメージ 2

この車は 高級車1台分くらいの値段なので
親戚のI家との共同購入です。

我が家は今、娘の3人目の出産で 4歳と2歳の孫を預かっていて
てんやわんやの毎日なのですが

男の子はみんな 新車に乗っておおはしゃぎ

イメージ 1

みんなで集合写真を撮りましたが
あと20年もしたら...
私はこの世にいるかいないかはわかりませんが

ばあちゃんたちも昔は こだいに わがいんだっけねえ〜〜
(こんなに若かったのねえ)

なんて、孫達は話しているんだろうと思います。

開くトラックバック(0)

                  デイサービスでは 時々脳トレのためか
小学校の1.2年生くらいの簡単な計算ドリルをやってきます。

うちのじい様は頭がいいので、そんな簡単な計算では物足りないとでも言ったのか
前回 すごい宿題を出されてきました。( ;∀;)

ママや〜〜!!
これでいいんだが? どうするがわがらね〜〜

頭を抱えているので どれどれ・・・と行ってみると

68−(  )÷11=64

()の数字を求めよ・・・?????

わからない〜〜
幸いその日は日曜日 悔しいけど息子に教えてもらうことに

陽子さん! 足し算引き算より 掛け算、割り算を早く計算するんだっけべ

あ〜〜〜〜思い出した
それから 私も必死に計算し 答えは44です
 
それから 二日間じい様は一生懸命勉強し
そして、すべてを解き・・・デイサービスに持っていきました。

そして 昨日
ママや^〜〜 ほれ見てみろ と得意げに出したプリントがこれ

イメージ 1

 じい様 元職は県庁マン 長年の農業土木で培ってきた計算力が蘇ったのか
100点満点
恐るべき93歳なのでした。

おかげで 私も久しぶりに計算ドリルなどをして
頭が少し良くなったような気がします。


開くトラックバック(0)

あれから1か月 そろそろ結果が出る頃
包括支援センターより メールがきました。

淳二さん 要支援2になりました。明日通知が届くと思います。

その日の昼ごはんの時 じいちゃん 要支援2に合格したみたいだよ
なしてわがるんだ?

メールきたし

そのメールとやら見せろ
?????

そして次の日 
私は自宅から100mほど離れた作業小屋でりんごの発送作業をしていた

おお〜〜〜い ママや〜〜〜ママや〜〜〜
(じいさんは 孫が4人もいる私を未だにママとよぶ)

じいさんの呼ぶ声

なんだず この忙しい時に・・とブツブツと外に出てみると

じいさんが 手に持った封筒を大きくふりながらに私をよんでいた

きた===きた〜〜合格通知!!きた〜〜

東大にでも合格したような喜びようではないですか

合格といっても 介護認定ですよ(◞‸◟)

それからが大変で 福祉に電話して礼を言えとか 
デイサービスに電話して報告しろとか

そんなのは ちゃんと向こうで連携しているから 大丈夫なんです
説明しても聞きません

しょうがなく私は 関係各位に電話してお礼を言い
めでたく じいさんはデイサービスに2回行くようになったのでした。

※ 私たちには理解に苦しみますが
毎日起きて食べて寝るだけという じい様にとっては
介護認定試験という非日常の出来事に
ものすごく頑張ったのだと思います。

今日は大雪 そんな中じい様は元気にデイサービスに行きました。

おわり





開くトラックバック(0)

いよいよじいさんの査定?の日がやってきました。

明日はお葬式ということで 我が家はじいさんの娘たちやら孫たちやら
お客さんで大賑わい

そんな中 じいさんは予定の30分も前から 
きちんとお客様用テーブルでスタンバイ。

ちょっとちょっとじいちゃん! そんなにきちんとしてたらダメだってば
いつものように 自分の椅子に座ってぼーっとしててよ

10時 審査員の女性のかたがやってきました
わたしは 葬儀屋さんとの打ち合わせもあり 私の娘に託すことに

おかあさ〜〜ん あたしでは、だめだあ〜〜〜
娘は お手上げ状態で呼びに来ます

じいさんは 必死に審査員になにかしゃべっています。
自分の幼少期のころから今までの経歴を 一生懸命話していたらしいのです。

あららら〜〜〜 これじゃあ いけない

うちのじいさん 耳も遠くて〜
なんて あわててフオローすると


ちゃんと聞こえっから!!

これじゃあ 練習とちがうじゃん

それから私は 必死に毎日大変だ!アピールをし

お嫁さん 楽しい家族ですねえ〜〜
審査員の方は笑いながら帰っていかれました。

そうです いつもそうなんです。わたしが 愚痴れば愚痴るほど
笑い話に聞こえてしまうのです。
漫才コンビのようだとも言われます

帰ってからじいさんは

なかなか うまぐはいがねもんだなあ〜〜
と一言

誰のためにやってんだず

さて 結果はどうなったのでしょうか・・・



[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事