ここから本文です
ぬかみそ
最後の木が死に 最後の川が毒され 最後の魚を捕ったとき 人はお金が食べられないと気付く

書庫雑記

記事検索
検索
安倍の学歴詐称は どうなっているんでしょうか
他人の 不始末を追及する前に みずからの正しさを証明するべきです
学歴を 披露して選挙に出たのであれば なおさらです
それができないとすれば おバカさんですな
顔を見たり 話していることを聞いていると あまりお利口さんには見えません
正しいことを 正しくやっていく これこそ必要なことなのではないでしょうか
ウソをつかない これは 幼稚園でも教わりますね

安倍って 誰だ

選挙について習うなんて おかしいのではないでしょうか
学級委員の選挙 生徒会長の選挙 これで練習してきたではないのですか
選挙のやり方は みんな充分知っているはずです
何を習うというのでしょうか あとは政党が何たるか
どんな政党が 何をやってきたか それがどんな効果を国にもたらし
国民にしてきたか そんなことは ちょっと日本史の教科書を読めばわかることです
何も今さら選挙が何たるかなんて 教えてもらう必要はないでしょう
あとは 新聞を読んで日々のニュースを見れば 
どこの誰に投票するかは おのずと判断がつくはずです
若者よ選挙に行こう そして誰に頼まれたからではなく 
自分で考えて投票しましょう

二年前から 帯状疱疹の後遺症の神経痛に悩まされておりまして
このたび ペインクリニックの先生のアドバイスで
神経痛の新薬の治験に参加することになりました

治験薬には 何種類かありまして 効く薬と 効かない薬があり
それを 治験対象者が 継続して使うことにより
効果があるかどうか 確認するのです
つまり 偽薬で 効いたという人が現れたり
本当の薬で 効かないという人が現れたり
いろいろなことが 人によって違うため
キチンとした結果がほしいというわけです

効く薬に当たれば それなりに痛みが改善されるのですが
効かない薬に 当たったひにゃー 悲惨なことになります

今現在 二週間新薬をのんでいますが どうも効かない薬に当たったようです
いやー 痛みがかなり順調に続いています
これを 五月まで続けるそうで うんざりです

私は 痛みは続くものの 実験好き 面白いこと好きですので
痛いながらも 興味深いものがあるので
このまま 続けてみたいと思っております

この治験では 毎週通院のために 病院へ行くと
協力金が出ます でも痛みに耐えるのは かなりのストレスはあります
通院のたびに 採血 詳しい問診など いろいろあって
ちょっと大変です

でも客観的に見ると 面白いので続けて面白がってみたいと思っております
イメージ 1
と こんな薬です

イメージ 1
老人ホームに入っていた義母が先日亡くなりました
苦しまないで逝ったようで せめてもの幸いでした
生花のみの祭壇です なかなかすっきりしていて現代的です
ごく身内だけの葬儀でして 喪主をつとめっせていただきました
いたらない喪主でしたが 何とか格好はついたようです
ご参列の皆様 ありがとうございました

今年もよろしくお願いいたします
一年半も 帯状疱疹の後遺症の 神経痛で参っております
したがって ろくに更新も出来ないでおります
ご勘弁願います やらなければならないことは 少なくないのですが
書くのがシンドクて 書きたいことは山ほどあるんですが
痛いんです 残念っ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事